人気ブログランキング |

タグ:猫 ( 232 ) タグの人気記事

今日のタナ猫@キバむき出し

餌をねだるタナ猫
f0016892_22160458.jpg
ちょっとピンぼけだけど、
スマホのカメラ向けると、近寄ってくるのよ。

by hidaneko | 2019-05-15 22:15 | ね こ | Trackback | Comments(0)

今日のタナ猫@のびのび〜

のびのびタナさん
f0016892_21520324.jpg
もともとビビリの猫だから、
東京勢=知らない人が来た時には緊張しまくり。
チビッコふたりも、猫にはビビリで、お互い緊張状態。
帰って、静かな日常にもどり、
タナも緊張してたのが緩み、でれ〜
何を夢みているのやら。

by hidaneko | 2019-05-07 21:51 | ね こ | Trackback | Comments(0)

早朝から猫に起こされる・・・

ねむー。
朝の3時から猫に起こされ
「起きろ!」「まだ寝かせろ!」の攻防、
爪による鼻や口、目への攻撃を耐え忍び、
猫を布団に引きずり込もうとして叶わなかったり
枕元のパソコンでネットしようとすれば、
パソコンと私の間の狭いスペースに入り込む猫。

ニャゴニャゴ、ごろごろ、ニャゴニャゴ、ごろごろ・・・
頭突きをしてくるは、体ごと押し付けてくるは、甘えっぱなしのタナ。
たぶん、東京勢が来ていたときは、タナも緊張してたのだろう。
その緊張がとけて、甘える、甘える、襲ってくる。

4時半まで耐え忍び、たまらなくなって、給餌に起きたら、
外では、グレイが、みう〜、みう〜と鳴いている。
眠い目をこすりながら、
タナ猫にカリカリ、グレイに缶詰、さらにタナがねだるから、缶詰少し。

という連休明けの朝でしたが・・・・

起きて来たモグと
「朝はやくから、グレイはねだるしタナもうるさくて・・・下僕だね」と話してた。
そしたら、Gサンが聞いていて「そんなに嫌ならやめればいい」という。
「和むために猫を飼っているのに、そんなに嫌ならやめればいい」と。

「私がやめたら、あなたが餌やりしてくれるんですか?」
思わず、そう聞いたら、無言。
都合のいい時だけ可愛がって、気分の向いた時だけ餌やりしてるGサン。
「猫を飼うには責任もついてくるんです」
と、わたし。無言のGサン。
「下僕だの、下女なのは自虐ギャグなのに・・・」とモグと話す。
胸の内は怒りが煮えたぎっていた。


More:猫飼いについて認識不足なGサンに対する鬱憤
by hidaneko | 2019-05-07 09:16 | ね こ | Trackback | Comments(0)

今日のタナ猫@こたつの膝元

うちはまだ、こたつを片付けてないのだが、
(あ、もちろん電源入ってないです)
居間のこたつで仕事してると、
タナ猫が膝元に入ろうとする。
無理なんだってば。
やがやがと入って、ふみふみ耕して、丸くなって座り込む。
f0016892_10240845.jpg
本猫は幸せそうなんですが。
f0016892_10244774.jpg
今日は雨だけど、暖かいから、膝元に来る必要ないのだけど。
もっと寒い日も、ソファの帽子の上で寝てたくせに。

by hidaneko | 2019-04-25 10:21 | ね こ | Trackback | Comments(0)

今日のタナ猫@4歳の誕生日

ぼくって、可愛い?
f0016892_22520046.jpg

f0016892_22475726.jpg
4歳になったんだ。4.85kgだよ。ダイエットすごいでしよ。

by hidaneko | 2019-04-10 22:47 | ね こ | Trackback | Comments(0)

4月10日

今日はGサンの誕生日だった。
けど、何もしない。
朝、顔を合わせた時「誕生日おめでとう」と言っただけ。

プレゼントは前に渡してある。
Gサンがボロのジーンズを履いているのを憂いていたモグが
ヨーカドーのチラシの、ジーンズの特売を見て、言い出した。
「3割引だって。新しいのを買って、と誕生日に商品券を渡そう」
一応ブランドの、エドウィンとかラングラーだよ」

でも、途中で気が変わって
「お父さんに6千円も出してあげるの嫌になった」と。
「じゃあ、母が半分出す」
ということで、モグが3000円、私が4000円だして
7000円の商品券を買い、チラシと一緒にGサンに渡した。
「誕生日のプレゼント、これを買ってください」と。

実は以前、
「シャツでも買って」とモグがGサンに商品券を渡したことがある。
Gサンが気軽に行けるのは、伊勢丹や三越じゃなくて、ヨーカドー。
でも、その商品券はセブンイレブンでも使える。
Gサンは、せっかくの娘の好意を無にして、セブンで煎餅やカップ麺を買っていた。

その前例があるから、ジーンズも、一緒に行って買ってあげた方が確実だけど、
Gサンと一緒に出かけるのは、私にもモグにも気苦労で嫌だし、
(一緒と言っても、ASDグレーのGサンは、同行者のことを気にすることをせず、
自分のペースで勝手にさっさと行く。後ろを振り向いて待つ、などない。疲れる)
向こうも一人の方が自由でいいらしい。

まあ、そんなこんなで、新しいジーンズを買ってもらったGサン。
一昨年、Gサンの故郷に行くときに私が買ってあげたブラックジーンズを
毎日毎日履いてブラックが茶色く色あせ、ポケットに穴が開いても履いていた。
その古いジーンズを捨て、新しいジーンズを毎日毎日履いている。

今日はその話じゃなかったんだ。
モグのこと。
父親の古いジーンズを気遣う優しさを持っている娘は、
去年の10月から障害者枠で雇用されていたのだけれど、
春先の気候の変化や環境の変化で不調をきたし、
診断書をもらって、3月半ばから1ヶ月の休職にしてもらっていた。
それが、昨日、仕事先との面談で、15日から復帰の予定。
大丈夫かなあ、とハラハラしてる私。
休みの間、ほんとに不調で、睡眠障害もあったりしたからね。

そのモグ。今日は友達と夕ご飯を食べてきた。
高校時代からの友達で、ずっとモグを気にかけていてくれる、ほんとに有難い存在。
車で迎えにきてくれて、食事を一緒にして、また車で送ってもらってきた。
その人は、今、友達とデザイン事務所を立ち上げ、イラストとデザインで活躍してる。
それでも、まだ、モグと付き合ってくださっているのが、ほんとに有難い。
もちろん、モグの精神疾患などについても理解してくれた上でのこと。

そう、今日はそのことを書きたかったのだ。

あと、もうひとつ。
「タナの誕生日」ということにしてある日でもある。
7月7日、七夕の朝に我が家に来た猫だから、タナと名付けた。
そのとき、獣医に連れていったら「生後3ヶ月くらいでしょう」とのこと。
だから、3ヶ月差っ引いて、Gサンと同じ誕生日、ということにしたのだ。
タナも、ちゅ〜るなどもらわなかったけど、
夕ご飯の支度の時に足元にまとわりついて、
ダシ用の鰹節をひとつまみもらいましたとさ。


by hidaneko | 2019-04-10 22:08 | かぞく | Trackback | Comments(0)

昨日のタナ猫@獣医再診

先週、タナ猫の足の傷を発見して獣医に行ったとき、
二週間効くという抗生剤の注射(一本6000円!)をされて
「一週間したら様子を見せてください。
この注射が効かなかったら、アレルギーかもしれないのでステロイドを使います」
と言われていた。

タナの傷は当初、周囲が腫れていたけど、チックンの効果で
2、3日ほどしたら腫れはひいて、傷口も治ってきた。
だから「受診しなくてもいいかな?」とも思ったのだけど、用心のため受診した。

昨日はモグの仕事が休みの日で、一緒に行ってもらおうと思ったけど
どうも体調が悪いようで、ぐだぐだと昼寝していた。
わたしは、仕事の電話待ちで、午前中は動けず、電話が来たのは午後だった。
獣医は午後3時からなので、昼寝から起きたモグに声をかけたけど
「行きたくない」と。

実は我が家、タナに合うキャリーを持っていない。
マイのとき使っていたのは、タナには小さい。
入ることはできても身動き取れなそう。
で、洗濯ネットに入れて、籐のバスケットに入れて抱えて行っていた。

わたし一人でも、洗濯ネットに入れバスケット(蓋なし、箱状)に入れれば
車の助手席の載せて連れて行くことも……と脳内シミュレーションして、可能と判断。
用意万端整えて、裏玄関をモグに開けてもらい、車にタナを乗せ、
家の前の市道にでて数メートル、向こうからやってくるGサンを発見!
朝から、雨が降ったりあられが降ったりする中、どこへ行くとも言わず出かけた夫。
背をかがめ、小雨の中、古いビニール傘でスーパーの袋をぶらせげて来る。
例によって、こちらには気がついていない。

ふつうの仲だったら、声をかけて呼び止め、一緒に行ってもらうところ。
でも、ASDグレーのGサンは、自分の予定していたことと違うことが起こると
判断ができなくなって、フリーズしたり、怒ったりする。
この場合、「家に帰る」がGの予定だろう。
そのあとに「スーパーで買った煎餅を食おう」も入っているかもしれない。
(スーパーの袋、煎餅やカップ麺が入っているのが見えた)
それを遮ってトラブルになるのは面倒だ。
わたし一人でタナを車に乗せて獣医に行ったことはないけど、
Gサンと行くより、一人で行った方がなんぼかマシか。

首にエリザベスカラーを巻かれたラッパーのタナ。
洗濯ネットに入れられて、バスケットに入れられ、毛布をかけられて
まあ、おとなしく助手席に座っていた。車窓から眺めていたけど。

獣医さんではおとなしいタナ猫。
傷も調子よく回復で「カラーは日曜日までしていて、外してください」と。

よかったね、タナ。
そして、わたしは「一人でできたもん」である。

Gサンは、タナ猫を可愛がるけど、いざという時にあてにはならない。
あてにしてはいけない、とつくづく思った。
そして、わたしは「なんでも一人でやる、可愛くない女」になるのだ。

by hidaneko | 2019-03-14 22:38 | ね こ | Trackback | Comments(2)

今日のタナ猫@もち喰い猫

おら、こんなネコ、やだ〜
おら、こんなネコ、やだ〜
もちを くらうネコ〜

今日は午後からカルチャーの予定だったから
午前中に洗濯して、ポトフを作って、図書館で調べ物。
そのままお昼も図書館でパンを買って食べて、午後カルチャー。

かなり疲れて、家にいるモグにメール(体調不良で休んでた)
「カルチャー終わった。買い物して帰ります」と。
そしたら、返事が

「腹ペコタナさんの食欲を舐めていました。
食器棚の上の段ボール箱に餅(未開封)を入れてしまったモグが悪いのです。
タナさんが袋をビリビリに食い破って餅を食べました。
階段の下に1個落ちていて、なんだろうと食料戸棚を見ても鍵が閉まっていて…
(注:以前、タナに油を舐められてから戸棚に鍵をつけてる こちら
段ボールの方を見たら、バリバリ無残な姿の餅の袋。
2個の餅が犠牲になっていました。
慌てて食料戸棚に移しましたが、タナさんは、またビニールを食べたようです」

モグからのメールを読んで、さらに疲れがドッと出た。
帰ってきて見たらこのありさま。
f0016892_18074762.jpg
f0016892_18080289.jpg
我が家のモットー
「猫の不始末は、人間の不始末」というけれど、
まえに、生米を食った前科のあるタナ猫だけど、
それにしても、パック餅を食うか?

おら、こんなネコ、やだ〜
おら、こんなネコ、やだ〜
もちを くらうネコ〜


by hidaneko | 2019-02-04 18:13 | ね こ | Trackback | Comments(4)

雪が降って来た

いよいよ雪が降ってきた。
タナ猫に餌をやるついでに、外猫にも餌をやろうと、戸を開けて、
雪が降ってるのを知った。
さらさらした、積もりそうな雪が、音もなく降ってた。

外猫はいなかった。まだ4時だったから、縁の下かどこかで寝てるのかな。
暖房も、ふとんもないところで、どうやって寝てるのかな。
朝晩、ときには、昼夜も、タナに合わせて、餌をやっているから、
野良だけど、ころころに太ってる外猫グレイ。
あれくらい太って、毛皮がもこもこでないと、冬を暮らしていけないんだろうな。

この前来た、猫の集会の猫たちも、コロコロしてた。
きっと、コロコロしてない野良は、倒れちゃうんだろうな。

うちに来る外猫も、抱かせてくれたら、家に入ってくれたら、飼う気満々なんだけど。
警戒心が強いからダメだね。

by hidaneko | 2019-01-17 05:03 | きせつ | Trackback | Comments(0)

今日のタナ猫@仕事の邪魔

こたつで仕事してたら、わざわざ狭い隙間に入ってくる。

5.1kg、重い重い。
それに、左膝は
痛いんだってば!
f0016892_13142695.jpg


by hidaneko | 2018-12-18 13:11 | ね こ | Trackback | Comments(0)