<   2018年 10月 ( 26 )   > この月の画像一覧

一月持たなかったか、まだ頑張れるか。

障害者枠で勤め始めたモグ、試用期間だけどついにダウンか。
昨日、月曜日は仕事先の寸前まで行って気分が悪くなったと帰ってきた。
バスに乗り駅まで行って、歩いて駅の向こう側へ、そこからまた歩いて、
仕事先の一つ手前のビルまで行ったけど、そこでダメになったと。
「これから帰る」とメールがあったのが、私が出かけようとしたくしてた時。
仕事先には、道端から電話して帰ってきたという。

今日、火曜日も出かける支度したけどまた布団の中へ。
見守るしかない。

見守るしかない。と言いつつ私は昨日は自分の楽しみで出かけた。
友の車で近郊へ紅葉狩りに。
それは前日からの予定で、予定を変更して家にいたら
かえって娘が気を使うから娘を置いて出かけた。

お土産の舞茸で、今日の夕ご飯に炊き込みご飯を作った。
娘はそれを明日のお弁当用に取って置いた。
明日出勤できるといいな。



[PR]
by hidaneko | 2018-10-30 20:49 | かぞく | Trackback | Comments(0)

今週のたなくじ

f0016892_08192977.jpg
ほぼほぼ大吉

「大吉」ではなくて「ほぼ大吉」でもなくて
「ほぼほぼ大吉」ですって。
かぎりなく「中吉」に近い「大吉」ってことでしょうか。

でも、「ほぼほぼ」って言葉いいな。
適当な感じがして。

まあ、卦などあまり気にせず、ゆったりと適当に
今週もお元気で〜!




[PR]
by hidaneko | 2018-10-29 08:23 | たなくじ | Trackback | Comments(0)

「どこに行くのかは言いたくない」

昨日、日曜日の午後のこと。
いつも行き先を言わずに、黙って消えるGさんが出かけるところに遭遇、
自転車を玄関から出そうとしてたので、
「おでかけですか?」と声をかけたら「うん」と、ひとこと。

次の「どちらにおでかけ?」で、Gさん、フリーズ。
かたまった。
自転車を玄関から半分出したところで、立ちすくんだ。

一瞬、間があって、気を取り直したように、
「なんでそんなことを聞くんだ。何か持っていくものでもあるのか?」
意味不明。
深読みすれば、図書館へ行くから返す本があれば持って行く、ということ?
わからないから、重ねて聞いた。
「ですから、どちらにお出かけですか」
それにもGサンは答えない。

結局、Gサンは黙って出かけましたとさ。
その背中に追っかけるように
「妻に言えないようなところへ行くんですか?」は、
聞こえなかっただろうな。

ただ、その外出は短かった。すぐに帰ってきた。
自転車に乗って雨の中ビニール傘を持って、どこへ行ってきたのやら。

そのかわり、夕方、またどこへ行くかも言わず、
だまって、数時間帰ってこなかった。
わからん人だ。
f0016892_05050481.jpg
我が家でただ一箇所、物を飾っても大丈夫な場所(どーこだ?ww)
左端のはアリさんが小学3年の時の陶芸猫、
右端のは同じ時期に制作のひだまりねこの陶芸猫

[PR]
by hidaneko | 2018-10-29 05:08 | かぞく | Trackback | Comments(2)

次第に回復・・・

天候は雨が降ったり止んだり、ときには日がさしたり。
日が高くなるにつれ、モグの機嫌も直って来た。
午前中、仏頂面だったけど、自主的に台所や居間やトイレの掃除をして、
市長選挙の投票に行き、スーパーによって買い物してくれた。
お昼は、めずらしく焼きそば。それも塩味。
モグが作ってくれた。
「かーさんは、手がぶらぶらだから、しなくていいよ」と。
私、手を使いすぎると、右手は尺骨突き上げ症候群、左は腱鞘炎、
手がぶらぶらになって、物を持つと落とす(笑)

Gサンの携帯が「予定の時刻です!」と大声で知らせたのが7時前。
あらまあ、日曜日でも目覚ましかけているのかしら?けなげ、
と思っていたけど、起きて来ない。起きて来ない(笑)
私がデスクワークしている間に起きて来たらしいけど、
朝ごはんも食べたらしいけど、気がついたら居なかった。
家のお掃除、まだ半分残っている(残してある)のだけど、
しないつもりか。


今週は半ばに冷え込むとの予報。
モグは「ファンヒーター出してほしいよね」と言っていた。
ふと見たら、Gサンの居室の障子が明るい。なんだ、戻っていたのか。
「行ってきます」も「ただいま」も言わないひと。
こっそり出て行き、こっそり入ってくる。わからん。
障子度越しに
「後でいいんですけど、ファンヒーター出しておいてください」と告げる。
Gサンの居室の押入れに入れてあるから。
「うん」と、低い、不機嫌そうな声。
私が、居間のモグに伝えに行ったら、背中の方で
なにか雑誌か本でもデスクに叩きつける「バンッ!」と大きな音。

こういうのが、嫌なのよね。
些細な仕事とも言えないような作業、
嫌なら引き受けなければいいし(私がやるから)。
引きうけたなら「俺は怒ってるぞ!」アピールなしでやってほしい。

私に言われたのが気に食わないくて
「今やろうと思っていたのに」と言い訳したいなら、
言われる前に気づいて、家族のためにファンヒータを出してほしい。

と、思うけど、自閉スペクトラム症(ASD)には無理なのか。



[PR]
by hidaneko | 2018-10-28 12:41 | かぞく | Trackback | Comments(0)

ヒヤシンスの根が出た!

早いね。右のヒヤシンスからもう根っこが出始めてたよ。
4日目だ。
f0016892_10291024.jpg
これからはもう、球根を動かしちゃいけない。根が切れると悪いから。
左のヒヤシンスからはまだ根が出てないみたい。




[PR]
by hidaneko | 2018-10-28 10:31 | きせつ | Trackback | Comments(0)

寒々しい朝

今日は3時半に目が覚めたけど二度寝ができた。
猫が鳴いていたようだけど、起きなかった。

下に行ったらモグがブルーレイでももクロを見ていた。
「猫に餌をやってくれてありがとう」
「あんまり鳴かなかった。私の方が先に起きていたから」と。

「今日のざっくりしたご予定は」と尋ねたら
「あまり話しかけないでほしい」とのこと。

こういう時は、そっとしておくに限る。
まあ、自分で言ってくれるから、こちらも対処できる。

さて、今日は日曜日。恒例のお掃除の後、何をしようか。

あ、そうそう。ヒヤシンスの水栽培を始めたんだ。
先週の木曜日、10月25日から。こんな感じ。
f0016892_06233350.jpg
サイドボードの猫たちの間に置いてみた。ここが一番安全らしい。
f0016892_06234051.jpg
いつ根が出始めるか、とか定期的に観察して行きたい。

じつは、ここ数年、水栽培はしてなかった。去年も、一昨年も。
以前は、毎年2つずつ水栽培して、花が終わると地植えしていた。
その球根が増えて、かなり見事に咲くようになっていたけど、
工事でほりかえし、みんなダメになってしまった。

さて、今年はうまく行きますか・・・心配。
タナ猫が、よく棚にあがるのよ。
表玄関の下駄箱の上の季節のしつらえなど、蹴散らかす。
花も飾らなくなった。猫が倒すから。
ヒヤシンスが安全に育つことを祈っている。



[PR]
by hidaneko | 2018-10-28 06:30 | きせつ | Trackback | Comments(0)

朝から雨で、季節のことあれこれ思うこと

朝から雨。バシャバシャ降ってる。

昨日、チューリップの球根とパンジーの苗を植えててよかった。
昨日、柿の実をもいで、夜なべにさわす作業をしててよかった。
昨日、図書館へ行って本を借り治しててよかった。

昨日が降霜、じゃないや「霜降」だって。二十四節気で。
そろそろ寒さがしのびよる季節?
冬物が恋しくなる。合い着の季節って短いなあ。

寒がりだから、冷え性だから、寒さが来るとあったかいものを着たくなる。
冬物を出す心構えしたほうがいいのかなあ。ってまだ10月ですけど。

10月ですけど、すぐそこに11月、霜月が・・・あぁ〜!


[PR]
by hidaneko | 2018-10-24 08:12 | きせつ | Trackback | Comments(0)

障子貼り完了!

今日やるつもりで、心の中にメモしていた仕事のうち
障子貼り4枚を完了。
下ごしらえに結構時間がかかって、
紙を剥がし桟を拭いたりするのに4枚で1時間15分。
そこでお昼休みを入れて、桟の乾くのを待つ。

障子張りのたびに、いつも思い出すこと。
亡父は障子張りが上手だった。
「紙を剥がしておいたら、帰ってから貼るから」
と、言い置いて、会社へ行く。
「紙を剥がしたり、下ごしらえが大変なのに」と亡母。
愚痴を言いながらやっていたっけ。

障子戸に水をかけてはいけない。これも亡父の言葉。
私は、お風呂場に持ち込んでシャワーをジャアジャアかけちゃうけど。
桟のところだけ霧吹きで湿らせて紙をしたから剥いで行く。

「ノリは鼻水くらいの濃さでいい」と亡父。
むかしの紙は和紙で、紙そのものに糊気があるから、
桟につける糊は濃い必要がない。濃いと剥がすのに大変。
今の紙は機械漉きだから、貼るにはある程度の濃さの糊が必要。
今日、紙を剥がした後、桟に残った糊を拭き取りながら、
そんなことを思い出してた。

障子張りでの立ったり座ったりは、ダメージのある左膝にけっこう来る。
そう言えば、右手も、使いすぎると、ふらふらになるんだった。
尺骨突き上げ症候群が頭をもたげて来るんだ。
頑張りすぎないこと、と心の中でつぶやき、今日の予定変更。

球根植えは土の掘り起こしで手に来る。
柿の実もぎは、はしごに上ったり降りたり膝にくる
ってんで、明日以降に先送りにする。

夕ご飯も、昨日作ったおでんがたくさん残っているし
生姜ご飯を炊いておしまい。

前に作った時 は、土鍋で炊いてたんだ〜! へえ〜!
今日は炊飯器で作る。3合でしょうが45gは多すぎたかな。
ちょっとピリ辛。

Gサンは障子の張替えに気づくかなあ。気づかないだろうなあ。
後片付けをちゃんとしておかないと大変。
やったことは評価しないで、やらなかったことを指摘するのが常だから。

[PR]
by hidaneko | 2018-10-22 16:44 | きせつ | Trackback | Comments(0)

今週のたなくじ

f0016892_08384739.jpg
金運ばっちり週間!

こんな卦が出ると思わずほくそ笑んでしまう。
みなさまにも、良い週でありますように。

23日はバーサンの月命日でお寺様がおいでになる。
今日こそは、障子の張り替えするぞ。
天気もいいし、球根も植えたい。
あ、図書館へ返す本と借りる本が・・・・
絵本のボラの定例会と図書館でのおはなし会もあるし。
早いもので、気がつけば月末も近い・・・
なんとなく、ばたばたの週になりそうですww


[PR]
by hidaneko | 2018-10-22 08:42 | たなくじ | Trackback | Comments(0)

やりたいことがいっぱいで退屈してる暇がない

わーい、わい!
ありがたいことに、退屈してる暇がない。
え? ボケーっとしてることもあるだろう?って。
はい。あります。でもそれも、ボケーっとしたくてボケーっとしてる。(笑)

秋は絵本の読み聞かせボランティアの出前が多い。
小学校の秋の読書習慣とか、保育園へ出前とか、定例の会場のもある。
それぞれ、年齢、学年に合わせて、ふさわしいプログラムを選ぶ。
どんな絵本を読むか、どんなストーリーテリングを入れるかなど。

小学校のマンモス校は6学年5クラスや6クラスなんて学校もある。
さらに、特別支援学級もあるし、
その全クラスに入るのだから、もう大変(毎年のことだけど)

ノートに整理して見た。
手持ちの絵本も持って行くけど、ないのは図書館から借りる。
プログラムを決める時点でも試しに借りて読み直す。
すぐに貸し出しカードがいっぱいになる(10冊2週間借りられるんだけど)

今日は、小学校と、小学校と、特別支援学校と、保育園のプログラム考えてた。ふう〜。

先日、買って来た球根が「植えてくれ〜」と言っている。
パンジーの花苗も「植えてくれ〜」と言っている。

先日、買って来た障子紙も「いつ、張り替えてくれるんだ?」と催促する。

安い大根と小松菜で、安くて美味しい手料理も作りたい。
擦り切れ穴の空いたズボンの右膝に当て布をして繕いたい。
(そこだけしか悪くないから捨てるのは惜しい、普段着で着る)
プールに行って平泳ぎもマスターしたいし、
どこか遠出して紅葉も見て見たい。
裏の柿の木の実をもいで、渋抜きもしなくては。

人生を楽しむためには、暇と金と体力勝負。痛感する。
まさに、膝が痛くて活動が制限されている部分もあるからなあ。

[PR]
by hidaneko | 2018-10-20 22:55 | くらし | Trackback | Comments(0)