人気ブログランキング |

<   2019年 08月 ( 17 )   > この月の画像一覧

今日のタナ猫@新ラッパ

僕タナ猫。
ほぼ一月前から、足のおできでラッパをはめられてる。
おできを舐めて、悪化させないように、だってさ。


僕、ラッパーになっても、餌も食べられるし水も飲める。
かーちゃんに甘えて、顔や首を撫でてもらうと気持ちいい。
思わず体重をかけて「もっとなでて」をアピールすると
かーちゃんに「圧をかけてきて」と言われる。
言われるけど、かーちゃんは自分の手が痛くなるまで撫でてくれる。

僕ラッパーに慣れて、尻尾の先を舐められるようになった。
そのつぎ、足先もなめられるようになった。
そのつぎ、前足もなめられるようになった。
そして、ついに、傷も舐められるようになったんだ!

おできの傷をペーロペロしてたら、かーちゃんに見つかった。
猫医者に「かさぶたが取れたら、もういいですね」と言われてた。
カサプタは取れたけど、舐めたせいで、おできの傷が大きくなってるって。
僕が傷がむず痒くて、周囲の毛も舐めて、ハゲにしたのも見つかった。

「ラッパが小さすぎるんだ。大きいのにしなくちゃ」
かーちゃんと、ねーちゃん、夕ご飯の後で、疲れてて
食器洗いもほったらかしで
「にょりつくにゃに、3回続けて言える?」なんて遊んでた。
(夕ご飯に、炊き込みご飯に焼き海苔を揉み海苔にしてかけて食べてた続き
焼き海苔→揉み海苔→海苔佃煮。猫がいうと「にょりつくにゃに」だってさ)

かーちゃんなんて「疲れて起きられない。食洗機〜!」って寝転んでいたのに
「タナの足の傷を見なくちゃ」って言って、舐め壊してるの見つけたら
「ラッパ、これから買いに行こう。まだホームセンターやってるから」と、飛び起きた。

ホームセンターのペット用品売り場のは、小さすぎるか大きすぎて
かわいい僕には合わなかったって。
買わないで、僕を自由にしてくれたらいいのに、
「じゃあ、手作りしよう」ってポリプロピレン(PP)の薄い板を買って帰ってきた。

僕の古いラッパを外し、PPに当てて形をなぞって、さらに3センチ大きめのを作った。
余計なお世話だっていうの!!!
新しい大きめラッパをつけるとき、盛大に暴れてやった。
かーちゃんが、僕の四肢をつかまえてしっかり掴み、
とーちゃんを呼んでラッパの合わせ目を押さえさせ、
ねーちゃんが、ビニールテープでラッパを止めた。

大きすぎるラッパ。
夜食をもらったら食べられたけど、
歩くとき、バタコン、バタコンいうし、かっこ悪くて、僕、やだな。

by hidaneko | 2019-08-29 22:00 | ね こ | Trackback | Comments(0)

酷暑の夏、電気量

7月末から8月末まで、2階のエアコン付けっ放し。
夜寝る時はもちろん、外出の時も設定温度を29度とか30度にして、付けっ放し。
切ったり入れたりすると、よけい電気を食うと聞いたから。

階下の居間は、だいたい朝から付けっ放しだけど、夜は切っていた。

で、7月26日〜8月27日までの33日間の使用量が393kwh 、11,411円なり。

冬場が1万5千円前後だから、ま、こんなものかと思う。
冬の暖房は、主に石油ファンヒーターで、エアコンはたまにしか使わない。
ホットカーペットや、こたつ、各自の電気毛布など、熱は電気を食うからねえ。
灯油代は、一冬で6〜7万円くらいかな。11月末から3月いっぱいは使うからね。

あ、うち、30Aでした。
考え方が昭和だから、電気は節約してると思う。
3経路に分かれているけど、表と裏と階下の居間のエアコンと。

表の方では、トースターと電子レンジを同時に使うとやばい。
洗面所でドライヤーを使う時もレンジを使ってないか確かめる。
そういう習慣ができている。
これを忘れると、ブレーカーが落ちるからね。
種々の家電の時計設定をし直すのが面倒だ。

ワット数の大きな家電を使うときは、頭で計算して使ってる。
以前は、デスクトップにパソコンを使っているときは、
ブレーカーが落ちるのを恐れていたけど
(作業中のものでも、保存してないと消える)
マックブックにしてからは、気にすることなく、その意味ではストレスがない。



by hidaneko | 2019-08-29 10:48 | くらし | Trackback | Comments(0)

今週のたなくじ・たぬくじ

f0016892_09040622.jpg
「大吉・小吉 雨あられ」
先週は、秋雨前線だったのか(早すぎる気もしますが)
連日、大雨小雨、雨あられ。いや、あられは降りませんが。
その前の干ばつがひどかったから、まさにジウ。時雨。慈雨。
雑草が、わっさわっさと茂っております。
ドクターストップがかかっているから、ほどほどで、ごまかしてますが。
ミントの花が盛りで、蝶々がひらひら・・・
そろそろ草の虫たちも、賑やかに、ジイジイ、スイッチョ鳴いてます。
空には、カラス、オナガ、スズメもうるさいくらい、
時にはまだ蝉の声も降り注ぎ・・・

まあ、大吉・小吉も降り注ぎますように。
f0016892_09102274.jpg
たぬくじは「マイ水筒が吉」です。
ほんと、手放せませんね。家の中でも、外出時も持ち歩いてます。
飲んでる薬のせいもあるの。
アモキサンカプセル、喉が乾く。チザニジンなんかも口が渇くって。
だから、夏も冬も、マイ水筒がてばなせないのですよ、わたしは

皆様も、まだ残暑で暑い日もつづきます。
水分補給をお忘れなく、今週もご無事で。

by hidaneko | 2019-08-26 09:15 | たなくじ | Trackback | Comments(0)

今日のタナ猫@ペーロペロ

ぼくタナ。まだラッパー。
でもね、ペロペロ出来るんだよ。
f0016892_16453947.jpg
ほらね、ペーロペロペロ。
f0016892_16463516.jpg
足の先だけで、オデキのところには届かないけど。
f0016892_16480007.jpg
ぼくって、かっこいいでしょ。

by hidaneko | 2019-08-25 16:44 | ね こ | Trackback | Comments(0)

二階のエアコンが壊れた〜!

モグと、午後、まったりしていたら、微かな異音がする。
何か、擦れるような、カタカタ言うような。
耳をすませ、場所の見当を絞って行ったら、
エアコン室内機から水が、ポタリポタリと滴り落ちていた。

調べたら2009年の製造。10年て立ってる。
メーカーによっては部品の保存期間が9〜10年
買い替えどきだ。

モグが電気屋のネット店舗で調べたら、
8畳和室用で本体が8万円代ギリギリ、消費税込みで9万なんぼ。
これまでインチキコンセントを使っていたから新しいのを増設するのに2,3000〜以上
古いの取り外し料が9,000〜以上
リサイクル費用が2000
屋内本体が2階で、室外機ば1階外だから、工事費も標準よりかかりそう。
専属のコンセントを取り付けるのにブレーカーのあるところからどうやって線を引く?
(古い家だから、エアコン専用コンセントなんてない。
 居間にエアコンをつける時、2階の配線をそっちに持って行ったらしい、わけわからん)

おまけに手元不如意。
Gサンが出してくれるわけでない、やっぱり私が算段するしかない。
生活費はあるけれど、それ以外の大きな出費となると「ちと、まって」となる。
幸い今年はちゃんと仕事をしていたから、エアコンを買えるくらいの収入はある。
でも、それって、10月と12月の予定なのよ〜。

嗚呼、残暑はまだ続くのかしら。
ここ数日は、秋雨前線で雨降り、涼しい日が続いていたけど、
9月がこのまま涼しい保証はない。台風がクレがフェーン現象だ。

おまけに10月からは消費税が8%から10%にアップする。

エアコン、買い替えたいけど、時期をいつにすべきか悩んでいる。


by hidaneko | 2019-08-24 05:40 | くらし | Trackback | Comments(0)

朗読劇「夏の雲は忘れない」を観てきた

渡辺美佐子さんらによる、原爆朗読劇「夏の雲は忘れない」を観てきた。
前に見た映画「誰がために憲法はある」で取り上げられていた公演。
もう何年も前に、この朗読劇のポスターを図書館で見た覚えがある。
でも、そのときは特に興味がなかった。

けれど「誰がために憲法はある」で、なぜこの公演が始められたのか、とか、
ここに出る女優さんたちの思いなどを知って、
さらには、今年でこの公演が終わりになると知って、見る機会を得たいと思ってた。
幸い、演劇鑑賞会なる組織の主催で公演があることを知り
「私観たい! あなたも観るといいよ!」と、友人にけしかけ、チケットを取ってもらった。
(友人様、いつもお世話になっております)

セットもなく、舞台には椅子が6脚あるだけ。
六人の女優たちが、テキストを持ちながら、代わり番こに朗読して行く
(朗読劇には地元の子供達、小学生〜高校生七人も参加していた)
背景のスクリーンには、戦後間も無くの子供達や街の映像。

従軍カメラマンとして戦後まもなく、広島や長崎を写真に撮っている。
『トランクの中の日本』ジョー・オダネル
あの、幼い弟とおぶい紐で背中におんぶして、直立不動の少年の映像!
それを撮ったのが彼だと言う。戦後、写真類をトランクに収め、忘れようとしたが
彼ものちに、原爆症を発症したと言う。(こちら
残すべきものとして、トランクを開けたと言う。

その内容、原爆にあった子供達や大人の、8月9日の様子は、
敗戦の日のブログ にも書いた、映画「ひろしま」にも重なっていく。
さらには8月9日の長崎の原爆・・・

朗読劇には、地元の子供達も参加していた。小学生〜高校生。
子供達に「天皇陛下万歳」と言わせ、「欲しがりません勝つまでは」と言わせ
あげく、原爆によって親兄弟を殺され、孤児になった子供達。
「兵隊さん、助けてください」と子供に言われた兵隊さんも、
実は、戦地で無謀な作戦により餓死したり、犬死したり・・・
あるいは、満州などでも侵攻してきたロシア兵を前に、
兵隊たちが庶民を置いて先に逃げたり、娘を人身御供に差し出したり・・・

朗読劇を聴きながら、様々なことが頭の中で渦巻いた。
いったい、戦争って、誰のため?

いま、また、軍歌の音が聞こえてきている。
「北方領土は戦争で解決」なんて馬鹿を言う議員もいたりして。
憲法を改憲して、戦争のできる国にしようと言う総理大臣がいたりして。
総理って憲法を守る義務があるのに、その総理が憲法を壊そうとしてる。

原爆では、我が国は被害者である。
けれど、先の戦争では、大陸でも南方でも、酷いことをしてる加害者である。

録画してた映画「ひろしま」や、今日の「夏の雲は忘れない」を観て、
この地獄絵図は、過去の日本だけでなく、
今も世界各地で戦争被害にあっている人々の姿に重なる、と思った。

ほんと、戦争なんてしちゃいけないのよ。
「小さいのなら原爆を持ってもいい」なんて、言わせちゃいけないのよ。
儲かるからって、原爆や武器の輸出国になってはいけないのよ。

強く思う。ピース! イマジン。









by hidaneko | 2019-08-21 21:24 | みきき | Trackback | Comments(0)

今日のタナ猫@採血された

ぼくタナ猫。まだラッパー。
f0016892_09402537.jpg
なんだかニャンそうが悪いって?
もっと可愛い写真もあるのにね。
よりによって、眉の上に黒く汚れがある写真を選ぶなんて、
おかーちゃんはいぢわるだ。

今日もぼく、猫のお医者さんのところへ行ってきたんだよ。
最初に行ったのが、7月30日
この前行ったのが、2週間前。
そして、今日。その度、ぼくは洗濯ネットに入れられ、バスケットに入れられて
おねーちゃんの膝に乗せられ、おかーちゃんの運転でお医者さんへ。
今日は、おねーちゃん、すごく体調が悪いみたいで、お仕事を休んでて、
朝から不機嫌だったけど、タナのことなら仕方ない、って一緒に来てくれた。
おかーちゃんが、Gサンとは絶対行きたくない、って言ったから。

「足のおでき、なんなんですか?」とおかーちゃんが聞いたら
「この中に、これ、脂肪の塊がたまっていて」って、お医者さん、
ぼくの右足のおできを絞り出して、小豆粒くらいの脂肪を取り出した。
「あとは、肉が上がれば、大丈夫です。2週間くらい様子をみてください」って。

で、おカーちゃん、言わなくていいのに
「今、体重は何キロですか? 近頃痩せて来ているので」だって。
測ったら、4.3kgだった。
この前が、4.55kgだから、少し痩せてる。
「食欲はありますか」と先生。
ぼく、食欲だけは落ちないんだ。くれるもの、なんでも食べる。
ときどき、くれないものや、ゴミ箱のものも食べる(叱られる)。

「腎臓病とか、隠れているか、血液検査できるといいのですが……」
先生が、渋った言い方をしたのは、
むかし、ぼくがにゅういんしたとき、あばれて診察できなかったから。
「ラッパしてるし、気が弱くなっているから、今なら大丈夫だと思います」
って、おかーちゃんったら、ほんとに要らないことを言うんだから。

看護師さんが前手を押さえて、先生が喉の下を「毛刈りの窓」して
ちっくんしようとしたから、ぼくがあばれたら、
おかーちゃんが、ぼくの後ろ足をがっちり捕まえて
先生がちゅうしゃきで、ぼくのだいじな血を盗った〜!
ギャースカ、暴れてやったけど、後の祭り。

先生が「この子から採血できるとは思ってなかったです」だって。
夕方、おかーちゃんが電話で血液検査の結果を聞いていた。
ぼく、どこも悪いところないって。だろ? だからそう言ったのに。
ただ、「脱水気味です」だって。
ぼく、けっこうお水を飲んでいるつもりだったけど、
この夏はずっと猛暑、酷暑がつづいていたからね。

ぼく、頑張って、お水を飲むよ。


by hidaneko | 2019-08-21 17:39 | ね こ | Trackback | Comments(0)

今週のたなくじ・たぬくじ

f0016892_08293246.jpg
「木陰吉
こかげで休むといいことが」

今日のたなくじは、テレビの後ろの朝顔とともにお送りしよう、
と思っていたら、「木陰吉」がでました。
写真の方は、窓枠など写ってしまい、肝心の朝顔は見えませんが。

木陰、よさそうですね。
ハンモックに揺られて、読書しながら、うつらうつら・・・・が夢です。
実際は、蚊に刺されたり、ハンモックもあまり寝心地よくないとか?ww

f0016892_08325929.jpg
たぬくじは「プール大吉」です!
そう、プールはいいですよ。
実は、この夏も、週に2回のナイト水泳(火曜金曜)に通ってます。
19:00〜20:00 市営プールで、シニア入場料200円なり

夕方に行くと、お子様連れのご家族もいらっしゃいます。
父子で楽しそうにぷかぷかしたり(子どもプールあり)
親がトレーナーみたいになって、しっかり練習をさせていたり。

プールは、浮力があり、水の抵抗もあり、
膝が悪くても、ほどほど運動になるので、佳きかな。
クロールを、水中スタートや、ターンも含めて、
しっかり泳げるようになりたい!

by hidaneko | 2019-08-19 08:38 | たなくじ | Trackback | Comments(0)

74回目の「終戦の日」敗戦記念日

午前中、朝一でタナ猫を獣医さんに連れていった以外、
特に用事はなかったので、録画していたNスペやETV特集などみてた。
「忘れられた『ひろしま』」「かくて自由は死せり」「激闘ガダルカナル」

そしてドラマ「夕凪の街、桜の国」これは、以前、原作の漫画で見ていた。
正確ではないけれど「誰かが私の死を願っていた」という主人公のセリフ。
死の間際に「私の死を願っていた人が、これで喜ぶかしら」と。

よく、何万人の人が死にました、と丸めていうけど、
ほんとは、一人一人の死が、何万あったということ。

これは、原爆でもそうだし、東日本大震災の時も思ったこと。
死んでいった一人一人に、人生があり、親兄弟があり、未来もあるはずだった。

原爆を投下したアメリカの兵士は、ボタンを押す時、そのことを思っただろうか。
逆に、丸めて「何万人を殺すことができた」と喜んだのだろうか。
一人一人の顔や人生など思い浮かべもせずに。
いや、苦しんだだろうな、と思う。


そして、「忘れられた『ひろしま』」で映画の画像が出ていたのと、
ドラマ「夕凪の…」の中で被爆直後の絵による主人公の記憶の再現を見て、
原爆もそうだし、激闘もそうだし、大九州などもそうだけど、
大きな災害(天災・人災含む)に遭った人は、強いストレスで
精神的障害を受けただろう、と胸をえぐられる気がした。
RTSD(心的外傷後ストレス障害)という言葉は当時はなかっただろうけど。
立ち直るまでに、どれだけの年月がかかったか。
敗戦後74年というけど、当事者の方々の中には、傷は消えないだろうと思う。

戦争をしたがるのは、戦争に遭ったことのない人、だと思った。
「夜廻り猫」の、この回。
「あの時、兄も私も人を殺したことはなかった」とあるのは、
兵隊に駆り出されて、人を殺した体験を持ってしまった、と暗に言っていること。
(↓ 下をクリックすると、この回の漫画が読めます)

軍隊は、「ふつうの人」を「戦闘要員」に仕込むところ。
人殺しなど思いも及ばない「ふつうの人」に「人殺し」を仕込むところ。
「ふつうの人」に、軍隊では「狂気」がふつうと教え込むところ。
人を人とも思わなくなる・・・と私には思える。
常時ではしないはずのこと、できないことを、戦時下だとしてしまう。
この延長線上に、慰安婦問題もあると、私は思う。
満州に押し寄せてきたロシア兵や、日本への進駐軍に、女を差し出すことも
その線上にあると、私は思う。

人を狂気におしやる戦争に、私は反対する。
強く、非戦を願う。


by hidaneko | 2019-08-15 16:38 | Trackback | Comments(0)

台風10号の影響のフェーン現象

昼前、お寺様の棚経の後、
図書館に行こうと車に乗ったら
車外の温度が39℃!
f0016892_08172430.jpg
帰って来たら、ニュースで、県内で最高気温40℃超えがでたって。
台所も、35℃以上。そこで熱を使って調理する。
汗だくだく。というより、気分が悪くなる。
     ・
     ・
     ・
スーパーのチラシを見ながら、モグと妄想。
「今日は暑いから、お寿司を買って来た。君は何もしなくていいよ」
「わーい、ありがとう。パーッ!\(^o^)/」

「今日は暑いから、焼き鳥を買って来た。
僕がサラダを作るから、君は何もしなくていいよ」
「わーい、ありがとう。パーッ!\(^o^)/」

「今日は暑いから、ローストビーフを買って来た。
僕が切るから、君は何もしなくていいよ」
「わーい、ありがとう。パーッ!\(^o^)/」

・・・なんて、我が家では絶対ないね。


More
by hidaneko | 2019-08-14 17:28 | きせつ | Trackback | Comments(0)