タグ:季節 ( 717 ) タグの人気記事

ここ二、三日暖かく

春めいて
水栽培のヒヤシンスも伸びてきました。

葉っぱの間を覗くと花芽が見えるの。
f0016892_21442288.jpg


by hidaneko | 2019-02-19 21:41 | きせつ | Trackback | Comments(0)

バレンタインデーの今日。

バレンタインデーの今日。
どうしてもGサンにチョコを贈る気になれなかった。

これまでは、それでも義理チョコをモグと連名であげてたりしたけど、
あげれば「いらなかったのに」と言い、
あげなければ不満そうな顔をする。
そういうのに疲れたし、愛はとうに涸れたし、
「母は父にあげないから」とモグに伝えた。

モグは、今日は仕事に行けて、帰りにコンビニでチョコを買ってきた。
夕食後、帰宅していたGサンに渡したらしく、
「モグからチョコをもらった」と、Gサン。
「よかったですね」と、わたし。
「お返しが面倒くさい」と、Gサン。
「あの子はそんなの望んでませんよ」と言ったけど……

ホントに、どうして素直に喜ばないのか!
あんたの方がよっぽど面倒くさいよ!


by hidaneko | 2019-02-14 18:22 | かぞく | Trackback | Comments(2)

♩はる〜は なのみ〜の かぜのさむさや〜

風どころか、粉雪も舞ってます。

先ほど午後2時に街中の温度掲示板が「-1℃」でびっくり!
昨日は、いいお天気で、陽光もあたたく、14℃とか言ってたのよ。
今日の最高気温は2℃とか。気温差12℃

これじゃあ、体も参るわ。

とはいえ、この冬は、ちゃんと雪かきしたことない。
さらっと積もっても、雪かきするほどじゃ無い。
踏んで歩ける。

このことが、どれだけ助かることか!
膝痛のBBAとしては。

膝痛といえば、友達が気にしてくれて
雑誌の特集記事をくださった。
ありがたや!

どうも、膝痛体操の回数が少ないみたい。
治った人の体験記は、もっと回数をやっていた。
なるほどね。がんばらんば。

by hidaneko | 2019-02-08 14:59 | きせつ | Trackback | Comments(0)

新車納車に雪が積む

今日、納車だった。 
朝起きたら雪だった。だいぶ積もっていた。

午後一でディーラーに行く予定。
昼前に、モグが外出の支度をしてるから何かと思ったら
「車の上の雪を落としてくる。だいぶ積もったから」と。
しばらくして、戻ってきて
「車の前の方、雪が落ちてるから雪除けしたほうがいい」

雪かき用の道具は裏の物置に片付けてあってわかりにくい。
だから、私が出かけていった。
車の周囲をスコップで雪除けする。
湿った雪で重い。膝が痛む。けど我慢。

やがて、出かける少し前に自室から出てきたGさん、外へ行って
車のエンジンをかけている音がする。暖機運転?

「父さんってさ、いっつも、他の人がほとんどやって、最後に出てきて
全部自分がやった気になっているよね」とモグ。

ディーラーで受け渡しの書類にサイン。
「俺がするのか?」とG
(バカか、あんたの名義にして契約の時実印押したじゃない)
「・・・金は出していないのに」とG。
(今それを言うか? 他人である営業担当者の前でわざわざ?)

いちいち、Gの言うことに苛立たされる。
「金を出さずに」と言うけど、出す方(わたしやモグ)に
「ありがとう」とか「済まない」とか、言ったか? 一言も言ってない。

営業担当者がいろいろ説明するたびに、Gが口を挟む。脇の方へ話をそらす。
いま説明中でしょ、頼むから黙っていてくれ、と思う私。
睡眠がとれてないモグは、体調が悪いようだ。
Gが口を挟むから、話が長くなる。黙っててくれ! と内心苛立つ私。

ようやく終わって帰る時、Gにキーを渡して運転してもらおうと思ったら
「これから積んでるタイヤを下ろしたりするから、勘弁してください」とG。
はあ? 「勘弁してください」って丁寧語で何?
家まで運転するのが、そんな大変な仕事なの?
ディーラーに来る時、古い車を運転していたのはG。
新しい車を最初に運転させてあげようと、私は好意で言ったですけど?
新車はスタッドレスを履いてて、ノーマルタイヤを後ろに積んでる。
荷物室が狭くて、後部座席を片方倒して、そこにもタイヤがある。
後部座席は狭くて乗りにくくなっているから、私が乗ろうと思ったのに。

いちいち、ひとつひとつ、Gのやることに苛立つのは、
私も、モグも、体調がイマイチのせいもあるけど。
モグは嘔吐は止まったけれど、昨夜はほとんど眠れなかったって。
私は、膀胱炎にはならなずに回復したけど、食欲ないし吐き気あるし。
外部に対し、体裁を保つのに精一杯で、HPを削るGのあれこれに
すっかり疲れ果てたのでしたとさ。ちゃんちゃん。

by hidaneko | 2019-01-26 22:23 | くらし | Trackback | Comments(0)

今週のたなくじ

f0016892_08150672.jpg
「水分をこまめに補給すると大吉」

水分補給というと、夏の熱中症対策で散々言われましたが
冬場も、こまめに水やお茶を飲むといいんですって。

インフルエンザが流行っていますが、その対策としても。
喉の食道と気管の分かれ目あたりでウイルスがたむろしてるのを
お水やお茶を飲んで、食道から胃の方へ流し落とし、
胃酸でやっつける! ですって。
マスクより効果があるとか。
(ネットで見かけたので、正しいかどうかわかりません)

紅茶の方がいいとか、これもネットの宣伝がらみだから
どこまで信用していいかわかりませんが。

私は、紅茶(リプトンティバッグ)に高知産の生姜粉を入れて
ちびりちびりと、やってます。


by hidaneko | 2019-01-21 08:21 | たなくじ | Trackback | Comments(0)

雪が降って来た

いよいよ雪が降ってきた。
タナ猫に餌をやるついでに、外猫にも餌をやろうと、戸を開けて、
雪が降ってるのを知った。
さらさらした、積もりそうな雪が、音もなく降ってた。

外猫はいなかった。まだ4時だったから、縁の下かどこかで寝てるのかな。
暖房も、ふとんもないところで、どうやって寝てるのかな。
朝晩、ときには、昼夜も、タナに合わせて、餌をやっているから、
野良だけど、ころころに太ってる外猫グレイ。
あれくらい太って、毛皮がもこもこでないと、冬を暮らしていけないんだろうな。

この前来た、猫の集会の猫たちも、コロコロしてた。
きっと、コロコロしてない野良は、倒れちゃうんだろうな。

うちに来る外猫も、抱かせてくれたら、家に入ってくれたら、飼う気満々なんだけど。
警戒心が強いからダメだね。

by hidaneko | 2019-01-17 05:03 | きせつ | Trackback | Comments(0)

期待せず有難や(誕生日のプレゼント)

水仙の芽が出たのは前に書いたと思ったけど、(11月15日でした)
寒い中、ずんずん葉が伸び、よく見たら、葉っぱの間に花芽がついてた。
この水仙の球根は、家の周りの工事の関係で掘り上げられて、
ほぼ3年の間、バスケットに入れて風通しのよい縁側の天井に置かれていたもの。
乾燥して干からびたみたいな球根、芽を出すのだって危ぶんでいたのに、
花芽までつけてくれるなんて。嬉しい!
f0016892_12420777.jpg
朝、出かけようとしたGサンが「食パン、買ってこようか」と言う。
台所の黒板にメモしていたのを見たらしい。そして、
「おめでとう、アボカドでいいか?」と続けた。
あらまあ、覚えていたの! びっくり!
「ありがとう」と、わたし。アボカドは私の好物。
Gさん続けて「パンのお金は別にもらうから」
はあ? ケチ!
でも、ちゃんと食パンを買ってきてくれて、アボカドも5個も!
「みんな、いいよ。パンのお金もいらない」と言ってくれた。ww

f0016892_12403254.jpg
モグからは秋の頃にダブルガーゼのパジャマを買ってもらってた。
「これ、早いけど、誕生日のプレゼントね」と。
わたしがダブルガーゼの肌触りが好きなのを知っていて、買ってきてくれたもの。
だから、誕生日にはなにもないと思っていたら、
仕事帰りのバスからのメールが来た「お土産あるよ」と。
わたしの好物、クルミ入り太巻き。ありがたく、美味しくいただきました。
f0016892_12404471.jpg
誕生日のプレゼント、どれも期待していなかったもの。
だから、なおさら嬉しい!




More
by hidaneko | 2019-01-08 13:05 | かぞく | Trackback | Comments(2)

今年もお世話になりました

いよいよ押し詰まって来ました。
今年もいろいろありました。
拙ブログにもお運びくださり、ありがとうございます。
どうも愚痴ブログになってしまいがちですみません。
少しでも明るい話題を書いていきたいですね。

ということで、ひだねこ的に今年良かったことなど。
1、家の周囲の工事が全て終わった。
  いやあ、なんやかんやで三年越し?

2、髪を染めるのを1月からやめて、今は流行りのグレーヘア。
  真っ白になる予定が、まだ黒いのも少し混じってホワイトグレーです。

3、コンポスト堆肥からメロンが育ったこと。
  同じく、コンポスト堆肥からピーマンも育ちました。

4、水泳で100m泳げたこと。1日に最長1000m泳げたこと。
  去年はシニアのための初めて水泳。今年は女性のための水泳教室、
  夏の夜間水泳教室も行ったし、秋には平泳ぎにも挑戦始めた。

5、HSP(Highly Sensitive Person)という概念を知ったこと。
  子供の頃から成人してもなお、匂いや味、肌感覚に敏感で
  「わがまま」とか「文句が多い難しいヤツ」と言われて来たけど、
  そういうタチだから仕方なかったのだ、とわかったこと。

さて、来年はどんな年になりますやら。
安倍政権の、民主主義を無視した無理押しのゴリ押しがまかり通り、暮らしづらくなった今年。
昨日TPPが発効されたとか。来年からは、どうなるのか。
来年は災害の少ない穏やかな良い年であってほしいと思います。

年末に「平成三十年を振り返って」という番組がNHKなどであったけれど
「平成」で一区切りつけ、新しい元号になれば東京五輪や大阪万博などと浮かれ
東日本大震災、原発事故などが過去の事、と切り捨てられないかと危惧してます。
終わった事じゃなくて、まだまだ終わらない事。

あ、もうひとつ。
沖縄辺野古のこと。
沖縄の美しい海に、もうすでに赤土で埋め立てられ始めている。
それに反対する署名、ハワイの日沖縄系人の方が呼びかけて始められた。

詳しくは こちら
「16万突破!世界で広がる反辺野古基地への連帯——ホワイトハウス請願署名始めたロバート梶原氏を直撃」
それと、こちら を読んでね
「辺野古移設反対署名をインスタで呼びかけたローラさんの声を「政治的」と弾圧する愚」

署名は こちら から。
「Stop the landfill of Henoko / Oura Bay until a referendum can be held in Okinawa –WE the PEOPLE」
名前を書いて、メールアドレスを書いて、メールが来たら上のリンクをクリックするだけ。
目標10万といっていたのが、今の時点で、172,479 SIGNED だって。
署名が多いと、大統領が動かなければならなくなるって。



by hidaneko | 2018-12-31 20:42 | くらし | Trackback | Comments(0)

クリスマスイブに

モグが買って来てくれた「ななチキ」
夕食に温め直して食べたけど、タナ猫が寄ってこない。
まあ、夕ご飯のカリカリをあげた後だけど、
食べた後だって食いしん坊で欲しがるタナが、ななチキを欲しがらない。

「どんな肉でできているんだろうね」とモグ。
「きっと、外国で作って冷凍して送ってくるんだろうね」とわたし。
「タイ産とか?」
「ブラジルとか……」

3切れ買ったななチキ、みな四角く、ほとんど同じ形をしている。
鶏モモらしいけど、四角く切ったら端切れがでるはず。
それはどうなっているんだろう?

鶏肉や豚肉は国産を買うようにしているけれど(風味が違うから)
(さすが牛肉は国産には手が出なくてオージービーフだが)
こういう形で、しらずに外国産を食べていることが多いんだろうな。
そして、外国で加工している人たちは、きっとすごい低賃金で働いているのだろうな。



More
by hidaneko | 2018-12-24 23:04 | きせつ | Trackback | Comments(0)

クリスマスイブに思ったこと

買い物にでかけたら、街もスーパーもクリスマス陽気。
ジングルベルがなったり、サンタが街にやってきたり・・・

我が家は特に何もしないつもり。夕ご飯も普通のご飯。
そう言ったら、モグが「コンビニのチキン買ってこようかな」と言った。
「セブンチキ?」と聞いたら「ななチキだよ」と笑われた。
「3人分?」と聞いたら
「わたしの分だけ、ひとつ」という。
「母も食べるのなら2個買うけど?」
そうはいうものの、モグはちゃんと3個買って来てた。

ならば、わたしはサラダを作ろう、とスーパーへ。
細かなさらさらした霰が降ったり止んだり。
歩きながら、子どもたちが小さかった頃を、ふと思い出した。

クリスマスイブが、25日の給料日前だったのが辛かった。
Gサンにはボーナスがなかった。あったのかもしれなけどもらえなかった。
給料日前の軽い財布では、子どもたちにクリスマスプレゼントが買えない。
月々からクリスマス用に蓄えるほど余裕がなかった。

Gサンは仕事内容は同じでも大手の下請けに勤めたり、それが嫌で自営業になったり、
破綻してまた勤めたり、また自営業になって単身赴任したり…。
理由はいつも「相手の方が悪い、自分は悪くない」と言ってた。
あの頃は知らなかったけど、それってアスペの特徴の一つ、
人と意思の疎通が取りにくいことが理由でもあったんだ。

プレゼントを買えないから、貰い物のバービー人形に
手作りでピンクのドレスを作ったり、
文房具店の前を行ったり来たりして、ようやく安いおえかき帳と折り紙を買ったり。

シルバニアファミリーのお人形は買えても、おうちが買えなかったから
古い桐のタンスの引き出しを利用して、2階建てのおうちも手作りしたっけ。
桐は材が柔らかいから、わたしでも細工ができたのだ。
お料理などは紙粘土で作ったりしてた。あれは、あれで楽しかったけど。

下の子が年長組になったころは、少し豊かになったのかな?
それでも、工面して買った「ゾイド」を、Rくんがたった一晩で組み立て
「ええ〜?もっと長く楽しんでよ〜」と思ったものだった。
(文字はどれだけ読めたか知らないけど、取説を見て自分で作った)

そんなこんなを思い出しながら、時々ぱらつく霰の中を帰って来た。
クリスマスケーキの代わりに、ハーゲンダッツを買って、
自分しか食べないアボカドを、熟し方を吟味して一つ、買って来た。

あとは特に何もしない、クリスマスイブ。
バーサンが元気だった頃は、チキンを焼いて、ケーキも買って、
子供たちはもちろん、バーサンにも猫にも、ささやかなプレゼントをあげていたけどね。

追記:
わっ、ゾイドってまだあるんだ〜!
検索して見てびっくり。もう30年以上前のおもちゃが続いてる。
こちら、タカラトミーのサイトへ、リンク)


by hidaneko | 2018-12-24 14:09 | きせつ | Trackback | Comments(0)