人気ブログランキング |

タグ:シゴト ( 217 ) タグの人気記事

一人で密かに祝杯

5月からかかっていたシゴトにようやくOKが出た。
納品は7月半ばに済ませていたけど、先様の都合か結論が出なくて。

私に取っては、小さいけど重いシゴト。
ここ10年で三つ目。

A案とB案を出して、周囲の声はA案推しだったけど、
先様が結論を出したのは、B案の方。
わからないものだね。

Gサンとの諍いや、このシゴトのストレスか、
帯状疱疹にもなったりして、思い出に残るシゴトだった。
だから、OKが出て心底ホッとしてる。

糖質オフの偽ビールを買って来て、こっそり祝杯。

モグは今朝は仕事に行ったけど、昼頃電話をよこして
「体調不良だから早退する。迎えに来て」と。
車の室外温度は38℃を示してた炎天下、エンコラショと迎えに行きましたわよ。

今朝は、洗濯2回したし、
お布団も大屋根に干したし、
電話で、別件のシゴトもしたし、
買い物にも行ったし、
帰って来て、昼ごはん食べる暇もなくモグを迎えに行った。
モグが2階へ行った後、階下でぶったおれて、寝落ちの午睡。
むっくり起きて、夕ご飯を作って、
予約の本が来てたので、図書館へ一走り。
ついでに偽ビール買って来た。

いまここ。
まだ、やることあるけど、今日はもうフリーということで
(偽ビールの名前も、アサヒスタイルフリーだしww)
のんびり生きましょう。


追記:
そうそう、午前中の、電話での仕事のやりとり。
先様の声が小さくて聞き取れない。
「お電話遠いのですが……」と言ったけど、
ひょっとして、これって死語?
お若い方には通じなかったかなあ。

昔の長距離の電話は、声が小さく聞こえたりした。
そんな時「お電話が遠いのですが」と言ったけど、
今は、(今日の仕事のは、東京の会社とうちの家電話だったけど)
ほとんど携帯電話になって来てる。
市外局番で住所を推測することもないし、
遠いからって声が小さくなることもない?

今度からは
「お声が聞き取りにくいのですが……」と言おうかな?

by hidaneko | 2019-08-08 19:39 | しごと | Trackback | Comments(2)

今週のたなくじ・たぬくじ

ギリギリチョップのシゴト、なんとか納品できました。
紙とデータと両方でよこせ、とか言われて、
午後8時過ぎ、郵便局の夜間窓口へ(すごく久しぶり)
「速達でないと、明日には間に合いません」なんて言われて、しょぼーん。
仕方ないから、速達にしましたけどね。
「15日締め切り」なんて先方が言うのを、
「その日は海の日です」って言って、1日伸ばしさせたから。
今日は海の日で、月曜だけどお休みなのよ。

この仕事を始めた時(って、もう20年以上前だけど)
お師匠さんに言われたの。
「締め切りを破っていいのは、よほどの巨匠。
 あんたはそんなの無理だから、とにかく、締切だけは守るように」って。
だから、製品の良し悪しは置いといて(置いとくな)
締切期日を守るのが、ひだまりねこ流。

で、今週のたなくじ。
f0016892_21462258.jpg
「海吉
海のように広く大きな吉」

今書いてて思ったけど「海吉」って「海苔」に似てない?www
海吉でも海苔でも、とにか納品したものが好評を得るように祈る今夜。
f0016892_21483211.jpg
「たぬくじ」は、太吉であります。
「大吉」よりも「、」点でいい? 「、」点で悪い?ww

というところで、ただいま「獲らぬ狸」の皮を数えております。わっはっは。


by hidaneko | 2019-07-15 21:50 | たなくじ | Trackback | Comments(0)

ギリギリ


今週の頭の たなくじ・たぬくじ
ほんとに、月曜日の時点では、ギリギリというか、「もうまっしろ!」って感じで
どうなるかと思っていたシゴトが、火曜、水曜と、ひらめきまして
木曜日にはいい感じ。金曜日に友達にも相談して「いいんじゃない?」と言われ。
「たぬくじ」もいっしょに加勢してくれ、いい具合に羽ばたけた〜!
ほんと、久しぶりに肩の荷が降りる感じ。

そして今日、別件のシゴトの振込のお知らせ〜!
モグが郵便受けから「いい知らせだよ」と、ハサミも一緒に手渡してくれた。
ああ、これで金繰りがなんとかつくわ。
(買ったばかりの車、自損事故の修理代が響いてたんだ)
ぱ〜っと、何か美味しいものでも食べに行きましょうか・・・
と、思ったところで、ハッと気づいた。

今月、7月は固定資産税の支払い月。
な〜んんだ、余裕なんてないじゃん。ギリギリじゃん。
ギリギリ、好きなわけじゃないんだけどね。
安定が好きなんだけどね。

ギリギリ崖の上行くように、歩んで行くのが私の人生?

by hidaneko | 2019-07-13 15:45 | しごと | Trackback | Comments(0)

枕元応援団

すごい圧力を感じるんですけど。
そろそろ仕事しろ〜!
俺たち見ててやるから〜!
f0016892_10325742.jpg


by hidaneko | 2019-07-02 10:31 | からだ | Trackback | Comments(0)

机の上の整理がはかどらない

いよいよ次の仕事に真剣に向き合わないと・・・と
まずは、乱雑な机の上の整理を始めたけれど、さっぱりはかどらない。
掘っても、掘っても、紙の山。一部ヘドロ化してたりして。^^;

いっそ、ザザーッと手で薙ぎ払って袋に詰め、
燃えるゴミの日に出せたら楽だろうと思うけど
きっとあとで困るだろうから、それはしない。

あ、断捨離の上手い人は、そこの見切りがいいんだろうな。
私は、あれも保存、これも保存、でファイルばかりが多くなる。

気がついたんだけど・・・
この中には、私の興味で集めたものも多いけれど、
親切な友達が「これ、面白いよ」とか「これいいよ」と、
わざわざコピーしてくださったものなどもある。
私本来の興味でなくて、友達の興味の対象が集まってくる。
でも、視野を広げるためにも、そういうのにも触れたほうがいいかな、とも思う。
今、読めないから、とっておいて、後で読もう・・・とこれも紙の山へ。

机の上やデスクトップの乱雑な人は、頭の中もとっちらかっている、って
まさに、わたしのことだわ。とほほ・・・

by hidaneko | 2019-06-20 21:01 | しごと | Trackback | Comments(0)

ようやく・・・

今日は五月も末の30日。
今日、ようやくチューリップの球根の堀上げをした。
もっと早く、せめて五月半ばまでにはにするべきこと。
頭の上に重石が乗ってて、その締め切りが六月一日で、
私としては「五月末日」と脳内に刻んでおいて、
それまでは集中してやろう、と心に決めていたのだ。

それがどうにかこうにか、不満足ながら完成して
というか、無理に「完成」ということにして見切りをつけた。

だから、今日の午後は庭に出て、枯れきったチューリップの茎を目当てに
球根を掘り起こそうとするのだけれど、球根がまずいことになってた。

昨日の雨のせい?
それとも、今年の気候のせい?
球根は花を終えると太るのだけど、太らずに分蘖。
そう、小さい球根がいくつかに別れてしまっていた。
おまけに、半分ほどは、根っこのところが腐ってる。
まったく、こっちこそ、腐りたくなるわ。
楽しみにして、今秋も植えようと思っていたのに。

小さい球根に別れてしまったのは、種類のせいかもしれない。
当県は球根の生産地で、当県で栽培された球根は、
やはり土地に馴染みがあるせいか丈夫で、球根の花後の育ちもいい。
今年楽しんだ、黄色のと紫のは、オランダ産。
オランダもチューリップの名産地だけど、当県とは土も気候も違い
球根を再利用するというのは無理なのかもしれない。

やり残したこと、積み残していること、たくさんあるんだ。
網戸の掃除でしょ、網戸に猫毛や埃がたまって、汚くなってる。
車を洗うブラシで、乾いたまま、誇りを払うといいと聞いたから
今日、出かけたついでに、オートバックスによってブラシを買って来た。
明日は雨だというから、晴れてからになるかな。

自室が汚部屋状態。紙や本がつみかさなって、雪崩を起こそうとしてる。
これも片付けたいな。ばっさばっさと・・・・できたらいいな。

実はまだ衣替えも済んでない。
ってか、先日30度超えの暑さになったので、
急に半袖が必要になり、必要なのだけ引っ張り出したりしてる。
(はい、冬物、まだ片付けてないのがあります、です)

次の仕事も、押せ押せできているし
(ここ数年あくびしてた身としてはありがたいことなんだけど)
体力を鑑みつつ、時間の有効利用を計画したい。

あはは、夢幻かもしれないけど。
うーん、がんばる。

by hidaneko | 2019-05-30 22:22 | きせつ | Trackback | Comments(0)

今週のたなくじ・たぬくじ

f0016892_11261102.jpg
「今週のラッキー家事
洗濯物たたみ」
家事をざっくり分類してみると、
掃除、洗濯、炊事、というところでしょうか。
あと、育児や介護もあるけど、それは特別だから置いといて、
育児や介護しながらも、掃除・洗濯・炊事はついてまわりますし。

女だから家事が得意、ということはありません(きっぱり!)
仕方ないからやっている、という部分もあります。

わたし、炊事は好き、料理は嫌いじゃない。
掃除は嫌い。整理整頓は不得手。
で、洗濯は、衣類の種別に分けて洗剤を選んだりは、面倒じゃない。
洗うのは、洗濯機がやってくれるし(その設定も面倒じゃない)
干すのは、まあまあ。きちんと干すと気持ちいい。
でも畳むのが、面倒! できればしたくない。

今週のラッキー家事、洗濯物たたみ。
だれか他の人がラッキーになるように、この役目はお譲りしたいww
f0016892_11332213.jpg
「しゅくだい 大吉」
さて、お子様向けのたぬくじですが・・・
しゅくだい大吉ですって。
わたくし「連休明けに」という宿題を先ほど送ったところ。
(東京勢が使ったシーツや布団カバーを洗ったり、
外に布団を干したいけど天気が怪しいので布団乾燥機を使ったりしながら、
自分の仕事の作業もやっておりましたことよ)

10連休という超大型連休、
後半に東京勢がやってくるというので、
前半には仕事を根を詰めてやり、
後半には実際に東京勢が来て、掃除炊事洗濯、1.5倍。
いや、2倍はあったな。

今日は宿題を送って、ちょっと一休みしたいです。
映画「誰がために憲法はある」を見に行きたかったけど、
けっこう腰もくたびれているし、寝転んで読書と行きましょうか。
夕方からはナイト水泳(クロール背泳)に行けるかな?





by hidaneko | 2019-05-07 11:40 | たなくじ | Trackback | Comments(0)

人権について話してて・・・

今日の午後はカルチャーだった。
学校の均一化(みんな同じがいい、という風潮)の話から人権の話になった。
戸森しるこさんの「ぼくたちのリアル」や「11月のマーブル」などを紹介した。
今日来た人の中に人権擁護委員をなさっている方がいて、
人権について、県内の中学生の作文で、
Xジェンダーについて書かれた作品が中央の賞をもらったと。
「新聞でみたわ」という方もいらっしゃった。

そこで、帰りに図書館に寄るついでがあったのでレファレンスしてもらった。
新聞記事もあったし、作文も読めた。
全国の方でなくて、県の方で読めた。

全国中学生人権作文コンテスト新潟大会
関 春花さんの『「Xジェンダー」への理解』

「ほんとに、様々な人がいていいのだし、それぞれに尊重されるべきだ」
と、今日の人たちの考え方の方向が一緒で、良かったと思った。
関さんの勇気に感心するとともに、周囲の理解が広まるといいなと思った。


実は、数日前、図書館の貸出カードを更新したのだが、
その時の申し込み用紙に、氏名住所の他に「男・女」に丸をする項目があったのだ。
わたしはチェックし忘れて、職員に「女」に丸をつけられたのだが、
その時「これって必要なのかな?」と思ったのだった。

関さんの作文中にも書かれているプリント以外でも、
お役所の書類や、何かのアンケート、申し込み用紙でも「男・女」を選ばされる。
トランスジェンダーやXジェンダーの人など、答えにくいと思う。
その人口に占める割合は、左利きの人と同じくらいのパーセントだと聞く。
「男・女」を問うのが、何かの理由でどうしても必要なのだろうか、
ただの慣習だとしたらやめればいいのに。

by hidaneko | 2019-01-21 17:16 | うきよ | Trackback | Comments(2)

今日のタナ猫@仕事の邪魔

こたつで仕事してたら、わざわざ狭い隙間に入ってくる。

5.1kg、重い重い。
それに、左膝は
痛いんだってば!
f0016892_13142695.jpg


by hidaneko | 2018-12-18 13:11 | ね こ | Trackback | Comments(0)

球根三昧、鵙日和(もずびより)

昨日はグラジオラスの球根を掘り上げた。
f0016892_18250497.jpg
白花と赤花。球根の色も違って白と赤。
f0016892_19375402.jpg
春に植えた時は「あれ? こんなに小さいの?」と思ったのに、
新しく出来てた球根は、その4倍はある。
チビっこい白いのは木子というらしい。
まだ茎が青いけど、これくらいが掘り上げ時期らしい。
f0016892_18294352.jpg
部屋のヒヤシンスは根が伸びてきたから、アルミホイルで覆った。
f0016892_18320570.jpg
根が育ちやすいようにね。
f0016892_18334030.jpg
これはサフランです。
三年放っておいた球根が生きてた!
「ひょうたんつぎ」みたいに、古い上に新しい小さいのが重なってる。

陽のあたる外の段に腰掛けて、
サフランの球根の皮をむいて、生きている球根をより分けていた時、
朝のEテレの俳句の時間を思い出していた。
「鵙日和」もずびより、と読むという。初めて知った季語。

そして、そこからの連想でこの歌を思い出した。
♪もずが枯れ木で鳴いている おいらは藁をたたいてる
 棉びき車はおばあさん コットン水車もまわってる〜♪

サトーハチローの作詞。「もずが枯れ木で」
2番で、みんな去年とおなじ、けんども兄さがいないと歌い、
3番で、「兄さは満州へいっただよ 鉄砲が涙で光っただ」と続く。
反戦の歌。厭戦の歌。

ひだまりねこが、ひなたぼっこしながら、球根の選別。
平和だからこそできること。

このあと、たくさんの球根を植えた。
工事などで3年前に掘り上げ、北向きの縁側の天井付近の棚に
籐のバスケットに入れて保管していた球根を選別した。
ヒヤシンスは全滅(毎年、水栽培のを花後、地植えしてたもの)
チューリップは枯れたのと生きてるの半々。
日本水仙はほとんど生きていた。皮を剥くと芯が瑞々しい。
スノーフレークも丈夫だ。皮が増えただけで、芯はしっかりしてる。
サフランは、上記の通り。

それら、小さな球根は来春は花は咲かないと思うけれど
植えることで葉が出て球根が太るだろうと予測して
プランター4個と、植木鉢3個にも、さらに地植えもした。

こうやって、来年や再来年を期待して球根を植えるのも、
来年も再来年も、変わらずに春が来て、変わらずに平和だと思うから。

こんな風に思ったのは、昨夜読んでいた本の影響もある。
『風がはこんだ物語』
…ゴムボートで漂流する数人の難民を勇気付けたのは、
バイオリンで語られる馬頭琴の起源の物語。
そして、それぞれ難民たちが語る故郷の話。
読みつつ、今も戦時下にある人々に気持ちを馳せたから。


戦時中なら、のんきに園芸などやっていられまい。
こんなに、のどかな秋の陽をあびながら、
来年や再来年に咲く花を期待できるのも、平和だからこそ。

で、突然だけど、安倍政権反対!と強く思ったの。
改憲、じゃないや、破壊憲して、戦争への道を歩きたがる安倍政権。
軍事費が莫大な借金になって居ると聞く。
70年代のフラワーチルドレンじゃないけど、
まさに「爆弾より花を!」である。

by hidaneko | 2018-11-04 18:22 | きせつ | Trackback | Comments(0)