カテゴリ:うきよ( 366 )

人権について話してて・・・

今日の午後はカルチャーだった。
学校の均一化(みんな同じがいい、という風潮)の話から人権の話になった。
戸森しるこさんの「ぼくたちのリアル」や「11月のマーブル」などを紹介した。
今日来た人の中に人権擁護委員をなさっている方がいて、
人権について、県内の中学生の作文で、
Xジェンダーについて書かれた作品が中央の賞をもらったと。
「新聞でみたわ」という方もいらっしゃった。

そこで、帰りに図書館に寄るついでがあったのでレファレンスしてもらった。
新聞記事もあったし、作文も読めた。
全国の方でなくて、県の方で読めた。

全国中学生人権作文コンテスト新潟大会
関 春花さんの『「Xジェンダー」への理解』

「ほんとに、様々な人がいていいのだし、それぞれに尊重されるべきだ」
と、今日の人たちの考え方の方向が一緒で、良かったと思った。
関さんの勇気に感心するとともに、周囲の理解が広まるといいなと思った。


実は、数日前、図書館の貸出カードを更新したのだが、
その時の申し込み用紙に、氏名住所の他に「男・女」に丸をする項目があったのだ。
わたしはチェックし忘れて、職員に「女」に丸をつけられたのだが、
その時「これって必要なのかな?」と思ったのだった。

関さんの作文中にも書かれているプリント以外でも、
お役所の書類や、何かのアンケート、申し込み用紙でも「男・女」を選ばされる。
トランスジェンダーやXジェンダーの人など、答えにくいと思う。
その人口に占める割合は、左利きの人と同じくらいのパーセントだと聞く。
「男・女」を問うのが、何かの理由でどうしても必要なのだろうか、
ただの慣習だとしたらやめればいいのに。

by hidaneko | 2019-01-21 17:16 | うきよ | Trackback | Comments(2)

辺野古。所ジョージさんに惚れ直す

所ジョージさんは前から好感を持っていた。さんまさんや、ビートたけしさんと比べてね。

笑いが、弱者をからかったり痛めつけたり、悪いじりするのじゃ無いから好き。

TV「所さんの目がテン」とか「所さんのお届け物です」(うろ覚え)など見てる。


暮れから元旦に、辺野古にいて、こんな歌を歌っていたって、

「アメリカの飛行機アメリカに降りてよ」って。

リンク先の下の方の「コントロール」という歌もいい。 


「周辺諸国の防衛、沖縄の人の感情、両者正義で何年ももめて、

その間諸国は攻めるの休んでくれているのか~な~」

これって、すごい皮肉だよね。


権力に寄り添ったり、ぶら下がっているタレントもある中で、

飄々としつつ言いたいこと言ってる。


by hidaneko | 2019-01-09 23:57 | うきよ | Trackback | Comments(0)

「障がい者が自立すれば、みんなが元気になれる」総社市長の考え

夏の豪雨により大きな被害を被った岡山県総社市、
被災者の救済、救援物資の配布でめざましい働きをした市長がすごい。
フリーマーケット方式で、市役所のガレージを解放して品物を並べ
必要なもの、ほしいものを持って言ってもらう方式。
その時に足りていないもの、必要とされているものを
市長がツイッターで呼びかける。
ペットの餌、生理用品、下着、紙おむつなどなど・・・

時には市長が「ドラえもんのぬいぐるみありませんか」など呼びかけていた。
すると、全国から写真付きで「これはどうですか」「マグカップもあります」とか。
「全部送ってください。子供達が喜びます」と市長の返事。
市ではボランティアが分類し、フリマにぬいぐるみのコーナーを作っていた。
そして、ぬいぐるみを抱いてにこにこしている子供の写真をアップ。

秋口になったら「未使用の秋冬衣類をください」など。
9月すえ? いや、10月の頭までやっていたはずだ。
避難所の人たちだけでなく、被害を受けて自分の家に住んでいる人でもいい、
罹災証明はいらない、住民票の提示もいらない。
必要な人がいるだけ持って行ってください、と。
たしか、隣の区域の方々にも開放していたはず。

さらには
北海道の地震の時に、すばやく毛布を支援物資として送っているのだ。
「困ったときはお互い様だから」と言って。
こちらにありました。山陽新聞から
     ・
     ・
     ・
市民に役立つ柔軟な発想をする市長だと思っていたら、
障害者福祉に関しても住人の目線で対応をしていた記事に出会った。
東洋経済 on-lineより
2014/04/24 6:00
「障がい者が自立すれば、みんなが元気になれる
国にNO!を突き付けた岡山県総社市長の戦い(上)」




3ページにわたり、長いけれど、対談形式だから読みやすい。
是非、読んでほしい。
障害者が身内やちかくにいるひとも、いないひとも。

追記:10月9日(火)
昨日聞いてきた事例の中でこんなのがあった。
発達障害のASDの女性が機械部品の組み立て作業に配置された。
能力はあるのだけれど、それまでのおおざっぱな説明ではうまくいかない。
そこで、その女性のために、手順をわかりやすく書いたマニュアルを作った。
できた製品もサイズによって収める箱への入れ方が違う。
それも、どのサイズのはどの箱へ、どの向きで入れるとわかるように写真を添えた。
新しいマニュアルで、女性はちゃんと仕事ができて、会社から頼られるようになった。

そして、
その丁寧に書かれたマニュアルがあったおかげで、
のちに入ってきた定型発達(いわゆる普通の人)の新人社員も
スムーズに仕事に慣れ、効率よく作業することができた、と。

つまり、障害者にやさしいマニュアルは、健常者にもやさしかった。
障害者が会社に入ることで、会社全体が働きやすい会社になった。

これ、一般社会にも言えることだと思う。
障害者にやさしい社会は、健常者にとっても住みやすい社会になるはず。


by hidaneko | 2018-10-09 06:52 | うきよ | Trackback | Comments(0)

沖縄県知事選で玉城デニー候補が当選したって。

少し雨が降って来た。
でも、まだ風は強くない。
コオロギが鳴いている。
真夜中の1時過ぎ。

沖縄県知事選で玉城デニー候補が当選したって。
寝不足で早く寝ちゃって、夜中に目が覚めたら良い知らせ。
本当に良かった。
苦戦が強いられていると報じられていたから。
新潟県知事選のときもデマや中傷が酷かったからなあ。
相手候補、汚い手を使っても、勝てなかったんだ。
自民公明推薦の日本会議の候補が当選してたら大変。
安倍がまた変な自信をつけてしまうから。
沖縄県民の素晴らしい選択に拍手。
これから大変だろうけど、知事を見つめ、支えていってほしい。

な〜んて、沖縄に知人友人家族などいないけど。
頑張れ、沖縄!

by hidaneko | 2018-10-01 01:19 | うきよ | Trackback | Comments(0)

北海道の大地震

午前3時ころ早朝覚醒して、ネットしてたら
北海道で震度6強の地震の速報!
(追記:あとで震度7と訂正された。
 震源地に近いところの地震計はふっきれたらしい)

あらよあらよと思う間にどんどん被害の情報が…
朝5時10分から気象庁の記者会見があるというので
下に降りてテレビを見て・・・

なんと広い範囲で、なんと酷い災害が・・・

ついこの間、台風21号が関西地方を中心に大被害をもたらしたばかりで
また、このような地震が起きるなんて。

1日心落ち着かない。
おまけにパソコンがネットに繋がらなくて
無線ランなのにWi-Fiのアンテナが出たり消えたり

北の町に住む友達がどうしているか気がかりだけど、
北海道全土が停電中というし、スマホの充電もままならないだろうし
不要不急のメールは差し控えようと思い、じっとしてる。

テレビのニュースは気になるけれど、
同じ被害者、被害地の映像が繰り返されるのは、見ていて辛い。

今できることは・・・邪魔しないこと。
募金などが始まったら、少ししかできないけれど募金すること。
気持ちを向けて、見守ること。
心の中で応援すること。

追記:
いま、札幌で地質学会があるらしく、専門家が大勢集まっているって。
なんか、皮肉的。



by hidaneko | 2018-09-06 18:27 | うきよ | Trackback | Comments(0)

思いはあれども・・

最近のニュースとか、思いはあるんだけれど、ネットの環境が悪い。
家のWi-Fiがうまく繋がらない。
スマホは繋がるんだけど、パソコンがアンテナをキャッチしない。
つながったと思うと、すぐに切れる。こっちもキレる。

国の省庁で障害者雇用の枠を水増ししてた件
近視や、死亡職員まで算入してたとか、腹の立つ。
障害者枠というのをどう理解してるのか。
障害者がいかに仕事につけないか、そのための障害者雇用のはずなのに。

モグが就活してる。
この炎暑の夏、何度もハローワークへ足を運び、
先日、「書類が通った」と喜んでいた。
そして面接、スーツを着て出かけて、帰ってきて洗濯に出したブラウスをみて驚いた。
「あんた、こんな厚地のブラウスを着て行ったの?」
「だって、長袖の白はそれしか持ってないんだもの」
ビルは冷房が効いてても、行き帰りに汗びっしょりになっていたはず、それを言わないモグ。
実はスーツも夏用じゃない。秋・冬・春用のもの。

面接が通った連絡を待ち、次は適応テストだという。
「ブラウス、買ってあげるから一緒に行こう」
「伊○丹のトールとか値段も高いから、青山とかアオキのレディースでいい」
なんか、涙が出そうだったよ。
ひごろ頑張って生活していて、就活も頑張ってるモグ。
体調不良とかあって、ハウスにも続けていけなかったりする。

障害者も、ふつうに、社会の中で暮らしている。
生きていかなければならない。食わなくてはならない。
仕事をしたい思いはある。だが、なかなか続かない。
個人の体調の波があったり、雇用の条件が障害者には厳しかったり。
そんな人への理解を、との意味もあると思う、障害者枠。

枠を埋めるため、水増しして、障害者じゃない人もカウントしてた、って
官公庁は、障害者の雇用の機会を奪ってたわけで、人権侵害なわけで
そういう頭がないんだろうな。そういう考えは頭に浮かばないんだろうな。
ただ数さえ揃えればいい、とか。
悲しいよ。
障害者雇用、省幹部「死亡職員を算入」意図的水増し証言
 中央省庁による障害者雇用の水増し問題で、厚生労働省は28日、昨年6月1日時点の国の33行政機関の雇用率の調査結果を公表した。約8割にあたる27機関で計3460人の不適切な算入があった。また、一部の省の幹部は取材に、過去に死亡した職員を障害者として算入し、意図的に雇用率を引き上げた例があったと証言。政府は弁護士を含む検証チームを設置し原因究明を進めるとともに、再発防止策を10月にもとりまとめる。

だいたい、わかるんだ。なぜかも、
あるお役所勤めの知人に聞いたことがある。障害者は雇用しにくい、と。とくに精神障害者は。障害者枠があるからある程度の人数を雇用しなくてはならない。身体障害者や知的障害者については、ある程度対応できる。ハード面でもバリアフリーにするとか、指導する人をつけるとか。でも、精神障害者は、体調に波があるし、対応しにくい・・・。

わかるんだ。でも、精神障害者も生きていかなくてはならない。生きる権利がある。
モグも、以前、障害をかくして、派遣社員として働いたことがある、何度もある。でも普通の人には勤められる条件(勤務時間が長くなる、残業が多いなど)でも、彼女には無理だった。2、3ヶ月は頑張れるけど、そのあと無断欠勤して(行きたいけど体調が悪くて行けない)になり、やがてはクビ・・・・そういうのを見てきているから、今回の就活、障害者枠での就職がうまくいくといいな、と思っている。

と、同時に、うまくいくかなあ? 続けられるかなあ?との不安も心の底にある。
モグには言わないけどね、「応援してるよ」と言っているけどね。


ネットのニュースから、こんな事例も・・・
長くなるので、Moreで


More
by hidaneko | 2018-09-04 04:07 | うきよ | Trackback | Comments(0)

8月6日

ようやく雨が降りました。
当地では梅雨にも雨はたいして降らず、梅雨明けも例年より早く
ずっと日照りが続いていた。

待っていた雨だ。
昨日はぽっちり。今日はしっかり。

窓の外、右にも左にも、雷鳴、稲光。ざんざん降り!

まさに文字通りの
It never rains but it pours.

今日は原爆忌。
あの日の広島は晴れていたという。
そして、ひと月前の、多くの犠牲者を出した豪雨災害。

戦争も災害の一つと聞く。
人災であれ、天災であれ、世の中、穏やかで、平和であるのが一番、
とおもうけど、これが難しいんだよね。

祈るほかに何ができるか。
やはり、声を上げていくしかないか。
戦争は嫌だ!
紛争を暴力で解決するのは嫌だ!
誰の子も殺させない、誰の子も殺さない!

広島忌、長崎忌を「夏のイベント」という人もいるけど
いいじゃない、何もおもわず、何もしないより
夏だけでも、思い出し、反戦の意を確かめ合うのは無駄じゃない。




by hidaneko | 2018-08-06 06:08 | うきよ | Trackback | Comments(0)

水害の規模が広がって……あれこれ考えてしまった

7月6日は、金曜日で、
市営プールで4月から始まった水泳教室最後の日だった。
終わったらすぐ家に帰って、昼ご飯を食べて、クリニックへ。
モグが金曜日の夕方はハウスで勉強会があるというので
クリニックの予約を30分早くしてもらって、15:00から。
その日は、モグだけでなく、私も受診の日。
終わったら、モグをハウスへ送って行って、薬局に処方箋をなげて
「明日取りに来ますから」と。
家に帰って、着替えて支度して、駅南のお店で友達四人での飲み会。
友達の東北旅行の話や、
映画「ザ・スクエア」と「万引き家族」などについて歓談。

帰って来て、ほろ酔いでツイッター見て、びっくり。
この日は、ぜんぜんTVニュースを見なかったからね。
ツイッターで写真や記事がリンクされていて、初めて知った状態。

中国地方での水害のニュースと、
オウム真理教事件の関係者、松本被告ら7名が死刑になったというニュース。
それも、ショーのように報じたテレビ局があったという。
実況中継のように、一人亡くなったら顔写真に執行のシールを貼ったという。
おぞましさ。

そして、その前夜、死刑執行を命じた上川法務大臣や、安倍総裁も参加して
「赤坂自民亭 *」という飲み会が開催されていたという。
大雨で、水没する家屋が多く、死者や行方不明者の多く出ている最中に、である。

いや、わたしも6日には飲み会に行っていたので人のことは言えないけど
でも、立場が違うでしょ。国の政治を預かる人たちと、市井の市民では。
死刑執行の前夜、それを命じた法務大臣が、飲み会に?
どういう神経をしているのだと思う。
各地に災害が起き、死者や行方不明も多い中に、
国の危機管理をあずかるトップの総理大臣が飲み会に参加し、私邸に帰宅。
翌日の記者会見でも、二日酔いのむくんだ顔が映像に……

大雨の被害は、土砂崩れや川の氾濫などで、
広島や愛媛をはじめ西日本の多くの町や村が泥水に浸かっていた
山が崩れ、道が水没、橋が流され、家々は屋根しか出ていない、
首まで水に浸かって、2階へ逃げ、救助を待つ人たちの映像など。

非常災害対策本部が設置されのは8日の朝のこと。(首相官邸)(LITERA
設置したのは、内閣総理大臣が最高責任者の「緊急災害対策本部」ではなく、
「非常災害対策本部」
それも、15分の閣僚会議のあと、安倍氏は私邸へ行ったという。
(「首相動静」によると、午後2時29分 私邸着ですって)

わからん。
首相は「時間との戦い」と言いつつ、2日間も放置。
そして官邸につめて指揮指導するのではなく、私邸に帰った?
安倍氏って人は、国民のことを考えているとは思えない。
11日にはフランスへ行って、革命記念式典に参加。
自衛隊を連れて行って、パレードに出るんですってさ。
まじ? 
まさか、日本が大水害の危機的状態というのに、行かないよね。
安倍氏の外遊、多すぎだと思う。
「外交に強い」の看板は嘘、あちこち行って、金をばらまいてくるだけ。
その税金、日本のために使って欲しいよ。

だめだ、書いていると長くなる。
市井のおばさんだけど、言いたいこといっぱいある。
水道事業の民営化可決の不安とか、死刑の是非とか
猫みたいな頭で考えるので、下手な考え休むに似たり、だけど。





by hidaneko | 2018-07-09 01:51 | うきよ | Trackback | Comments(0)

沖縄慰霊の日

昨日は、沖縄慰霊の日。
73年前、沖縄での組織的戦闘が終わった日として沖縄県が記念日に定めた。
アメリカ占領下では休日であったというが
日本に復帰後は、沖縄県や県内の市町村の休日だという。

沖縄慰霊の日の式典で、中学生が自作の詩を暗唱した。
約7分間、一度も原稿に目をやることもなく、
正面の、そして左右の参列者に目をやりながら。
激しい感情を込めるでもない、素直な声は、
まっすぐに、聞くものの心に響いてくる。

それにひきかえ
下を向いて原稿を読む、現総理大臣安倍晋三の
紋切り型の中身のない言葉の、なんと虚しいこと。

今日、中学生の詩の全文を見たので、こっそりコピペ。





More:全文
by hidaneko | 2018-06-24 21:18 | うきよ | Trackback | Comments(0)

大阪北部大地震と「原発ホワイトアウト」

大阪で大地震のあった月曜日の午後、地元で集まりがあった。
児童文学についての集いで、普段は政治の話などコレッポチもしない。
だけど少し時間が余って、朝の地震の話になった。

そしたら「地震と聞いて、まず原発を心配した」と、ある人。
私も、同意!
別な人も「こんな地震の多い国で50基以上も原発が多いのは問題」と。
そしたら、また別の人が「原発なくても電気は足りているのにね」と。
口々に、地震と原発、政府の対応、この前の県知事選の話など、
出てくる出てくる。

びっくりした。
集まっていたのは、穏やかな中高年の女性ばかり。
50代〜80代。主婦や定年後の女性、女性自営業者など普通のひと。
ほんとに、いつもは童話や児童文学の話しかしないのに
胸の内に、さまざまな問題意識を持っていることがわかって
なんか、感動してしまった。

少し前に、別の友達(私より3歳年上)のところにお茶のみに言った時
話題は、介護や自分の体の衰え、足が痛い腰が痛い、などの話題だった。
知事選に振ろうとしたけれど、「わからない〜」という感じの薄い反応だった。
(前には、政治的なことにも興味を持って居たはずの人なのに…)

それが、その日は、原発の話色々、
かつて新潟県では、巻原発を阻止した、その時の話など。
ああ、案外身近にこう言う話をできる人たちが居たんだ、と嬉しくなった。
私は、家の中でも政治的な話はしにくい。
Gサンとか、第一、私が話しかけると、どんな話題でもシャッターが降りるし(笑)

その日、紹介された『原発ホワイトアウト』を今読んでいる。
3.11のあと書かれて(2013年9月11日発行)その時は話題になったけど
私は、読まずじまいだった。

原発ホワイトアウト

若杉 冽/講談社

undefined

創作と知りつつ、でも政界の裏側、行政と官僚と、企業のつながりなど
さもありなん、と思いつつ、背中がぞわっとする。
検索して、こちら もヒット。
『東京ブラックアウト』も読んでみようと思っている。

by hidaneko | 2018-06-21 12:21 | うきよ | Trackback | Comments(0)