人気ブログランキング |

タグ:体調 ( 277 ) タグの人気記事

今日のナイト水泳は3名だった。

ここんとこ、週に2回いく市営プールの水泳教室。
金曜午前中が女性のための水泳教室で平泳ぎを受講してる。
今日、火曜日は、クロールと背泳をやりたくてナイト水泳をとった。

火曜日の午前中にも女性のための…、があって、クロール背泳もあるけど
そっちは少し緩いんだ。やはり7、8名の受講生のうち、
このババアの私が一番泳ぐのが早かったりする。
順番に列になって泳ぐから、遅い人が先に泳ぐと早い人がぶつかる。
だから、泳ぐのが早い人が前になって遅い人が後ろになる。
前回受講したとき、私が一番前になって、順々に受講生が泳ぎ、
一番後ろの人が着くのをずっと待つ形になった。

それで、少し程度の高いナイト水泳を受講することにしたんだ。
こっちは何名が登録してるか知らないけど、くるのは5、6名。
私は、そのうちの後ろから二番目くらい。で、時々ぶつかる。

今日は受講生が3名だった。トライアスロンを目指す青年と、
私と同年輩(?)の小柄な女性、そして、わたし。
女性の方は水中スタートも綺麗だし、フォームもいい。
でも、私が次に泳ぐと……ぶつかってしまう。
間を10秒開けて、次に泳いでも、途中でぶつかってしまう。
私がもう少し、ゆっくりと正確に泳げたらいいんだけど、
つい、バタバタと、焦った泳ぎになっちゃうのよね。

優雅に綺麗に、ゆっくりと長く泳げるようになりたい。

背泳で水を飲んじゃって、でも家に帰って来たら喉が乾いててww
泳いで飲む水と、喉の渇きを癒す水は違うのね。
牛乳をごくごく飲んでしまった。
おねしょに気をつけなくちゃwww

by hidaneko | 2019-05-14 21:46 | からだ | Trackback | Comments(0)

東京勢がやって来る

がんばる〜〜〜しかないね。

モグが、昨日、泣いていた。
夕方、猫が喧嘩するような声が、どこかから聞こえていたから、
しばらく「どこだろ?」と聞いていたが・・・・
どうも、不安になって、2階へ行ったら、モグが布団の中で、呻きながら泣いてた。

午前中から、掃除とか、買い物とか手伝ってくれて、疲れたのもあると思うけど、
東京勢が来る不安、きっとうるさくなるだろうと、精神がかき回されるだろうと言う予感、
様々な思いが、入り混じって、泣くしかなかったのだろうと思った。

そっと肩を撫でて
(頭を撫でたいところだけど、モグは頭をさわられるのを嫌うので許可なくさわれない)
そっと、そっと、言葉かけ。

頭がいたい、と泣く。
ハンカチ渡して、ティッシュで鼻をかんでやって・・・
好きなぬいぐるみを渡して気分転換を図り・・・
幼い子にするように、そっと、そっと、手を撫でて・・・・
アイスノンを持ってきて頭を冷やしてやって・・・・・

できれば、東京勢がくる3日間、モグをどこかのホテルにでも行かせたいくらいだけど、
それはできないから、一緒に寄り添う。

嫌っているのではない。
ただ、おチビちゃん達の予測のつかない動きや、突然の大声などがたまらない、ということらしい。
「東京へ行った時は、お姉ちゃんの家に行って、遊んだりしてるでしょ?」
「東京へ行くのは、いいの。帰れるから。2、3時間で。3日もいるとなるとつらい」
知覚過敏の神経に触ると言うことらしい。

「お姉ちゃんたちが来たら、モグは2階にいていいから。
いらっしゃい、だけ言って、あとは2階にいていいから」
・・・実際はそうはいかないだろうけど、そのつもり。


by hidaneko | 2019-05-03 05:13 | 東京日記 | Trackback | Comments(0)

久々に自転車を引っ張り出したけど

変形性膝関節症、その後。
昨年の11月から12月にかけて、週に2回は整形に通って
リハビリの電気治療を受けたり、湿布貼ったりしたけど
さほど改善せず。

お正月休みに、せっせと湿布を貼ったら……見事にかぶれた。
で、やめた。
湿布も、電気治療も。

そんなこんなで「あいたたた」と言いつつ歩いていたのだけれど、
肺の疾患で別な病院にかかったとき、
最上階に図書室があるというので行って見たのよ。
f0016892_21412796.jpg
(写真は許可を得て撮っています)

ぶらぶらと、書架を眺めていたら、目に留まったのが、この本。
f0016892_21423658.jpg
ぱらぱらとめくってみたら、変形性膝関節症のリハビリ体操が
図解されて、丁寧に説明されて載っていた。
これよ、私が欲しかった情報は!

整形外科の先生は
「リハビリ体操が最善の治療法です」とおっしゃっていた。
でも、その医院では体操についてあまり丁寧には教えてもらえなかった。
家でやっていたけど、効果がなかった。
でも、この本、やり方と、やってはいけない方法が、両方書いてある。
「図書館にあるかな?」と検索したら当市の図書館にあったから、
即、予約を入れ、読んで見た。

これは手元に置きたいと思ったから熱帯雨林で見て見たら、あった。買った。
それが3月なかば。それから、真面目に朝夕、体操しました。

寝転んで片膝は立て、もう片方は脚を伸ばして、足首は直角に曲げ天井を向けて
かかとを床から10cmあげて5秒キープ、ゆっくり下ろして2,3秒休む。
これを20回くりかえす。
痛い方の脚だけでなく、痛くない方も同様に行う。

次は、横向きに寝て、同様に、片膝は曲げ、伸ばした方の脚を上げるのを20回。
次は、起き上がって脚を伸ばして座り、脚の間にボールを挟んで押しつぶす。これも20回。

最初は10回やると、太ももがプルプルしてきて続かなかった。
でも頑張って20回を左右、朝晩一週間で効果が出た。
一月以上たった今、膝の痛みはずいぶん軽減した。
休むと次の日は調子が悪くなるから、愚直に体操を続けた。
階段の上り下りに「あいたた・・」と言わなくて済むようになった。
痛みがゼロではないけど、声を上げるほどじゃない。

でもって、今日はいい天気だったから
1kmほど離れた店に買い物に行こうと。
これまでなら用心してバスや車で行っていたのだけれど、
久々に、ほんとに久々の2、3年ぶりに自転車を引っ張り出した。
自転車を漕ぐと、膝が痛くなっていたのだけれど、今日は行けそうな気がした。

表玄関で埃をかぶっていた自転車を磨き上げ、タイヤに空気を入れて
いざ、玄関から道路に下ろそうとしたら

ギクッッ!

左手首をやりました。あいたたた、です。
自転車ってこんなに重かったっけ?
左手をハンドルにかけ、右手でサドルの下のフレームを持って
それで、左手を傷めてしまうなんて、なんて軟弱な私の関節。

1kmは諦めて、近所のスーパーまで自転車で行ってきたけど,

まあ、ぼちぼちでんな。




by hidaneko | 2019-04-18 22:02 | からだ | Trackback | Comments(0)

ちょっと嬉しかったこと

嬉しかったから、日記に書いておこうww

今週からまた、市営プールの水泳教室が始まった。
前の冬のコースは、火曜日と金曜日の午前中の「女性のための水泳教室」
火曜が「クロールと背泳」、金曜が「平泳ぎ」
今期は、火曜の「ナイト水泳・クロールと背泳」と、
金曜の「女性のための水泳教室・平泳ぎ」を受講する。

金曜日の午前中の水泳教室で、以前、火曜日に一緒だった人にあった。
「火曜日、来なかったみたいだけど、どうしたの?」と聞かれ
「火曜日は、ナイト水泳にしたの。クロールと背泳」
「どう?」
「男女混合だから、昼のよりハードで、ついていけるかギリギリ。
なにしろ、わたしが、たぶん最高齢だから」とわたし。
「最高齢って!? ……ひょっとして、もうすぐ大台?」
「大台って…? 幾つに見える?」えへへ、言っちゃった。
「えーと、もうすぐ還暦とか?」
「あはは、その10個上」

はい、もうすぐ、来年は、子機でございます(誤変換)
水泳はすっぴんでやるからね。化粧は落とすよう言われてるからね。
おまけに、水着はぴったりして体型が出るからね。
おまけに、去年1年かかって毛染めをやめてグレーヘアーになってる。
それでも10個も若く見られたって、うれしいじゃない?
膝が痛いの、手首がぷらぷらだの、身体中故障だらけだけど、
そう老いぼれては見えないということで、気を良くしたのでした。

午後のクリニック
ちょっと大きい仕事が入って、と先生にも報告。
色々話して、最後に先生
「今日は顔色がいいですね」とおっしゃった。
「あら、前回はどうでした?」とお聞きしたら
「前回はひどく顔色が悪かったですよ」と言われた。
ああ、前回は車の自損事故のすぐ後だったから……

それにしても、この先生は、ちゃんと患者の顔色を見てらっしゃる。
よく「パソコンばかり見て、患者を見ない」という医者もいるようだけど
この先生はちがう。
ちゃんと話を聞いて、目を見て話してくださる。信頼できる。

以上、ちょっと嬉しかったこと、二つでした。


by hidaneko | 2019-04-12 19:12 | くらし | Trackback | Comments(0)

歯肉形態修正・フラップ手術・その後

4年持った。
というか、4年しか持たなかった、というか。

2015年6月 に、歯茎を下げて磨きやすくする手術をした箇所、
先日、定期点検してもらったら、牛になりかけ、じゃなくて齲歯です。
昨日、ほじって、狩場をかぶせて、じゃなくて仮歯をかぶせてもらってきた。
f0016892_09143351.jpg
この図の、歯の下の部分、歯間ブラシ(SSSサイズ)を差し込んで磨いてた。
けど、やっぱり磨きにくいところだし、そこから齲歯に。
神経まで取るか、取らずに済むか、と先生はおっしゃっていたけど、
昨日、ほじって、今日は麻酔がすっかり取れたけど、特に痛まないし、
神経まで抜かなくてよさそう。

で、冠をかぶせることになった。
セラミックにしたら、白いし強いし、いいのだろうが、
今のわたしのお財布では、それは無理。贅沢。
保険内で治療できる範囲内でお願いすることになる。
さて、金属にするか、プラスティック(レジン)にするか迷い中。
レジンにすれば白くできる。でも強度や耐性で劣る。
金属にすれば、強さはあるが、いわゆる銀歯になってしまう。
先生のオススメは金属。

場所は、親知らずを抜いているから、奥から2番目のところ。
大口相手笑うと見えるところ。
金属冠にして、これからは、おちょぼ口で笑うことにしようか。





by hidaneko | 2019-04-03 09:17 | からだ | Trackback | Comments(0)

100m泳げた!

一月から、市営プールでの女性のための水泳教室に通っていた。
火曜日がクロールと背泳、金曜日が平泳ぎ。
それが今週の火曜て終わった。
でも、金曜日の今日、友達と市営プールで泳いできた。
いわば、自主トレ。

「自分で泳ぐのでも、漫然とダラダラ泳ぐのではなく、目的を持って泳ぐように」
と、先生に言われていた。
今日の私の目標は、ターンと、続けて泳ぐこと。

ターンは、まだ完璧じゃないけど、
クロールで100mを泳げたのだ!
嬉しい。

この前の日曜日に、やはり友達との自主トレの時、
クロールで50m、続けて背泳で50m、合計で100m泳げた。
今日はクロールで続けて100m泳げた。
繰り返し、泳げた。
嬉しかった!

この歳で、伸び代があるって嬉しいじゃないの!

by hidaneko | 2019-03-22 21:53 | からだ | Trackback | Comments(0)

間質性肺炎で他の医師を紹介してもらう

このところ、右の下瞼がぴくぴくして、気持ち悪いったらない。
目が疲れているのかなあ。
これも、華麗なるお年頃のせい?ww


昨日、肺の検診で大きな病院を紹介してもらった。
これまでかかっていた病院も呼吸器内科で専門医なんだけど、
その先生が「間質性肺炎といえばこの先生」とおっしゃっていた先生だ。

変形性膝関節症で整形外科で新しく処方された消炎鎮痛剤を調べたら
重篤なる副作用として間質性肺炎が上がっていたので、
これまでかかっていた先生に
「飲んでも体丈夫なのか、差し控えた方がいいのか」
と尋ねたのがきっかけだった。

整形外科の医師に私の不安を伝えたら
「どの薬にも副作用はありますから」と言われ
薬剤師に聞いたら
「ご心配なら呼吸器内科の先生に聞いてください」と言われ
呼吸器内科の先生に聞いたら
「僕が処方したのでないから、わからない。薬剤師に聞いて」と言われた。
そんないきさつで、専門医に紹介してもらったというわけ。

予約して行って、もっと待たされるかと思ったけど、30分ほど待たされただけ。
とても丁寧に問診して、診察してくださった。
紹介元からCTの画像や、血液検査の結果なども言っていたのだけれど、
さらに、膠原病の要素はないかとか血液ガスとか、追加でいろいろ検査があり、
(鼠径部から動脈血を採血するの初めてで面白かった)
来週は、肺活量など、肺の機能の検査も予約。

驚いたのは、紹介状の中で、息子が医師ということも書かれていたということ。
「息子さんはお医者さんなんですか?」って、聞かれたもの。
そういうのって・・・・書くものなのかなあ。

絵描きの妻が必ずしも絵が上手いわけないのと同じで、
息子が医者だからと言って、その母親は普通の人なんだけどなあ。

ふつうの医者の親は、病気のことを息子に相談したりするのかなあ。
うちは、たとえ息子に相談しても「かかりつけ医に聞けばいい」というばかり。
息子も忙しいだろうし、私は自分の体のことは息子には言わなくなった。


More
by hidaneko | 2019-02-21 09:07 | からだ | Trackback | Comments(0)

♩はる〜は なのみ〜の かぜのさむさや〜

風どころか、粉雪も舞ってます。

先ほど午後2時に街中の温度掲示板が「-1℃」でびっくり!
昨日は、いいお天気で、陽光もあたたく、14℃とか言ってたのよ。
今日の最高気温は2℃とか。気温差12℃

これじゃあ、体も参るわ。

とはいえ、この冬は、ちゃんと雪かきしたことない。
さらっと積もっても、雪かきするほどじゃ無い。
踏んで歩ける。

このことが、どれだけ助かることか!
膝痛のBBAとしては。

膝痛といえば、友達が気にしてくれて
雑誌の特集記事をくださった。
ありがたや!

どうも、膝痛体操の回数が少ないみたい。
治った人の体験記は、もっと回数をやっていた。
なるほどね。がんばらんば。

by hidaneko | 2019-02-08 14:59 | きせつ | Trackback | Comments(0)

炭酸水を飲む日

半年に一度の肺の検診の日。
レントゲン撮って、待って、診察受けて、
あれこれで、CTも撮ることになって、
待って待って待って、ようやく撮って、結果は再来週に。

整形外科に行って、待って待って待って、
診察受けて、あれこれで、こっちもレントゲン撮って。
結果は、様子みましょう、ということで。

すっかり疲れて、家に帰ろうか気分転換しに行こうか迷って、
結局、日帰り温泉・Vスパへ。
冬枯れのハーブ園が見える露天風呂でのんびりして、
いま、炭酸水飲んでます。
f0016892_14472682.jpg
ここへ来たのは、2017年12月 以来だった。
同じもの飲んでる。


by hidaneko | 2019-01-30 14:37 | からだ | Trackback | Comments(0)

つらいなぁ

モグが、今日こそ仕事に行こうと、自分でお弁当まで作っていたのに、
出かける予定の時間になっても現れない。自室にこもってた。
今週は1日も行ってない。
前の日に、「明日は行くぞ」と準備してても、翌朝になるとダメ。

「だいじょうぶ?」とメールすると
「だいじょうぶじゃない」
「何か、母にできることある?」
「ない。ありがとう」
「母は予定通り出かけるよ」
「いいよ」

で、母は市営プールの水泳教室に行って来ました。
私が無理に家にいても、モグが気にするだろうし、
具合の悪い時は1人の方がいいこともあるし・・・。
モグを家に置いて出かけた。

でも、プールで平泳ぎを習って外に出たら、青空で
なんだか、泣きたくなってしまった。
子供のように、おいおいと、手放しで泣きたくなってしまった。

夫の不機嫌は無視するようになったけど、娘の体調不良はこたえるなあ。

今日は夕方にクリニックの予約。
普通なら、仕事を終わったモグを駅付近に迎えに行く予定だったけど、
いま、まだ、モグは布団の中。
「クリニックに行ける?」と聞いたら
「クリニックは行く」と言っていたけど。
(ほんとに具合が悪くなるとクリニックにも行けずに、私が薬だけもらってきたりする)

夫は、娘の体調不良にも無関心。いつもと変わらず。
私が具合悪い時でも、無関心。
「家族を気にかける」という概念がないらしい。
自分が具合が悪い時は、大騒ぎするのにね。

by hidaneko | 2019-01-18 14:42 | かぞく | Trackback | Comments(2)