人気ブログランキング |

タグ:おでかけ ( 133 ) タグの人気記事

羽を伸ばしに行ったはずが・・・

昨日、首が痛かった。痛くて回らなかった。
左の首がパンパンに凝ってて、頭から肩、体側まで。
寝違えたみたいだけど、痛みが出てきたのは午後の外仕事の途中から。
車を運転するのに、左右確認も左側が痛くて見られない。
やばい状態で、這々の体で帰ってきた。

それでも夕ご飯を作り
(あっためるハンバーグとにんじんしりしりだけ。
ポテサは出かける前に作っておいた)
ヘロヘロになって、食べて、ロキソニンのんで、
モグに肩首に湿布貼ってもらって・・・・早々に布団に入団。

朝起きたら、幸い、首は回る。傾けるのは無理。
これは仕事にならないし、ナイト水泳も休もう。
と、日帰り温泉に行くことにした。

そういえば、温泉に行くときは声をかけてと言っていた友達がいたっけ。
久しぶりに彼女を誘って、片道車で小一時間の日帰り温泉へ。
道中、車窓から桜を見たり、
のんびり、源泉かけ流しの露天風呂に浸かって、
腰に手を当てて瓶の牛乳を一気飲みして、お蕎麦食べて、
羽を伸ばして帰ってきたはずが・・・疲れてる。

会話に疲れた。
悪い人じゃないんだけど、決めつけがあるのかなぁ、押し付けがあるのかなぁ
聞いていて、疲れるのはなぜなんだろう。
ウンウンと、相槌をうって聞いていたけど、どっと疲れた。

一緒にいて疲れない相手もいるのだけれど。
難しいなあ、ひだまりねこは、人付き合いが下手なのかなあ。


by hidaneko | 2019-04-16 16:06 | なかま | Trackback | Comments(0)

久しぶりにラーメン食べた

「久しぶりにラーメン食べたいな」とモグが言う。
「わたし、お金出すから、母は車出して」
ということで、お昼に、車で30分くらいのラーメン屋さんへ。

化学調味料使ってないし、塩辛すぎないから好きな店。
と言っても、年に1回来るかどうか。
ラーメン自体を、そう食べないからね。
f0016892_16180844.jpg
細麺に自家製チャーシュー、シナチク、ほうれん草、ネギの、
あっさり系のラーメン。美味しかった。

帰りに、その近くの安い八百屋さんで買い物。
これ、なーんだ?
f0016892_16221392.jpg
あと、山伏という名のカレイ(魚)も二匹。
「八百屋さんで魚?」とモグは訝しがるけど、
花や鉢植えも品揃えが豊富な店なのよ。

風花ほどの小雪の間の、プチドライブでした。


More:写真は
by hidaneko | 2019-02-02 16:11 | くらし | Trackback | Comments(2)

気分転換に(3億円の翌日・昨日の話)

3億円の夢の話をした時に、ふと
「ラーメンが食べたい」と、ひだまりねこ。
「美味しいお蕎麦が食べたい」と、モグ。

翌日、思い立って聞いてみた(ショートメールで)。
「ラーメンかお蕎麦か食べに行かない?」
「行く。どっちでもいい」
ということで、少し遠出して天ざるを食べに行こう、と決まった。

うちから約60km離れた温泉街にある蕎麦屋は、夫婦でやっていて
値段の割に美味しくて量もある。
近くの漁港のわきにある神社には、前は初詣に行ってた。
小ドライブして、初詣に行って、蕎麦を食べて帰ってくる。
今年はまだ初詣に行ってなかったから、ちょうどいい。
次の週の土曜日が新しい車の納車で、今の車で最後の小ドライブだ。

バイパスから海沿いの国道を走る。
この道、左右を松林の防風林に囲まれていて好きな道だった。
50km制限だけど、たいてい70kmは出している流れ。

けど、昨日は、前の前の前の車がゆっくり運転。
50kmのところを45kmで走ったりする。
透かして見ると、落ち葉マークがついていた。
そして、道は黄色いセンターラインの追い越し禁止区域。
ずーーーーっと、追い越し車線がなくて、一箇所だけあったけど、
対向車が来るので追い越せない。前の前の前の車だし、無理。

おまけに、松林は、松食い虫にやられて伐採され、スカスカ。
そう、あまり楽しくない欲求不満のたまるドライブだったのだ。

お昼時間になったので、初詣はあとにして、蕎麦屋へ。
が、蕎麦屋のガラス戸に「本日休業」のふだが出てた。
「まさか、潰れたんじゃないよね」
「どうしよう」
もう、ふたりとも、お口が、蕎麦口になってる(そばを食べたい口)
「水っぽいお蕎麦やさんに行く?」
「うん、しかたないね」
もう一軒、日帰り温泉に併設されている蕎麦屋へ行く。
行ったら、日帰り温泉の入り口に
「2階のそば処は11月から休業されていただきます」と張り紙。

「どうしよう」
温泉街は、旅館や土産物屋は並んでいるけれど、食べ物屋さんがない。
「しかたない。中華へ行こう」
もう一軒の日帰り温泉に併設されている中華料理店へ車を回した。
「四川飯店」名物は麻婆豆腐だって。
辛いのは苦手だから、五目あんかけラーメンと、五目あんかけ焼きそばをチョイス。

ふたりして、もくもくと食べて、昼の薬も飲んで・・・店を出てから
「しょっぱかったね〜」
「水で薄めたくなったよ〜」
口直しに、コンビニのあんまんをひとつ。

そこで、道を間違えた。いや、迷子じゃなくて別な道から帰ろうと
トンネルをくぐったら、神社へ寄る道ではなかった、と。
「神社によるなら行くけど?」
「もういいよ」
帰りは、無口なふたりでした。

あ、帰り道はふつうに70kmで流れてました。
ただ、ガソリンがぎりぎり。着くまで持つかなあ、という状態。
夕ご飯の材料(寄せ鍋用の魚介セットと牡蠣1袋)を買いにスーパーによって
家に帰り着いた途端、ガス欠のランプがつきましたとさ。
笑っちゃった。


by hidaneko | 2019-01-20 16:29 | くらし | Trackback | Comments(0)

昨日の石仏さまたち

プールの後、友達に誘われて、イチョウの黄葉が綺麗な「黄金の里」へ。
奥まった寺院への参道に、幾つもの地蔵様や観音様たち。
f0016892_08203768.jpg
f0016892_08210479.jpg
あたりは菊の香りと杉林の香り、桂の歯の甘い香りも混じって、至福〜!
f0016892_08230350.jpg
この前来た時には、ひっそりと苔むしていた仏たちが、今回は菊に彩られ微笑んでおいでのよう。
f0016892_08232285.jpg
f0016892_08480831.jpg
午前中はプールだったし、夕方にはクリニックで、
その間の時間を盗むように時計を見ながらのドライブ。
お昼ご飯も、コンビニおにぎりで済ます感じだったけれど、
自分一人でドライブ遊びのときも、そんな感じだし、全然平気。

束の間だったけれど、たっぷり楽しめた。
さそってくれた友達に感謝!

(だけど、写真、どれもピントが甘いなあ。これから工夫せねば)

by hidaneko | 2018-11-10 08:19 | きせつ | Trackback | Comments(0)

あたいの夏休み

8月2日の花火大会に続いて、3日も、
遠方からおいでになった友達が遊んでくれた。
おかげさまで、まさに「あたいの夏休み」を楽しめた。

弥彦神社、弥彦スカイライン、シーサイドライン、カーブドッチ、ヴィネスパ、
そして、北方文化博物館(豪農の館)、そして図書館に、日本海の夕日、って、
結局わたしの好きなところ巡りみたいになったけど(汗)
それなりに楽しんでいただけたようで良かった。
どこも、わたしが気晴らしに行っていたところなんだけどね。

図書館というのは予定に入ってなかったのだけれど、時間つぶし。
夕日を見るタイミングで海岸へいく調整時間。
「涼しくて、ゆっくり時間が潰せて、安いところ」って図書館しか思いつかなかった。
あとで思えば、朱鷺メッセの上の展望台とかもあったのに。

太平洋側からいらっしゃった友達だったので
「日本海に沈む夕日が見たい」とのご希望で海岸へ行ったけど・・・
海に沈む夕日は見えず・・・・曇っていたわけじゃないのよ、
ただ、今の時期、夕日は彼岸どきよりもっと北寄りに沈むので、
ちょうど佐渡島の山並みの陰に沈むことになってしまったのだった(笑)

弥彦の上からも、シーサイドラインでも、真っ青な海が見えて
濃い青や緑がかった青、分水付近から流れる土色がかった青など
綺麗な海が見えたのだけれど、佐渡は見えなかったのだが、
夕日が沈む時になって、シルエットになってその存在を明らかにした、ってわけ。

そのあとの我が家での夕ご飯、
掃除も行き届かないし、障子の紙は剥がれかかっているし
あちこちごちゃごちゃとして、恥ずかしくて
本来なら、お客様を呼べる状態じゃないんだけど
タナ猫がご接待にでてくれて、よかった。
f0016892_15423310.jpg
ぼく、ちゃんとご接待したよ。
最初はちょっと緊張したけど、すぐに仲良くなって、
なでなでもしてもらったんだ。
この写真は、そのお友達に撮ってもらったんだよ。
あ、そうそう、ぼくにお土産ももらったんだ。ありがとね。
また来てね。




by hidaneko | 2018-08-04 15:18 | なかま | Trackback | Comments(0)

さらに上を向く(長岡花火)

というか、上を向いてばっかりww
「でっかい打ち上げ花火で首を痛めないでね」と
別の友達に言われたけど、首の痛みも忘れて、見上げていました。

長岡花火を見て来たのだ。
遠方の友達がチケットを取ってくれて
(このチケットというのが、なかなか取りにくいのだが)
遠路はるばる来てくださった。

その席ってのが、すごくて、
フェニックス・テーブル席の一番前。
目の前には草むらと、その先に川の水面がみえている。
(人の頭、後ろ姿なし)

相撲で言えば「砂かぶりのかぶりつき」
いや、やがて花火の灰も飛んで来て「灰かぶりだね」って。
すかさず友が「シンデレラ!」って。


いやあ、すごかった。
写真はなしよ。
どうせわたしのガラケーじゃ撮れないし。

長岡の花火は、打ち上げ場所がいくつもあって、
超大型スターマインベスビアスも、数カ所から打ち上げられる。
頭上に花火が降ってくる感じ。

中越地震の後、鎮魂と復興を祈って打ち上げられるようになった「フェニックス」は、
平原綾香さんの曲「JUPITER」がテーマ曲。
新潟県中越地震の際、被災者を勇気付ける応援歌として
新潟県内のラジオ局で多くリクエストされた「JUPITER」。
この曲をBGMとして、花火が打ち上げられる。

♪ Every day I listen to my heart ひとりじゃない
 深い胸の奥で つながってる〜 ♪

両手をいっぱいに広げても届かないくらい広い範囲で
(約2kmの幅で打ち上げられるんだって)
複数箇所から(9箇所くらい?)一斉にスターマインが次々と打ち上げられる。
花火の中に、羽ばたく不死鳥の姿が見えるのだ。
感動で、泣きそうになる。見るのは3回目だけど、いつも泣きそうになる。
2017年のだけど、youtubeでみつけた。埋め込めなかったのでリンクで)
2015年の方が臨場感あるかな?)

炎暑の夏だけど、川風は少し涼しくて
遠方から来てくださった友が隣にいて、
その隣には市内の友もいて・・・
(遠方の友の友達が来れなくなってチケットを譲ってもらったのだ)、
花火は、これまで見た中で一番すごくて、
わたしは、上を向いて泣きそうになりながら花火を見てた。
(あ、柿の種と枝豆も食べながらだけどwww)


日本の三大花火といわれる長岡花火があがる長岡まつりは、そもそも、
多くの市民が亡くなった昭和20年8月1日の長岡空襲から復興するために、
昭和21年に始まった。花火も鎮魂の意味が込められているの。

長岡って、原爆の模擬爆弾も投下されているんだよね。
亡くなった方もいらっしゃる。
新潟も原爆投下の候補地だったのだ。
いろんな意味で、長岡の花火は、深い意味が込められているんだ。


by hidaneko | 2018-08-02 23:57 | みきき | Trackback | Comments(2)

色々疲れた

向こうの親類の中で気疲れしたというより、
Gサンの失言などに、ムッとしたり、ハラハラしたり。
なぜか、ずっとハイテンションのGサン。
いつもの10年分くらい他の人たちと会話してた。

Gサンにとっては、故郷の村(合併で市になったけど)から来た人は
懐かしさもあって、色々話したかったのだろうと思うけど・・・

葬儀場から火葬場へ行くバスの中、
後ろの席にGサンと村出身の人が座った。
前の席にモグと並んで座った私にも、会話が聞こえる。

ご兄弟の話をしてて、どっちが年上とかマウンティングしてる。
その方のお兄さんより、Gサンが何ヶ月年上とか・・・(ーー;)

「ところで、奥様はお元気ですか」と、村出身の人。
「あれです」とGサン。多分わたしを指差した?
「はあ・・・」と相手。
「なんとか来てくれました」とG。

わたし、聞いてて、はあぁ?
まるで、私が行き渋ったみたいじゃない。
モグとふたりで列車時刻を調べたり、ホテルの心配をしたり
Gサンが動きやすいように、気配りしてたつもりだけど・・・
Gには通じていないのか。

「まあ、体のこととかありますし・・・」とGサン。
わたし、はあぁ? わからん。
日頃、わたしをいたわっているみたいじゃない。
真逆。わたしの体調などには無頓着のくせして・・・
よく言うと思うわ。
スルーしたいと思ったけど、心に爪痕が残る。

帰りのバスに乗る時、モグが
「父さんの近くには座りたくない」と言った。
ふつう、こういうバスでは、来た時と帰りは同じ席になるのが普通。
だけど、モグの精神がこれ以上疲れないように、別の席に座った。



by hidaneko | 2018-06-02 21:36 | かぞく | Trackback | Comments(0)

過去日記・2018年5月27日(日)と28日(月) お宮参り

日曜、月曜と赤さんのお宮参りに招かれて行って来た。
(それまでの経緯は こちら。けっこうヤキモキさせられた)

出かける朝、
「履く靴ありますか』と聞いたら「ある」と出して来たけど
「これ、一番いい靴だけど硬くて足が痛くなる」という。
「東京は乗り換えなど結構歩きますからね。慣れた靴がいいでしょう」
と、わたし。次にGサンが出して来たのが、カビだらけ。
「革靴、履いてないからなあ。スニーカーばかりで…」

我が家は、衣類、カバン、靴など各自で買い、手入れ管理する。
靴も、各自で磨くのだけれど、まあ靴を磨くのは私くらい。
他の人たちは気にならないらしいから、放置プレー。

だけど、他所へ行くとなると
「猫の不始末は、人間の不始末」じゃないけど、
「本人の不始末・恥は、妻の不始末・恥」となる。
まるでほったらかしで手をかけてないみたいじゃない。
はい、ほったらかしで、手をかけてませんがwww
他人ならカビだらけ、埃だらけの靴でも知らんぷりできるけど、
連れ合いとなるとそうもいかない。しょったれな人とは歩きたくない。
(「しょったれ」がわからないって? だらしない、くらいの意味かな)

はい、Gサンの靴を磨きました。何年振りかでww

前の日に「着て行くものはありますか」と尋ねた。
「お宮参りですから、一応改まった格好で行ってくださいね」と。
「うん、スーツがある。夏だし、ネクタイはしなくていいだろう」
まあね。

出かけるのは昼近くでいいから、私は早めに支度してスタンバイ。
Gサン、何を思ったか、掃除機をかけ始めた。
ボーダー柄のポロシャツに、色の褪せたジーンズで。
ここ数週間、肉体労働の掃除には参加してなかったのに、
なぜに、出かける間際になって? わからん。

そのくせ「俺、スイカのチャージがあるから、先に行く」と。
とっとと出かけて行く。一緒に歩きたくないのか。
バス停で待っていたら、ようやく来た。見たらズボンこそ履き替えたけど、
上着の下は、先ほどまでのポロシャツのまま。
「それじゃあ、ちょっとまずいのでは……」といえば、
「替えは持っている」カバンの中から見せたのが薄黄色のポロシャツ。
「それじゃあ、カジュアルすぎるでしょう。駅ビルで買いましょう」
「いいや、これでいい」と、Gサンは頑として受け付けない。
だ〜か〜ら〜、夫の恥は妻の恥。私が恥ずかしいの。

モグに一部始終をメールしたら、上野で買ったら?とレス。
Gに行ったら「上野で新幹線を降りたら、そのままS駅まで行く」という。
「上野からJRで乗り換え駅のS駅まで行くんだって」とモグにメール。
モグは検索して「S駅なら、近くに◯◯があるから…」と父親にメールして説得。
妻の説得は聞かずに、娘の説得だと聞くのだ。Gサンの常。

昼食の場所を決めるにも、話が噛み合わない。
時間はたっぷりあるのに「時間がない」という。
「吉野家で牛丼を食べよう」という。
「S駅に吉野家はあるんですか?」と私。
「わからん」とGサン。北口にはなくて(あとで南口にあったのを知った)
「高いところは嫌だからな」というので、
ガストを提案。聞いてない。サンマルクカフェを提案、却下。
蕎麦屋を提案したら、「こういうところは高いからな」で、
目についた「富士そば」に入る。
ここまできて、富士そばですか……と思いつつ箸をとる。
(案の定、しょっぱくて食べられない。水で薄めた)

一事が万事この調子。
噛み合わないのを、噛み合わせつつ珍道中。

赤さんは可愛かったし、
モグのプレゼントを持って行ったのだけれど、
黄色いベビー服がよくお似合いでした。

お兄ちゃん(2歳半)もお兄ちゃんらしかったり、
ときには、甘えん坊になったり、可愛かった。
夫婦、いい感じで仕事をバトンタッチしながらの子育て、
いいなあ、と見て来ました。
これは、また別の機会に書きましょう。



by hidaneko | 2018-05-30 20:24 | 東京日記 | Trackback | Comments(0)

会話・話題

連休中、どこへも行く予定がなく、少し出たくなって
豪農の館の藤を見に行きたくなった。
「暇な時、電話してよ」と言われていたご近所の友達に電話したら
「美術館へ行きたいけど、交通手段に迷っていたの。
バスだと便が少ないし、一緒に行かない?」とのお誘いを受けた。
「藤は去年行ったでしょ」と、拒絶された。
わたしは、気持ちの良いところなら、何度でも行きたいひと。
今年も行きたいな、豪農の広い座敷でのんびりしたり
満開の藤を見たいな、と思ったけれど、友の誘いに乗った。

とても気さくな良いひとなのよ。
うちの家族のこともよく知っていてくれて。
バーサンの最期に、助けてもらってありがたかった、
この恩は忘れない。

だけど……、車で美術館へ行く小一時間の道中
話は、彼女の夫を貶すことばかりで、聞いてて辛かった。
うちだって、愚痴は言うけど、夫を罵倒するような言葉は吐かない(つもり)
あー、でも、やっているかなあ、わたしも。
聞き苦しい、見苦しいこと、自分では気付かずにやっているかも。

あと、自分が読んで感銘を受けた漢方医の本で
「血流が大事」と知り、それを私の疾患にも当てはめるの。
「ひだまりねこさんの膝が悪いのも血行のせいよ」と言う。
「血行を良くするためには、かかとを上げてドンと下ろすのをやるといいの。
一度に10回、それを1日に朝昼晩と3回するといいのよ」と。

私の膝は、加齢による膝軟骨の摩耗と、
介護で重いバーサンの移乗など膝に負担がかかったことによるの。
確かに血行も少しは関与するとおもうけど、
「かかとドン」をすると、膝に響く、膝が痛む。
人によって体調は違うし症状も違うし、一概に言えないと思う。
しまいには、「放っておいてよ」と言いたくなった。
自分の健康法を進めるのもほどほどにしなくては、と思った。

で、展覧会?
足立美術館所蔵の、横山大観と近代日本画名品展。
日本画って、どうやって描くのかなあ、と思いながら見てきた。
デッサンもするのだろうが、脳内の概念で描いているみたいなのもあったりして。

そして、横山大観でも、やっぱり戦時中は賛美する絵を描いたのだな、と。
具体的に兵隊さんを描くのではなくて、
海に昇る太陽を強調して日の丸を連想させる絵とかあったりして。
うーむ。

by hidaneko | 2018-05-04 18:28 | みきき | Trackback | Comments(0)

少し遠出

f0016892_1343165.jpg

雪割草の里ナウ

昨日友達の家に行ったとき、「雪割草を見に行きたいね」という話になった。
まだ時期的に早いかな、と思ったけれど、検索したら
某雪割草の里で、この土日に「雪割草まつり」が行われるとあった。
それが今朝のこと。
すぐに、友に電話したら、今日行ってもいいよ、とのこと。
近くに日帰り温泉もあるし、天気はいいし、
急遽、片道約2時間のドライブとなった。

ドライブの途中、がけ崩れで通れな箇所があり、遠回り。
よく知らない道を、なんとか勘で道を選んで……
そういうとき、友は全然文句を言わないし、
いい意味で「あなた任せ」で、気が楽だ。


More
by hidaneko | 2018-03-24 13:04 | きせつ | Trackback | Comments(0)