タグ:おでかけ ( 125 ) タグの人気記事

会話・話題

連休中、どこへも行く予定がなく、少し出たくなって
豪農の館の藤を見に行きたくなった。
「暇な時、電話してよ」と言われていたご近所の友達に電話したら
「美術館へ行きたいけど、交通手段に迷っていたの。
バスだと便が少ないし、一緒に行かない?」とのお誘いを受けた。
「藤は去年行ったでしょ」と、拒絶された。
わたしは、気持ちの良いところなら、何度でも行きたいひと。
今年も行きたいな、豪農の広い座敷でのんびりしたり
満開の藤を見たいな、と思ったけれど、友の誘いに乗った。

とても気さくな良いひとなのよ。
うちの家族のこともよく知っていてくれて。
バーサンの最期に、助けてもらってありがたかった、
この恩は忘れない。

だけど……、車で美術館へ行く小一時間の道中
話は、彼女の夫を貶すことばかりで、聞いてて辛かった。
うちだって、愚痴は言うけど、夫を罵倒するような言葉は吐かない(つもり)
あー、でも、やっているかなあ、わたしも。
聞き苦しい、見苦しいこと、自分では気付かずにやっているかも。

あと、自分が読んで感銘を受けた漢方医の本で
「血流が大事」と知り、それを私の疾患にも当てはめるの。
「ひだまりねこさんの膝が悪いのも血行のせいよ」と言う。
「血行を良くするためには、かかとを上げてドンと下ろすのをやるといいの。
一度に10回、それを1日に朝昼晩と3回するといいのよ」と。

私の膝は、加齢による膝軟骨の摩耗と、
介護で重いバーサンの移乗など膝に負担がかかったことによるの。
確かに血行も少しは関与するとおもうけど、
「かかとドン」をすると、膝に響く、膝が痛む。
人によって体調は違うし症状も違うし、一概に言えないと思う。
しまいには、「放っておいてよ」と言いたくなった。
自分の健康法を進めるのもほどほどにしなくては、と思った。

で、展覧会?
足立美術館所蔵の、横山大観と近代日本画名品展。
日本画って、どうやって描くのかなあ、と思いながら見てきた。
デッサンもするのだろうが、脳内の概念で描いているみたいなのもあったりして。

そして、横山大観でも、やっぱり戦時中は賛美する絵を描いたのだな、と。
具体的に兵隊さんを描くのではなくて、
海に昇る太陽を強調して日の丸を連想させる絵とかあったりして。
うーむ。

[PR]
by hidaneko | 2018-05-04 18:28 | みきき | Trackback | Comments(0)

少し遠出

f0016892_1343165.jpg

雪割草の里ナウ

昨日友達の家に行ったとき、「雪割草を見に行きたいね」という話になった。
まだ時期的に早いかな、と思ったけれど、検索したら
某雪割草の里で、この土日に「雪割草まつり」が行われるとあった。
それが今朝のこと。
すぐに、友に電話したら、今日行ってもいいよ、とのこと。
近くに日帰り温泉もあるし、天気はいいし、
急遽、片道約2時間のドライブとなった。

ドライブの途中、がけ崩れで通れな箇所があり、遠回り。
よく知らない道を、なんとか勘で道を選んで……
そういうとき、友は全然文句を言わないし、
いい意味で「あなた任せ」で、気が楽だ。


More
[PR]
by hidaneko | 2018-03-24 13:04 | きせつ | Trackback | Comments(0)

1000円の贅沢

f0016892_1302657.jpg

ひさしぶりの日帰り温泉。
お庭のハーブやバラがご自慢のところだけど、
ハーブもバラも冬枯れ。バラには赤い実がいくつか…

ひさびさに、のんびりの時間。
(シゴトのメモを携えてだけど)

ここへ来たのは、去年、2016年7月 以来だった。
同じもの飲んでる(笑)

[PR]
by hidaneko | 2017-12-15 13:00 | くらし | Trackback | Comments(0)

メモ

・六本木のミッドタウンで友達のお嬢さんが参加してる展覧会「野生展」を見てきた。菌糸をイメージさせる繊細なガラスの作品は南方熊楠とのコラボで新たな思いを想起させる。
・安藤忠雄設計の会場はかっこいいけど、階段が多くて膝が軋む。
・展覧会は不思議な雰囲気。「野生」をキーワードに、異なる性格のものが、かなり広い空間のあちこちに置かれ一種独特の雰囲気を醸し出していた。ひとつひとつゆっくり見て、思ったより時間をとった。

・ミッドタウンで犬張子を買う。来年の干支。

・国立新美術館は見たかったけど時間と体力の関係で割愛。
・乃木坂駅はエレベーターのある場所がわかりにくい。表参道駅まで一駅分乗る。

・雨の中歩いた。表参道の人混みは、東京駅の人混みより歩くスピードが遅い。
・クレヨンハウスで、イッちゃんの誕生日のプレゼント用絵本を購入。3Fで自分用の無添加のバラ水も買う。
・表参道公衆トイレ裏の新潟館ネスパスで「菅名岳」を買う。キャリーバッグに入れる。

・新宿南口、コインロッカーが全部塞がっていてキャリーバッグを引っ張って立憲民主党の街頭演説を聴きに行く。えだのんのスピーチを聞く。すごい人出、すごい群衆。霧雨の中、傘は閉じて(後ろの人が見えなくなるから)タオルハンカチを頭に乗せて聴いていた。枝野ん、予定より遅れて登壇。待っているうちに、膝痛と腰痛、人いきれで気分が悪くなり、スピーチを全部聞けずに離脱。遠方より来てた友達とも会えなくて残念。

・イッちゃんも、アリさんも風邪っぴき。
・選挙について。
・絵本「しろくまちゃんのほっとけーき」意外な場面がうけた。卵が壊れるところ。
・「きんぎょがにげた」は「ミッケ!」に負ける。ほぼ2歳児でミッケがお気に入りとか驚愕。

・雨の中移動。カバンが重い。高田馬場もエレベーターが見つからず。膝が痛い。
・会いたかった人に会えた。元気そうだった。よかった。
・20年前と同じ話をする人。同じでいいんだ。基本は同じ、姿勢も同じ。
・その後の懇親会は誘われたけど、パス。

・東京駅で柿の葉寿司と一番しぼり。おっさんだな、わたし。
・雨の地元。バスは30分待ちで、タクシー乗り場には長蛇の列。
・帰宅するとタナ猫が出迎え。イッちゃんと同じ程度に可愛い(すごく可愛いという意味)

[PR]
by hidaneko | 2017-10-24 23:17 | 東京日記 | Trackback | Comments(0)

お彼岸過ぎて

日の出が遅くなりましたね。
暑さ寒さも彼岸まで。
これから、どんどん暗く、寒くなっていくんだわ~ 142.png

昨日は、モグに誘われて、じゃないか、ねだられて、かな? 美味しい回る寿司へ。
仕事がまだ終わらないし、美味しい店は遠いし、緊縮財政だし
ほんとは、そんなことをしてる時間はないんだけどね。
秋になって、お魚が美味しくなっていました。
地元のお魚など、もう歯ごたえがぷりぷりで・・・うま~!

さあ、遊んだ分、がんばらんば。

昨夜は久しぶりに、おもしろい夢を見ました。
女数人のグループで、富士山が見えるところへ旅しているのです。
ぜったいあんなロケーションはないと思うんだけど、
見上げるような富士山、というか、岩山が頭上に望まれるところ。
富士の山肌に、みているわたしの近くの樹木が映り、
山肌の赤茶色や木々の緑が重なって、とても美しかった。

油絵でぐいぐい描かれた富士山みたいで、
「ああ、絵にある富士って画家さんの創造かと思ったら、実際にあったのね~」
と思いながらみてました。
こんなかんじ。(これは日本画家の片岡球子の絵だけど)
f0016892_10391593.jpeg

この絵では、樹木と富士が分かれて描かれているけど、
ガラスに景色が写るみたいに、重なって見えた、みたいな。

あ、富士の夢って縁起がいいんだわ。
きっといいことある、ということにしておこう。

(そのあと、夢の中では、もっと近くへ行ってみよう、と思うのに、
他の人たちは宿でまったり演芸などみてて
わたし一人で富士を近くで見に行こうか……
運転にちょっと自信がないし……
というところで目が覚めました。ちゃんちゃん)

[PR]
by hidaneko | 2017-09-24 05:33 | きせつ | Trackback | Comments(0)

週末の動画

1歳10ヶ月の男の子が、草地を歩いている。
河川敷だろうか、遠景に鉄橋らしきものが見える。

男の子は、赤いスニーカーを履いて、とことことこ……
青空の下、緑の草地に、赤い靴が映える。
薄いグレーの半ズボンは彼には長め、上は白地に緑の木や葉の模様のポロシャツ。

男の子は、楽しそうに、とことこ歩く。
ん? 水たまり?
男の子は、そっと、片足ずつ、慎重に水たまりに入る。
左右に目をやって、良いのかな?と少し考えて
つま先から、靴底へ、そしてもっと深い方へ……
バシャバシャと、水たまりに入り始めた。
深いところは、男の子のくるぶしくらい。赤い靴はびしょ濡れだ。

やがて、男の子は、かがんで、両手を水につける。
雨がたまった水たまりは、あまりきれいじゃない。泥水色だ。
男の子は、指からしたたる水を、面白そうに見てる。
やがて、しゃがんで、両手で水を掴んでは離し、掴んでは離し、
ばっしゃん、ばっしゃん……
しゃがんでいるから、ズボンのお尻も濡れてくる。そんなの平気。
水たまりは座布団くらいの大きさで、その中で立ってぐるぐる回ってる。
楽しそう。
f0016892_23381433.jpg
画面の外から声がかかる。
「いっくん、他に行かない?」
いっくんは「ん?」と見上げて、水たまりから出て、草地をとことこ……
すぐに、別な水たまりをみつけて、ためらいもなく赤い靴を水の中に進める。
ばっしゃん、ばっしゃん。にこにこ、にこにこ。ばっしゃん、ばっしゃん。

わたしは、片山健の「おなかのすくさんぽ」を思い出す。

いっくんは水たまりが気に入ったんだ。
ばしゃばしゃするのに、親は叱らない。ニコニコ見てる気配。
スマホで、我が子の映像を撮りながら、注意はしない。
いっくんは、立ち上がって、遠くを通る電車に
「でんしゃ、ばいばい」と手を振る。
f0016892_23411614.jpeg
水たまりに入ったら、靴が汚れる。ズボンも汚れる。洗濯が大変だろう。
しゃがんで水たまりに手を突っ込めば、手が汚れる。バイキンがつくかも知らない。
だけど、そんなことを気にせずに、子を見守る親ふたり(子を呼ぶ父親・母親の声が入ってた)
子の気の済むまで遊ばせる・・・・・子のこの両親は徹底してる。
時には、見ててハラハラさせられることもあるけれど、
いっくんは、大胆にして慎重なのだ。
水遊びをする時も、滑り台やブランコで遊ぶ時も、年齢よりずっと上の子用の遊具で遊ぶ。
父親が必ずついているから、冒険もできるし安心して遊べるんだ。母親もみまもってる。
幸せな子だ。叱られずに遊べてる。
のびのび、愛されて育っているのがわかる。


More:おなかのすくさんぽ
[PR]
by hidaneko | 2017-09-03 23:34 | 東京日記 | Trackback | Comments(0)

スタバ

f0016892_204934.jpg
日本一きれいなスタバ、ですって。
大きな公園の片隅にありました。
店内は満席だったから、外のテラスで。
川?水?を望んで、ロケーションはすてき。

たまたま隣の席になった女性が、横浜から、おわら風の盆を観にいらしたと…
「いつも夫と一緒なんですが、今回は友達に会いに初めて一人できました」って。
Gサンが公園内を散歩にいった間に、
あれこれ、楽しくお話をしました。夫婦についてとか、孫についてとか、あれこれww
「富山に友達がいて案内してもらったの…大学時代の友達なんですが、
男性だなんて夫に言えば誤解されそうで言ってないの」ですって。
(ほぼ同年輩と見られたけれど、こちらが10歳も年かさだったのは内緒)


追記:
日本一と聞いたけど(モグから聞いた)、
ロケットニュース24によると、世界一だってさ。
(こちら↓)


[PR]
by hidaneko | 2017-09-02 20:49 | みきき | Trackback | Comments(0)

合掌造り・2

そして、流刑小屋も合掌造り。
昔、加賀藩の罪人を流刑にして閉じ込めていたって。
f0016892_17464624.jpg
江戸時代の現物じゃあなくて、昭和の再建だというけど、
屋根に草が茂っているところは凄みがある。

f0016892_1746461.jpg
小屋の左下方の四角い穴、そこから食べ物を差し入れたとか。
穴から覗いたら、昔の装束を着た人(人形)がいて、こわかったよww
わっ、と声をあげそうになった。

[PR]
by hidaneko | 2017-09-01 17:46 | みきき | Trackback | Comments(0)

合掌造り

これは村上家。
大きくて、観光用に開放してて中を見られる。
有料だけどね。(前に見たことあるから今回は外から見ただけ)
f0016892_17371863.jpg
近くの土産物屋さんも、合掌造り。
f0016892_17371872.jpg

向かいの普通の民家も、合掌造り。少し小ぶり。
生活してるから、エアコンの室外機もあるし、BSのアンテナもある。
f0016892_17371867.jpg





[PR]
by hidaneko | 2017-09-01 17:37 | みきき | Trackback | Comments(0)

山滴る

f0016892_15412541.jpg

[PR]
by hidaneko | 2017-09-01 15:41 | みきき | Trackback | Comments(0)