<   2018年 05月 ( 16 )   > この月の画像一覧

ようやく結論をだしてくれた

アリさんとこの赤さんの お宮参りの一件
Gサンも行くのか、行かないのか、
なかなか結論を出してくれないから、せっついた。
Gが行くなら、ホテルの手配とか、神社のあとの会食人数とか
予約したりするのに、もう、日にちが残り少ないからね。

「むこうに聞いてみなくては、わからない。
電話して出られるのか、着信があるだけでも気にやむ人だから…」
って、Gサン。わけわからん。入院してる人に電話するつもり?
義兄さんと同市に住む義姉さんに電話すれば、義兄の様子もわかるものを。

「夜になったらする…」とか、ぐずぐず。
午後6時は、義姉さんも家にいらっしゃるでしょうに。

ようやく電話したら、それが、長い、長い。
Gの電話応対を部屋の外で聞いていると(障子一枚だから聞こえる)
同じことを何度も繰り返している。
義姉さんも80歳にはおなりで高齢だし、話し方もゆっくりの方。
Gサンも、むこうの方言で、ゆっくり話している。
繰り返し、繰り返し……
ふと、思った。
これも老化の一つで、頭に入ってくるのもゆっくりになっているのかな。

春に、それぞれ別の病院に入院していた義兄夫婦、
妻の義姉の方は、退院して、自宅で静養中、
義兄は老人病院に転院して小康状態という。
「むこうにも、お見舞いに行きたいけれど、なかなか行けなくて…」とGサン。
行きたいのなら、行けばいいのに、と、わたしは思うけどね。
Gサンは、暇してると思うんだけど。

で、結局、Gサンは、一緒に東京へ行くことになりましたとさ。
すぐにモグが楽天のポイントを使って安いビジネスホテルを取ってくれた。
前の日から、寝そびれてうまく眠れず、3時間しか寝てなかったモグ。
気がかりなことが一つ解決して、ようやく眠りについた。

モグにとっては、Gサンとふたりで留守番するより、
わたしとGサンが、ふたりで出かけてくれた方が気が楽だと言っていた。
そりゃそうだろう。

……ということで、羽根を伸ばすつもりが、気重な旅になる予感。

何か楽しいことを考えよう。
ということで、猫の写真を貼っておこう。
タナ猫3歳、4.9kg。伸びたり縮んだり。
f0016892_05435549.jpg
f0016892_05440808.jpg
ちんまりして、まるで子猫のような姿だけど、近影です。(photo by Mog)


[PR]
by hidaneko | 2018-05-24 05:21 | かぞく | Trackback | Comments(0)

わからん(お宮参りの一件)

来週の月曜日、アリさんとこの赤さんのお宮参りがある。
アリさんの夫Tさんのご母堂様が月曜日が休みだというので、
お宮参りの日にちが月曜日に決まった。

「お宮参りには来てね」と言われていた。
それが今月初めころのこと。

Gサンに行くかと聞いたら「行かない」という。
Gサンの兄さんが少し前に入院してて、容体がわからないから、と。
ほんとは、旅費とか出費がかかるのが気がかりらしい。
それで、わたしだけ、行くことにして、アリさんにも伝えてた。
「日月ならウチに泊まっていいから」と言われ、そのつもりで
わたしは、スケジュールを立てた。

それが、昨日、Gサン宛、にアリさんから、現金書留が来た。
「来てね」と、旅費を送って来てくれたのだ。
「俺は行かないから、お前の旅費や手土産代にしろ」とG。
「手土産は、持って行くのが重かったりするし、
富山の鱒の寿司が新サクラマスが入荷したというし
もう、お店から送ってもらうように手配しました」と、わたし。

「せっかくアリさんが、来てね、というのだから行ったらどうですか」
「急に言われても、わからん」とGサン。

モグにこのことを話したら
「なんで、ありがとう喜んで行きます、ってすぐ言えないのかしらね」
ほんとに、わたしも、そう思う。
行くと言わない理由が、わからん。
Gサンは、別に仕事や用事のある体じゃなし。
手土産は、わたしが手配してる。
旅費も送ってもらった。
お兄さんの方も特に容体が悪化してるわけじゃなさそう。

考えてみると・・・・
Gサンは、急に何か言われると、思考がフリーズするらしい。
「わからん」と、なる。
自分の思っていたこと、予定してたことを違うことを言われると
それに対応して、臨機応変に返事ができない。
多分、今回のお宮参りのことも「行かない」と決めてたので、
急に「来てね」と言われると、どうしていいかわからなくなるのかも。

その辺のことを、自分では自覚してないのかも、とモグと話してた。
思考の進路変更が急にはできない。という自覚がない。
だから、周囲が何か言うと、急かされている気持ちになってしまう。
自分は悪くない。標準だ。急かす方が悪い・・・となる。
アスペ特有の考え方だろうか。Gサン特有の頑固さなんだろうか。

本当言うと、わたし、一緒に行くのは気が重い。
アレと二人連れというのは「・・・・」である。
逆に、モグは、「二人で行ってくれると楽だ〜」と言ってた。
「タナ猫とふたりで、にゃごにゃごしてるの」
モグは、父と二人で留守番とか嫌なんだろうな。

朝起きて来たら、ゆっくりとGの意向を聞いてみるつもり。
お祝いなんだから、にこにこと行けたらいいんだけどね。


[PR]
by hidaneko | 2018-05-23 05:18 | かぞく | Trackback | Comments(0)

ねそびえれた〜〜〜

頭がいたい、頭がいたい、頭がいたいんだよー
と、つぶやいていたモグが、ようやく眠りについた。
彼女、今日は、私がカルチャーで出かけるので疲れるだろうからと
カレーを作ってくれた。朝はだるそうにしてたのに。
かえってみたら、カレーが美味しく出来上がっていた。ありがたい。

わたしは、つい、彼女に甘えてしまうようだ。
今夜のBGMは、中島みゆきの「りばいばる」

私もねむれないでいる。
(けど、週単位でみれは寝足りてるから大丈夫)

ツイッターで下の書き込みをみて、
わたしも、モグに愚痴をいってきたな、と自責の念。
私は子どもをあいしてきたつもりだったけれど、
毒親で、子どもを傷つけてきたのではないか、と思う。
私が、こんな母親でなければ、モグは精神を病むことなかったのか。
「大人って、自分で自分のご機嫌が取れるのが大人。
自分のご機嫌を人にとってもらううちは、まだまだ子供」という言葉を聞いて
自分では、自分で自分のご機嫌をとれているつもりでいたけれど、
「どうなのよ?」と問い詰められたら自信がない。
けっこう、周囲にあまえて、それでようやく、やっていけてたのかも、とも思えてきて
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・








[PR]
by hidaneko | 2018-05-22 01:47 | Trackback | Comments(0)

気持ちのいい気候

春が深まって、緑がそよいで
梅雨入り前の5、6月が、
この地方で一番気持ちの良い季節だと思う。

今日は遠いところに住んでる友達の誕生日で、
区切りのお祝いの◯寿のお祝い。
10年前に、指揮をしてるその友達がお祝いコンサートするのに、
日本各地の友達が、持ち寄りお祝いをしたことを思い出してた。

あれから10年か・・・
思えば色々あったなあ。

今夜は、肩こりがひどくて、モグに湿布を貼ってもらった。
モーラステープ(これについては、いつか別に書きたいけど)
両肩と背中にもひとつ貼ってもらって
「もう、痛いところはない?」と聞かれたけど
頭も痛いし(頭痛は標準装備)
手首も痛いし(尺骨突き上げ症候群のやつめ!)
膝をかばって歩けば、足首も痛くなるし・・・
「3月のライオンに出てくる、たすきの老棋士みたいだね。
背中に湿布貼って、薬飲んで、目薬さして・・・(笑)」
だけどもうしばらくは、この体で生きていかなくちゃ、だものね。

今はよい季節。
暑くもないし、寒くもないし、
布団の上に(中じゃない)ごろんと寝転んでられる。

今朝は、昨日モグと買ってきたプランターに土入れして、
フウセンカズラを蒔く支度をした。ハーブを植えた。
パセリ、セージ、タイム、オレガノ。
そう、スカボロフェアーに出てくるハーブ、我が家に揃った。
♪パセリ セージ ローズマリー アンド タイム〜♪
ローズマリーは、別の植木鉢に元気にしてる。

「のはら」つながりの京都の友達から送ってもらったハーブのうち、
オレガノが繁茂してきていたのに、工事関係で枯れてしまって、残念で
新しいく苗を買ってきたの。
オレガノじゃなくて、ゴールデンオレガノだった。残念。

午後はカルチャーで、見学に来られた方のせいか、
ひどく疲れてしまって・・・・
モグがカレーを作ってくれてて、とても助かった。

なんのかんのと、凸凹いいながら、
今日は月曜日、週が始まったばかり。
土曜日には、ひよこの小学校の運動会だって。
絵本ボラと重なって、午前中は見られないけど、午後一つでも見られそう。

楽しいことを考えよう。



[PR]
by hidaneko | 2018-05-21 23:15 | くらし | Trackback | Comments(0)

今週のたなくじ

f0016892_734775.jpg

五月吉

五月晴れのような、
爽やかな週となりますように。

五月もあと残り少な。
今週もご無事で〜!
[PR]
by hidaneko | 2018-05-21 07:03 | Trackback | Comments(0)

暑い日

これは過去日記であります。
昨日(平成30年5月16日水曜日)のことを、今朝書いている。
今朝は雨降りで、草むしりもできないし。猫に早く起こされたし。

   ・   ・   ・

5月半ばにしては暑い日。最高気温が29.5 ℃だったとか。
明日から3日間は雨というから、その前にやっておきたかったこと。

日が高く登る前に、空き地の草むしり。
緑が燃えるのを喜んでいたら、草も盛大に萌え始めてる。
袋に詰める前に、日に当ててカサを減らす目論見。

朝ごはんの後、洗濯。
モグの使っていた電気毛布(洗えるタイプ)。

お礼参りにも行きたかった。
雪の頃、友達からメールで存在を知らせて来た隣の市の神社。
好奇心で訪れて、この機会にと、アリさんの安産を願って来た。
無事に産まれたのだから、お礼参りに行きたかったのだ。
月末に、東京でのお宮参りに行く前に。

帰り道、ホームセンターの園芸部に寄って買い物。
日差しよけのツル植物、結局、アサガオをチョイス。
苗がしょぼくれたのしかないから、種を購入。
時期的にどうかとお店の人に聞いたら「ギリギリですね」というので、
とっとと撒かなくては。
あと、欲しかったイングリッシュ・ラベンダーの苗。
苦土石灰に、油かすの中粒の肥料。

隣の食品館によって、夕ご飯の買い物。

帰って来たらまだ12時半だった。
昼ごはんを食べて、庭仕事をしようと言ったら、モグに止められた。
「今、一番暑い時刻よ。母はバテてしまうに決まってる」

大人しく、家で、夕ご飯の副菜を作る。
ひじきの煮たの(ひじき、人参、油揚げ、干し椎茸、しめじ、ちくわ)
小松菜のオイル煮(小松菜、しめじ、唐辛子)
主菜はブリのお刺身、これは食べる直前に切ろう。

ボランティアの絵本の読み聞かせのプログラム訂正仕事少し。
やっぱり、庭仕事がしたい。

アサガオを植えるところの土を少し取り除け、
昨年コンポストで作った堆肥と油かすを混ぜ込む。
(石灰は先週、撒いていた)
ラベンダーを植えたいところに穴を掘って、土を柔らかくし、
苦土石灰、堆肥を混ぜ込む。
ラベンダーは水はけの良いところを好むとか。
肥料が多すぎると香りが薄いとか、ラベルの記述を参考に、
植え付ける。3苗。
アサガオの種をまく。
袋によると、水につけずにそのまま蒔くといいらしい。
2、3粒ずつ巻いて、芽生えてから1つにするといいとか。

ラベンダー、アサガオを植え付け、水やり。
ジョウロに水を入れようとしたら、
ホースが古いから、蛇口との隙間から水が吹き出す。
買い換えねば。

朝、草むしりして日に干していた草を袋に詰める。
45Lの袋にひとつあった。これは土曜日に資源ごみに出す。

家に上がって、シャワー。

夕ご飯の支度。
まだ4時だけど、モグが眠れなくて、早くご飯を食べて寝たいという。
天然のぶり(わらさ)は養殖と違って脂が多すぎないから好き。
庭から楓の葉をとってきて、お刺身に添える。

夕ご飯が済むと、なんだか1日終わった気になる。
ボラのリスト作りも面倒。
のんびりと本を読む。
中島京子『樽とタタン』ののこり。
一軒の喫茶店に来る常連客や、それを巡る人たちを子供の視点で。
短編連作の形だから、ひとつひとつ、読んでいった。読了。

その前に読んだ、浅生 鴨の『伴走者』
昨日、一気に読んでしまった。
午前中に「夏・マラソン編、午後から「冬・スキー編」。
障害者スポーツのあれこれ、魅力や問題点など
知らなかったことがぼろぼろ。
それと、上を目指す人の執念というか、心の強さというか、
(わたしには、ぜんぜんないな、と思った)

   ・   ・   ・

だらだらと書いたけれど、小学生の日記みたいだね。
言いたかったことは、「わたし、かなり頑張ったじゃん」ということ。
暑いにも関わらず、けっこういろいろやったし。
で、「日記に書いておこう」と思ったわけ。おそまつさま。
雨がばしゃばしゃ降っている。
昨日植え付けたラベンダーとアサガオの種にたっぷり降り注いでる。


[PR]
by hidaneko | 2018-05-17 06:28 | くらし | Trackback | Comments(2)

今週のたなくじ

f0016892_715768.jpg

花…いいですね。

が、クローバーを飾っておいたら・・・、



More
[PR]
by hidaneko | 2018-05-14 07:01 | Trackback | Comments(0)

今日のタナ猫@お膝大好き

朝はモグの膝の上
f0016892_19265983.jpg
夜はひだまりねこの膝に両手をかけて
(人相、じゃない、にゃん相が悪いなあ)
f0016892_19265933.jpg
少し肌寒いのか、人肌が恋しいらしいタナ猫@甘ったれ

[PR]
by hidaneko | 2018-05-13 19:26 | ね こ | Trackback | Comments(0)

クローバーを蒔いた

昨日、裏の空き地に、雑草予防にクローバーの種を蒔いた。
去年の春、試験的に部分的に蒔いたのが、芽吹いて、
夏には、散水もままならず、枯れたっぽかったけれど
この春、その株から猛烈に芽吹いて来て、繁茂してる。
これなら、雑草予防の効果もありそう。

第一、自分ちにクローバーが生えてるなんて素敵じゃない?
クローバー好きなんだ。

ほんとは狭くても芝生にすれば見栄えもいいのだろうけど
隣から見ても緑に見えるようにするには手入れが大変そう。
で、クローバー。これ、鋤き込んで緑肥にもできるしww

駄菓子菓子、じゃないや、だがしかし、
排土を投げてあるから、石ころが多い、コンクリート片もある。
土を熊手でかいて、石ころを集めて、一箇所にすてる……
昨日の午後は、これを繰り返してた。
しゃがんだり、立ったり、しゃがんだり、立ったり……
したら、あとで、膝にきた。

バカだよな。おれ。

わかっていたことなのに、つい働きすぎた。
家に戻ったら、モグが
「2時間もしてたよ」。
自分的には小一時間のつもりだったが……

だがしかし、雨が2、3日降る前に蒔くといい、と聞いてたし
今日、明日と雨の予報。
つい、頑張ってしまった。
だけど、これで、またクローバーが生えるとなると、うれしい。
f0016892_05555056.jpg
よく見たら、これ、草丈が20〜40cmとある。
生産地:ニュージーランド
どおりで、大きいわけだ。ふだん海岸や公園で見てるのと大きさが違う。

「土壌に対する適応性が広く、ほふく茎を出してよく繁茂するため、
雑草防止や土壌浸食防止に好適。根粒菌で空中の窒素を固定し、
土壌を肥沃化します。ダイズシストセンチュウの密度を抑制します」ですって。

ダイズシストセンチュウ?なにそれ?
調べてきた。こちら へえ〜。マメ科の作物につくって。
あらら、クローバーってマメ科だよね。



[PR]
by hidaneko | 2018-05-13 06:10 | きせつ | Trackback | Comments(0)

日の出が早くなったね

昨日は、3時前に目が覚めて、二度寝ができなかった。
もごもごしているうちに4時になり、窓の外が白んで来た。
4時半に、猫が来て、餌をねだる。
餌やりは、朝は5時に決めてるから、しばし待たせる。
早く与えると、お昼に早くお腹が空くからね。

猫が来ても、わたしが起きているから、ぽふぽふなしない。
目が覚めても、寝たふりしてると、爪付きポフポフが来る。
さらには、爪を、わたしの鼻に引っ掛ける。痛い! 起きる。
それでも我慢して無視してると、唇に爪が来る。
もう〜、タナめ! ということになる。

今朝は、目が覚めたのが4時だった。
4時半に猫が来た。性格だなあ〜。
5時まで待たせて、餌やり。
今朝は外猫グレイは来てなかった。
来てたら、一掴み、餌を出してやる。

Gは、以前、外猫の餌やりでトラブルがあって以来
「俺は餌はやらない!」と宣言したはずなのに、
昨夕も、餌をやっている気配。
裏玄関を開けて、鍵をかけ忘れたり
(タナが脱走するおそれあり。脱走してもGは探しに出ない)
外猫用の餌箱を、下駄箱の上に置きっぱなしにしたり
(タナが落として蓋を開け、中身をさんざ食いするおそれあり)
・・・それら諸々のこと、度々あってね。
ちゃんとやってくれたら餌やりしても構わないんだけど。

さあ、まだ陽が高くない。
ここ2、3日、草むしりしては日に当ててカサを減らしていた雑草を
袋に詰めて、資源ごみに出すようにしよう。
土曜日は「枝葉」を出していい日だから。
燃やすゴミに出すより、たぶん、腐葉土などに再生するのだと思う。

緑が萌える時期。
雑草も萌えている。
さあ、朝飯前の外仕事してこよう。

[PR]
by hidaneko | 2018-05-12 05:37 | くらし | Trackback | Comments(0)