<   2018年 05月 ( 23 )   > この月の画像一覧

義兄の訃報で慌ただしく

昨日、2018年5月30日(水)の昼過ぎ、
夫の姉から電話がきた。
夫の兄の訃報だった。
Gサンとは年の離れた兄弟で、87歳だったとか。

昨日の1時頃亡くなったと義姉からの電話。
Gサンは出かけていて、いない。
義姉の話を伺い、出先のGの携帯に電話するけど出ない。
何度も、何度も、携帯に電話して、ようやく繋がり、訃報を告げる。

5月31日(木)がお寺の都合が悪く(友引だった)
6月1日(金)がお通夜
6月2日(土)が葬儀・・・

Gサンがいつ行くのか、私はいつから行ったらいいのか
行くなら宿はどうするのか、ホテルを取るかなど
相談したいことがたくさんあるのに、Gはなかなか帰ってこない。
自転車ででかけてたけど、どこまで行ったのやら。
1時間以上たって、ようやく帰ってきた。

その間に、モグと列車の乗り継ぎや時刻を調べ
それをGサンに伝えるけれど、伝わらない。
ちゃんと段取りをつけて
「ひだまりねこは、お通夜に間に合うように出ます。
 ホテルを取ります。
 モグは、お葬式に出たいと言うので、葬儀当日、日帰りで行きます」
と言っているのに、
「猫はどうするんだ、シッターさんに頼むのか」とGサン。
「だから、モグは日帰りだから、朝出る前に餌をやり、帰ってから夕方の餌をやります」
と説明すると、「だから、とか言うな」と怒る。
ちゃんと聞いてればわかることなのに。

なんだかんだ、あった挙句、モグが
「お母さんが心配だから、私もお通夜から行く」と言い出す。
私は、モグが眠れないのが心配。昨夕も眠れなかったし、
旅先のホテルなどでも眠れないと思う。
お香典だけ預かって、モグには家に居てもらうつもりだったのだ。
「家にいて、母がぶっ倒れてないか心配する方が疲れる」とモグ。
気の使いすぎなんだよね。優しすぎるモグ。

モグが調べた列車の乗り継ぎのメモを持って、Gサンは今朝、発った。
私が車で駅まで送って行った。
そのあと、シッターさんに連絡が取れ、タナ猫を頼めることになった。
それで、モグも、明日、お通夜から参列することになった。

義兄には、とてもお世話になっていた。
山里に生れながら、日本郵船の船長から神戸の水先案内人になり、
人の上に立ち、決断することに長けていた方。
次兄なのだけれど、地元にいることで長男的役割もしてくださり、
うちの子供達にもおりにつけ、お祝いの金銭など過分にいただいたり、
兄弟の末っ子であるGサンの相談相手にり
(妻である私にも言わないことを、兄には相談して居た模様)
故郷の村(合併で市になったけど)に寄付したり
人望の厚い方だった。
ご冥福をお祈りします。


この前の、日曜月曜に赤さんのお宮参りで上京し
この金曜土曜に義兄の葬儀に参列する。
人の命、生死などを考えさせられる。
慌ただしい1週間である。

[PR]
by hidaneko | 2018-05-31 19:16 | かぞく | Trackback | Comments(0)

Gサンの老いを感じる

久しぶりに、二人で行動していて気がついたのが、
Gサンの行動が遅いこと。

Gサンは以前から足が速く、たまに家族づれで出かける機会があった時も、
私たちを置いて先に行くのが常だったのに
(お盆の墓参りとか、奴の誕生日で徒歩圏内の店で外食した時なども、
家族をおいて、一人でとっとと歩いてた)
それが、膝の痛い私がゆっくり歩くのに、それより遅い。
時々立ち止まって、Gサンを待って、歩いてた。
(東京で、はぐれると探すのが面倒だから)

歩行だけでなく、思考も遅くなっているようだ。
説明してもすぐには答えが返ってこない。
例えば、〜〜について説明しているのに、聞いてないようで
「〜〜はどうなんだ」などと言うから、もう一度説明すると
「二度いうな」と怒る。わけわからん。

東京でも、娘夫との会話で、語彙も少なくうまく表現できない様子。
だから、私が補足すると
「俺が今喋っているんだから、同じことを言うな」とか。

東京で。
ある場所で、私を見失ったらしくて、キョロキョロしてた。
5Mほどしか離れていなくて、目があったと思うのに、また他所を見てる。
私が近づいて「見えませんでしたか? メガネが合ってないみたいね」と言うと
「メガネは合っている。ピントが合わないだけだ」って。わけわからん。
老眼も経年で度が進むと言うから、メガネを作り直せばいいのに。

去年からここ1年ほどで、ぐっと老いが深まっている感じ。
普段すれ違いの生活だから(向こうがこっちを避けて、すれ違ってる)
気がつかなかっただけなのかも・・・
行先が思いやられる。

[PR]
by hidaneko | 2018-05-31 18:17 | かぞく | Trackback | Comments(0)

過去日記・2018年5月27日(日)と28日(月) お宮参り

日曜、月曜と赤さんのお宮参りに招かれて行って来た。
(それまでの経緯は こちら。けっこうヤキモキさせられた)

出かける朝、
「履く靴ありますか』と聞いたら「ある」と出して来たけど
「これ、一番いい靴だけど硬くて足が痛くなる」という。
「東京は乗り換えなど結構歩きますからね。慣れた靴がいいでしょう」
と、わたし。次にGサンが出して来たのが、カビだらけ。
「革靴、履いてないからなあ。スニーカーばかりで…」

我が家は、衣類、カバン、靴など各自で買い、手入れ管理する。
靴も、各自で磨くのだけれど、まあ靴を磨くのは私くらい。
他の人たちは気にならないらしいから、放置プレー。

だけど、他所へ行くとなると
「猫の不始末は、人間の不始末」じゃないけど、
「本人の不始末・恥は、妻の不始末・恥」となる。
まるでほったらかしで手をかけてないみたいじゃない。
はい、ほったらかしで、手をかけてませんがwww
他人ならカビだらけ、埃だらけの靴でも知らんぷりできるけど、
連れ合いとなるとそうもいかない。しょったれな人とは歩きたくない。
(「しょったれ」がわからないって? だらしない、くらいの意味かな)

はい、Gサンの靴を磨きました。何年振りかでww

前の日に「着て行くものはありますか」と尋ねた。
「お宮参りですから、一応改まった格好で行ってくださいね」と。
「うん、スーツがある。夏だし、ネクタイはしなくていいだろう」
まあね。

出かけるのは昼近くでいいから、私は早めに支度してスタンバイ。
Gサン、何を思ったか、掃除機をかけ始めた。
ボーダー柄のポロシャツに、色の褪せたジーンズで。
ここ数週間、肉体労働の掃除には参加してなかったのに、
なぜに、出かける間際になって? わからん。

そのくせ「俺、スイカのチャージがあるから、先に行く」と。
とっとと出かけて行く。一緒に歩きたくないのか。
バス停で待っていたら、ようやく来た。見たらズボンこそ履き替えたけど、
上着の下は、先ほどまでのポロシャツのまま。
「それじゃあ、ちょっとまずいのでは……」といえば、
「替えは持っている」カバンの中から見せたのが薄黄色のポロシャツ。
「それじゃあ、カジュアルすぎるでしょう。駅ビルで買いましょう」
「いいや、これでいい」と、Gサンは頑として受け付けない。
だ〜か〜ら〜、夫の恥は妻の恥。私が恥ずかしいの。

モグに一部始終をメールしたら、上野で買ったら?とレス。
Gに行ったら「上野で新幹線を降りたら、そのままS駅まで行く」という。
「上野からJRで乗り換え駅のS駅まで行くんだって」とモグにメール。
モグは検索して「S駅なら、近くに◯◯があるから…」と父親にメールして説得。
妻の説得は聞かずに、娘の説得だと聞くのだ。Gサンの常。

昼食の場所を決めるにも、話が噛み合わない。
時間はたっぷりあるのに「時間がない」という。
「吉野家で牛丼を食べよう」という。
「S駅に吉野家はあるんですか?」と私。
「わからん」とGサン。北口にはなくて(あとで南口にあったのを知った)
「高いところは嫌だからな」というので、
ガストを提案。聞いてない。サンマルクカフェを提案、却下。
蕎麦屋を提案したら、「こういうところは高いからな」で、
目についた「富士そば」に入る。
ここまできて、富士そばですか……と思いつつ箸をとる。
(案の定、しょっぱくて食べられない。水で薄めた)

一事が万事この調子。
噛み合わないのを、噛み合わせつつ珍道中。

赤さんは可愛かったし、
モグのプレゼントを持って行ったのだけれど、
黄色いベビー服がよくお似合いでした。

お兄ちゃん(2歳半)もお兄ちゃんらしかったり、
ときには、甘えん坊になったり、可愛かった。
夫婦、いい感じで仕事をバトンタッチしながらの子育て、
いいなあ、と見て来ました。
これは、また別の機会に書きましょう。



[PR]
by hidaneko | 2018-05-30 20:24 | 東京日記 | Trackback | Comments(0)

今日のタナ猫@なにか?

f0016892_7305497.jpg

ぼくが、チキンカツを1枚ペロリと食べたという証拠あります?

もし、ぼくが食べたとして、それがなにか?

春巻きを盗んでかじったとか
餃子を半分食べたとか
油ポットをひっくり返して油をなめただろうとか
ヨーグルトをもらったあと容器に顔を突っ込んで取れなくなり
ありゃさ、こりゃさ、と踊ったとか
スパゲッティの袋をかじってやぶいて、スパゲッティを降り砕いたとか
あらぬ噂を立てるのはやめてほしいな。

[PR]
by hidaneko | 2018-05-29 07:30 | ね こ | Trackback | Comments(0)

今週のたなくじ@1日遅れ

f0016892_6472338.jpg

昨日の月曜日はテレビのない家に泊まりまして、
たなくじは撮れなかったのですが、
留守宅でモグが録画しててくれました。

それを今朝、撮ったわけ。
そしたら珍しいのが撮れました。ラッキー!
今週もお元気で〜
[PR]
by hidaneko | 2018-05-29 06:47 | Trackback | Comments(0)

今日のタナ猫@肉泥棒・また

f0016892_5354011.jpg

朝の餌をねだらないなぁ、と思っていたら、
朝の5時に、餌箱の上にGサンからのメモが…

昨夕の8時過ぎに、わたしが早めの夜食をタナに与えた。
そのときは、Gサンはまだ夕ご飯を食べてなくて、
チキンカツは、トースターの中に片付けてあった。

その後、どういう状況で食べたのか(盗まれたのか)分からないけど
猫の不始末は、人間の不始末。

野生のタヌキやクマが、一度、人間の食べ物の味を覚えると
たびたび里に降りて、餌を漁ることがあると聞く。
人間の食い物の味を覚えたタナ、これからますます油断がならない。
とほほ・・・

[PR]
by hidaneko | 2018-05-27 05:35 | ね こ | Trackback | Comments(2)

今日のタナ猫@肉泥棒

タナの食い意地ったら、油断も隙もない。
あ、餌をやってないわけじゃないのよ。
朝も早よから、4時半には「餌くれ〜」コール。
時として、爪付きぽふぽふで攻撃してくる。
餌の箱は、午前用と午後用の二つを用意して
午前用=朝・多め+昼・少なめ、
午後用=夕方・多め+夜・少なめ、と4回与えてる。
ちゃんと計量してね。

その代わり、食卓から人の食い物を与えることはない。
料理したものを食卓に並べる時なども、極力気をつけている。

んが・・・
どじってしまった。

一昨日、肉野菜炒めと、ナスとホタテの煮物を作った。
炒め物は「豚こまと、ピーマン、新玉ねぎ、もやし」という
お安い食材だけど、肉に下味つけたりして、旨うまと出来上がった。
煮物も「ナス、ベビーホタテ、ちくわ、しめじ」で、
ダシの効いた自家製つゆの素で味付け、旨うまと出来上がった。、

睡眠障害で睡眠不足のモグが
「夕ご飯を早く食べて、早く寝たい」という。
ひとり飯は寂しかろうと、わたしと二人で食事して、
Gサンの分を居間の食卓に並べて、ドアを閉めた・・・

皿洗いなどをして、ふと気がついたら、居間のドアが開いてる。
のぞいたら、タナが食卓に手をかけている。

「タナー!」と一喝。
見たら、肉野菜炒めの肉だけをつまみ食いしてた。
Gサン用に取り分けた分だけじゃなく、お代わり用の鉢のも、
肉がすべて消えて、野菜しか残っておらぬ。orz
お肉、猫としてはかなりの量が皿にあったはず。
夕方のカリカリを食べた上に、さらに食ったか?

肉泥棒の現場(食べているところ)を押さえてないから、強く叱れない。
「猫の落ち度は、人間の落ち度」である。
塩味のついてる、それも玉ねぎと炒めた肉を食って大丈夫なのか
タナ猫の健康も気がかりなところ。
     ・
     ・
     ・
それだけじゃなかった。

昨日は、金曜日でGサンの食事当番の日。
餃子の王将の冷凍餃子を焼いてくれていた。
一人前(12個)を焼いて皿に入れ、次の人の分を焼いている時だった、
わたしが通りかかった。

「タナ、だめ!!!」

ガス台の脇に引き出しのついた台があり、その上にお盆が載っている。
焼かれた餃子のお皿は、そのお盆に置かれていた。
タナが、餃子を一つ盗んで、床に落とし、半分食べかけていたところだった。

これは、現行犯で捕まえたので、首根っこをおさえ、
「タナ、だめ! タナ、だめ!」と、頭を叩いた。

だがしかし・・・
フライパンを火にかけているガス台のすぐわきにあるお盆のお皿から
猫が、餃子を盗んだのが、見えないのかなあ、Gサンには。
Gサンは、フライパンを凝視してたけど、タイマーかけて焼いてたし
そんなに見つめてなくても、餃子は焼ける時には焼けるはず。
視野が狭いのかなあ、アスペ特有の一点集中してるのだろうけど。

餃子にも、ネギやニラなどが入っているのでは?
タナ猫の健康が気になるところだけど、本猫は吐きもせず平気の平左。

まったく、「猫の落ち度は、人間の落ち度」でありますなあ。
猫の健康のためにも、気をつけなければ! と思った次第です。


[PR]
by hidaneko | 2018-05-26 19:54 | ね こ | Trackback | Comments(0)

ようやく結論をだしてくれた

アリさんとこの赤さんの お宮参りの一件
Gサンも行くのか、行かないのか、
なかなか結論を出してくれないから、せっついた。
Gが行くなら、ホテルの手配とか、神社のあとの会食人数とか
予約したりするのに、もう、日にちが残り少ないからね。

「むこうに聞いてみなくては、わからない。
電話して出られるのか、着信があるだけでも気にやむ人だから…」
って、Gサン。わけわからん。入院してる人に電話するつもり?
義兄さんと同市に住む義姉さんに電話すれば、義兄の様子もわかるものを。

「夜になったらする…」とか、ぐずぐず。
午後6時は、義姉さんも家にいらっしゃるでしょうに。

ようやく電話したら、それが、長い、長い。
Gの電話応対を部屋の外で聞いていると(障子一枚だから聞こえる)
同じことを何度も繰り返している。
義姉さんも80歳にはおなりで高齢だし、話し方もゆっくりの方。
Gサンも、むこうの方言で、ゆっくり話している。
繰り返し、繰り返し……
ふと、思った。
これも老化の一つで、頭に入ってくるのもゆっくりになっているのかな。

春に、それぞれ別の病院に入院していた義兄夫婦、
妻の義姉の方は、退院して、自宅で静養中、
義兄は老人病院に転院して小康状態という。
「むこうにも、お見舞いに行きたいけれど、なかなか行けなくて…」とGサン。
行きたいのなら、行けばいいのに、と、わたしは思うけどね。
Gサンは、暇してると思うんだけど。

で、結局、Gサンは、一緒に東京へ行くことになりましたとさ。
すぐにモグが楽天のポイントを使って安いビジネスホテルを取ってくれた。
前の日から、寝そびれてうまく眠れず、3時間しか寝てなかったモグ。
気がかりなことが一つ解決して、ようやく眠りについた。

モグにとっては、Gサンとふたりで留守番するより、
わたしとGサンが、ふたりで出かけてくれた方が気が楽だと言っていた。
そりゃそうだろう。

……ということで、羽根を伸ばすつもりが、気重な旅になる予感。

何か楽しいことを考えよう。
ということで、猫の写真を貼っておこう。
タナ猫3歳、4.9kg。伸びたり縮んだり。
f0016892_05435549.jpg
f0016892_05440808.jpg
ちんまりして、まるで子猫のような姿だけど、近影です。(photo by Mog)


[PR]
by hidaneko | 2018-05-24 05:21 | かぞく | Trackback | Comments(0)

わからん(お宮参りの一件)

来週の月曜日、アリさんとこの赤さんのお宮参りがある。
アリさんの夫Tさんのご母堂様が月曜日が休みだというので、
お宮参りの日にちが月曜日に決まった。

「お宮参りには来てね」と言われていた。
それが今月初めころのこと。

Gサンに行くかと聞いたら「行かない」という。
Gサンの兄さんが少し前に入院してて、容体がわからないから、と。
ほんとは、旅費とか出費がかかるのが気がかりらしい。
それで、わたしだけ、行くことにして、アリさんにも伝えてた。
「日月ならウチに泊まっていいから」と言われ、そのつもりで
わたしは、スケジュールを立てた。

それが、昨日、Gサン宛、にアリさんから、現金書留が来た。
「来てね」と、旅費を送って来てくれたのだ。
「俺は行かないから、お前の旅費や手土産代にしろ」とG。
「手土産は、持って行くのが重かったりするし、
富山の鱒の寿司が新サクラマスが入荷したというし
もう、お店から送ってもらうように手配しました」と、わたし。

「せっかくアリさんが、来てね、というのだから行ったらどうですか」
「急に言われても、わからん」とGサン。

モグにこのことを話したら
「なんで、ありがとう喜んで行きます、ってすぐ言えないのかしらね」
ほんとに、わたしも、そう思う。
行くと言わない理由が、わからん。
Gサンは、別に仕事や用事のある体じゃなし。
手土産は、わたしが手配してる。
旅費も送ってもらった。
お兄さんの方も特に容体が悪化してるわけじゃなさそう。

考えてみると・・・・
Gサンは、急に何か言われると、思考がフリーズするらしい。
「わからん」と、なる。
自分の思っていたこと、予定してたことを違うことを言われると
それに対応して、臨機応変に返事ができない。
多分、今回のお宮参りのことも「行かない」と決めてたので、
急に「来てね」と言われると、どうしていいかわからなくなるのかも。

その辺のことを、自分では自覚してないのかも、とモグと話してた。
思考の進路変更が急にはできない。という自覚がない。
だから、周囲が何か言うと、急かされている気持ちになってしまう。
自分は悪くない。標準だ。急かす方が悪い・・・となる。
アスペ特有の考え方だろうか。Gサン特有の頑固さなんだろうか。

本当言うと、わたし、一緒に行くのは気が重い。
アレと二人連れというのは「・・・・」である。
逆に、モグは、「二人で行ってくれると楽だ〜」と言ってた。
「タナ猫とふたりで、にゃごにゃごしてるの」
モグは、父と二人で留守番とか嫌なんだろうな。

朝起きて来たら、ゆっくりとGの意向を聞いてみるつもり。
お祝いなんだから、にこにこと行けたらいいんだけどね。


[PR]
by hidaneko | 2018-05-23 05:18 | かぞく | Trackback | Comments(0)

ねそびえれた〜〜〜

頭がいたい、頭がいたい、頭がいたいんだよー
と、つぶやいていたモグが、ようやく眠りについた。
彼女、今日は、私がカルチャーで出かけるので疲れるだろうからと
カレーを作ってくれた。朝はだるそうにしてたのに。
かえってみたら、カレーが美味しく出来上がっていた。ありがたい。

わたしは、つい、彼女に甘えてしまうようだ。
今夜のBGMは、中島みゆきの「りばいばる」

私もねむれないでいる。
(けど、週単位でみれは寝足りてるから大丈夫)

ツイッターで下の書き込みをみて、
わたしも、モグに愚痴をいってきたな、と自責の念。
私は子どもをあいしてきたつもりだったけれど、
毒親で、子どもを傷つけてきたのではないか、と思う。
私が、こんな母親でなければ、モグは精神を病むことなかったのか。
「大人って、自分で自分のご機嫌が取れるのが大人。
自分のご機嫌を人にとってもらううちは、まだまだ子供」という言葉を聞いて
自分では、自分で自分のご機嫌をとれているつもりでいたけれど、
「どうなのよ?」と問い詰められたら自信がない。
けっこう、周囲にあまえて、それでようやく、やっていけてたのかも、とも思えてきて
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・








[PR]
by hidaneko | 2018-05-22 01:47 | Trackback | Comments(0)