人気ブログランキング |

カテゴリ:からだ( 223 )

桜吹雪その後(帯状疱疹5日目)

月曜日、皮膚科再診。
お尻のほっぺの発疹は、やっぱり帯状疱疹だった。
鼠蹊部から膝へのと別口かと思ったら、
「ああ、坐骨神経ですね」ということで、同列。
お尻から鼠蹊部、膝、足首までの流れらしい。
とほほ。

でも、はじめに出来た上腿上部の発疹は、
赤桜色だったのが落ち着いて、沈んだ桜色になり、
盛り上がっていたのが、ぺったんこになってきた。
そのあたりは、痛みも治まってきている。
今は膝まわりが、盛り。あとお尻のも。

今日、火曜日には、腿の後ろ側にもぽつぽつぽつ。
はいはい坐骨神経の流れね、って余裕で見られるようになりました。
痛みもギャーギャー騒ぐほどではなくなった。
「んー、痛いなぁ。布に当たってぞわぞわしてやだなぁ」って感じ。

お薬が、せっせとウィルスのDNAを阻害してるんだな〜、と思ってます。

モグには「安静にしていてね」と言われてます。
Gサンは毎日夕ご飯を作ってます。
半分出来合いのものだけど、用意してくれるだけ評価しましょう。
(今日は、レンチン蒸し鶏と、ソーセージとおぼろ豆腐だった)

by hidaneko | 2019-07-02 23:17 | からだ | Trackback | Comments(0)

枕元応援団

すごい圧力を感じるんですけど。
そろそろ仕事しろ〜!
俺たち見ててやるから〜!
f0016892_10325742.jpg


by hidaneko | 2019-07-02 10:31 | からだ | Trackback | Comments(0)

あはは・・・また、ぽつ、ぽつ

笑い事じゃないけど、発疹さんが新規開拓。
鼠蹊部〜膝〜下腿方面じゃなくて、逆のお尻方面に進出。

いや、腰が痛いなあ、と思っていたの。
寝すぎで腰が痛いのかなあ、と。
お風呂に入る時、全身を鏡に写して見たら
「ありゃ、こんなところにも!」

ふつう、帯状発疹はひとつの神経経路に沿ってというけど
(だから、脚の方ばかりに注目していた)
まれに、二つの方面や、多くの方面に出るものもあるんだって。

明日受診の予定だから、お尻の発疹が帯状疱疹なのか聞いてみます。

by hidaneko | 2019-06-30 18:26 | からだ | Trackback | Comments(0)

ぽつ、ぽつ、ぽつぽつ、ぽつぽぽぽぽぽ・・・

まさに「さくら咲く」といった上腿。あ、誤変換だけどまさに上腿の状態。

金曜日に受診した時は、三つ四つだったのが、帰宅後増えて、
蕾のようだった発赤が、花開くように大きくなって、
腿の内側だったのが、膝の方にも広がってきて・・・
記録として写真に撮って遊んでいます。

痛みはロキソニンで抑えているけど、重ね飲みしようとして
モグに止められたりしてます。まさに、わたしのオカン。

処方されているパラシクロビル錠というお薬、
「単純ヘルペスウイルスおよび水痘、帯状疱疹ウイルスのDNA合成を阻害して増殖を抑えます」だって。
すごいねえ、医学の日進月歩。「DNA合成を阻害」だってさ。

効果が出るのに2日くらいかかるというけど、その間に発疹は出続けるのかな?





More
by hidaneko | 2019-06-30 15:53 | からだ | Trackback | Comments(0)

帯状疱疹

水曜日
友達と話して帰宅後、右脚の皮膚感覚が変だった。
足の付け根から膝まで、
妙にビリビリするような、ザワザワするような。
この感覚は夜になってますます強まる。
柔らかなダブルガーゼのパジャマを着ているのに、
荒い織り目の麻布で擦られるかんじ。
ビリビリ、ザワザワ痛くて眠れなかった。

木曜日
朝起きて見てみても、皮膚に異常はない。
赤くもない、発疹もない。
も、知覚過敏はますます強まる。
手で、そっと触れても痛い。
ズボンの下に、薄い汗取りガーゼのズボン下を履くのだが、
それが皮膚に当たるのも耐えられない。
この感覚は、帯状疱疹かもしれないが、発疹はない。
ネットで調べると、アロニディアなど、精神的なものから来る事もあるとか。
クリニックを受診しようかと思ったけど、木曜日は休診だ。
夕方、太ももに小さな、3ミリくらいの発疹が、二つ出た。
やはり痛くて眠れない夜だった。

金曜日
発疹が四つになった。
これはいよいよ帯状疱疹だな、と皮膚科に行ったら、やっぱり帯状疱疹だった。
薬を3日分、処方され、月曜日にまた来てください、と言われる。
薬は効くのに2日ほどかかるとか。
金曜日がGサンが夕食を作る日でよかった。

土曜日
メモを書いて、モグからGサンに渡してもらう。
Gが私の顔を見たくないというなら、私もGの顔を見たくない。
f0016892_19265448.jpg
Gサンが1週間、夕食を作ると言ったとのこと。
「風呂掃除はする。外猫の餌は気がついた人がやってほしい」
いまここ。

(Gサン、ここ半年、風呂掃除したのは3月と去年の暮の2回だけ。
「俺は腰が痛いんだ」を口実に、全然してこなかったのだが、
やるというだけ偉いということにしておく)


by hidaneko | 2019-06-29 18:44 | からだ | Trackback | Comments(0)

今日のナイト水泳は3名だった。

ここんとこ、週に2回いく市営プールの水泳教室。
金曜午前中が女性のための水泳教室で平泳ぎを受講してる。
今日、火曜日は、クロールと背泳をやりたくてナイト水泳をとった。

火曜日の午前中にも女性のための…、があって、クロール背泳もあるけど
そっちは少し緩いんだ。やはり7、8名の受講生のうち、
このババアの私が一番泳ぐのが早かったりする。
順番に列になって泳ぐから、遅い人が先に泳ぐと早い人がぶつかる。
だから、泳ぐのが早い人が前になって遅い人が後ろになる。
前回受講したとき、私が一番前になって、順々に受講生が泳ぎ、
一番後ろの人が着くのをずっと待つ形になった。

それで、少し程度の高いナイト水泳を受講することにしたんだ。
こっちは何名が登録してるか知らないけど、くるのは5、6名。
私は、そのうちの後ろから二番目くらい。で、時々ぶつかる。

今日は受講生が3名だった。トライアスロンを目指す青年と、
私と同年輩(?)の小柄な女性、そして、わたし。
女性の方は水中スタートも綺麗だし、フォームもいい。
でも、私が次に泳ぐと……ぶつかってしまう。
間を10秒開けて、次に泳いでも、途中でぶつかってしまう。
私がもう少し、ゆっくりと正確に泳げたらいいんだけど、
つい、バタバタと、焦った泳ぎになっちゃうのよね。

優雅に綺麗に、ゆっくりと長く泳げるようになりたい。

背泳で水を飲んじゃって、でも家に帰って来たら喉が乾いててww
泳いで飲む水と、喉の渇きを癒す水は違うのね。
牛乳をごくごく飲んでしまった。
おねしょに気をつけなくちゃwww

by hidaneko | 2019-05-14 21:46 | からだ | Trackback | Comments(0)

久々に自転車を引っ張り出したけど

変形性膝関節症、その後。
昨年の11月から12月にかけて、週に2回は整形に通って
リハビリの電気治療を受けたり、湿布貼ったりしたけど
さほど改善せず。

お正月休みに、せっせと湿布を貼ったら……見事にかぶれた。
で、やめた。
湿布も、電気治療も。

そんなこんなで「あいたたた」と言いつつ歩いていたのだけれど、
肺の疾患で別な病院にかかったとき、
最上階に図書室があるというので行って見たのよ。
f0016892_21412796.jpg
(写真は許可を得て撮っています)

ぶらぶらと、書架を眺めていたら、目に留まったのが、この本。
f0016892_21423658.jpg
ぱらぱらとめくってみたら、変形性膝関節症のリハビリ体操が
図解されて、丁寧に説明されて載っていた。
これよ、私が欲しかった情報は!

整形外科の先生は
「リハビリ体操が最善の治療法です」とおっしゃっていた。
でも、その医院では体操についてあまり丁寧には教えてもらえなかった。
家でやっていたけど、効果がなかった。
でも、この本、やり方と、やってはいけない方法が、両方書いてある。
「図書館にあるかな?」と検索したら当市の図書館にあったから、
即、予約を入れ、読んで見た。

これは手元に置きたいと思ったから熱帯雨林で見て見たら、あった。買った。
それが3月なかば。それから、真面目に朝夕、体操しました。

寝転んで片膝は立て、もう片方は脚を伸ばして、足首は直角に曲げ天井を向けて
かかとを床から10cmあげて5秒キープ、ゆっくり下ろして2,3秒休む。
これを20回くりかえす。
痛い方の脚だけでなく、痛くない方も同様に行う。

次は、横向きに寝て、同様に、片膝は曲げ、伸ばした方の脚を上げるのを20回。
次は、起き上がって脚を伸ばして座り、脚の間にボールを挟んで押しつぶす。これも20回。

最初は10回やると、太ももがプルプルしてきて続かなかった。
でも頑張って20回を左右、朝晩一週間で効果が出た。
一月以上たった今、膝の痛みはずいぶん軽減した。
休むと次の日は調子が悪くなるから、愚直に体操を続けた。
階段の上り下りに「あいたた・・」と言わなくて済むようになった。
痛みがゼロではないけど、声を上げるほどじゃない。

でもって、今日はいい天気だったから
1kmほど離れた店に買い物に行こうと。
これまでなら用心してバスや車で行っていたのだけれど、
久々に、ほんとに久々の2、3年ぶりに自転車を引っ張り出した。
自転車を漕ぐと、膝が痛くなっていたのだけれど、今日は行けそうな気がした。

表玄関で埃をかぶっていた自転車を磨き上げ、タイヤに空気を入れて
いざ、玄関から道路に下ろそうとしたら

ギクッッ!

左手首をやりました。あいたたた、です。
自転車ってこんなに重かったっけ?
左手をハンドルにかけ、右手でサドルの下のフレームを持って
それで、左手を傷めてしまうなんて、なんて軟弱な私の関節。

1kmは諦めて、近所のスーパーまで自転車で行ってきたけど,

まあ、ぼちぼちでんな。




by hidaneko | 2019-04-18 22:02 | からだ | Trackback | Comments(0)

歯肉形態修正・フラップ手術・その後

4年持った。
というか、4年しか持たなかった、というか。

2015年6月 に、歯茎を下げて磨きやすくする手術をした箇所、
先日、定期点検してもらったら、牛になりかけ、じゃなくて齲歯です。
昨日、ほじって、狩場をかぶせて、じゃなくて仮歯をかぶせてもらってきた。
f0016892_09143351.jpg
この図の、歯の下の部分、歯間ブラシ(SSSサイズ)を差し込んで磨いてた。
けど、やっぱり磨きにくいところだし、そこから齲歯に。
神経まで取るか、取らずに済むか、と先生はおっしゃっていたけど、
昨日、ほじって、今日は麻酔がすっかり取れたけど、特に痛まないし、
神経まで抜かなくてよさそう。

で、冠をかぶせることになった。
セラミックにしたら、白いし強いし、いいのだろうが、
今のわたしのお財布では、それは無理。贅沢。
保険内で治療できる範囲内でお願いすることになる。
さて、金属にするか、プラスティック(レジン)にするか迷い中。
レジンにすれば白くできる。でも強度や耐性で劣る。
金属にすれば、強さはあるが、いわゆる銀歯になってしまう。
先生のオススメは金属。

場所は、親知らずを抜いているから、奥から2番目のところ。
大口相手笑うと見えるところ。
金属冠にして、これからは、おちょぼ口で笑うことにしようか。





by hidaneko | 2019-04-03 09:17 | からだ | Trackback | Comments(0)

100m泳げた!

一月から、市営プールでの女性のための水泳教室に通っていた。
火曜日がクロールと背泳、金曜日が平泳ぎ。
それが今週の火曜て終わった。
でも、金曜日の今日、友達と市営プールで泳いできた。
いわば、自主トレ。

「自分で泳ぐのでも、漫然とダラダラ泳ぐのではなく、目的を持って泳ぐように」
と、先生に言われていた。
今日の私の目標は、ターンと、続けて泳ぐこと。

ターンは、まだ完璧じゃないけど、
クロールで100mを泳げたのだ!
嬉しい。

この前の日曜日に、やはり友達との自主トレの時、
クロールで50m、続けて背泳で50m、合計で100m泳げた。
今日はクロールで続けて100m泳げた。
繰り返し、泳げた。
嬉しかった!

この歳で、伸び代があるって嬉しいじゃないの!

by hidaneko | 2019-03-22 21:53 | からだ | Trackback | Comments(0)

間質性肺炎で他の医師を紹介してもらう

このところ、右の下瞼がぴくぴくして、気持ち悪いったらない。
目が疲れているのかなあ。
これも、華麗なるお年頃のせい?ww


昨日、肺の検診で大きな病院を紹介してもらった。
これまでかかっていた病院も呼吸器内科で専門医なんだけど、
その先生が「間質性肺炎といえばこの先生」とおっしゃっていた先生だ。

変形性膝関節症で整形外科で新しく処方された消炎鎮痛剤を調べたら
重篤なる副作用として間質性肺炎が上がっていたので、
これまでかかっていた先生に
「飲んでも体丈夫なのか、差し控えた方がいいのか」
と尋ねたのがきっかけだった。

整形外科の医師に私の不安を伝えたら
「どの薬にも副作用はありますから」と言われ
薬剤師に聞いたら
「ご心配なら呼吸器内科の先生に聞いてください」と言われ
呼吸器内科の先生に聞いたら
「僕が処方したのでないから、わからない。薬剤師に聞いて」と言われた。
そんないきさつで、専門医に紹介してもらったというわけ。

予約して行って、もっと待たされるかと思ったけど、30分ほど待たされただけ。
とても丁寧に問診して、診察してくださった。
紹介元からCTの画像や、血液検査の結果なども言っていたのだけれど、
さらに、膠原病の要素はないかとか血液ガスとか、追加でいろいろ検査があり、
(鼠径部から動脈血を採血するの初めてで面白かった)
来週は、肺活量など、肺の機能の検査も予約。

驚いたのは、紹介状の中で、息子が医師ということも書かれていたということ。
「息子さんはお医者さんなんですか?」って、聞かれたもの。
そういうのって・・・・書くものなのかなあ。

絵描きの妻が必ずしも絵が上手いわけないのと同じで、
息子が医者だからと言って、その母親は普通の人なんだけどなあ。

ふつうの医者の親は、病気のことを息子に相談したりするのかなあ。
うちは、たとえ息子に相談しても「かかりつけ医に聞けばいい」というばかり。
息子も忙しいだろうし、私は自分の体のことは息子には言わなくなった。


More
by hidaneko | 2019-02-21 09:07 | からだ | Trackback | Comments(0)