タグ:映画・観劇・鑑賞等 ( 96 ) タグの人気記事

映画「人生フルーツ」を見てきた

映画を見てきた。

「人生フルーツ」けど英語題名は Life is Fruity


同じようでいて、ちょっと違うな、と思った。

人生果実=人生は実りの結果の果実?

Life is Fruity =人生は果実のようにみずみずしい?

てへ、ちがうか。


前に市民映画館で上映された時に予告編は見ていた。

見ていたけど、本篇は見に行かなかった。

中の良い夫婦の話は、見たくない。

世の中にあっていいけど、私は近寄りたくない、正視したくない。

わたしって、とても妬み深くて、羨ましがりやだから

自分の暮らしと引き比べて惨めになるだけだろうから。

そして、そんな嫉妬深い自分に気付かされるのは嫌だから。


なのに、しつこく勧める友がいる。

映画を勧めるメールと断るメールが、まるでラリーのように行き交った。

夜なのに。


そして今朝、見に行ってきましたわよ。

昨日頑張ったおかげで仕事のめど(まで行かないけど)見えてきたので。


朝一番の市民映画館は中高年で結構いっぱいだった。

ご夫婦連れもかなり見受けられた。ふーん。

私は映画は一人で見る主義だけどね、中高生のころから。


一言で言うと、佳き人たちの佳き生活の映画だった。以上。




More:ネタバレあり
[PR]
by hidaneko | 2018-02-26 19:41 | みきき | Trackback | Comments(0)

毎日寒い 布団の中から出たくない〜♪

今朝も寒かった。
部屋も寒い。
「お金持ちだったら、全館暖房で寒くないんだろうね」
とモグと話してた。

お金持ちだったら………

お金持ちだったら、寒い台所にたたなくても、料理人とかいるしご飯は出てくるし、
お金持ちだったら、お掃除の人もいるし
お金持ちだったら、猫の世話係も……いやこれは自分でやりたい。
お金持ちだったら、猫の世話、朝の餌やりは別の人がしてくれるといいな…とか
お金持ちだったら、マフィアのボスが抱いているみたいな白い長毛種の猫で、膝に乗せて優雅に撫でているとか…
いや、猫は、やっぱりタナがいい。朝起こすのに鼻の穴に爪を突っ込んできても(笑)

そんな馬鹿話をしていた朝。
変な歌に出会ってしまった。
打首獄門同好会「布団の中から出たくない

うーん、どうしても埋め込みが出来ないからリンクでね。
脳内でループしてます。



[PR]
by hidaneko | 2018-02-13 18:18 | くらし | Trackback | Comments(2)

家の前を黄色いランプが回転しながら通って行った。除雪車だった。ありがとう。

『トビー・ロルネス』全4巻読了。
訳者/伏見操氏のあとがきに
「木を地球に置きかえたら、トビーの世界はわたしたちの世界とぴったり重なる」
とあったけど、私はこの世界を今の日本と重ね合わせて読んでいた。
木を破壊する破壊行為、地球の破壊、日本の破壊、同じこと。
木の皮を削る、破壊する。
土壌を削る、原爆を持つ、破壊に導く、
(放射性元素を持つものは、その持っている性格のため、
埋もれているそれを採掘す時に労働者を殺す、
運ぶ途中で、原爆を作る過程で、原発を作る過程で実験をして、人を殺す、
さらに完成された原爆によって多くの市井の人々を殺傷し、
平和利用と言われた、というか言いたぶらかした発電分野でも、毒を垂れ流し、
さては、地球の小さな身震いで現発は破壊され、さらに何年も
何年も多くの毒を流し、人を苦しめヒトを病いに犯しつつ、
それでいて、まだ収集もつかない。つかないどころか、収集のめども立っていない。

まじっすか?

が「木」は生きる力を宿してた、希望持っていい?

友達に「茶色の朝」を紹介してもらってからもう15年も経つのか。
あの頃だって、軍靴の音が聞こえてきてると危機感を持っていた。
最近はさらに、すぐ背後に軍靴の音が迫ってきてる。
子供の頃「なぜ大人は先の大戦を止めようとしなかったの?」と思ってた。
今、私に何ができるのか。何をすべきか。

だれが報道を牛耳っているのだろう。
視聴者の好奇心? まさか。相撲界に興味のある人ばかりじゃないでしょ。
NHK一社だけならまだわかる(分かりたくもないけど)、
だけどこうも軒を並べて、報道管制か報道規制か。
放送局だけでなく新聞社も信用ならんし、広告代理店D社の影にだれがいるんですか〜?
新聞社も放送局も、所詮はCMで運営されているのだからね。
一企業が大金の札バラで頬をひっぱたいてきたら、所詮、左を右に向くやつら。
(内のバーサン、そういう奴を嫌っていたわ。「内股膏薬(うちまたこうやく)』と言ってね。
内股に貼った膏薬は、歩くたびに右にふっついたり、左にふっついたり。信用ならん。


澤田愛子 @aiko33151709
報ステ。最近見ないが他の方のツイートで後藤氏がいいことを言っていたので、若干の期待で見た。が、最初は貴乃花親方のインタビュー。今日テレ朝は夜の7時からずっと貴乃花。唖然を通リこし絶望。台湾で大きな地震があったり、国会の改憲論議や株価等、真っ先に報じねばならぬものが多数…

D社の後ろにアレがいるとも思えない。アレの後ろにD社がいるんじゃないの? その後ろにいるのは、だれ? Nナンタラ会議? その後ろにいるのは?その辺のことは、ただの一介の市井のおばさんには分からないけど、この国このまま行ってはヤバイことだけはわかる。歴史に疎い私だけど、わかる。

友達に「茶色の朝」を紹介してもらってからもう15年も経つのか。あの頃だって、軍靴の音が聞こえてきてると危機感を持っていた。最近はさらに、すぐ背後に軍靴の音が迫ってきてる。子供の頃「なぜ大人は先の大戦を止めようとしなかったの?」と思ってた。今、私に何ができるのか。何をすべきか。
          ・
          ・
          ・
          ・ 
          ・
楽しいことを考えよう。せめて眠りにつく前に。世の中、ひどいことばかりだから、せめて、穏やかな眠りのあるように。はるか愛しい人々に 悩みのない寝息がありますように。

[PR]
by hidaneko | 2018-02-08 00:26 | うきよ | Trackback | Comments(0)

「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」を見てきた

f0016892_14485689.jpg
今日は楽しい誕生日〜!
朝、モグから携帯にメール。
「友達に見せてもいいように、わざと年齢は入れておかなかったよ」とのこと。

モグは、今日明日とB'zのライブジムに参戦するということで
朝、駅まで送って行ってきた。
帰り道、誕生日だから映画でも見ようと、足を伸ばしてシネコンへ。
見たのは、
本編が始まる前に、予告編がどっちゃりあったのだけれど、
黒人が初めてヒーローを演じる「ブラックパンサー」だの、
ジュラシックパークの続編だの、他にも刑事物にせよ、ほとんどが力で解決する話。

スター・ウォーズも、やっぱり力で解決する話で……って、
当たり前なんだけど、「ウォーズ」だから。

でもね、見てて、爆破された宇宙艇の中には人がいるんだから、なんて思ってしまって。
すなおに楽しめなかった。つまらんやつじゃ、ひだねこは。
中で(ネタばれ的になるかな? )


More:ネタばれ(?)あり
[PR]
by hidaneko | 2018-01-07 15:22 | みきき | Trackback | Comments(0)

今日三つ目の「やられた!」

中島みゆきの新しいアルバム『相聞』がきた。
モグが手配してくれたものだ。
「クリスマスと誕生日を兼ねて」って。

「クリスマスまで待たなくて聴いていい?」
「いいよ」

いい子(という歳でもないけど)に育ってくれて
母は嬉しい。
モグの優しさに、やられたよ。


More:それにしても・・・
[PR]
by hidaneko | 2017-11-21 13:08 | かぞく | Trackback | Comments(0)

能楽鑑賞会「融(とおる)」

友達に誘われてお能を見てきた。
夏に島でお素人さんたちの会を見た友が
「プロのやるお能を一度見てみたい」と熱心になり、
たまたま当市でやる能楽鑑賞会のチケットをゲット。

私としては、大昔、バーサンと一緒に東京の能楽堂で見たのと
こちらの薪能を観たことがあるだけ。すごく久しぶり。
バーサンは観世流だったけれど今回のは宝生流。
どういう違いがあるのか、私は知らないけど。

今日の能楽鑑賞会では、活字印刷された詞章が配布された。
照明も能舞台が明るいだけでなく客席もさほど暗くなく
舞台を聞きながら時々詞章を確かめたりできて、
謡われている内容もわかって、その情景が目に浮かぶの。
ちょうど優れた語り手による素語りを聞いていると
目の前に情景が浮かぶように。
昔の栄華と、いまの廃墟と、それを照らす月……

もちろん、観に行く前に、ネットで調べたりして、
こちら や、こちら を、参考にどういう曲なのかおよそ知ってたけれど
概要
東国出身の僧(ワキ)が京都六条の「河原の院」に着くと、汐汲みの老人(前シテ)が現れる。老人は僧に、この地は昔の源融みなもとのとおるの邸宅の跡であると教え、二人は河原の院の情趣をともに楽しんでいたが、老人は源融の物語を語ると、昔を慕って泣き崩れてしまう。やがて、僧に請われて近隣の名所を教えていた老人は、汐を汲もうと言うと、そのまま汐曇りの中に姿を消してしまうのだった。この老人こそ、源融(みなもとのとおる)の霊であった。その夜、僧の夢の中に源融の霊(後シテ)が在りし日の姿で現れると、月光のもとで、懐旧の舞を舞うのであった。
六条の邸宅や、空にかかる月、泉水の水面に映る月、籬垣や山々など
ありありと目み見えるようで。幽玄なんだけど、わくわくもしたの。
特に笛の音が高すぎもぜず低すぎもせず、幽玄な雰囲気を醸し出して

会場の能楽堂のある建物の周りは、春なら桜の名所。
秋の今は、桜が紅葉しかけていて、とてもきれいだった。

鑑賞会を終えて出てきたら、ちょうど半月が高く上っているところ。
少し朧だけれど、汐霞?な気分。
秋の優雅なひと時でありました。



More
[PR]
by hidaneko | 2017-10-28 22:39 | みきき | Trackback | Comments(0)

映画「ブランカとギター弾き」を観てきた

映画好きな友達が薦める「ブランカとギター弾き」
観に行こうか迷って、ネットで検索したら、
日本人の監督というので俄然、好奇心が湧く。

日本人の長谷井宏紀の監督で、
イタリアの映画プロデューサーと、
フィリピンの制作プロデューサーがかかわり、
撮影は日本人で、音楽はロスアンゼルスの日系人(?)
舞台はマニラのスラムで
主人公の少女はYoutubeで歌をアップしていて監督に見出されたとか、
盲目のギター弾きは実際にマニラで流しをやっていたひと、
少年たちは実際の街角でスカウトされ、オーディションを受けたとか……
と、とにかく国際的でユニーク(と、サイトで知ったのだけれどね)

ストリートチルドレンの少女、ビアンカは、
「父親は知らないし、母親は男と逃げた」という。
仲間の子供たちと物乞いやスリなどしながら街で暮らしながら、
ビアンカは母親と親しげに歩く子供たちを目で追ってしまう。
カメラはビアンカの目線で、何度も、何度も、親子連れの姿を写す。
遊んでいる子に「ごはんだよー」と呼ぶ声や、
親に寄り添って歩く子供の後ろ姿など……

(あらすじは、公式サイトにもある程度書いてあるけど、
思い出しながら書いていったら、ネタバレみたいになったので、
More にしました。)

哀愁を帯びた挿入歌(公式サイトで聴けます)と、
ラストの言葉がいい。

人にとって、家族とは、なんなんだろう
居場所とは、なんなんだろう、と考えさせられた。



More
[PR]
by hidaneko | 2017-09-07 22:00 | みきき | Trackback | Comments(0)

晴れ!

f0016892_13553238.jpg
雲と杉の緑がきれい。
右下に三角に見えるのは、山本家能楽堂です。
個人で持っている能楽堂です。
佐渡には30近い能楽堂があるといいますが、そのうちの一つです。
朝から夕方まで謡、仕舞、お能の鑑賞三昧。
蝉が鳴き、カナカナが鳴き、ウグイスが鳴き、
黄色い蝶が舞い、白い蝶が舞い、
(ちょうど、舞台では「胡蝶」を演じてて、みんな囁きかわす声あり)
トンボが飛び、アブも飛ぶ・・・自然と一体化した素晴らしい時間でした。

[PR]
by hidaneko | 2017-07-30 13:55 | みきき | Trackback | Comments(0)

「つばさものがたり」を読んだ。

珍しく、本当に珍しく、Gサンが図書館から借りていた本を
「これ、ギリギリ面白い。参考になるかも……」
と、手渡して(じゃない、机の上に置いておいて)くれた。
彼は図書館に日参してるけど、本を紹介してくれたのは、初めてじゃないかな?

つばさものがたり

雫井 脩介/小学館

undefined


ふつうに面白かったけど、大事な部分で設定ミスがあって、嘘っぽくなってしまった。
ネタバレになるので、あとは「 More 」で。

Gサンには「設定にミスがあって乗れなかった」とは言わないで
「面白かったです」と伝えて、ありがとうと言って返したけど。

代わりに、友達に借りて読んで面白かった「黒幕のゲルニカ」原田マハを貸してあげた。


More
[PR]
by hidaneko | 2017-05-15 20:07 | ほ ん | Trackback | Comments(0)

クラゲ

そういえば、クラゲの写真を撮ってきたのだった。
f0016892_20553598.jpg

f0016892_20553681.jpg

[PR]
by hidaneko | 2017-04-26 20:55 | みきき | Trackback | Comments(2)