タグ:アスペ ( 148 ) タグの人気記事

ようやく結論をだしてくれた

アリさんとこの赤さんの お宮参りの一件
Gサンも行くのか、行かないのか、
なかなか結論を出してくれないから、せっついた。
Gが行くなら、ホテルの手配とか、神社のあとの会食人数とか
予約したりするのに、もう、日にちが残り少ないからね。

「むこうに聞いてみなくては、わからない。
電話して出られるのか、着信があるだけでも気にやむ人だから…」
って、Gサン。わけわからん。入院してる人に電話するつもり?
義兄さんと同市に住む義姉さんに電話すれば、義兄の様子もわかるものを。

「夜になったらする…」とか、ぐずぐず。
午後6時は、義姉さんも家にいらっしゃるでしょうに。

ようやく電話したら、それが、長い、長い。
Gの電話応対を部屋の外で聞いていると(障子一枚だから聞こえる)
同じことを何度も繰り返している。
義姉さんも80歳にはおなりで高齢だし、話し方もゆっくりの方。
Gサンも、むこうの方言で、ゆっくり話している。
繰り返し、繰り返し……
ふと、思った。
これも老化の一つで、頭に入ってくるのもゆっくりになっているのかな。

春に、それぞれ別の病院に入院していた義兄夫婦、
妻の義姉の方は、退院して、自宅で静養中、
義兄は老人病院に転院して小康状態という。
「むこうにも、お見舞いに行きたいけれど、なかなか行けなくて…」とGサン。
行きたいのなら、行けばいいのに、と、わたしは思うけどね。
Gサンは、暇してると思うんだけど。

で、結局、Gサンは、一緒に東京へ行くことになりましたとさ。
すぐにモグが楽天のポイントを使って安いビジネスホテルを取ってくれた。
前の日から、寝そびれてうまく眠れず、3時間しか寝てなかったモグ。
気がかりなことが一つ解決して、ようやく眠りについた。

モグにとっては、Gサンとふたりで留守番するより、
わたしとGサンが、ふたりで出かけてくれた方が気が楽だと言っていた。
そりゃそうだろう。

……ということで、羽根を伸ばすつもりが、気重な旅になる予感。

何か楽しいことを考えよう。
ということで、猫の写真を貼っておこう。
タナ猫3歳、4.9kg。伸びたり縮んだり。
f0016892_05435549.jpg
f0016892_05440808.jpg
ちんまりして、まるで子猫のような姿だけど、近影です。(photo by Mog)


[PR]
by hidaneko | 2018-05-24 05:21 | かぞく | Trackback | Comments(0)

わからん(お宮参りの一件)

来週の月曜日、アリさんとこの赤さんのお宮参りがある。
アリさんの夫Tさんのご母堂様が月曜日が休みだというので、
お宮参りの日にちが月曜日に決まった。

「お宮参りには来てね」と言われていた。
それが今月初めころのこと。

Gサンに行くかと聞いたら「行かない」という。
Gサンの兄さんが少し前に入院してて、容体がわからないから、と。
ほんとは、旅費とか出費がかかるのが気がかりらしい。
それで、わたしだけ、行くことにして、アリさんにも伝えてた。
「日月ならウチに泊まっていいから」と言われ、そのつもりで
わたしは、スケジュールを立てた。

それが、昨日、Gサン宛、にアリさんから、現金書留が来た。
「来てね」と、旅費を送って来てくれたのだ。
「俺は行かないから、お前の旅費や手土産代にしろ」とG。
「手土産は、持って行くのが重かったりするし、
富山の鱒の寿司が新サクラマスが入荷したというし
もう、お店から送ってもらうように手配しました」と、わたし。

「せっかくアリさんが、来てね、というのだから行ったらどうですか」
「急に言われても、わからん」とGサン。

モグにこのことを話したら
「なんで、ありがとう喜んで行きます、ってすぐ言えないのかしらね」
ほんとに、わたしも、そう思う。
行くと言わない理由が、わからん。
Gサンは、別に仕事や用事のある体じゃなし。
手土産は、わたしが手配してる。
旅費も送ってもらった。
お兄さんの方も特に容体が悪化してるわけじゃなさそう。

考えてみると・・・・
Gサンは、急に何か言われると、思考がフリーズするらしい。
「わからん」と、なる。
自分の思っていたこと、予定してたことを違うことを言われると
それに対応して、臨機応変に返事ができない。
多分、今回のお宮参りのことも「行かない」と決めてたので、
急に「来てね」と言われると、どうしていいかわからなくなるのかも。

その辺のことを、自分では自覚してないのかも、とモグと話してた。
思考の進路変更が急にはできない。という自覚がない。
だから、周囲が何か言うと、急かされている気持ちになってしまう。
自分は悪くない。標準だ。急かす方が悪い・・・となる。
アスペ特有の考え方だろうか。Gサン特有の頑固さなんだろうか。

本当言うと、わたし、一緒に行くのは気が重い。
アレと二人連れというのは「・・・・」である。
逆に、モグは、「二人で行ってくれると楽だ〜」と言ってた。
「タナ猫とふたりで、にゃごにゃごしてるの」
モグは、父と二人で留守番とか嫌なんだろうな。

朝起きて来たら、ゆっくりとGの意向を聞いてみるつもり。
お祝いなんだから、にこにこと行けたらいいんだけどね。


[PR]
by hidaneko | 2018-05-23 05:18 | かぞく | Trackback | Comments(0)

今日したこと

・花壇のふち取りの玉石を運んだ。朝飯前に、漬物石みたいなのを20個くらい。

・タンスの下の台を作った。材木を切って、厚い板だったのでそのまま釘打ちしては板が割れそうだったからキリで穴あけて、それから釘を打って。タンスがガタつかなくなって安心。

・雨が降りそうなので、昨日草むしりして乾かしてあった雑草を袋に詰めて、枝葉の資源ごみに出せるようにした。ついでに草むしりを少しした。

・ついでに、玉石を置いてた軒下の土を耕して、石灰を撒いて植物を植える下ごしらえ。ゴーヤか、朝顔か、フウセンカズラか何か蔓植物を植えたいんだ、日よけ用に。

・録画を見ながら雑巾を2枚縫った。ついでに繕い物を少しした。冬に使っていたもこもこパッドが、猫の爪でひっかけられて小さな穴が空いてたから。

・買い物に行って、リュックに一升瓶とタケノコその他を担いで来た。重かった。最近買い物にはモグの古いリュックを使っているのだけれど(オレンジ色!)、トートバッグと違って楽は楽だけど、重さは膝にくるのね。

・昼ごはんを食べながら、鍋をかけてタケノコのアク抜き。

・二階の洋ダンスの上の箱の片付け物をしかけて、途中で時間オーバー。モグが帰って来る頃には夕ご飯を作る必要があるので。(古いもの(子供達の保育園の頃の図画などがまだ取ってあった)すべて捨てるか思案中)

夕ご飯を作った。タケノコは今日は使わない(間に合わない)明日使う。

ほうれん草のおひたし、ナスとピーマン炒め挽き肉入り。カツオの刺身。なめことワカメの味噌汁。

ここでダウン。腰と、膝と、右手の尺骨突き上げ症候群が痛み出した。ちょうど帰って来たモグに、炒め物の続きをしてもらう。


晴れていたし、明日は雨という予報なので、つい働きすぎてしまった。

Gサンは、板塀のペンキ塗りをしてくれた。疲れたと思う。ご苦労様でした。これはGサンがしなかったら、私がやろうと思っていたこと。二人でやったら捗(はか)が行くし、早くて楽だろうと思って声をかけたら、「俺がやる」と。一緒にやるのを好まない人だ。任せることにした。




[PR]
by hidaneko | 2018-05-02 23:50 | くらし | Trackback | Comments(0)

わさび菜と蕗煮

先日、露天の市に、珍しく、わさび菜が出ていたので買って来た。
わさび菜は、Gサンの山里の味だから、懐かしいかな、と思って買って来た。
まさに、この時期しか出てないからね。
わさび菜の食べ方は、前に こちら で書いた。ちょっと手間がかかる。
f0016892_17501482.jpg
珍しいわさび菜、Gサンは特に美味しいとか、珍しいなとか言わず、
だまって食べていた。がっかりだね。

昨日は蕗を買って来た。これも季節の物であるし
Gサンもモグも好きだから、と思って買って来た。

蕗って、下ごしらえに手がかかる。
人参みたいにピーラーで剥いて切ればいい、と言うものでもない。
指先をアクで黒くしながら皮をむいて、下ゆでして水に晒しアク抜きをして。
それから、煮物や味噌汁にも使う。愛がないとできないなあ、と思った。

昨日は、蕗と、梅型に切った人参、手綱に結んだこんにゃく、それに干し椎茸で
だしをきかせて、うまうまと、煮込んだ。(うちの場合はねこぢるだけど)
あとメニューは、鶏胸肉のピカタ・ピーマンソテー添え、コールスロー、
味噌汁、自家製ぬか漬け。

バーサンが生きていた頃は、バーさんが好きだし美味しいと言ってくれるし
タケノコでも、フキでも、季節のものを食卓にのせていた。
どっちも下ごしらえが面倒だけど、美味しいと言ってくれたら報われる。

今朝、めずらしく、Gサンが居間で食事をしていた。
(最近は、Gは朝夕ともお盆で自室に持ち込んでこっそり食べていた)

Gサン、昨夜の残りで味のしみた蕗を食べながら
「蕗の筋を取るのは面倒か? この蕗は筋が多いなあ」ってひとこと。
食べながら、筋を皿に出していた。

実は、わたしは昨日、煮物を食べてなかった。
だから「そうですか、すみません」と応えたけど、
あとでモグに聞いたら「特に筋っぽいとかなかったよ」と。

手間かけて、指先アクで黒くして、味加減を見て煮て出しても
「おいしい」でもなく「ありがとう」でもなく、「筋が多い」ですか。
前から「やったことを評価しないで、落ち度をあげつらう」人だったけどね。
がっくりきたよ。

今夕、
さらに残っていた煮物の蕗を食べたけど、そう筋っぽく感じなかった。
ちゃんと、スキッと噛み切れた。ふつうに食べられた。
二口目、ちょっとよそ見してて、噛み方が弱かったら、筋が噛み切れなかった。
ひょっとして、Gサン、顎の筋肉が弱くなり、噛み切れなかったのかな?
それだけ、老いぼれて来た、と言うこと?


〈蕗の下ごしらえ〉
蕗を巻いてあるラップの中に、生産者組合からの紙片が入っていた。
「鍋に入る長さに切って2〜3分茹で、それから皮を剥くといい」とある。
それ、前にもやったことがあるんだけど、皮が厚く剥けてしまうの。
皮に身がくっついて行く、というか。
その感覚が嫌だから、私は生で皮をむいている。

[PR]
by hidaneko | 2018-04-25 19:35 | くらし | Trackback | Comments(0)

エアコン室外機のホースの補修

ふと見たら、
居間のエアコンの室外機へつながるホース(コード?)の被覆が剥げていた。
室内機から壁を通り抜け、室外機へつながらる例のやつです。
最近、室外機の上に、外猫が上がって日向ぼっこしてたりするから、
ひょっとして爪とぎしたかな、とも思ったけれど、
被覆全体が経年劣化していた。

エアコンを設置するときに、テープ巻きにするかカバーをするか聞かれ
手元不如意でカバーでなくてテープを選択したのだけれど
こんなに早く劣化するとは思わなかった。
ってか、もう10年経ってるか。ボロになるわけだ。

塀の工事の続きに来ている工務店の大工さんに
「こうなっているんだけど、テープは何がいいのかしら?
大型のMホームセンターならあると思うから買って来て
自分で巻き直したいと思うんだけど」と聞いたら、
「うちに使いかけのがあるから、差し上げます」って言われた。

居間の方のは、剥がれていた部分を含めて、私が修繕した。
(きれいに巻けてますね、と大工さんに褒められた)
で、見たら、仕事部屋の室外機の方も、もうボロボロ。
それで、もらったテープの芯に書いてあったメーカー名を
モグが検索してくれて、(因幡電工 粘着テープ アイボリー)
一緒にMホームセンターに買いに行った。
(テープはエアコン売り場の近く「エアコン部品」のコーナーにあった)

それが数日前のこと。
小雨が降ったりして、天気の日に作業をしようと思ってた。
昨日、晴れていたから作業にかかる。
見れば、被覆のテープが剥げて、その下の断熱材も剥げて欠けてるところがある。
断熱材、ないから、食器棚に敷くシートに目をつけた。
食器がカチャカチャいわないように、薄い発泡剤でできてる。
それを5cm幅くらいに切って劣化部分に巻きつけ、ビニールテープで止める。
これで、下ごしらえはできた。

さて、その上から、買って来たテープを巻こうと思うけど、
高いところは手が届かないから、Gに声をかけた。
「今じゃなくていいんですけど、
室外機のテープを巻きたいと思うのだけれど、手伝ってもらえますか」って。

「今じゃなくていいんですけど」ってフレーズ、これ重要。
アスペは予定にないことを急に言われるとパニクるから。
うちの場合は、怒る。

「手伝えって、こんな狭いスペースに二人は入れないから、
俺一人でやる」と、Gサン。
「ありがとうございます。
古いテープで剥げかけているのは剥いで、
このゴミ袋に入れておいてください。
テープは、下から巻いてください(雨水が入らないように)。
泥土がついてるところは、テープがすぐ剥がれると悪いから、
このタワシで泥を落としてから巻いてください」

注意事項を伝えて、必要な用具を並べ、わたしは家の中へ。
わたし、ちょっと口うるさいかもしれないけど、
Gは思いもよらない変なことをすることがよくあるから。

Gの仕事は丁寧なのです。すごく時間がかかるけど。
(私は手早いけど、おっちょこちょい)

「終わった」とGサン。
使ったものを裏玄関に持って来たけれど、そのあとの始末をしない。
剥いだ古いテープは捨てるとか、ハサミを片付けるとか、なし。
お膳立てして、やり方を伝え、後始末をする。
私がそこまでしないと、動いてくれない。

理想。
1、常に家の内外に気を配り、室外機のホースの被覆が剥げているのに気づき、自分でテープを買いに行って補修してくれる。「直しておいたよ」「ありがとう」となる。

2、「室外機のテープが剥げてるんですけど」と私がいうと「それじゃあ、テープを買ってきて、俺が直しておく」「ありがとう」となる。

3、「室外機のテープが剥げていたから、テープを買ってきたの」と私。「ありがとう。俺が巻いておく」と、断熱材の補修もしてテープを巻いてくれる。もちろん、後始末もしてくれる。「ありがとう」となる。

どれも望むのが無理ね。
でも、まあ、巻くだけ巻いてくれたのだから、感謝してますけど。
背が高ければ、全部わたしひとりで出来たのだけれどね。

ああ、こういう考えだから、可愛くないのかも、わたし。



[PR]
by hidaneko | 2018-04-21 00:11 | くらし | Trackback | Comments(0)

家族に関心ああるようには思えない、わけ。

ほんというと、ここんとこ、モグの体調が悪かった。
先週半ばから風邪気味っぽくて、やがて38℃以上の発熱。
熱はすぐに下がったけど、やがて、腹痛。
そして、嘔吐と下痢。水様便。

医者にかかれというのに、大丈夫、と言って行かない。
金曜日の夕方もお腹が痛いと言うから、医者に行けと言うけど行かない。
うどんを柔らかく煮てやったら、少し食べた。水分補給はするように伝えた。

土曜日になって、午前中、少し眠れて、
起こすこともないからとそのまま見守って居た。
夕方になって、まだお腹が痛いと言う。
「うどんを少ししか食べてないのに、赤黒い便が出た」という。
それって、血便じゃん。やばいよ。
「それ、もう医者にかかろうよ!」とわたし。
以前、わたしが急性胃腸炎にかかったときと症状が似てるから。
でも、「こんなので救急外来にかかっていいのかなあ」などと言うモグ。
「じゃあ、電話して聞けばいい」と電話したら
「今、空いて居ますから、ご不安なら来てください」ということで
車に乗せ、市の救急外来センターへ。

発熱があったというので、インフルエンザの検査をして、その結果を待ち
1時間半以上待って、診察をうけたけれど、
「下痢を抑える薬と、痛み止め、整腸剤が出た」とのこと。
ミヤBMと、ブスコバン、と、あと聞いたけど忘れたw

夕方5時半ころ出かけて、帰って来たのは9時半過ぎ。
つかれた。
出かける時「父に言う?」とモグに聞いたら
「言わなくていいよ」ということで、だまって出かけた。
Gも自室に閉じこもり、とくに聞いて来ることはなかった。
出かける時も、帰って来た時も。
出かける音や、帰って来た音はしてるはずなのに。
わたしが「Gは家族に関心がない……」と判断するゆえん。
何かある時、Gを頼りにはしないゆえん。

[PR]
by hidaneko | 2018-04-08 21:07 | かぞく | Trackback | Comments(0)

パワハラ? モラハラ?

具合が悪くなった。
朝の、タナの油騒動後始末と、Gサンとの言い争いで、疲れた。
朝ごはんも遅れ、朝の薬を飲むのが遅くなってしまったせいもある。
これまでの経験で朝の服薬のリミットは10時なのだが、今朝はギリギリの9時半過ぎ。
血中濃度が落ちていると、ほんとに具合悪くなる。
飲んでる薬が効き出し、回復するのに服薬後1時間半〜2時間かかる。

そればかりではない。
言い争ったことが、メンタル面にダメッジを受けたのだろうと思う。
寝込んでしまった。
吐き気がする。むかつく。頭がいたい。ロキソニンが効かない。

Gは、私のことを「パワハラ」と言った。
なにがパワーだ? わたしに何のパワーがある?
わたしは、Gの上なのか、冗談じゃない。会社の上司じゃあるまいし。
いつも偉そうにしてるのは、Gの方じゃないか。

Gは、自分の言質がどれだけひだまりねこを傷つけているかわかってない。
まあ、これはお互いに言い合っていることだが。

分かろうとして、ああすればいいだろうか、こうすればいいだろうか、試行錯誤して、
Gのやらない家のことなども、だまって引き受けて、言いたいことも言わずにいて、
たまに耐えかねて言うことや、日常生活を営む上で言わなければならないことを言えば
「お前はいつも偉そうに、上から目線で言う」とGに言われてしまう。
そういう言葉が、わたしを傷つける。

「なぜ、わたしが精神科にかかっているのか、わからないの?」と問えば
「俺のせいだって言うのだろう…」と言うだけ。
ほんとの、元の原因を考えようとはしない。
「あいつが、俺を、また批難した、けなした」と思うだけだろう。

自覚のない自閉スペクトラム症、アスペルガーは、付き合うのが難しい。

朝の出来事から、まだ回復できずにいる。


[PR]
by hidaneko | 2018-04-08 20:27 | かぞく | Trackback | Comments(0)

今日のタナ猫@武勇伝

(朝の薄暗いところで撮ったので写真の粒子が荒れてますがご容赦を)

朝起きたら、食料戸棚の下の扉が開いて、油こし容器がひっくり返ってた。
f0016892_1174833.jpg
普段は、戸棚の下の段から2番目左側に入れておくもの。
のぞいたら、容器のフタだけ残ってた。
油こし容器は、100圴の四角い皿に新聞紙を畳んで敷いて、その中に入れて、
それを、食料戸棚の下段にいれておいたもの。みごとバラバラになってる。
f0016892_1174855.jpg
ハッと思って、容器を持ち上げたら、
中に入っていた古い油が、だら〜り、と床いっぱいに広がった。
やばい、やばい、タナ猫め! と思いつつ、以前インターネットで仕入れた知識。
「油をこぼしたら、小麦粉を撒くといい。新聞紙で拭くよりきれいになる」と。
f0016892_1174850.jpg
早速実行。瓶に入れておいた小麦粉と、袋に残しておいた小麦粉、ぜんぶ散布。
油をおおうように、まんべんなく、たっぷりと。
我が家は小麦粉をあまり食べないので、先日500gパックを買ったばかりだった。
こんなことなら、1kgパックの方がよかったかな、足りなくなって片栗粉も足す。
f0016892_1174882.jpg
食料戸棚の前だけでなく、油のこぼれたところ、全部に撒く。
そして使い捨てプラスティック手袋をはめ、油と粉をなじませるようにまとめていく。
f0016892_1174820.jpg
最後は、使い切ったプリペイドカードをカットして作ったスクレイパーで。
かき集めてまとめていく。床の筋に入ったものも、掻き出して。
(自作スクレイパーはカレー鍋を洗う時などけっこう使うから常備してる)

小麦粉は油粘土のようになっている。ビニール袋に入れて、燃えるゴミにポイッ!
そのあと箒で掃いて、掃除機かけて、粉石鹸を溶かしたお湯で絞った雑巾で拭き掃除。

確かに、小麦粉の威力はすごい! 油っぽくならずに、きれいに掃除できた。(^_^)v


More:Gサンの反応
[PR]
by hidaneko | 2018-04-08 11:07 | ね こ | Trackback | Comments(2)

「またやられちまった」感

今朝の歯科医、朝一番の予約だった。
朝一番(9時)の予約は入れたくないんだけど、
前の予約がカゼッピキで受診できず、
予約の変更をしたら、その時間しか空いてなかった。

で、昨夜も雪が積もってたから、朝も早よから、駐車場へ
(オーバーズボンに長ぐつ、アノラック、帽子のフル装備でスコップ担いで)
車の上や周囲の除雪をして、車が動けるようにして、
一旦、家に帰って、お出かけ用のスボンやコートに着替えて、
駐車場へいってみたら……はいな、また雪が積もってましたとさ。

ま、そんなもんですわ。

歯科医へ言って、治療というか、検査は10分で終わったけど
(会計番号が一番だった!ww)
駐車場へきてみたら……はいな、雪がまたつもってましたとさ。

毎日、15~20センチくらいずつ積もるね。
途中溶けたりするから、除雪もそれほど大山にならないけど。
ちょっと、雪かきに飽きてきたわ。

………と、歯科医の帰りに用足しをして、帰宅したのが昼。
気がついたら、Gサン、連絡黒板に(車)と書いて、居なくなってた。
「でかける」とも「行ってきます」とも言わずに消えてた。
ま、これはよくあることだけど(腹がたつけど立たないようにしてきてる)

く・る・ま

「またやられちまった」感が半端ない。
朝からフル装備で30分ほど除雪して、車を出して
帰ってくると、Gサンが使う。このパターン。
除雪の必要はなし、車はあったまっている……って。
「ありがとう」でもなし「ご苦労様」もなし
当然のように、乗って消える………

「俺は腰が痛いから、除雪ができない。すまないなあ。ありがとう」
とでも、言ってもらえたら、腹も立たないんだけど。
いや、腹がたつほどじゃないけど、不愉快は不愉快。
こっちだって、膝痛いし、腰痛いし、頭痛いし、肩凝ってる。
まあ、これらは標準装備だから、特に言い立てはしないけどさ。
除雪すると、右手首に来るのがね、たまらんのよ。尺骨突き上げ症候群。

けち臭い女で悪かったね。てへっ!

[PR]
by hidaneko | 2018-02-06 18:32 | きせつ | Trackback | Comments(0)

寒い夜

f0016892_23574196.jpg
窓に雪が吹き付けて、きれい。
(風が強かったからね。ふだんならこんな風にならない)


今日は、図書館で、絵本の読み聞かせボランティアの会の定例会。
朝、早めに駐車場へ行って、積もった雪を除雪する。
車の屋根の上も、車の周囲も地面が見えるくらいに、きちんと。
3〜40分かかって、除雪して、やっぱり汗びっしょりになったので
帰宅して、下着から着替え、化粧して図書館へ(笑)

定例会は出席者が少ないと思ったけど、けっこう出席してた。
そのあと、わたしはさらにボランティア(自発的)な作業をしてて
…ただ袋につっこんで保存してるだけだった過去のお話会のプログラム(紙)を
利用しやすいように、ファイリングする作業(20年分あった)、
ひとりでボランティアに(自主的にってこと)暇をみてこつこつやってきたことを
今日は友人Hさんが定例会の後、手伝ってくれたので、全部整理できてほっとする。
プログラムの保存はわたしが言い出しっぺだから、今年度になんとかしたかったのだ……。

外に出たら、午後3時近く。もう吹雪。猛吹雪。
気温が低くて風も強くて、視界悪し。
車を、図書館の駐車場の、屋根のあるところに置いといてよかった。
それでも、吹き込んだ雪でフロントガラスが真っ白。
ワイパーがウインドウに密着しなくて、拭き残りがあって、なおさら視界が悪く。
エアコンをMAXにして、しばらくデフロスターかけて、ようやく見えるように。

朝のうちに、駐車場の除雪を広範囲に丁寧にやっていてよかった。
帰ってみたら、かなり積もってたけど、ちゃんと入れられたもの。

家に帰ってきたら、Gが、灯油を買いに行くという。
「明日またこの天気だと、いつ買いに行けるかわからないから」って。
それはありがたいのだけれど、「また、やられた」感。
除雪はできてるし、車は温まっているし、楽だったと思うよ。
奴が使う前に、わたしが除雪するパターン。この冬の流行です。
どうせなら、朝、わたしが出かける前に除雪してくれたら助かるのに。



More
[PR]
by hidaneko | 2018-01-24 23:57 | きせつ | Trackback | Comments(0)