人気ブログランキング |

タグ:アスペ ( 195 ) タグの人気記事

やっぱり分からない人だ

今日は日曜日。
恒例のお掃除の日だけど、わたしは仕事を頑張りたかったので
「ホコリでは死なない」と勝手に決めて掃除を放棄。
(ハウスダストのアレルギーで死ぬ人もいると思うけど…)

したら、Gサンが掃除機をかけ始めた。
Gサン、先日から風邪ひいてげほげほ変な咳をしてるのに。
先週も、先々週も元気だったけど、ぜんぜん掃除しなかったのに。
気まぐれ? Gサンはわかりにくい人だ。

(先週も先々週もわたしとモグが、ふたりで家中掃除してた。
掃除に関しては自発性にまかせている、というか、
Gに言えば「お前はいつも命令ばかりする」逆ギレされるのが経験でわかってるから、
掃除しない人に「掃除して」とは言わない。夫でもモグでも)

げほげほ、変な咳をしている人。
先週の木曜日から「風邪気味だ」と言っていた。
午後になって「かかりつけの医者は今日は休みだからな」とG。
「午前中はやっていましたよ」
「午前中は大したことなかったんだ。明日行く」

金曜日、朝一番で内科へ行ったGサン。
「風邪だった。インフルじゃなかった」
「金曜日だけど、Gサン、夕ご飯は各自にしましょう」
そのあとわたしは仕事の打ち合わせで出かけた。
戻ってきたのが午後2時半。
自室で寝ていると思ったGサンは、自転車で出かけてた。
はあ? 
ふつう風邪で医者に行ったら、あとは安静にして治すんじゃない?
Gサンは、夕方遅く帰ってきた。げほげほ咳をしていた。

土曜日、わたしは午前中、家で仕事。
昼過ぎに友だちと市営プールへ。
帰ってきたのが4時過ぎ。
Gサンは家にいなかった。まだ風邪は治ってないのに。
帰ってきたのは夕方遅く。わけわからん。
げほげほ変な咳して、自分が悪化しても悪いし、
どこへ行ったか知らないけど、風邪をばらまいても悪いのに。
「毎日が日曜日」で、特に用事がある人じゃないと思うんだけど。
あったとしても、風邪ひきを無理して出かける用があるのか?

日曜日。今日だね。
朝、掃除機をかけてGサンはそのあとベッドで休み、
でも、気がついたら午前中に出かけてた。自転車で。
夕方帰ってきて、自転車を玄関内にあげる音がしていたけれど、
なかなか本人が上がってこない。
見たら、玄関の上がり段のところで頭を抱えて俯いていた。
「どうしました? 大丈夫ですか?」
「うん」
よほど疲れている様子。げほげほ咳をしている。

どうもGサンに親切にしてあげる気がしない。
悪妻・・・かもね。冷たい女かも。
でも、わたしが風邪を引いた時、Gサンはスルーする。
これまででも、寝込んでいても「大丈夫か?」もなかった。
「俺の夕ご飯は作らなくていい、俺は外で食べてくる」とGは言っていた。
寝込んでいるわたしの夕食のことは、気にもとめていなかった。いつも。
同じことを、わたしは、返しただけ。

風邪ひいて、寝込んでいる人なら、おかゆを作ったり看病もするだろう。
でも、わたしの留守を狙ったように、自転車で出かけている人のことは・・・
面倒を見る気が起きない。


by hidaneko | 2019-05-19 22:48 | かぞく | Trackback | Comments(0)

早朝から猫に起こされる・・・

ねむー。
朝の3時から猫に起こされ
「起きろ!」「まだ寝かせろ!」の攻防、
爪による鼻や口、目への攻撃を耐え忍び、
猫を布団に引きずり込もうとして叶わなかったり
枕元のパソコンでネットしようとすれば、
パソコンと私の間の狭いスペースに入り込む猫。

ニャゴニャゴ、ごろごろ、ニャゴニャゴ、ごろごろ・・・
頭突きをしてくるは、体ごと押し付けてくるは、甘えっぱなしのタナ。
たぶん、東京勢が来ていたときは、タナも緊張してたのだろう。
その緊張がとけて、甘える、甘える、襲ってくる。

4時半まで耐え忍び、たまらなくなって、給餌に起きたら、
外では、グレイが、みう〜、みう〜と鳴いている。
眠い目をこすりながら、
タナ猫にカリカリ、グレイに缶詰、さらにタナがねだるから、缶詰少し。

という連休明けの朝でしたが・・・・

起きて来たモグと
「朝はやくから、グレイはねだるしタナもうるさくて・・・下僕だね」と話してた。
そしたら、Gサンが聞いていて「そんなに嫌ならやめればいい」という。
「和むために猫を飼っているのに、そんなに嫌ならやめればいい」と。

「私がやめたら、あなたが餌やりしてくれるんですか?」
思わず、そう聞いたら、無言。
都合のいい時だけ可愛がって、気分の向いた時だけ餌やりしてるGサン。
「猫を飼うには責任もついてくるんです」
と、わたし。無言のGサン。
「下僕だの、下女なのは自虐ギャグなのに・・・」とモグと話す。
胸の内は怒りが煮えたぎっていた。


More:猫飼いについて認識不足なGサンに対する鬱憤
by hidaneko | 2019-05-07 09:16 | ね こ | Trackback | Comments(0)

寒い日・気温も心も

今日は寒かった。
最高気温が9℃だって!
朝から気温はほとんど上がらず、しとしと雨。
まだこたつを片付けてなくて良かった。

午前中は絵本の読み聞かせボラ。
10連休の最初の日だから、お客様がいらっしゃるか心配だった。
雨だから、遠出はやめて図書館に来るかな?
雨だから、出かけるのはやめて家にいるかな?

蓋を開けたら年中女児2名と11ヶ月女児の3名、とお母様方。
和気藹々の楽しい会になった。

その後、図書館やスーパーに寄って、家に帰ったら
居間には、めずらしく夫がいて、コタツに入ってテレビを見ていた。
私が留守だったから自室から出て居間に来たかな?
夫は12:45〜13:00までの朝ドラの再放送を見ていたけれど、
12:55くらいで「先はわかった」と思ったのか席を立った。

そして、そのとき、テレビを消してコタツの電源を切った。
テレビはともかく、コタツには私も入っていたのに!
「切るぞ」とも言わず、黙って切った。
私もコタツで暖を取っていたのに!

そのあと・・・
モグがやって来て「イチゴ食べられた」と言った。
一昨日、イチゴを1パック買って、3人に分けてガラス小鉢に入れていた。
私の分は食べて、Gサンとモグの分を冷蔵庫に入れておいたのが
モグも知らないうちに、モグの分も食べられていた、と。
昨日のことなんだけど、やっぱり自分の分も食べられたのが
プチショックだったらしく繰り返すモグ。

「父、自分でイチゴを買って食べたみたい。
プラごみのところに容器が入ってた。見てみて」
まあ、ゴミ箱あさりは趣味じゃないんだけど、見てみたら・・・
「これ、多分、柑橘類の容器、緩衝材のお座布団もあるから」
「父、だまって、自分だけみかんを買ってきて、自分だけ食べてたんだ!」

食べ物の恨みは怖い(笑)
我が家では、食べ物は、家族で分けることにしている。
これは、子供達が小さかった頃から。
だから、イチゴだって3人分に分けていた私。

自分のことしか目に入らないGサン。
コタツしかり、イチゴしかり、柑橘類しかり。
ASDの特性か、気を配るとか、他人のことを慮るとか、なし。
「家族の喜ぶ顔が見たい」とか、思わないのかな。
アスペだから、仕方がないのか。
心が寒くなる。


by hidaneko | 2019-04-27 22:02 | かぞく | Trackback | Comments(2)

4月10日

今日はGサンの誕生日だった。
けど、何もしない。
朝、顔を合わせた時「誕生日おめでとう」と言っただけ。

プレゼントは前に渡してある。
Gサンがボロのジーンズを履いているのを憂いていたモグが
ヨーカドーのチラシの、ジーンズの特売を見て、言い出した。
「3割引だって。新しいのを買って、と誕生日に商品券を渡そう」
一応ブランドの、エドウィンとかラングラーだよ」

でも、途中で気が変わって
「お父さんに6千円も出してあげるの嫌になった」と。
「じゃあ、母が半分出す」
ということで、モグが3000円、私が4000円だして
7000円の商品券を買い、チラシと一緒にGサンに渡した。
「誕生日のプレゼント、これを買ってください」と。

実は以前、
「シャツでも買って」とモグがGサンに商品券を渡したことがある。
Gサンが気軽に行けるのは、伊勢丹や三越じゃなくて、ヨーカドー。
でも、その商品券はセブンイレブンでも使える。
Gサンは、せっかくの娘の好意を無にして、セブンで煎餅やカップ麺を買っていた。

その前例があるから、ジーンズも、一緒に行って買ってあげた方が確実だけど、
Gサンと一緒に出かけるのは、私にもモグにも気苦労で嫌だし、
(一緒と言っても、ASDグレーのGサンは、同行者のことを気にすることをせず、
自分のペースで勝手にさっさと行く。後ろを振り向いて待つ、などない。疲れる)
向こうも一人の方が自由でいいらしい。

まあ、そんなこんなで、新しいジーンズを買ってもらったGサン。
一昨年、Gサンの故郷に行くときに私が買ってあげたブラックジーンズを
毎日毎日履いてブラックが茶色く色あせ、ポケットに穴が開いても履いていた。
その古いジーンズを捨て、新しいジーンズを毎日毎日履いている。

今日はその話じゃなかったんだ。
モグのこと。
父親の古いジーンズを気遣う優しさを持っている娘は、
去年の10月から障害者枠で雇用されていたのだけれど、
春先の気候の変化や環境の変化で不調をきたし、
診断書をもらって、3月半ばから1ヶ月の休職にしてもらっていた。
それが、昨日、仕事先との面談で、15日から復帰の予定。
大丈夫かなあ、とハラハラしてる私。
休みの間、ほんとに不調で、睡眠障害もあったりしたからね。

そのモグ。今日は友達と夕ご飯を食べてきた。
高校時代からの友達で、ずっとモグを気にかけていてくれる、ほんとに有難い存在。
車で迎えにきてくれて、食事を一緒にして、また車で送ってもらってきた。
その人は、今、友達とデザイン事務所を立ち上げ、イラストとデザインで活躍してる。
それでも、まだ、モグと付き合ってくださっているのが、ほんとに有難い。
もちろん、モグの精神疾患などについても理解してくれた上でのこと。

そう、今日はそのことを書きたかったのだ。

あと、もうひとつ。
「タナの誕生日」ということにしてある日でもある。
7月7日、七夕の朝に我が家に来た猫だから、タナと名付けた。
そのとき、獣医に連れていったら「生後3ヶ月くらいでしょう」とのこと。
だから、3ヶ月差っ引いて、Gサンと同じ誕生日、ということにしたのだ。
タナも、ちゅ〜るなどもらわなかったけど、
夕ご飯の支度の時に足元にまとわりついて、
ダシ用の鰹節をひとつまみもらいましたとさ。


by hidaneko | 2019-04-10 22:08 | かぞく | Trackback | Comments(0)

昨日のタナ猫@獣医再診

先週、タナ猫の足の傷を発見して獣医に行ったとき、
二週間効くという抗生剤の注射(一本6000円!)をされて
「一週間したら様子を見せてください。
この注射が効かなかったら、アレルギーかもしれないのでステロイドを使います」
と言われていた。

タナの傷は当初、周囲が腫れていたけど、チックンの効果で
2、3日ほどしたら腫れはひいて、傷口も治ってきた。
だから「受診しなくてもいいかな?」とも思ったのだけど、用心のため受診した。

昨日はモグの仕事が休みの日で、一緒に行ってもらおうと思ったけど
どうも体調が悪いようで、ぐだぐだと昼寝していた。
わたしは、仕事の電話待ちで、午前中は動けず、電話が来たのは午後だった。
獣医は午後3時からなので、昼寝から起きたモグに声をかけたけど
「行きたくない」と。

実は我が家、タナに合うキャリーを持っていない。
マイのとき使っていたのは、タナには小さい。
入ることはできても身動き取れなそう。
で、洗濯ネットに入れて、籐のバスケットに入れて抱えて行っていた。

わたし一人でも、洗濯ネットに入れバスケット(蓋なし、箱状)に入れれば
車の助手席の載せて連れて行くことも……と脳内シミュレーションして、可能と判断。
用意万端整えて、裏玄関をモグに開けてもらい、車にタナを乗せ、
家の前の市道にでて数メートル、向こうからやってくるGサンを発見!
朝から、雨が降ったりあられが降ったりする中、どこへ行くとも言わず出かけた夫。
背をかがめ、小雨の中、古いビニール傘でスーパーの袋をぶらせげて来る。
例によって、こちらには気がついていない。

ふつうの仲だったら、声をかけて呼び止め、一緒に行ってもらうところ。
でも、ASDグレーのGサンは、自分の予定していたことと違うことが起こると
判断ができなくなって、フリーズしたり、怒ったりする。
この場合、「家に帰る」がGの予定だろう。
そのあとに「スーパーで買った煎餅を食おう」も入っているかもしれない。
(スーパーの袋、煎餅やカップ麺が入っているのが見えた)
それを遮ってトラブルになるのは面倒だ。
わたし一人でタナを車に乗せて獣医に行ったことはないけど、
Gサンと行くより、一人で行った方がなんぼかマシか。

首にエリザベスカラーを巻かれたラッパーのタナ。
洗濯ネットに入れられて、バスケットに入れられ、毛布をかけられて
まあ、おとなしく助手席に座っていた。車窓から眺めていたけど。

獣医さんではおとなしいタナ猫。
傷も調子よく回復で「カラーは日曜日までしていて、外してください」と。

よかったね、タナ。
そして、わたしは「一人でできたもん」である。

Gサンは、タナ猫を可愛がるけど、いざという時にあてにはならない。
あてにしてはいけない、とつくづく思った。
そして、わたしは「なんでも一人でやる、可愛くない女」になるのだ。

by hidaneko | 2019-03-14 22:38 | ね こ | Trackback | Comments(2)

朝ドラ「まんぷく」をどう見るかww

NHKの朝の連続ドラマ「まんぷく」が面白くて観てる。
即席めんの開発のあれこれも興味深いし、
キャストに芸達者がそろっているから、表情一つでも面白い。

私はBSで、7:30から。Gサンは総合テレビで8:00だった。
(朝ごはんも時差食べだし、テレビも時差観)

それが、Gサンが7:30から見るようになった。
まあ、それは良いのだが、テレビを見ながら新聞を広げる。
ガサゴソ、バサバサと紙をめくる音がうるさい。
ドラマで小声で話すシーンなど、会話が聞こえない。

だいたい、新聞を読みながら(読まずに見てるだけ?)
ドラマを見て、面白さが伝わるのかなあ、とも思うけどそれは個人個人。

Gサンが広げる新聞の音があまりにうるさいので、
ある日、新聞を私の側において、その上に何気なく肘を載せていた。
Gサンは、新聞を読めないから、こたつの上にあったDMを見始めた。
車ディーラーからの冊子で、これまたページをめくる音がうるさい。

「うるさいなあ」と思いつつ、我慢してたら、パリパリピリーッ。
なんだと思ったら、DMを入れてあったビニール袋の宛名のシールを剥がしてた。
うるさい音が周囲の迷惑になると気づかないのか、ASD。

そのまた次の日。
DMは捨てちゃったし、新聞は私の側にある。
Gサン、だまってテレビを見るかと思ったら、昨日のチラシを見始めた。
スーパーのチラシで3日分の安売りが載っているもの。
とっくりかえし、ひっくりかえし見ている。
大人しく、ドラマを見てることができないのか?

友達にこぼしたら
「うるさいからやめてください、と言えば?」と言われた。
Gサンは不機嫌風を吹かすに決まっているから我慢してたんだ。

今朝、やはり7:30に合わせて居間に来たGサン。
お茶を入れて、湯飲みをコタツの上に乗せ、座って新聞に手を伸ばす。
「それ、今読まなければダメですか?」と私。
「なんだ、読んでもいいだろう」とG。
「紙の音がうるさくて、テレビがよく聞こえないんです、
私耳が悪いから(と、付け加えた)」と私、静かに伝える。
「そんなに怒るほどのことでもないだろう!」とGが怒鳴った。
「そんなに読みたければどうぞ!」と、私。
Gは、湯飲みを持って座を蹴って、ドアを乱暴に開けて出ていった。

傍で見ていたモグ、
「父さんの方が怒っているじゃない。
母さんの方が怒られてる。悪くないのに」

あーああ、やっぱり家の空気が悪くなる。
テレビを見ながら新聞を音を立てて読む夫。
ちょっと注意しただけ、頼んだだけで激怒する。
これが嫌なのよ。だから私、黙り込む。
夫の中では、私が夫を怒ったことになってしまっている。
夫の認識では、悪いのは、ひだまりねこ。自分は悪くない。
Gは自分勝手に振舞って、周囲に迷惑をかけているとは思わない。

テレビの件は一つの事例で、
猫餌の出しっぱなしとか(猫がひっくり返して漁る)、
油容器の入っているドアの閉め忘れとか(猫が油を舐める)、
郵便受けに鍵を挿しっぱなしとか、度々あることを注意できず
(注意したら、夫は激怒して空気が悪くなるの必至だから)
心にカンナをかけられるように、心が削られていく。
カサンドラ症候群。

年取れば忘れることもある、ミスすることもある、
それを注意しあって、お互いに「忘れてた、ごめん」と言い合える仲だといいんだけど。

別に、私、朝ドラをどうしても7:30に見なければならないわけじゃない。
録画しておいて一人で見てもいいんだけどね。


by hidaneko | 2019-03-09 15:51 | かぞく | Trackback | Comments(2)

暖かくていい天気だった。

暖かくていい天気だった。
だから、プールのあと友とランチして、
少し散歩して、コーヒーを飲む。
f0016892_19274121.jpg
わたしがカサンドラと気付くきっかけをくれた友。
クリニックの先生に、夫がアスペルガーらしいと言われた時に
「図書館で調べたら?」とアドバイスをくれた。
図書館でレファレンスをお願いして10冊ほど本を読み、
大人の発達障害について知ることができた。
友のアドバイスがなければ、きっと、ずっとモヤモヤしてただろう。

GサンがASDグレーで、わたしがカサンドラとわかり、
気持ちを切り離す努力をするようになった。
まだまだイライラさせられることがあるけども。


桜の枝は、まだ裸ん坊みたいだけど、
枝の花芽が少し膨らんできて、
黒っぽい枝の線が、やわらなくなってきた感じ。
春はもうすぐそこまできているのかなあ。
(我が家の春は遠いけど……
というか、春なんてどこにあるのかわからないけど)

by hidaneko | 2019-02-22 19:25 | かぞく | Trackback | Comments(0)

バレンタインデーの今日。

バレンタインデーの今日。
どうしてもGサンにチョコを贈る気になれなかった。

これまでは、それでも義理チョコをモグと連名であげてたりしたけど、
あげれば「いらなかったのに」と言い、
あげなければ不満そうな顔をする。
そういうのに疲れたし、愛はとうに涸れたし、
「母は父にあげないから」とモグに伝えた。

モグは、今日は仕事に行けて、帰りにコンビニでチョコを買ってきた。
夕食後、帰宅していたGサンに渡したらしく、
「モグからチョコをもらった」と、Gサン。
「よかったですね」と、わたし。
「お返しが面倒くさい」と、Gサン。
「あの子はそんなの望んでませんよ」と言ったけど……

ホントに、どうして素直に喜ばないのか!
あんたの方がよっぽど面倒くさいよ!


by hidaneko | 2019-02-14 18:22 | かぞく | Trackback | Comments(2)

近所にご不幸があって門牌が立った

町内でご不幸があった。

こちらの地方の習慣で、亡くなった人がいると、
そのお宅の前に「門牌(もんぱい)」という札がたつ。
(葬儀社が立てるのだけれど)

故人の俗名が大きく書かれ、没年齢、亡くなった年月日、
お通夜の日時、場所(葬儀場の名前・住所)
葬儀の日時、場所(葬儀場の名前・住所)などが書いてある。

それを見ると、近しい人ならお通夜に行こう、と予定したり
そう親しく無いお宅だと、亡くなった方のご冥福を祈ったり。

で、今回、Gサンに聞いたのだ。
(自室にいるのがわかっていたので障子の外から声をかけた)
「**さんのおばあさんが亡くなって門牌が立っていたけど、お通夜に行きますか?」
もちろんお通夜には行くけど、夫婦ふたりで行くほどでも無い、と思って
Gサンが行くかな?と思ったのだ。
親類でもないのに夫婦で行くと、通夜振る舞いなど先様にご面倒をおかけするから。

「俺は行かない」と、障子の中から声がする。
「うちはしなかっただろう」と、続けて。

はい、うちでは、ごく個人的に、家族葬で送りたかったので。
「門牌は立てないでください」と私が葬儀社に言ったのだ。
それで、町内の方々は来なかった。

「行きたかったら、お前がいけ」とGサン。
「でも、Gサンは、ご主人(故人の息子)とよく外で話をしたりしてたから、
あなたが行ったほうがいいかと思ったのですが」と、わたし。

わたしが行ってもいいのだけれど、
日頃、町内のあれこれに疎くて、コミュ障気味もあるASDグレーのGサンに、
少しでも町内に参加させたかった意図もある。
「じゃあ、(門牌を)みてくる」と出かけたGサン、やがて戻ってきて、
おばあさんが亡くなった時の様子のあれこれ
施設から追い出されて病院に移って、点滴してどうのこうの、トクトクと話した。

あれ? コミュ障気味かと思ったら、そんなに聞いてきたの?
と、一瞬、思ったけど、でも、お宅は人が亡くなって、なにかとお忙しいはず。
そこへ行って、あれこれ聞いてきたって、迷惑じゃないの?
門牌を見ただけでなく「こんにちは」と玄関を開けて入って行って、聞いてきた? 
私なら、聞けないなあ。
ふつうなら、そういう経緯は、お通夜の席での話ではないの?

大昔なら、葬儀には町内の女衆が手伝いに行ったりしたけど、
今は皆、葬儀社にまかせたりする。
それでも、家族を亡くしたお宅では、親類に連絡したり、お迎えしたり、
家の中は落ち着かない状態のはず。

さすが、アスペルガーというか・・・



by hidaneko | 2019-02-06 15:24 | くらし | Trackback | Comments(0)

新車納車に雪が積む

今日、納車だった。 
朝起きたら雪だった。だいぶ積もっていた。

午後一でディーラーに行く予定。
昼前に、モグが外出の支度をしてるから何かと思ったら
「車の上の雪を落としてくる。だいぶ積もったから」と。
しばらくして、戻ってきて
「車の前の方、雪が落ちてるから雪除けしたほうがいい」

雪かき用の道具は裏の物置に片付けてあってわかりにくい。
だから、私が出かけていった。
車の周囲をスコップで雪除けする。
湿った雪で重い。膝が痛む。けど我慢。

やがて、出かける少し前に自室から出てきたGさん、外へ行って
車のエンジンをかけている音がする。暖機運転?

「父さんってさ、いっつも、他の人がほとんどやって、最後に出てきて
全部自分がやった気になっているよね」とモグ。

ディーラーで受け渡しの書類にサイン。
「俺がするのか?」とG
(バカか、あんたの名義にして契約の時実印押したじゃない)
「・・・金は出していないのに」とG。
(今それを言うか? 他人である営業担当者の前でわざわざ?)

いちいち、Gの言うことに苛立たされる。
「金を出さずに」と言うけど、出す方(わたしやモグ)に
「ありがとう」とか「済まない」とか、言ったか? 一言も言ってない。

営業担当者がいろいろ説明するたびに、Gが口を挟む。脇の方へ話をそらす。
いま説明中でしょ、頼むから黙っていてくれ、と思う私。
睡眠がとれてないモグは、体調が悪いようだ。
Gが口を挟むから、話が長くなる。黙っててくれ! と内心苛立つ私。

ようやく終わって帰る時、Gにキーを渡して運転してもらおうと思ったら
「これから積んでるタイヤを下ろしたりするから、勘弁してください」とG。
はあ? 「勘弁してください」って丁寧語で何?
家まで運転するのが、そんな大変な仕事なの?
ディーラーに来る時、古い車を運転していたのはG。
新しい車を最初に運転させてあげようと、私は好意で言ったですけど?
新車はスタッドレスを履いてて、ノーマルタイヤを後ろに積んでる。
荷物室が狭くて、後部座席を片方倒して、そこにもタイヤがある。
後部座席は狭くて乗りにくくなっているから、私が乗ろうと思ったのに。

いちいち、ひとつひとつ、Gのやることに苛立つのは、
私も、モグも、体調がイマイチのせいもあるけど。
モグは嘔吐は止まったけれど、昨夜はほとんど眠れなかったって。
私は、膀胱炎にはならなずに回復したけど、食欲ないし吐き気あるし。
外部に対し、体裁を保つのに精一杯で、HPを削るGのあれこれに
すっかり疲れ果てたのでしたとさ。ちゃんちゃん。

by hidaneko | 2019-01-26 22:23 | くらし | Trackback | Comments(0)