カテゴリ:からだ( 201 )

湿布女と呼んでくれ

雪かきの疲労が膝にきたか、
アンデルセンの人魚姫のように一歩ごとに呻いているひだまりねこです。

膝をかばって歩いていると、体のあちこちに響いてきます。
膝が痛い。
肩がこる。
腰も痛い。

モーラステープやフェルビナクパップのお世話になってます。
が、肩がかゆい、腰がかゆい。
はいな、湿布にかぶれてきています。

やだね、ったら、やだね〜♪
感受性豊かな肉体(笑)

あ、水泳するのに、あちこちが赤い湿布のかぶれだらけだったら、
なおさらに、やだね、ったら、やだね〜♪(笑)

[PR]
by hidaneko | 2018-02-10 21:07 | からだ | Trackback | Comments(0)

物好き

昨日、風邪引きそう、とか言いながら
今日、プールに行ってきた。

朝も、自分の体に問い合わせて
「おまえ、大丈夫か?」
と、洟の様子、腹の冷え具合、肩こりなどとも相談し
もう、2週間休んじゃったし、残りも少ないし
いろいろ教わりたいことあるから……と、プール行きを決定。

楽しかったよ。
背泳ぎの手の掻きかたとか、講師の先生の説明だけでは実行できず
つい「わからん」を連発してたけど
ターンの仕方も教わって、これも「わからん」と
脳内に「?」マークがつきまくりだったけど、
久々に水と戯れて帰ってきましたとさ。

その途中で、買い物をしてるとき、いきなり、膝カックンのように膝痛勃発!
確かに故障のある膝だけど、泳いでる時も平気の平左で、
帰り道で歩けなくなるくらいの膝痛って……とほほ。

なんとか、夕ご飯は作ったけど、そこでダメぽ。
連日の雪かきが、じわり、じわりと老体(私)を痛めつけてるかなあ。
疲労が蓄積してるかなあ。
湿布貼って、カロナール投与!
あったかくして、回復を待とう。
(で、治ったらまた来週もプールへ行こうという目論見)


[PR]
by hidaneko | 2018-02-09 16:09 | からだ | Trackback | Comments(0)

また風邪をひきそう

暮れから正月にかけて風邪ひいて
それが治ったと思ったら、また風邪ひいて、
それがようやく治ったと思ったら、また風邪の気配。

免疫力が低下してるのかなあ。
「歳だからね」と、モグが笑うけど。
食べるもの食べてるし、寝てるし、ストレスは…ないとは言わないが。

今日、生命保険の外交員の方が更新手続きの説明に来られた。
先週から何度か電話を下さっていたけれど、こっちは風邪で
ようやく今日いらしたのだが…
(値上がりしますと電話で聞いてたけど同じ内容の契約で4割も値上げって、払えないよ)

一緒に来た上司の方が、やたらとくしゃみをする、咳をする。
マスクしてほしいなあ。
マスクで感染は防げないというけど、飛沫は防げるし。

よく、コンビニやスーパーで、レジのヒトがマスクをするのを
「失礼だ」というお客さんがいる、と聞くけれど、
風邪っぽいのにマスクもしないほうがよっぽど失礼だわ。

帰ってから気がついた。
我が家の使い捨てマスク箱入りを、そっと差し出せばよかったな。

この話、モグにしたら
「そうやって風邪ばらまいて、入院になったとき、
我が社の保険に入っていてよかったでしょ、と言うんじゃない?ww」

毎日の雪も嫌だけど、風邪ももう嫌。
早く春が来ないかな。

[PR]
by hidaneko | 2018-02-08 17:45 | からだ | Trackback | Comments(0)

熱発

かぜひいた。

明日、プールの二回目で楽しみにしてたのに。

[PR]
by hidaneko | 2018-01-25 22:51 | からだ | Trackback | Comments(2)

手首が痛いわけ

なぜだろうと考えてみたら……

今日はいい天気で風もなく、そう寒くもなかった。
気になっていた柿の木の徒長枝を切ろうと思った。
脚立にのぼり天に向かって伸びる徒長枝を切った。
ノコギリが切れなかったけど頑張って切ったのだ。
切っただけでは枝が邪魔になるから切って束ねた。
握力がない事にめげる。鋏や鋸を持つ手が疲れる。

午後からはモグのクリニックでアッシーさんした。
途中、路面舗装の工事中のために片側通行で渋滞。
行きは迂回路に逃げたけれど帰りは渋滞にはまる。

モグがクリニック受診の間、近所のガストで仕事。
思いつきをノートに手書き。これも手に来るんだ。

なんやかんやが積み重なって手を酷使したのだな。

尺骨突き上げ症候群なんて嫌いだ〜〜〜〜〜〜〜!

[PR]
by hidaneko | 2017-11-10 19:31 | からだ | Trackback | Comments(0)

しょうが紅茶にはまってる

きっかけは、週一回のプールのあとで友達にもらった熱い1杯だった。
家で淹れて、ポットに私の分も持っていてくださったのだ。
紙コップまで持参で。

「しょうが紅茶」と聞いた時、甘いのかなあ、と思い敬遠した。
「甘くないから」と勧められて飲んだら、
あら、紅茶の香りとしょうがの香りがマッチして、おまけに体がポカポカ。

わたしは、しょうがが効かないタチかと思ってた。
しょうがは体を温める効果があるから冷え性にはいいと聞き
これまでだって、ハチミツしょうがを自作したり、乾燥しょうがを作ったり
あれこれ試して飲んでみたけれど、特に「体がポカポカ」の感覚はなかった。

それが、友達にもらったしょうが紅茶は、体ポカポカ、汗がじんわり。
「これいい!」
と、友達にどこの店で買ったのか、なんという商品名か聞いた。
パッケージの写メまで送ってもらった。

けど・・・・
わたし、家で紅茶のパックを開けたばかりだった。いえティバッグですけどね。
新しく「しょうが紅茶」を買ったら、それは飲まなくなるのは必至。
湿気させたり、風味が落ちるに決まってる。

で、ふと思った。
友達が送ってくれた写メには、パッケージの表と、裏の成分・メーカー名もあった。
成分は、「紅茶、しょうが粉」
ならば、手持ちの紅茶に、しょうがの粉を入れればいいじゃない?
ネットで検索したら、高知産のしょうがの粉が100gで1155円。
他の成分は入っていない。これ、よさそう。
しょうがって、ひねしょうがを買ってきても、全部使いこなすのは難しい。
途中で干からびたり、腐ったようにしてしまう。
「すりおろして冷凍」という保存方法もあるけど、それでも忘れたりする。
一袋130円くらいして、それが10回と思えば、1155円は高くない。

しょうが紅茶だけでなく、お料理にも使えそう。
魚を煮る時とか、生姜焼きとか。
チューブの「すりおろししょうが」は色々入ってて好きじゃないんだ。

ということで購入。
紅茶を入れては、しょうが粉を加えてまぜまぜ・・・
しょうがの分量を自分の好みで増減できるのもいい。
小さじがついてて、すり切り半分〜1杯がわたしの好み。
それ以上だとしょうががきつくなりすぎる。

なお、しょうがの副作用を検索したら、飲みすぎると胃をいためるらしい。
ほどほどに、楽しんでいる。




[PR]
by hidaneko | 2017-11-07 06:15 | からだ | Trackback | Comments(4)

イソジンアレルギーについて、また

原子力発電所の近くに住む友達が、安定ヨウ素剤の配布と説明会を受けてきたと話してた。
万が一、原発に事故があった時、甲状線を被曝から守るために飲む、例の薬剤だ。

安定ヨウ素剤を飲んだ時は授乳をひかえてください、とのこと。
ヨウ素が赤ちゃんに行ってしまうから、って。
会場からの質問で、
「授乳するなと言われても、震災の時みたいに、
ミルクが手に入らないと授乳するしかない。そういう時はどうしたらいいのか」

それを聞いて、わたし、安定ヨウ素剤の副作用が気になった。
検索すると、いわき市の「安定ヨウ素剤に関するよくある質問」がヒットした。
かなり詳しく説明されて、わかりやすい。

その中に、下記の文言が……
服用してはいけない方(禁忌、服用不適項目)
安定ヨウ素剤の成分、または、ヨウ素に対し、過敏症の既往歴のある方
(ポピドンヨード液(うがい薬に含まれます)及びルゴール液使用後並びにヨウ化カリウム丸服用後に蕁麻疹や呼吸困難や血圧低下などのアレルギー反応を経験した方)
あらら……
わたし、手の手術をしたとき、イソジンアレルギーになった。
イソジン=ポピドンヨード液。手術する部位を消毒するのに使われたのだ。
後でその部位が赤くなり、痒くなった。
医師に聞くと、イソジンアレルギーだと。

以来、医者にかかる時は、そのことを伝えてきた。
内科に風邪でかかった時や、耳鼻科など、喉にイソジンを塗るのを控えてもらうとか。
皮膚の消毒もイソジンではなくアルコールでしてもらうとか。

また、ヨード造影剤も使えないなあ、と認識してた。
心臓カテーテルを入れる時など、血管に注入するという、あれだ。

だけど、ここへきて、もう一つ、気をつけなければならないことが出てきた。
「安定ヨウ素剤」
万が一の時、使えないってわけだ。
これを使うことが起きないことを祈ってる。
ってか、そんな危ないもんを(原子力発電所)など、もうやめちゃえよ! 


More:いわき市のサイトより
[PR]
by hidaneko | 2017-10-31 06:14 | からだ | Trackback | Comments(0)

網目…と言っても網目タイツじゃないよ(笑)

膝の偽通風で、湿布を貼って網目包帯でとめている。
伸縮性のあるネットで筒型のに脚を通すんだけどね。

このネットが曲者。伸縮性があるのが曲者。
脚にネットのあとがつく。
まるでスーパーの肉売り場にある「焼き豚用」の
ネットをはめてあるモモ肉塊、みたい。

この、跡がつくのが、かゆい。
この、跡がつくのが、ネットの形に毛細血管が切れてた。
ん? なぜわかる、って?
今朝、草むしりのあとシャワーをあびたとき、
脚に、ネットもように、細い細い内出血があったんだもん。

やだね。
皮膚の弱いのって。

下手な湿布を貼ればかぶれる。
整形外科の処方の湿布はかぶれないけど、粘着力が弱く
何かで押さえておかないと、剥がれてくる。
テープ→サージカルテープでも、長時間だとかぶれる。
ネット包帯→かゆい・毛細血管が切れる。
サポーター→締め付け感があって、長時間は無理。

あたしゃ、どうすりゃいいのさ?
ふてくされたくもなる。あ〜よいよいっと。


[PR]
by hidaneko | 2017-07-11 20:51 | からだ | Trackback | Comments(0)

口を開けて眠る

ずいぶん前から、歯を食いしばって寝ていた。
朝、目がさめると、歯を食いしばっているのだ。

介護の頃からかな?と思って振り返ってみたら
その前、Gサンが出稼ぎ(単身赴任ともいう)で、一人で3人の子育てしてた頃も…
Gサンが戻ってきて、家庭軟着陸に失敗した頃も……歯を食いしばっていた。
介護が始まった頃は「ため息が多すぎる」とGに言われ、ため息を漏らすまいと
歯を食いしばり、顎関節症にもなった(レタスさえ噛みちぎれなかった)。

かかりつけの歯科大の先生(二十年もかかってるうち准教授になってた)に
「歯ぎしり、食いしばりは顎関節症だけでなく、虫歯や歯槽膿漏にもよくないです」
と、ずっと注意を受けていた。
「噛み締め予防の、顎のストレッチ体操をお教えします」と。
なにしろ歯を食いしばり、舌のふちに歯の跡がギザギザに残ってたからな。

ずっと、ずっと以前、口をあけて、よだれを垂らして寝てたことがあった。
「いぎたなく汚く眠る」なんて言い方もあるようだが、しあわせだった。
(ま、これはこれで、口の廻りにヨダレが渇いてこびりついてみっともなかったり、
また、口が渇いたりして、喉や歯によくないことも多いようだが)

最近になって、そう、ここ数日、ふと、口を開けて寝てる自分に気がついた。
モグにも言われた。「かーさん、口を開けて寝てたよ」と。

朗報かな!
歯を食いしばって、口を開けて寝ることはできない。
口を開けて寝てた、ってことは、食いしばっていなかったこと。
何かの呪いの緊張がとけたのか………

最近、肩の荷をすこしだけ軽くする出来事があった。
それで、歯を食いしばらなくなったのか?

「口を開けて眠る」で検索かけたら、いろいろあったけど
中で、「加齢に伴い口の周りの筋肉の力が衰えたから」とあった。orz
またも、加齢かよ。

良い方に取ろう。良い方に取ろう。
★下の画像をクリックしていただけると「夜廻り猫」の漫画がみられます。


夜廻り猫の遠藤平蔵と、仔猫のじゅーろが「猫の呪い」をかけてくれたんだ。
だって、目覚めたとき、よく覚えていないけど、楽しい夢を見ていた記憶がおぼろにあるんだ。


[PR]
by hidaneko | 2017-07-06 02:57 | からだ | Trackback | Comments(4)

 膝に水…わたしの場合(自分なりの整理のために)

膝に水が溜まってた。
金がたまればいいのにね。

さて、その水はどこから来たか。
いやあ、体液からなんだけどさ…ww
原因(?)経過(?)自分の場合まとめてみる。

1、加齢や酷使により、膝の軟骨がすり減る(変形性膝関節症)
 (階段の上り下りにきしんだり、時に痛かったりした)
 (自転車をこぐと、膝が痛かった)

2、膝の大腿骨と脛骨の間の軟骨部分にピロリン酸カルシウムが溜まった。
 (軟骨石灰化症(なんこつせっかいかしょう)とも呼ばれる)
 (レントゲンで薄く写っていた=偽通風(ぎつうふう)の疑いとの診断)

3、それの一部が剥がれ遊離し、膝の内部の滑膜を刺激、炎症を起こす。

4、滑液が増す。=膝に水が溜まる。腫れ、痛み。

5、カルシウムが溜まる(偽通風)の原因は不明。
 (通風は食べ物も影響あるけど、偽通風には関係ないと)

6、結晶を薬などで取り除く方法はないので、対症療法。
  水を抜き、ステロイドなどを注入して炎症を抑える。

7、膝の負担を軽減し痛みをおさえるため、大腿四頭筋を鍛える。
  膝痛体操など。水中歩行や水泳もよいとか。

いやあ・・・・・
バーサンの介護をしていた時、
「年寄りの体は、ひびの入ったお茶碗のようなもの、
大切に取り扱えばまだまだ使えるけど、無理をすると壊れる」
って、思ってたし、言っていたけど、我が身に来たなあ。

それにしても、我が身の脆弱性に愛想が尽きる。
同じ年齢でもっと元気にバリバリ活躍してる人いるのに。頑張ってる人いるのに。
無念、残念。

モグに「年を考えなさい」と、たまに言われる。
「カーサンは頑張ってるよ、その歳にしては」と。
いやあ、まだまだ。
痛みはやる気を削ぐ。やりたいことは多いのに、体が伴わないのは歯がゆい。


More:Gサンの反応
[PR]
by hidaneko | 2017-06-30 01:25 | からだ | Trackback | Comments(2)