カテゴリ:かぞく( 409 )

ようやく結論をだしてくれた

アリさんとこの赤さんの お宮参りの一件
Gサンも行くのか、行かないのか、
なかなか結論を出してくれないから、せっついた。
Gが行くなら、ホテルの手配とか、神社のあとの会食人数とか
予約したりするのに、もう、日にちが残り少ないからね。

「むこうに聞いてみなくては、わからない。
電話して出られるのか、着信があるだけでも気にやむ人だから…」
って、Gサン。わけわからん。入院してる人に電話するつもり?
義兄さんと同市に住む義姉さんに電話すれば、義兄の様子もわかるものを。

「夜になったらする…」とか、ぐずぐず。
午後6時は、義姉さんも家にいらっしゃるでしょうに。

ようやく電話したら、それが、長い、長い。
Gの電話応対を部屋の外で聞いていると(障子一枚だから聞こえる)
同じことを何度も繰り返している。
義姉さんも80歳にはおなりで高齢だし、話し方もゆっくりの方。
Gサンも、むこうの方言で、ゆっくり話している。
繰り返し、繰り返し……
ふと、思った。
これも老化の一つで、頭に入ってくるのもゆっくりになっているのかな。

春に、それぞれ別の病院に入院していた義兄夫婦、
妻の義姉の方は、退院して、自宅で静養中、
義兄は老人病院に転院して小康状態という。
「むこうにも、お見舞いに行きたいけれど、なかなか行けなくて…」とGサン。
行きたいのなら、行けばいいのに、と、わたしは思うけどね。
Gサンは、暇してると思うんだけど。

で、結局、Gサンは、一緒に東京へ行くことになりましたとさ。
すぐにモグが楽天のポイントを使って安いビジネスホテルを取ってくれた。
前の日から、寝そびれてうまく眠れず、3時間しか寝てなかったモグ。
気がかりなことが一つ解決して、ようやく眠りについた。

モグにとっては、Gサンとふたりで留守番するより、
わたしとGサンが、ふたりで出かけてくれた方が気が楽だと言っていた。
そりゃそうだろう。

……ということで、羽根を伸ばすつもりが、気重な旅になる予感。

何か楽しいことを考えよう。
ということで、猫の写真を貼っておこう。
タナ猫3歳、4.9kg。伸びたり縮んだり。
f0016892_05435549.jpg
f0016892_05440808.jpg
ちんまりして、まるで子猫のような姿だけど、近影です。(photo by Mog)


[PR]
by hidaneko | 2018-05-24 05:21 | かぞく | Trackback | Comments(0)

わからん(お宮参りの一件)

来週の月曜日、アリさんとこの赤さんのお宮参りがある。
アリさんの夫Tさんのご母堂様が月曜日が休みだというので、
お宮参りの日にちが月曜日に決まった。

「お宮参りには来てね」と言われていた。
それが今月初めころのこと。

Gサンに行くかと聞いたら「行かない」という。
Gサンの兄さんが少し前に入院してて、容体がわからないから、と。
ほんとは、旅費とか出費がかかるのが気がかりらしい。
それで、わたしだけ、行くことにして、アリさんにも伝えてた。
「日月ならウチに泊まっていいから」と言われ、そのつもりで
わたしは、スケジュールを立てた。

それが、昨日、Gサン宛、にアリさんから、現金書留が来た。
「来てね」と、旅費を送って来てくれたのだ。
「俺は行かないから、お前の旅費や手土産代にしろ」とG。
「手土産は、持って行くのが重かったりするし、
富山の鱒の寿司が新サクラマスが入荷したというし
もう、お店から送ってもらうように手配しました」と、わたし。

「せっかくアリさんが、来てね、というのだから行ったらどうですか」
「急に言われても、わからん」とGサン。

モグにこのことを話したら
「なんで、ありがとう喜んで行きます、ってすぐ言えないのかしらね」
ほんとに、わたしも、そう思う。
行くと言わない理由が、わからん。
Gサンは、別に仕事や用事のある体じゃなし。
手土産は、わたしが手配してる。
旅費も送ってもらった。
お兄さんの方も特に容体が悪化してるわけじゃなさそう。

考えてみると・・・・
Gサンは、急に何か言われると、思考がフリーズするらしい。
「わからん」と、なる。
自分の思っていたこと、予定してたことを違うことを言われると
それに対応して、臨機応変に返事ができない。
多分、今回のお宮参りのことも「行かない」と決めてたので、
急に「来てね」と言われると、どうしていいかわからなくなるのかも。

その辺のことを、自分では自覚してないのかも、とモグと話してた。
思考の進路変更が急にはできない。という自覚がない。
だから、周囲が何か言うと、急かされている気持ちになってしまう。
自分は悪くない。標準だ。急かす方が悪い・・・となる。
アスペ特有の考え方だろうか。Gサン特有の頑固さなんだろうか。

本当言うと、わたし、一緒に行くのは気が重い。
アレと二人連れというのは「・・・・」である。
逆に、モグは、「二人で行ってくれると楽だ〜」と言ってた。
「タナ猫とふたりで、にゃごにゃごしてるの」
モグは、父と二人で留守番とか嫌なんだろうな。

朝起きて来たら、ゆっくりとGの意向を聞いてみるつもり。
お祝いなんだから、にこにこと行けたらいいんだけどね。


[PR]
by hidaneko | 2018-05-23 05:18 | かぞく | Trackback | Comments(0)

家族に関心ああるようには思えない、わけ。

ほんというと、ここんとこ、モグの体調が悪かった。
先週半ばから風邪気味っぽくて、やがて38℃以上の発熱。
熱はすぐに下がったけど、やがて、腹痛。
そして、嘔吐と下痢。水様便。

医者にかかれというのに、大丈夫、と言って行かない。
金曜日の夕方もお腹が痛いと言うから、医者に行けと言うけど行かない。
うどんを柔らかく煮てやったら、少し食べた。水分補給はするように伝えた。

土曜日になって、午前中、少し眠れて、
起こすこともないからとそのまま見守って居た。
夕方になって、まだお腹が痛いと言う。
「うどんを少ししか食べてないのに、赤黒い便が出た」という。
それって、血便じゃん。やばいよ。
「それ、もう医者にかかろうよ!」とわたし。
以前、わたしが急性胃腸炎にかかったときと症状が似てるから。
でも、「こんなので救急外来にかかっていいのかなあ」などと言うモグ。
「じゃあ、電話して聞けばいい」と電話したら
「今、空いて居ますから、ご不安なら来てください」ということで
車に乗せ、市の救急外来センターへ。

発熱があったというので、インフルエンザの検査をして、その結果を待ち
1時間半以上待って、診察をうけたけれど、
「下痢を抑える薬と、痛み止め、整腸剤が出た」とのこと。
ミヤBMと、ブスコバン、と、あと聞いたけど忘れたw

夕方5時半ころ出かけて、帰って来たのは9時半過ぎ。
つかれた。
出かける時「父に言う?」とモグに聞いたら
「言わなくていいよ」ということで、だまって出かけた。
Gも自室に閉じこもり、とくに聞いて来ることはなかった。
出かける時も、帰って来た時も。
出かける音や、帰って来た音はしてるはずなのに。
わたしが「Gは家族に関心がない……」と判断するゆえん。
何かある時、Gを頼りにはしないゆえん。

[PR]
by hidaneko | 2018-04-08 21:07 | かぞく | Trackback | Comments(0)

パワハラ? モラハラ?

具合が悪くなった。
朝の、タナの油騒動後始末と、Gサンとの言い争いで、疲れた。
朝ごはんも遅れ、朝の薬を飲むのが遅くなってしまったせいもある。
これまでの経験で朝の服薬のリミットは10時なのだが、今朝はギリギリの9時半過ぎ。
血中濃度が落ちていると、ほんとに具合悪くなる。
飲んでる薬が効き出し、回復するのに服薬後1時間半〜2時間かかる。

そればかりではない。
言い争ったことが、メンタル面にダメッジを受けたのだろうと思う。
寝込んでしまった。
吐き気がする。むかつく。頭がいたい。ロキソニンが効かない。

Gは、私のことを「パワハラ」と言った。
なにがパワーだ? わたしに何のパワーがある?
わたしは、Gの上なのか、冗談じゃない。会社の上司じゃあるまいし。
いつも偉そうにしてるのは、Gの方じゃないか。

Gは、自分の言質がどれだけひだまりねこを傷つけているかわかってない。
まあ、これはお互いに言い合っていることだが。

分かろうとして、ああすればいいだろうか、こうすればいいだろうか、試行錯誤して、
Gのやらない家のことなども、だまって引き受けて、言いたいことも言わずにいて、
たまに耐えかねて言うことや、日常生活を営む上で言わなければならないことを言えば
「お前はいつも偉そうに、上から目線で言う」とGに言われてしまう。
そういう言葉が、わたしを傷つける。

「なぜ、わたしが精神科にかかっているのか、わからないの?」と問えば
「俺のせいだって言うのだろう…」と言うだけ。
ほんとの、元の原因を考えようとはしない。
「あいつが、俺を、また批難した、けなした」と思うだけだろう。

自覚のない自閉スペクトラム症、アスペルガーは、付き合うのが難しい。

朝の出来事から、まだ回復できずにいる。


[PR]
by hidaneko | 2018-04-08 20:27 | かぞく | Trackback | Comments(0)

落ち着かない

昨秋、アリさんがこちらに来た時、ご懐妊を知った。
第一子の時には手伝いに行ったので
「手伝いに行こうか?」と聞けば「ぜひに」との答え。

第一子のときはひと月半ほど行っていたので、
第二子の今回もそのつもり。
むしろ、第一子(2歳半)の世話の引き継ぎもあるから、
少し早めに行こうかと思って段取りをつけていた。

何もしないようでいて、仕事やボランティアなど、いろいろあるし。
絵本のボランティアでは来年度が班の代表の当番に当たる。
名簿を早手回しに作ったり、
「すみませんが、3、4月の定例会には出席できません」と頭を下げたり。

カルチャーの方も、新年度4月開講のところ事務局に頭を下げて5月にしてもらい
4月分のは他の月に振り分けてもらった。

仕事も、1月締め切り、2月締め切りとガンガンこなし、
暮れに「5月締め切りでお願いします」と受けた仕事は
聞けば「5月の連休前に頂きたい」とのこと。
それって、実質4月いっぱいじゃない?
4月中、留守にする身にとっては3月半ばまでにやらなくては。

なにやら、あたふた、ばたばたしましてスケジュールを空け
「いつから行ったらいいですか?」と娘にメールすれば「来なくていいです」
「はあ?」
娘だけ大丈夫と思っているのかと、夫さんに確かめれば
「来ていただかなくても結構です。
何かあったら、ご連絡しますから……」って。

何かあってからでは遅いんだけどね、と内心おもいつつ
「はあ、そうですか。4月いっぱい空けてあるので、言ってくださいね」と。
荷造りこそしてないけれど、内心、臨戦態勢。

だけど、これがモグには辛いらしい。辛いという。
「何日から何日まで、と言われたら、覚悟もできるのだけど
曖昧で、宙ぶらりんだと、すごく不安なるの」とモグ。
「行かないなら一番いいけど。父と二人でひと月半は辛いのよ」

うーん。
「行かないことになったから。
でも行くとしたら4月いっぱいで
5月には母も用事を入れてるから帰ってくるよ」

行かないで済めば、楽だけどね。
お産というのは病気じゃないと言われても、何が起こるかわからないし、
ほんと、気持ちは臨戦態勢。

で、予定日、明日なんですけど?


[PR]
by hidaneko | 2018-03-28 21:22 | かぞく | Trackback | Comments(0)

今日三つ目の「やられた!」

中島みゆきの新しいアルバム『相聞』がきた。
モグが手配してくれたものだ。
「クリスマスと誕生日を兼ねて」って。

「クリスマスまで待たなくて聴いていい?」
「いいよ」

いい子(という歳でもないけど)に育ってくれて
母は嬉しい。
モグの優しさに、やられたよ。


More:それにしても・・・
[PR]
by hidaneko | 2017-11-21 13:08 | かぞく | Trackback | Comments(0)

またも、ささくれ

日曜日は肉体労働の日だけど、昨日に前倒し。
土曜日に丁寧な掃除をすませてしまったので、
今日は午前中、友達に誘われてプールに行ってきます。

な~んか、仕事がてんこ盛りなんだけど・・・はっはっは、どうにかなるだろう。

うちの同居人、なんか変。
今朝も、わたしが居間でテレビ見ながら、一週間分の薬を整えていたら、
チラッと見て、ご飯を自分の部屋に持って行って食べてた。
自分の部屋=寝室で、以前使っていたでかいデスクもある。
(引き出しにはカップ麺やおせんべいの袋在中)

なんか、孤食、というか、家庭内別居をわざわざやっているみたいで、やな感じ。
わたし、居間のテーブルで薬を整えてたけど、
そんなに場所を取ってないし、ご飯を食べるスペースくらいあるのに。
よっぽど、わたしと顔をあわせているのがいや?


あー、朝からぐちってしまった。すまん。
プールで洗い流してくる。


More:思い当たることといえば…
[PR]
by hidaneko | 2017-09-17 08:52 | かぞく | Trackback | Comments(0)

指先のささくれのように些細なことだけど…

朝ごはんのあと、2階でまったりコーヒーを飲んでいたら
階下でGサンの怒鳴る声。
「なんだろうね」
「何か怒ることある?」
と、モグと話しつつ、知らんぷりもできずに、
「何か不都合でもありましたか?」と階下へ降りたら


More
[PR]
by hidaneko | 2017-09-13 01:47 | かぞく | Trackback | Comments(2)

帰宅後

なんとか、大きなトラブルなしに帰ってきました。
モグは「父の車で帰るのは限界!」と言うので駅まで送ってあげて。
あとは北陸新幹線と従来線を乗り継いで帰ってきましたとさ。

わたしは、Gと交代で車を運転して・・・
あの、悪名高い、トンネルの連続のところは、わたしが運転。
26個のトンネルを数えながら、楽しみながら運転したから苦痛じゃなかった。
中島みゆきをかけながらだと、けっこう凌げる。

だけど・・・・言葉のあれこれで、ほんと、気を使う、疲れる。
わたしは、何しに行ったのかわからない。マジで。
(Gが事故らないよう、運転の代替要員として、
また、モグが傷つかないよう、緩衝材として…の役割はできた?)

Gサンとわたしで交互に運転してきて、午後7時過ぎ、帰宅。
早く帰っていたモグが、夕ご飯を作ってくれていた。
ナスとエリンギ、ちくわの煮物。
新物の鮭のカマの塩焼き。
やっこ豆腐。
味噌汁。
我々が帰ってきたら一緒に食べようと、待っててくれた。
「お腹すいたけど、帰りを待ってたよ」と。

だけど・・・・
なぜか・・・・
Gサンは、洗濯を始めた。旅行中の自分の洗濯物を。

「帰るのを待ってたのに、洗濯するなんて・・・・」と、モグ。
「状況のわからない人だから。
 自分のことしか、考えられない人だから」とわたしは説明したけど・・・。
ほんっっっっっっと。イラつく。
洗濯なんて、明日でもいいでしょ!


[PR]
by hidaneko | 2017-09-02 21:11 | かぞく | Trackback | Comments(0)

雨が降ります 雨が降る

今年の夏はよく雨が降った。
7月初めの3日間で、例年の7月ひと月分の雨が降った豪雨を始め
梅雨はなかなか明けなくて、日にいっぺんは雨が降るかんじ。

おかげで、裏庭や植木鉢への水やりも数えるほどですみ
新調したホースリールは、庭の隅っこでお茶を引いてる。

今朝も「雨時々曇り」の予報で、一時期、篠突く雨が降った。
ぽつぽつと降り始めた時点で、家中の窓が閉めてあるか確かめて回った。

けど、一箇所、わすれていた。
そこは、朝、わたしが窓を開けなかったところ。
表玄関に通じる三畳間で、あまり用がないところ。
ふと、行ってみたら、雨がびしゃびしゃ降り込んでいた。
わぁー!
いわゆる掃き出し窓が開けっ放しで、部屋の半ばまでびしょ濡れ。
数年前の改築で畳からフローリングにしててよかった。

窓を閉め、雑巾で拭きまくる。
窓は開けた人が閉めてよ! と思いつつ、Gサンを探すと、
彼の居室はスタンドがつけっ放しで、扇風機もつけっ放しで
本人は居間のソファーで居眠りをしていた。野球のテレビつけっ放しで。

様子を見てたら、ふと目を覚ましたので聞いてみた。
「三畳の窓開けました?」
「カーテンは開けたが、窓は開けたかどうか分からない」
「雨がびしゃびしゃ振り込んでいましたよ。拭いておきましたが」
「済んだことはいいだろう!」

は?
「済んだことはいいだろう!」
それ、あなた、言いますか?

失敗は誰にだってあるし、うっかり忘れることもある。
わたしもしょっちゅう間違いもやらかす。
だけど、そんな時は謝るよ。
「ごめん、閉め忘れた。拭いてくれてありがとう」でしょ?
「次から気をつける」でしょ?
これは思ったけど、言わなかった。

でも、窓を閉め忘れてた」と、わたしが言ったのが気に食わなかったのだろう。
Gは、居間から自室の方へ行ってしまった。
テレビも扇風機つけっぱなし、窓が少し開いてる(振り込んでなかったけど)。
わたしは、居間を使う予定がないから、
障子越しにGに声をかけて聞いた。
「あのう・・・、居間の方へまた行きますか?」
「・・・・」
「あのう、居間の方へまたいらっしゃいますか?」(←敬語)
「行くか行かないか分からない。窓閉めたかったら閉めればいいだろう」

やがて、Gは足音たかく、家から出て行った。
家の中に不愉快雲を撒き散らして・・・・

これだからGに注意するの、いやなのよね。
こっちが悪いみたいな気分にさせられる。
だからと言って、注意しなくては、Gは自分の落ち度に気がつかないし
改善もされないだろう。いや言っても改善はされないか。

巷に雨が降るごとく われの心に涙ふる・・・・

      ・
      ・
      ・

追記(15:30)
朝の出来事から時間が経って、ふと思った。

あれは、部屋に水たまりができるほど雨が吹き込んでいた時
「大変だ〜! 部屋がびしょびしょ〜!!」と叫んで
居眠りしててもなんでも、Gサンをたたき起こし、始末をさせればよかったのか。

波風立たないよう、穏やかに、そっと始末して、Gの様子を伺って報告するのではなく。
「あなた、窓を開けて閉め忘れたでしょ、みて! 水浸し!」と、叱責して。
その方がよかったのかな、現実を目の前に突きつける。

それでも、またも「お前はいつも偉そうにして」とか言われるのかなあ。

穏やかに言っても、わたしの心の中は釈然としないし
もし、わたしの怒りのままにGにぶつけても・・・
たぶん、結果はどっちも「波立つ」なのかなあ。

わからない。
分からないのを考えてしまう。
だから、カサンドラ症候群?
切り離して考えないようにすればいいのか?
わからない。

[PR]
by hidaneko | 2017-08-24 11:16 | かぞく | Trackback | Comments(0)