カテゴリ:かぞく( 426 )

気にしないつもりでも気になるモヤモヤ

人の悪口は言うもんじゃない、と育てられて来た。
「お前はいつも俺を悪く言う」とGサンは言う。

悪口、か〜。
事実をそのまま書いても、状態が悪いことを書くと悪口になるのかなあ。
悪く言う、というのは、私にとって変に思えること、良いとは評価できないことを
そのまま書いても、悪くいうことになるのかなあ。


More
[PR]
by hidaneko | 2018-10-18 06:07 | かぞく | Trackback | Comments(0)

また真夜中に目を覚ましあれこれ考えてしまう

また真夜中に起きている。
それって、早く寝すぎるからじゃない?
はい、その通り。
1日のトータルでちゃんと8時間寝てるから。
昨日は二度寝もできたしww
タナ猫の「朝飯くれ〜」も無視して寝てたw

えーと、
昨日は、発達障害の自閉スペクトラム症のフォーラムに行ってきた。
思うことは多々あったけど、当事者に優しい取り上げ方をしてたな、という印象。
精神科医による分析だけでなく、当事者の生きづらさについて多く語られた。

ASD (アスペルガー)の家族を持つ友人知人と一緒に行ったのだけれど
どう受け止めたのだろう、と思った。
どちらも、はっきり診断はされていないけれど
当事者を専門家が診てそうだろうと判断されている、ということらしい。
当事者の病識(自分がそうであるという認識)もあるのかな?

うちの場合は、わたしやモグがかかっている精神科医が
われわれの話(こまりごと)から、Gサンのことを当人を診察せず
「多分、発達障害(ASD)でしょう」と言っている状態。
もちろん、Gサン当人には病識はない。
自分は悪くないと思っている。相手(ひだまりねこ)が悪いと捉えてる。

実は先日から裏垢でカサンドラのツイッターを始めた。
TLにはカサンドラ症候群の妻たち。まさに「あるある」だらけ。
現実社会の、カサンドラ当事者の自助サークルなどは地元にないし
横浜や東京(多摩地区)のサークルに行って見たことはあるけど、
交通費もかかるし、そうそう行けないからね。
かと行って、旗を振って自分で立ち上げるほどの能力もなし。

アスペルガーは、統計的に言って、男性の割合が多いという。
したがって、カサンドラ症候群も、女性の割合が高い、というかほぼ女性。
(男性のカサンドラ症候群の人もフォロワーにいらっしゃるが)

それでね(って、ここまで前振りかww)
パートナーがアスペルガーという人(男女共)のうち、
カサンドラ症候群になる女性が多いって、
これって、日本の社会における男女の関係(男尊女卑の系譜が残ってる)
そういう社会事情もあるのでは?と、思ったのだ!!

うちの場合、家庭に波風おこさないでやっていく方法はある。
わかってる。
ひたすら、わたしが下手に出て、Gサンを奉っておけばGサンは機嫌が良く
したがって、家庭内に波風は起こらない………? 多分ね。
だけど、それをやると、私が病む。自分の感情を偽ることになるから。
夫婦は、たとえ年齢差があるとしても、対等と思ってるから、
なぜ、私が遜らなくてはならないのか、と思ってしまう。
自分を偽ることになる。

昔の女性は、表向き、男性を立てつつ、
じつは牛耳るというテクニックを持っていたとか。
「旦那」とか「主人」とか「亭主」とか、いわば尊称だもんね。
裏では「宿六」って。宿にいるろくでなし、という意味だって(笑)

わたしにそういう技量はない。立てて牛耳るとか。
だから夫との間に軋轢が生じ、日々が生きづらくなるのだろうなあ。

追記*
あ、そうそう。この記事(日記?)を書こうと思ったきっかけは
今日、じゃないや日付変わって昨日だ、参加したフォーラムのこともあるけど、
こんな記事にであったことも関係してる。

当事者もつらいだろうけど、周囲もつらいのよ。
パートナーもつらいのよ。って言いたかったのだ。

[PR]
by hidaneko | 2018-10-09 02:36 | かぞく | Trackback | Comments(0)

10月1日 月曜日 モグ初出勤

今日はモグの初出社。
お勤めするのは、ほんとに久しぶり。

これまでも、ハウスのスタッフなど仕事はしてたことあるけど、
スーツ着て、ビシッと出かけるのは久しぶり。

台風の余波が残っていたら送るつもりだったけど、
まだ少し風が強いけど、一人で出かけて行った。

地元の企業の障害者枠。
朝9時半から、午後3時半までの短縮勤務。
本社ではなく駅向こうの事務ビルでの作業と聞いてる。

ある程度の能力はある子だから、仕事はこなせると思う。
ただ、頑張りすぎて、バテないか。
人間関係でうまくいくか、それが心配。

今日は月曜日でわたしもカルチャーがある。
終わったら連絡して、もしかしたら迎えに行くかも。
ちょっと甘い親だけど、ギリギリの精神状態で頑張るより、
「迎えに来てもらえるかも」というヌケがあったほうがいいだろう。


追記:
夕方、私の用事が早く終わったので、仕事場近くのコンビニまで迎えに。
帰宅後聞いたら、パートの扱いで、出勤は週4日なんだって。
それを聞いて、ほっとした。週の途中で休める方が長続きしそうに思えて。

[PR]
by hidaneko | 2018-10-01 08:27 | かぞく | Trackback | Comments(0)

注意しにくい相手

前に、タナ猫が扉をあけ、油を舐めた話を書いたけど(こちら
その調理台したの扉に、開けられないよう金具をつけてもらった。
私がしようとしたけど、手が痛く、Gサンにやってもらったんだ。

ここまで、前振り。

その金具、閉めてこそ役に立つのに、閉めてないことが多い。
いや、私は閉めますよ。そうじゃない時、たびたび閉め忘れてる。
なぜだろ? そこは油や酢など片付けておくところ。
他の人は、そう頻繁には使わない?
考えて気がついた。金具をつけた相手の扉は米櫃が片付けてある。
Gサンが米を研ぐ時、扉をあけて閉め忘れてるんだ。

いつか注意しょうと思ってた。
黙っていたら、開けっ放しでタナがまた油を舐める危険性がある。
だいたい、Gさんが自分で付けたのを、閉め忘れては意味がない。

今朝、Gが朝食用の卵を焼いていた。
見たら金具が開けっ放しだった。
「そこ、開けたら、閉めてください」と、一言。わたし。
「今、作業中だ。終わったら閉めるつもりだった」とGサン。
「お米を研いだ後など、たびたび開いてますから、注意してください」
「わかってる!」とGが大声で言う。

私は怖いから居間へ避難。
少し注意しただけで、すぐ怒る。
自分の非は認めない。
「あ、ごめん、気をつける」と、言えないのか。
言えないんだろうな、
それじゃあ、生きにくいだろうなあ。

ドアの向こう、台所で大声で独り言を言っている音が聞こえる。
何を言っているかは、わからない。
朝っぱらから、どうのこうのと言う言葉の切れ端が聞こえた。
朝っぱらから、気分の悪いのは、私の方ですよ。

日常生活の些細なこと、言わなければそのまま、言えば怒る。
朝、ゴミ捨てに出たまま、夜まで帰らないことがある。
今日も、ゴミ捨てに出て、そのまま・・・
私だって朝っぱらから言いたくないけど、
いつ言えばいいのさ。一日中いない人に。



[PR]
by hidaneko | 2018-09-24 09:58 | かぞく | Trackback | Comments(0)

親の取り越し苦労・モグの就職

モグの就職が決まった。
昨日、9月14日の金曜日の午後、電話が来た。
10月から勤めることになるという。

電話が来た時、モグとハグして祝った。
「今日はクリニックで先生にいい報告ができる」と、元気にでかけた。
もぐの診療のあいだ、わたしは、近くのスーパーで、
モグのだいすきなぶどう、シャインマスカットを購入。
(家に帰って、ふたりで食べたら、なんと甘かった!)

なん年ぶりの仕事だろう。
ハウスのスタッフとして務めたことあるけど、利用者の延長という感じで
時間も一般企業と比べて楽だったし、人間関係もできていて。

そのまえは、派遣でイベントの企画などやっている会社へ。
障害者ということを隠して派遣会社に登録して、そこからの仕事。
まじめに、残業もこなし、ガンガン仕事して3ヶ月でダウン。
風邪をきっかけに休んで、そのままずるずる布団から出られなくなり・・・
数日から、1週間、2週間、やがては首。
そしてその後は、家で寝たり起きたりの生活。昼夜逆転。
これがお決まりのコース

やればできる子なんだ。
で、やりすぎて(自分の持てる力以上に頑張って)潰れる。
その「塩梅」、調節がうまくいかない。
やれるから、周囲も仕事を押し付け、断れない子だから引き受ける。
家にまで持ち帰って、仕事のことが気がかりで、夜も眠れず……って。

家でダラダラ過ごすのも仕方ないか、と諦め欠けていたわたし。
いざとなったら、文化的で最低限度の生活、生活保護を受けるのも手だと。
障害者年金では暮らしていけないからね。そう思っていた。

でも、モグは、自分から就職しようという気になってくれた。
(わたしは、私の死後のことも気になってたけど、モグに仕事しろとは言ってこなかった。
 これまでの経験から、モグを苦しめることになることを知っていたから。
コールセンターに務めて、突発性難聴で耳を壊したり、
デパートの繁忙期、お中元センターに行って、研修期間で潰れたり、
便器のショールームに務めて、頑張って勉強して、あげくにポイになったり、
その都度、仕事を辞めた後の反動で、数ヶ月の不調、お布団モグちゃん。

そうならないよう、モグが楽に呼吸して、美味しくご飯を食べられるよう、
そういう場所を求めてた。探してた。

モグも、バカじゃないから、あれこれ障害者施設など調べていたり、
市や県の障害者に関する条例作成委員会のメンバーになったりして
障害者の雇用について、物を言ったり、当事者の意見を述べたりしてた。
もちろん、自分の書障害と、仕事についても考えていたはず。
親子でそういう会話はあまりしないけど、わたしは見つめてはいた。口出しせずに。

娘のことを知っていて、心配してくれるわたしの友達もいる。
ありがたいことだ。
その友達が、アドバイスしてくれると、それをモグに伝えている。
もぐもそれを、ありがたいとおもっている。
そしてまた、自分の進む道をさがしてた。

今回のは、市の障害者向けのサポートを利用しての就職活動だったという。
地元の大きな企業で、その事務センターには車椅子の人や精神障害者のひとも数人務めているという。
企業側でも、障害者を雇うということについて理解があるようだ。(モグ談)
なにかあったら、間に、市のサポートに入ってもらえる。
企業からモグへの注文や、モグから企業へ言いたいことがあったときなど、その仲立ちをしてくれるという。
そこが、安心。

親としては・・・・・
まあ、2、3ヶ月も続けばいいさ、と内心、思っている。
9時半から午後3時半まで。
一般的には長くはないが、家にずっといたものにとっては、長い時間だ。
6ヶ月の研修期間をうまくすごせるといいんだけど・・・と思っている。


[PR]
by hidaneko | 2018-09-15 01:56 | かぞく | Trackback | Comments(4)

♪一列談判破裂して〜♪

話し合いは、ごくシンプルに行くつもりだったのに、
変に絡まれて、だんだん嵐の様相を呈してきて・・・・

私の話は、ある提案で、
けっして、向こうにとって悪い話じゃなかったはずなのに・・・
Gサンが抱えている問題について、手助けしようという話。
それを断ってくる。断れば苦労するはずなのに。
断ってどうするのか聞いても、答えない。

「お前はいつも話を大げさにする、よけいなことまで話す」って、
あなたが聞いたから、手助けするにあたって事実の周辺の話をしただけ。

手助けを「いらない」と断るGサン。
「全部はむりですが、それでも手伝った方が、あなたも少しは楽でしょう」と言っても、
「いらないと言ってるんだ。お前はいつも、俺に反対する」とGサン。
むこうが「いらない」というので、あげないことにした。

わけわからん。もう後は知らん、どうなっても尻拭いしたくない。

気晴らしに、何か美味しいものを食べよう。
といっても、あの 例のメロン の残りをかじって終わりだったりして(笑




あ、そうそう
この前の諍いの時に「俺の飯は作らなくていい」と言った件。
二人前作るのも、三人前作るのも大して手間は違わない、と説明して
「食べるんですか? 要らないんですか?」と聞いたら
「食べる」ですってさ〜。
でも「お願いします」の言葉はないww

そもそも、話し合いの時、
わたしは2人称として「あなた」を使うのに
あっちは「お前」と言う。なに?この男尊女卑?
そのことからしてムカッ腹だから(夫婦は対等だと思うので)
ツッコミ入れてやろうかと思うけど、
かなり前に言った時、言っても治らなかった。
だから、仕方ないから、黙認してる。



More:夕食メモ
[PR]
by hidaneko | 2018-08-26 14:37 | かぞく | Trackback | Comments(0)

心ちょっと上向く

クリニックの日だった。
犬も食わない、いさかいの話から、食事を作らないことまで、あらいざらい話してきた。
1番の問題点は、Gが現実をみようとしないこと、話も、内容ではなく、言い方(物言い)を指摘するばかりで・・・

「『病気なんですから』といわれても、頭ではわかっていても、心がついていかないんでしょうね」と言われた。
そうなんだ。ゆるせない。我慢できない、我慢するしかないから我慢するけど。

わたしの心がけ、心構え、が悪いのか・・・・とか思ったり、どうやったらうまくいくのか考えたり。
うじゃうじゃと、考えながらクリニックから帰ってきたのだけれど・・・

帰宅してみたら、シゴト先のF社から嬉しいメールが来ていた。
半年も前に、提出して、そのまま、音沙汰なしだったから、ボツだったのかな、と思っていたら採用してもらえたって。


こういうの、嬉しい。
少し元気になれる。

[PR]
by hidaneko | 2018-08-01 18:55 | かぞく | Trackback | Comments(0)

謝るならちゃんと謝れば? とグラスを重ねる夜

わたし、意固地 になっているの、まだ続いてた。
「(食事を)作らなくていい」とGサンが言うから、作ってない。
だけど、ときどき、冷蔵庫のものが消える。
モグが「明日の朝、食べるね」と残していたものが、朝には消えてる。

今日のイナダの塩焼きは、モグのとわたしの、2切れ焼いた。
そもそも「作らなくていい」と言った人の分は買ってこなかった。
でも、ナスとひき肉の炒め物は、二人分というわけにもいかず
明日も食べるために、四人前ほど作った。
夕ご飯をモグと食べ、わたしはナイトスイミング教室へ。

戻って来たら、Gサンが居間で食事をしていた。
冷蔵庫に入れておいたナス炒めの鉢を指差し
「これ、食べていいんだろう?」

なにをシラッとして言ってるんだ。
作らなくていいと言ったの、あんたでしょ。
「食うな」とも言えずに、わたし
「どっちでも、お好きなように」と返事した。
「それはなんだ?」
「作らなくていいと言ったのだから、好きなようにしたら?」

内心、「意地でも食うなよ!」と思っていた。

「わたしの作ったのは食べたくないんでしょ」と言って部屋を出た。
ドアの向こうで何か言っているけど、聞こえない。聞きたくない。

意固地です、わたくし。
謝るなら、ちゃんと謝れよ、と思う。
「言いすぎた。すまない、作ってください」と・・・
言えないのだろうな、Gの奴には。

ああ、そうですか。
「作らなくていい」とは言ったけど「食べない」とは言ってないの? 
笑止!

明日はクリニックの日。
金曜日の予定を水曜日にしてもらった。金曜日の楽しみのために。
先生になんと言おう。
先生のアドバイスを受けて、Gに「現実を見るように」と言った結果
諍いになって(やっぱりと言おうか、案の定と言おうか)
Gからは「俺をえぐるようなことを言う」と言われてしまった。

この傷、大きいです。わたしには。
あなたは、「お前は俺を傷つける」とわたしに言うけど、
その言葉で、わたしは、大いに傷つけられているのですよ。
心をえぐられているの。
意固地になることで、傷を守っているの。

やだなあ、やだなあ。
この、空気。

ああ、わたしが折れて、
「どうぞ、召し上がってください」と言えばいいのか?

でも、「食うなら謝れ。作らなくていいと言った前言を撤回しろ」と思ってしまう。

プールで、いろいろ新しいことを習って来た。
クロールのやり方、別な言葉で教えられて、新しい発見があった。
ターンがすこし、うまくなれた。

教室の時間の前に、自主練習をしていたのを、先生に見られてた。
「ひだまりねこさん、上手くなったから
そんなに頭を上げなくても息継ぎできます。大丈夫ですよ」と言われた。
「前の壁を見ずに、横を向いたままで」と前回アドバイスを受けたおかげだ。

前の壁・・・を、見ずに・・・横を向いたままで体をひねってターン。

心も、前の壁=G、を見ずに、横を向いたまま、ターンできたらなあ。
と、♪酒に氷を入れて飲むのが好き〜♪
もういっぱい、いこうか。

[PR]
by hidaneko | 2018-07-31 21:54 | かぞく | Trackback | Comments(0)

意固地(へえ、「いこじ」ってこういう漢字なの?)

わたし、意固地になってます。

先日のGサンとの話し合いが諍いになって喧嘩になって
まさに「犬も食わない」なんだけど・・・

勢いでGサンもとっさに出た言葉なんだろうけど
「俺の飯は作らなくていい」って。
「どうするんですか?』って訊いたら
「醤油でもかけて食べる」って。
「そうですか」とわたし。

以来、10日ほどになるけど、Gサンの夕ご飯は作っていない。
といっても、モグの食べる分と、わたしの食べる分、二人前は作るのだけどね。
でも、煮物など余分に、朝も少し食べられるように作っている。
二人前も三人前も、さほど手間は変わらないから。
でも・・・
明日の朝食べるつもりで残しておいた煮物や、きゅうりの塩麹漬けが
翌朝、無くなっていると、ムッとする。

「要らない、と言ったんなら食わなきゃいいじゃない」と思う。
わたしは意固地だから、自分から折れるつもりはない。
「あなたの分も夕ご飯を作りましょうか」なんて、言わない。
こっちが腹を立てて「もう作らないから!」と言ったのでない。
向こうから「作らなくていい」と言ったのだ。

Gの変なプライド。

わたしの作るご飯(=米飯でなく食事の意味)は、化学調味料を使わず
野菜や肉魚のバランスも考えて、経済的にも考えて、
美味しく作っているんだけどな。

もうしばらく、意地の張り合いは続くようだ。

[PR]
by hidaneko | 2018-07-26 21:00 | かぞく | Trackback | Comments(0)

わだかまり

言語でのコミニュケーションが成り立たず、
先日の諍い以来、Gサンとは最少限度の口しかきいていない。

ところで、
このところ、雑草が生えて茂って、朝の涼しいうちに草取りをしている。
それは、当市では資源ごみとして出せるのだけれど、週一回の収集。
大きなゴミ袋45Lに詰めたり、枝葉は紐で束ねたりして出す決まり。
まだ、ここまでこじれる前に、「言ってくれれば、俺が出すから」と言っていた。

もう数週間前、水曜日頃、
「土曜日に枝葉をお願いします」とお願いしたら、
「土曜日だろ?(今日言うな、という雰囲気)」と返された。
いつもGは「急に言われても困る」と言っているから次戦通告したのだ。

当日、なかなか起きて来ない。
4個ほどあった袋と枝葉、わたしが半分、集積場まで運んだ。
Gサンに頼んであるのに、わたしが全部運ぶとまた怒るから、残しておいた。
結局、時間内に運び出せず、9時過ぎに起きてきて、
「行ったら収集が終わっていたから、持ち帰った」と。
「来週でもいいだろう?」
いいですけどね。

その雑草を詰めた袋、この暑さの中、ビニル袋の中で草が蒸れる。発酵する。
その間にも、朝の草むしりは続いてて、袋が増える。

あ、これは生の葉を袋に入れるから蒸れるんだ、干し草にしよう、と
それからは、抜いた草は、地面に広げ日に晒し、乾燥雑草にしている。

またも土曜日。
袋は5つと、束ねた枝葉が3束になっていた。
モグが外に出てきて「手伝おうか_」で「ありがとう」
3往復ほどしてもらって、のこり袋が一つになった。

起きてきてGサン。
「枝葉は出すのあるのか?」
「モグが3往復ほど手伝ってくれて、残り一つあります」と私。

そしたら、Gサン、なんと言ったと思う?
「ふつうに答えろ!」と。
わたし「はあ?」とは言わなかったけど、内心思った。
Gサンが怒る意味がわからなかった。
わたしが思う「ふつう」と、Gサンの「ふつう」には隔たりがあるようだ。

心に引っかかっていて、熟考してみて・・・・
「枝葉は出すのあるのか?」と聞かれたら
「はい、あります」あるいは「ひとつあります」が正解?
わからん。
モグが手伝ってくれて・・・云々(でんでんじゃないよ)は不要?
Gサンへの当てつけと取られた?

なんか、こうやって心にひっかっかって、考えてしまうのがカサンドラ?
相手に理解されたい、よく思ってもらいたい、愛してもらいたい、がある?
アスペルガー(自閉スペクトラム障害)の気持ちを推し量るのは難しい。
ほんっと、流せたら、スルーできたら楽なんだろうけど、
つい、引っかかってしまうのだ。

ここ数日、心が削られている。



[PR]
by hidaneko | 2018-07-25 05:21 | かぞく | Trackback | Comments(0)