タグ:地震 ( 87 ) タグの人気記事

北海道の大地震

午前3時ころ早朝覚醒して、ネットしてたら
北海道で震度6強の地震の速報!
(追記:あとで震度7と訂正された。
 震源地に近いところの地震計はふっきれたらしい)

あらよあらよと思う間にどんどん被害の情報が…
朝5時10分から気象庁の記者会見があるというので
下に降りてテレビを見て・・・

なんと広い範囲で、なんと酷い災害が・・・

ついこの間、台風21号が関西地方を中心に大被害をもたらしたばかりで
また、このような地震が起きるなんて。

1日心落ち着かない。
おまけにパソコンがネットに繋がらなくて
無線ランなのにWi-Fiのアンテナが出たり消えたり

北の町に住む友達がどうしているか気がかりだけど、
北海道全土が停電中というし、スマホの充電もままならないだろうし
不要不急のメールは差し控えようと思い、じっとしてる。

テレビのニュースは気になるけれど、
同じ被害者、被害地の映像が繰り返されるのは、見ていて辛い。

今できることは・・・邪魔しないこと。
募金などが始まったら、少ししかできないけれど募金すること。
気持ちを向けて、見守ること。
心の中で応援すること。

追記:
いま、札幌で地質学会があるらしく、専門家が大勢集まっているって。
なんか、皮肉的。



[PR]
by hidaneko | 2018-09-06 18:27 | うきよ | Trackback | Comments(0)

またも、寝そびれて

気がつけば、日付が変わっていた。
早く寝るときは、もう夕方から寝るのにね。
明日は、というか、今日は、市営プールの水泳教室最後の日。
しっかり寝て、体調を整えておかねば、と思うけど……

凹みがちな気分を持ち上げようとしてる今。
何か、楽しいことを考えよう。

いつもなら、猫のことでも考えれば浮上するのだけれど、
油舐め のあとだから(笑)、猫のことを考えても浮上しないな(笑)

そうだ。長岡花火 に友達が来るんだ。
私の分のチケットも取ってもらった。
会うのが楽しみ。
頭上に広がる花火フェニックスに、どんな顔をするかな。
私、初めて見たときは、もう、感動でうるうるだった。

長岡花火、混むからね。以前は敬遠してた。
新潟花火もあるもん、って。
でも、市内の友達が誘ってくれて、一緒に見に行ったら
もう、感激。全然違う。

最初の時は、バスツアーで、
花火の終わった後に駐車場から出るのに2時間かかった。
マジで、駐車場から出るのに2時間、だよ。
そのあと、2時間近くかかって帰ってきて、日付が変わってた。

2回目は、同じ友達に誘われたのだけど、
バスに懲りて、新幹線で行った。
けど、花火会場から徒歩で長岡駅に向かう時、
同行した数人とバラバラになり、待っていたら新幹線の最終(笑)
やっぱり、帰宅は遅くなってしまった。

でも、それだけの苦労(?)をしても、見に行く価値のある花火。
長岡花火は、鎮魂の花火なのだ。
先の大戦のとき、長岡空襲があり多くの方々が亡くなった。
そして、また近年の、中越地震……
花火は、亡くなった方々のおられる空に手向ける花なのだ。

仙台の、スコップ団が揚げたのも、鎮魂の花火だった。( こちら
華々しくて、威勢がいいけど、奥底にしんみりしたものを潜めている。



[PR]
by hidaneko | 2018-07-06 00:48 | くらし | Trackback | Comments(0)

大阪北部大地震と「原発ホワイトアウト」

大阪で大地震のあった月曜日の午後、地元で集まりがあった。
児童文学についての集いで、普段は政治の話などコレッポチもしない。
だけど少し時間が余って、朝の地震の話になった。

そしたら「地震と聞いて、まず原発を心配した」と、ある人。
私も、同意!
別な人も「こんな地震の多い国で50基以上も原発が多いのは問題」と。
そしたら、また別の人が「原発なくても電気は足りているのにね」と。
口々に、地震と原発、政府の対応、この前の県知事選の話など、
出てくる出てくる。

びっくりした。
集まっていたのは、穏やかな中高年の女性ばかり。
50代〜80代。主婦や定年後の女性、女性自営業者など普通のひと。
ほんとに、いつもは童話や児童文学の話しかしないのに
胸の内に、さまざまな問題意識を持っていることがわかって
なんか、感動してしまった。

少し前に、別の友達(私より3歳年上)のところにお茶のみに言った時
話題は、介護や自分の体の衰え、足が痛い腰が痛い、などの話題だった。
知事選に振ろうとしたけれど、「わからない〜」という感じの薄い反応だった。
(前には、政治的なことにも興味を持って居たはずの人なのに…)

それが、その日は、原発の話色々、
かつて新潟県では、巻原発を阻止した、その時の話など。
ああ、案外身近にこう言う話をできる人たちが居たんだ、と嬉しくなった。
私は、家の中でも政治的な話はしにくい。
Gサンとか、第一、私が話しかけると、どんな話題でもシャッターが降りるし(笑)

その日、紹介された『原発ホワイトアウト』を今読んでいる。
3.11のあと書かれて(2013年9月11日発行)その時は話題になったけど
私は、読まずじまいだった。

原発ホワイトアウト

若杉 冽/講談社

undefined

創作と知りつつ、でも政界の裏側、行政と官僚と、企業のつながりなど
さもありなん、と思いつつ、背中がぞわっとする。
検索して、こちら もヒット。
『東京ブラックアウト』も読んでみようと思っている。

[PR]
by hidaneko | 2018-06-21 12:21 | うきよ | Trackback | Comments(0)

3.11 あれから7年

昨日は東日本大震災からまる7年目だった。
テレビでも特集が組まれ、ニュースでも過去の映像が流されていた。
朝、少し見たけど、津浪の被害の映像など、見てて辛く
ほぼ1日、テレビは見なかった。

原発さえなければ、と強く思った。
確かに地震やそれに伴う津浪や火災などで大きな被害が出たけれど
原発さえなければ、故郷を捨てなればならないとか、なかったはず。
まだ仮設住宅にいる方々が大勢いらっしゃるという。
新潟にも福島から避難してきている方々がいらっしゃる。
まえに、新聞で、7年経ち住宅の補助が切られる、という記事を見た。
まだ、ぜんぜん復興していないのに。

「被ばく牛と生きる」という映画が、市民映画館に来てる。
原発事故で飼い主が避難した後、牛たちは餓死した。
あるいは原発で被ばくした牛はほとんどが殺処分にされた。
売り物にもできず経済動物としての意味がないから、とか。
命あるものを殺すに忍びない、牛飼いが飼い続けている。
「牛を殺さないとくことは、故郷をまもるということ…」

被ばく牛と生きる」見に行きたいと思う。

福島の原発で「死んだ人は一人もいない」といった政治家は誰だったか。
「原発さえなければ」といって自死した方がいらっしゃった。
故郷を奪われ、仕事も奪われ、家族バラバラになったり……
伝統も心もめちゃめちゃにされて……
ほんとに、原発さえなければ、と思う。原発さえなければ。

そして、東京オリンピック。
「フクシマはアンダーコントロール」だなんて
安倍晋三が世界に向けて大ウソついて、賄賂使って誘致した五輪。
そのために復興がどれだけ遅れたか。
あそこで、五輪誘致が決まったところで世間の関心が切り替わった。
ニュースは前ほどフクシマを報道しなくなった。
「震災からの復興のために五輪を」何て嘘。
東京オリンピックのために、人も建築資材も集まり、高騰し、
復興の足取りはぐっと遅くなった。
浮かれているのは東京だけ。地方は恩恵に浴さない。

[PR]
by hidaneko | 2018-03-12 06:22 | うきよ | Trackback | Comments(0)

普通の日に感謝ー 3.11から6年

あの日から6年経った。
「もう」なのか「まだ」なのか・・・

今日は図書館主催の定例のおはなし会で当番の日だった。
会場の公民館へ少し早めに行って会場セッティング。
お客様は、4月から年少組に入園するという女の子とお母さん、
1歳半だという男の子とお母さん、
そして常連の4歳の女の子とお母さん、それと大人の女の人。

プログラムは
1、くっついた
2、あおくんときいろちゃん
3、(お話)おいしいおかゆ
4、だいどころにもはるがきた
5、こすずめのぼうけん

1歳半の男の子も、最後まで聞いていてくれた。
抱っこしてるお母さんが、しっかり聞いてくれたから子供も聞けて。

そのあと、ボランティアの会の、今年度の反省と来年度の方針について
仲間内の話し合い。
そのあと、スーパーへ寄って、帰って来た。

普通のことを、普通にしてた。
普通のことが普通にできることに感謝しながら。

帰って来て、遅い昼ごはんを食べぎりぎりで薬を飲んで
あの時刻に黙祷。

特別番組は見たくなかった。
津波の映像など、まだつらすぎる。

追悼式、首相は式辞で、被災地のインフラはほぼ復旧し、
東京電力福島第1原発事故に伴う避難指示も解除が進んでいるとして
「復興は新たな段階に入りつつある」と指摘したとか・・・

はあ? 
メルトダウンを起こした福1では汚染水が相変わらずだだ漏れで、
炉の偵察に送り込んだロボットもひどい放射能で壊れてしまって
中の様もわからず、廃炉のめども立たず
除染廃棄物を詰めた黒いフロコンバッグは野積みされ山をなし
まだ仮設住宅で過ごしてる人が大勢いらっしゃる。
そして、福島から避難してきたご家族のお子さんへのイジメ、
小学校では、教師も加わって「◯◯菌」と呼んだり。
大学では福島県出身の女子学生に対し「放射能を浴びているから電気を消すと光る」と
教室の電気を消した講師がいたり・・・ひどすぎる。
もう6年経つのに、ちっとも解決していない、解決に向かっていない。

安倍首相が五輪誘致で言った「アンダーコントロール」なんて真っ赤な嘘で
オリンピックなど開催できる状態じゃないと思う。

銀座のソニービルの広告。津波の高さを示してる。(こちら)
f0016892_20065696.jpeg


[PR]
by hidaneko | 2017-03-11 20:09 | うきよ | Trackback | Comments(0)

福島で地震、そして津波

6時頃、かなり長い時間揺れました。
といっても、数分なんだろうけど。
こっちでは震度3~4。それでも気持ち悪かった。
震源地に近い地方ではどんなに気持ち悪く不安だったことでしょう。
福島県浜通り沖、M7.3、震度5弱とのこと。

今、テレビ見てる。
どのチャンネルも地震と津波の報道。
東日本大震災で痛めつけられてまだ復興も終わってない地方に、再度の震災。

被害の少ないことを祈ってます。

地震のたびに、「原発は大丈夫か?」と思ってしまう。
こんなにあちこちで、しょっちゅう地震がある日本。
あれだけの被害があり、まだ収束してないのに、だれも責任を取らない。
それまでずっと原発で儲けていた東電も、推進した国側も。

原発なんて、やめてくれ!
再稼働なんてもってのほか。

[PR]
by hidaneko | 2016-11-22 07:41 | うきよ | Trackback | Comments(0)

「東電は巨大津波を予測できていた」(?)

【スクープ速報!】「想定外の巨大津波」は実は想定の範囲内だった!震災から5年、東電が「巨大津波」を予測できていた「新証拠」を福島原発告訴団・代理人の海渡雄一弁護士が岩上安身のインタビューで証言!「何度も司法記者クラブで話したが、新聞は記事にしなかった」衝撃の事実をIWJで公開!!

こちら、IWJのサイトより。
ぜひ読んでみてください。
酷い話だ。
[PR]
by hidaneko | 2016-04-28 21:18 | うきよ | Trackback | Comments(0)

「平成28年度熊本地震義援金の募集について」熊本県庁

平成28年度熊本地震義援金の募集について
さまざまな街角やネットでの募金もあるけれど、
中には怪しげのや、わけのわからないのもあるといいます。
一番効率的に、確実に被災者へ届く方法。

熊本県庁のサイトより。最終更新日:2016年4月15日

 平成28年度熊本地震義援金の募集について
 熊本県では、平成28年4月14日に発生した平成28年熊本地震によって被害を受けられた被災者を支援するための義援金を、本日、平成28年4月15日(金曜日)から6月30日(木曜日)まで募集します。
 詳細については報道資料のとおりです。

報道資料地震義援金(PDF:130キロバイト)

[PR]
by hidaneko | 2016-04-17 17:47 | うきよ | Trackback | Comments(0)

雨です。寒いです。

昨日暖かかったのと、さすが4月との思いで、
セーター脱いだら、寒いです。
我が家、家の中が寒いから。

被災地でも雨ですってね。
寒いでしょうね。

   ・   ・   ・

買って応援、と熊本の物品を買う運動が起きているらしいですが
被災地の方からの、昨日のツイートで、

>熊本銘菓を買って支援しようとかは落ち着いてからがありがたいです。
注文入れば工場スタッフが危険でも生産に駆り出されるのです。
私の母が工場で働いてて現に昨日も出勤させられてます。
ありがたいけど、とりあえず購入支援はもう少したってからがありがたいです。
まずは募金とか物資提供がいいのでは

・・・・支援、応援は難しいですね。
遠くの地での気持ちと、現場の事情と・・・
[PR]
by hidaneko | 2016-04-17 08:54 | うきよ | Trackback | Comments(0)

「災害支援手帖 臨時公開版」

ツイッターより
荻上チキ ‏@torakare さんから

>熊本地震を受け、拙著『災害支援手帖』(木楽舎)の全ページをPDFで無料公開いたしました。東日本大震災の被災地、支援団体を取材し、災害支援についての基礎知識やヒントとなる事例をまとめたものです。少しでもお役に立てれば幸いです。
http://books.kirakusha.com/saigaishien/
こちらリンク先は目次。
そこからPDFで本文に入ります。

臨時公開版の災害支援手帖は、印刷での彩色前のデータを流用しているため、書籍版とは大きく色が異なります。
A5サイズで構成されています。
公開期間は未定です。
著作権は、著者および木楽舎に帰属します。

わたしはまだ全部読んだわけじゃないけど
かなり詳しくてためになります。
例えば、義援金と支援金の違いとか…

公開期間は未定ということですが、
ぜひ読んでみたいと思いました。
[PR]
by hidaneko | 2016-04-15 23:33 | うきよ | Trackback | Comments(4)