タグ:アスペ ( 172 ) タグの人気記事

気にしないつもりでも気になるモヤモヤ

人の悪口は言うもんじゃない、と育てられて来た。
「お前はいつも俺を悪く言う」とGサンは言う。

悪口、か〜。
事実をそのまま書いても、状態が悪いことを書くと悪口になるのかなあ。
悪く言う、というのは、私にとって変に思えること、良いとは評価できないことを
そのまま書いても、悪くいうことになるのかなあ。


More
[PR]
by hidaneko | 2018-10-18 06:07 | かぞく | Trackback | Comments(0)

また真夜中に目を覚ましあれこれ考えてしまう

また真夜中に起きている。
それって、早く寝すぎるからじゃない?
はい、その通り。
1日のトータルでちゃんと8時間寝てるから。
昨日は二度寝もできたしww
タナ猫の「朝飯くれ〜」も無視して寝てたw

えーと、
昨日は、発達障害の自閉スペクトラム症のフォーラムに行ってきた。
思うことは多々あったけど、当事者に優しい取り上げ方をしてたな、という印象。
精神科医による分析だけでなく、当事者の生きづらさについて多く語られた。

ASD (アスペルガー)の家族を持つ友人知人と一緒に行ったのだけれど
どう受け止めたのだろう、と思った。
どちらも、はっきり診断はされていないけれど
当事者を専門家が診てそうだろうと判断されている、ということらしい。
当事者の病識(自分がそうであるという認識)もあるのかな?

うちの場合は、わたしやモグがかかっている精神科医が
われわれの話(こまりごと)から、Gサンのことを当人を診察せず
「多分、発達障害(ASD)でしょう」と言っている状態。
もちろん、Gサン当人には病識はない。
自分は悪くないと思っている。相手(ひだまりねこ)が悪いと捉えてる。

実は先日から裏垢でカサンドラのツイッターを始めた。
TLにはカサンドラ症候群の妻たち。まさに「あるある」だらけ。
現実社会の、カサンドラ当事者の自助サークルなどは地元にないし
横浜や東京(多摩地区)のサークルに行って見たことはあるけど、
交通費もかかるし、そうそう行けないからね。
かと行って、旗を振って自分で立ち上げるほどの能力もなし。

アスペルガーは、統計的に言って、男性の割合が多いという。
したがって、カサンドラ症候群も、女性の割合が高い、というかほぼ女性。
(男性のカサンドラ症候群の人もフォロワーにいらっしゃるが)

それでね(って、ここまで前振りかww)
パートナーがアスペルガーという人(男女共)のうち、
カサンドラ症候群になる女性が多いって、
これって、日本の社会における男女の関係(男尊女卑の系譜が残ってる)
そういう社会事情もあるのでは?と、思ったのだ!!

うちの場合、家庭に波風おこさないでやっていく方法はある。
わかってる。
ひたすら、わたしが下手に出て、Gサンを奉っておけばGサンは機嫌が良く
したがって、家庭内に波風は起こらない………? 多分ね。
だけど、それをやると、私が病む。自分の感情を偽ることになるから。
夫婦は、たとえ年齢差があるとしても、対等と思ってるから、
なぜ、私が遜らなくてはならないのか、と思ってしまう。
自分を偽ることになる。

昔の女性は、表向き、男性を立てつつ、
じつは牛耳るというテクニックを持っていたとか。
「旦那」とか「主人」とか「亭主」とか、いわば尊称だもんね。
裏では「宿六」って。宿にいるろくでなし、という意味だって(笑)

わたしにそういう技量はない。立てて牛耳るとか。
だから夫との間に軋轢が生じ、日々が生きづらくなるのだろうなあ。

追記*
あ、そうそう。この記事(日記?)を書こうと思ったきっかけは
今日、じゃないや日付変わって昨日だ、参加したフォーラムのこともあるけど、
こんな記事にであったことも関係してる。

当事者もつらいだろうけど、周囲もつらいのよ。
パートナーもつらいのよ。って言いたかったのだ。

[PR]
by hidaneko | 2018-10-09 02:36 | かぞく | Trackback | Comments(0)

♪ ふゆが〜くるまえに〜

昨日は夏みたいな暑さだったけど、冬の足音はもうすぐそこまで。
そんな10月の今日、日曜日。居間の障子を張り替えた。
タナが破ったのではなく、
前猫マイが破る子だったので防御のために破れない障子紙を張っていた。
あれって、糊がきかなくて、両面テープで障子の桟に貼るのだ。
そのテープが経年劣化で剥がれてきた。

障子戸を開け閉めするたびに、剥がれかかった紙がこすれ
なおさら剥がれて来る。
障子の破れたのや剥がれたのって、みじめ。貧乏くさい。
やっぱり障子はパリッとしていた。

「障子を張り替えるよ」と言ったら、モグが手伝ってくれた。
1間半のところへ4枚の障子が建っている。
2枚をモグが剥がし(アイロンの時のスプレーを使って)
2枚を私が剥がした(風呂場に持って行きシャワーかけて)

雑巾で、きりきりしゃんと拭きあげて乾燥させ
午後から障子を貼った。
1枚貼りのって好きじゃないけど、頑張った。

「父さんって、何にもしないのね」とモグ。
「前に頼んだ時、腰が痛いから障子張りはしたくないって」
私だって、膝が痛いし、腰も痛いし、首も痛いし、手首も痛い。
鎮痛剤飲んで湿布貼って我慢できる程度だし・・・

「お父さんも少しは手伝えばいいのに」
「頼んで、不機嫌な顔で断られるより、あてにしないほうが気が楽。
アリさんが言ってた、父さんってろくでなし、って」
「そこまで言うか(笑)、わたしなら怠け者って言うかな」

Gサンは、よく「お前は子供を味方にして」と言うけれど
子供たちの方が、ちゃんと見てますよ。私が言わなくても。

今日はよく働いた。
洗濯して、おしゃれ着を手洗いして、掃除をして、
それから障子の張替えもして……

あのひと? 遅く起きてきて、2部屋ほど掃除機かけて、
あとは寝たり、ゴロゴロしてたかと思うと、気ままに出かけたり。
私がおおらかで容認してるわけじゃない。許してるわけじゃない。
言わないだけ。気持ちを切り離してるから、私。

♪ じが じが じが じが じがじーさん(自画自賛)
モグと二人で「綺麗になって気持ちいいね」と話してた。
あのひとは、何も言わない。
見えているのか、見えないのか、見ても気がつかないのか……
気がついても言わないだけなのか……わからん。


More
[PR]
by hidaneko | 2018-10-07 19:25 | くらし | Trackback | Comments(0)

「ほう・れん・そう」がない

トイレの修理は無事終わったようだ。
普通に使えるからね。
でも、どこがどうで、どう直して幾らかかったか、とかGサンからは無し。

モグには少し話したようで
「なんか、クサリを引っ掛ける心棒が折れてたって」と言っていた。
Gサンからは、なにもなし。
昨日午後、修理の人がいらして、それには立ち会ってたけど
すぐに、どこへ行くともなしに家を出て行って、
わたしが寝る頃になっても帰ってこなかった。

朝は顔を合わせたけれど、その話は無し。
修理費用とか、こっちに回ってこなければそれでもいいけど。
Gが壊して、Gが修理の手配して立会い、Gが支払う、ならね。

こちらから「どうなりました?」と聞いてもいいんだけど、
やぶ蛇になって、支払いがこっちに回ってくるのは嫌だし。
だって、ギリギリの財布でやっているから、
予定外の修繕など、やっぱり、ちょっとね。

私が朝、スーパーなどへ買い物に行って帰って来たら
ちょうどGサンが出かけようとしていた。
修理の話が出るかな? と思ったけど
「図書館へ返す本があったら持って行くよ」とGサン。
「図書館へ調べ物に行く用があるので、あとで自分で行きます」と私。
(秋の読書週間で絵本の読み聞かせ出前が多いので私の貸出カードは忙しい)

Gサンからの「報告・連絡・相談」は、無し。

(と言いつつ、心の中で準備してる。
 これまでの経験で言うとこっちに来そうだから)


[PR]
by hidaneko | 2018-10-04 11:19 | くらし | Trackback | Comments(0)

トイレが壊れた! とGサンが言う

Gサンがトイレの戸を開け便器の前にしゃがみこんで電話してた。
かなり大きな声だけど、何を言っているのかわからない。
電話を終え「トイレが壊れた!」という。
なんだか、ぐだぐだと説明しているけど、例によって自分だけが分かっていることを省いて話すから意味が通じない。
整理すると「トイレの水を流すレバーが壊れた。トイレは使える。バケツで水を流して欲しい」ということらしい。

「座ってて流そうとしたら壊れた。空回りしてる」と。
はあ? トイレの水って、立ってから流すのでは?
座ってて流すなんて、初めて聞いたけど、無理な角度ので力が加わり壊れたのでは?と思った。

「業者には俺の携帯に電話するように言ったから」という。
どうも、トイレの本体に書いてあったメーカーのお客様サービスに電話したらしい。
「トイレ設置の工事をした工務店にも電話したから」ともいう。
全部、修理に関してはGサンが担当してくれるのかと思ったら
「保証書はどこだ」とか。自分で探せよ、と思う。
取説や保証書はファイルにまとめてあるんだから。

「本体の製品番号がわからない」とかいう。
便器の横に書いてあるのだが、電話しながら「小さい文字は読みにくくて」なんて言ってる。

なんか、とにかくうるさいのだ。電話の声も大きい。
ハイテンションのGサン。
久々に、自分の用事ができて嬉しいのか?

修理する工事会社から部品があるか連絡があるという。
「俺の携帯にかけるように言ったから」とGサン。

だけど、夕方、家電話が鳴った。モグが出た。
工事会社からの連絡だった。
Gサンは、例のごとく、いつの間にか出かけていて留守だった。
工事会社は、携帯にかけたけど出なくて、2回かけたけど出なくて、工務店に連絡して家電話の番号を聞いたとか。

あーああ。
携帯に出ないのよね、Gサンって。

夜になって帰って来たGサン。家に電話が来たと知って怒る。
「だから、俺の携帯に電話しろと言っているのに」と。
「こういうことになるから嫌なんだ」とG。
いやになるのは、こっちだよ。工事会社でありモグと私が不愉快に。
Gサンが窓口になるなら、ちゃんとやってよ。

Gサンのやることは、いつも尻が抜けている。尻拭いするのは私。


[PR]
by hidaneko | 2018-10-02 20:54 | くらし | Trackback | Comments(0)

注意しにくい相手

前に、タナ猫が扉をあけ、油を舐めた話を書いたけど(こちら
その調理台したの扉に、開けられないよう金具をつけてもらった。
私がしようとしたけど、手が痛く、Gサンにやってもらったんだ。

ここまで、前振り。

その金具、閉めてこそ役に立つのに、閉めてないことが多い。
いや、私は閉めますよ。そうじゃない時、たびたび閉め忘れてる。
なぜだろ? そこは油や酢など片付けておくところ。
他の人は、そう頻繁には使わない?
考えて気がついた。金具をつけた相手の扉は米櫃が片付けてある。
Gサンが米を研ぐ時、扉をあけて閉め忘れてるんだ。

いつか注意しょうと思ってた。
黙っていたら、開けっ放しでタナがまた油を舐める危険性がある。
だいたい、Gさんが自分で付けたのを、閉め忘れては意味がない。

今朝、Gが朝食用の卵を焼いていた。
見たら金具が開けっ放しだった。
「そこ、開けたら、閉めてください」と、一言。わたし。
「今、作業中だ。終わったら閉めるつもりだった」とGサン。
「お米を研いだ後など、たびたび開いてますから、注意してください」
「わかってる!」とGが大声で言う。

私は怖いから居間へ避難。
少し注意しただけで、すぐ怒る。
自分の非は認めない。
「あ、ごめん、気をつける」と、言えないのか。
言えないんだろうな、
それじゃあ、生きにくいだろうなあ。

ドアの向こう、台所で大声で独り言を言っている音が聞こえる。
何を言っているかは、わからない。
朝っぱらから、どうのこうのと言う言葉の切れ端が聞こえた。
朝っぱらから、気分の悪いのは、私の方ですよ。

日常生活の些細なこと、言わなければそのまま、言えば怒る。
朝、ゴミ捨てに出たまま、夜まで帰らないことがある。
今日も、ゴミ捨てに出て、そのまま・・・
私だって朝っぱらから言いたくないけど、
いつ言えばいいのさ。一日中いない人に。



[PR]
by hidaneko | 2018-09-24 09:58 | かぞく | Trackback | Comments(0)

ネット環境あれこれ

かなり前からネットが繋がりにくくなっていた。
思い起こせば「速くなりますよ」と言われたのもあり
ケーブルネットにしたあたりから・・・
速くても繋がらなくては意味がない。
MacBookを家中持ち歩いているので、
あっちでは繋がり、こっちでは全然ダメ、じゃあだめなんだ。

「母さんのパソコンがボロだからじゃない?」とモグ。
「でも、わたしのより新しいんだ〜」なのだ。
そうなのだ。わたしのパソコンが繋がらないだけでなく、
仕事部屋では、スマホのWi-Fiのアンテナが立たないのだ(泣

それで、モグがケーブルネットの会社に電話して見てもらうことにした。
それが、先週の土曜日の午後。
ルーターの置き場所なども影響あるという。
家のあちこち、パソコンを使う場所で電波の強さを測り、調べてもらった。
モグとわたしが、立ち会った。Gサンは、出かけていて留守だった。

夕方、借りているルーターに有線でAirMacをつなぎ、
家の中でカバーするように、別な場所に置く、ということに。
業者の方が帰った後も、わたしとモグで
コードをどう引いたらいいか、電源をどこから取るか、とか試行錯誤。
そんなとき、Gサンが帰宅。
何も言わない。わたしたちが作業をしているのを見ても。

「あ、いま、コードを仮に留めているから、歩くとき頭上に注意してください」とわたし。
「うん」(G)
これだけ。

日曜日に、プールの帰りに延長コードを買って、月曜日、今日の午前中作業。
ああだ、こうだ、とモグと会話したり、トンカチトンカチ金具を打ち込んだり…
Gは、全然、我関せず。
家の中の環境が良くなれば、Gが楽しみに見てる孫の映像も見やすくなるはずなんだけどね。
まあ、Gのいる部屋は、元のルーターに一番近いから、影響ないのか。

でも「なにをやっているんだ_」でもなし、「ごくろうさま」でもなし。
つまらないやつだ。

[PR]
by hidaneko | 2018-09-17 13:47 | くらし | Trackback | Comments(0)

台風21号、あれこれ

今現在、各地で大きな被害が伝えられている。
関空が水浸しになったとか、連絡橋にタンカーがぶつかったとか、
京都や奈良でも街路樹が倒れて道が塞がれたとか、
あちこちでビルの上のクレーンが倒れたり、給水塔が落ちたり
家が吹っ飛んだり、車が浮き上がって片側のタイヤだけで走っていたり
みんな、ネットに動画がアップされていて、はらはら・・・

当地でも、小一時間前から風が強くなってきた。
風がひゅるひゅる鳴って、家の戸や窓ガラスが、ガタガタ震えてる。
雨も降ってきた。

なのに、Gサンが出かけたまま、帰ってこない。
それも、台風が来るとわかっていて、午後4時頃から荒れると予報されてて
自転車ででかけている。何処へ言ったかわからない。(探してないけどね)

私は今朝は歯科医の予約で、そのあと図書館により、一時帰宅。
12時に市営スポーツセンターのプールへ。
友達と待ち合わせ。
泳ぐ気満々で行ったけど、いざプールに入ると、どうも塩梅が悪い。
いつもいくプールが整備のため2週間ほど休館中で、
その利用者が流れているせいもあって混んでる(私たちもその口)
横波が来て、歩きにくいし泳ぎにくい。人にぶつかるし・・・・

やたら人にぶつかる。
いつもなら見過ごせるのが、今日はいちいち気に触る。
途中で子供プールに移動してバタ足などやっていたけど・・・

帰って来て、調べたら、どうも、低気圧不調というものらしい。
頭痛や不機嫌は、台風のせい。
私がどうも機嫌が悪いのは、私のせいじゃなくて、台風のせい・・・
って、人のせいにするって、楽でいいなあ。

あ! これって、いつもGサンがやっていることじゃないか。
俺が不機嫌なのはお前が悪い、ってwww



追記
台風が来るので、せっかく花茎がのびて花が咲いて来たグラジオラスを切った。
まだ蕾のも切った。切って、家のかなに飾った。
タナ猫に倒されそうな気がする。

[PR]
by hidaneko | 2018-09-04 18:14 | きせつ | Trackback | Comments(0)

♪一列談判破裂して〜♪

話し合いは、ごくシンプルに行くつもりだったのに、
変に絡まれて、だんだん嵐の様相を呈してきて・・・・

私の話は、ある提案で、
けっして、向こうにとって悪い話じゃなかったはずなのに・・・
Gサンが抱えている問題について、手助けしようという話。
それを断ってくる。断れば苦労するはずなのに。
断ってどうするのか聞いても、答えない。

「お前はいつも話を大げさにする、よけいなことまで話す」って、
あなたが聞いたから、手助けするにあたって事実の周辺の話をしただけ。

手助けを「いらない」と断るGサン。
「全部はむりですが、それでも手伝った方が、あなたも少しは楽でしょう」と言っても、
「いらないと言ってるんだ。お前はいつも、俺に反対する」とGサン。
むこうが「いらない」というので、あげないことにした。

わけわからん。もう後は知らん、どうなっても尻拭いしたくない。

気晴らしに、何か美味しいものを食べよう。
といっても、あの 例のメロン の残りをかじって終わりだったりして(笑




あ、そうそう
この前の諍いの時に「俺の飯は作らなくていい」と言った件。
二人前作るのも、三人前作るのも大して手間は違わない、と説明して
「食べるんですか? 要らないんですか?」と聞いたら
「食べる」ですってさ〜。
でも「お願いします」の言葉はないww

そもそも、話し合いの時、
わたしは2人称として「あなた」を使うのに
あっちは「お前」と言う。なに?この男尊女卑?
そのことからしてムカッ腹だから(夫婦は対等だと思うので)
ツッコミ入れてやろうかと思うけど、
かなり前に言った時、言っても治らなかった。
だから、仕方ないから、黙認してる。



More:夕食メモ
[PR]
by hidaneko | 2018-08-26 14:37 | かぞく | Trackback | Comments(0)

心ちょっと上向く

クリニックの日だった。
犬も食わない、いさかいの話から、食事を作らないことまで、あらいざらい話してきた。
1番の問題点は、Gが現実をみようとしないこと、話も、内容ではなく、言い方(物言い)を指摘するばかりで・・・

「『病気なんですから』といわれても、頭ではわかっていても、心がついていかないんでしょうね」と言われた。
そうなんだ。ゆるせない。我慢できない、我慢するしかないから我慢するけど。

わたしの心がけ、心構え、が悪いのか・・・・とか思ったり、どうやったらうまくいくのか考えたり。
うじゃうじゃと、考えながらクリニックから帰ってきたのだけれど・・・

帰宅してみたら、シゴト先のF社から嬉しいメールが来ていた。
半年も前に、提出して、そのまま、音沙汰なしだったから、ボツだったのかな、と思っていたら採用してもらえたって。


こういうの、嬉しい。
少し元気になれる。

[PR]
by hidaneko | 2018-08-01 18:55 | かぞく | Trackback | Comments(0)