カテゴリ:きせつ( 610 )

メロンを取った

今朝、草取りするついでにメロンを収穫。
4つあるうち、一番に取ろうと思っていたのと違う玉。
f0016892_7133214.jpg
ちょっと早めかとおも思ったんだけど、
実の根元の葉っぱが枯れかけているし(ネットに取りごろの目安にあった)
そもそも、その葉っぱが、うどん粉病にかかっている気配あるし。
下の写真の、実の右下のところ、なんか、うどん粉病っぽいかんじだし。
取りごろと判断。あと数日追熟させてから切ろうかな。
f0016892_7133217.jpg
葉っぱ、ツル込みで重量、2092g でありました。ふつうにお店で売っているサイズね。
肥料もなにもやっていないのに、これだけ実るというのは立派なもんじゃ。
味は・・・きゅうりみたいに味がなかったりして(笑

[PR]
by hidaneko | 2018-08-19 07:13 | きせつ | Trackback | Comments(0)

夏水仙

今年の夏は、なんか寂しいと思っていたら、これ が、なかったんだ。
家の脇や後ろの工事でつぶされ、移植できなかったもののひとつ。
f0016892_05315714.jpg
お盆に間に合うかと思っていたグラジオラスは、まだ葉ばかりさま、だし
メロンも、まだ採るには少し早そう。
でも、これは採ろうかな。追熟させればいいか。


[PR]
by hidaneko | 2018-08-15 05:34 | きせつ | Trackback | Comments(0)

メロン、篭に乗る

棒にS字フックをつけてぶら下げる作戦は失敗した。
下が砂地で、メロンの重みで棒が地面に沈み、テープで止めたS字フックも下がり
結局、夕方には実が地面に触れてしまったのだ。

で、こちらの動画 を参考に、カゴを伏せて、その上に乗せる作戦に変更。
「メロンの収穫時期」で検索してヒットしたyoutubeなんだけど、
地面にネットが敷いてあり、実はその上に乗っている。これでいこう!
f0016892_8145980.jpg
4個、実がついているので、2個ずつカゴに乗せてみた。
f0016892_8145920.jpg
よく見ると、実の肌がだいぶメロンっぽくなっているでしょ。うふふ。



[PR]
by hidaneko | 2018-08-09 08:14 | きせつ | Trackback | Comments(0)

38.4℃!(午後2時55分)

ついに、体温を超えました。
ここ、一応、雪国ですぜ?

38.4℃ねえ〜!
どおりで、ドアノブに触ると熱かった。
室温は外気温より低いとしても、それでも体表面温度より高いからね。
冷房のない台所の什器、室温と同じはずだけど、皿もコップも熱かった。
トイレのシートも、夏だから電源を切っているのに、暖かかった。(当お尻比)
水道の蛇口からお湯が出る。給湯器切ってても。

夕食を作るのに台所に立つ気なし。
レンチンのハンバーグと、昨日茹でてたブロッコリーにアスパラ、
あとは、きゅうりの塩麹漬け。
買い物にも出ず、ありもので過ごしてた。

猫? ぐだぐだでしたよ。

Gサンが、先ほど、出先から帰って来たので、
居間にいたモグとわたしは2階に引き上げて来た。
わたしたちが居ると、Gサンは居間にこないから。
Gサンの居室はエアコンがないから、居間で寝たら?と提案。
「寝ていて熱中症になる人もいると聞きますから…」
Gは「ああ」といっていたけど、受け入れるかどうか、知らん。

エアコン設定を、われわれは30℃にしてて室温は29℃だったけど
それでも涼しく感じていた。(モグは居間で昼寝して少しスッキリしてた)
Gサンは27℃設定に直してた。
冷気ぴゅーぴゅーで、台所から入ると、寒い感じだった。

[PR]
by hidaneko | 2018-07-29 18:54 | きせつ | Trackback | Comments(0)

台風12号は西へ

やっぱり東海地方に上陸して、そこから大阪あたりを通り
今は広島県あたりかな。

当地は、フェーン現象で、外気温36.3℃! 暑いわけだ。
家の中、エアコンのない部屋は34.9℃だった。
これだと屋内でも熱中症になるね。エアコンは必需品。
台風の過ぎた日本海側ではフェーン現象が発生し,特に北陸で酷い高温になっています.
今日29日12時までの最高気温は新潟県大潟38.7℃,小出38.4℃,長岡38.3℃ほか,福井県三国38.1℃,石川県輪島37.9℃,富山県氷見36.9℃など.必ず暑さ対策をしてください.熱中症に厳重に警戒をお願いします.
まったく、窓から入ってくる風が、吐く息よりも暑い。
Gさんは9時頃起きて来て、どこかへ出ていった。(恒例の掃除もせずに)
熱中症にならないよう、涼しいところにいるといいけど。

追記:
f0016892_19544588.jpg

[PR]
by hidaneko | 2018-07-29 13:04 | きせつ | Trackback | Comments(0)

台風は温帯低気圧に変わったらしい

風が強くなってきた。
心がざわざわする。真夜中の2時。
やったことを悔いたり
こうとしかできなかったのだと自分に言い訳したり
老い先のことを心配したり
真夜中の思考はろくなもんじゃない。
今夜はしっかり寝て、明日しっかり考えよう。

書かなければならない手紙をおきざりにしている。
断らなければならない案件を断れなかった。
追求すべきところをあいまいに笑って過ごしていた。
曖昧。あいまい。あ、いまいいや。あいまいや。

もっと、積極的に、アグレッシブに生かなきゃ、あかんのかなあ。

04日15時、台風第7号は温帯低気圧に変わりました、って。
でも、もう台風第8号が生まれているらしい。
窓の外、こころざわざわ もがり笛。
雨はそう強くはない。


[PR]
by hidaneko | 2018-07-05 02:27 | きせつ | Trackback | Comments(0)

遅れ遅れの今年の梅仕事

今日、ようやく梅の実を採った。
スーパーや市場にはかなり前から梅が並んでいたし
梅干し用のシソも出ていた。
我が家の梅も、気にはなっていたのだけれど、やる気が出ず。
黄色く熟したのがぼたぼた落ち始めてたし、重い腰を上げた。

去年、強剪定したし、花もあまり付いてなかったので
どれだけ取れるかと思ったけれど、もいでみると結構ある。
青く堅いのも、黄色がかって熟してるのも入り混じり、
全部で3キロちょっとあった。

何しろ、無農薬どころか無肥料の天然自然栽培。
虫食いも混じっていて、青いのが1.5kgあまり、
黄色っぽいのが1kgといったところか。

黄色っぽく熟しかけているのは梅酒には向かない。
漬け込んでいるうちに、実が崩れて汁が濁る。
ふつうなら、そっとあつかって梅干しにするのだけれど、
梅干しは、3年前のがまだある。(古いのだと1998年のとか)
赤いシソ梅干しも、シソを入れない白梅干しも、十分ある。
迷う。

迷いつつ、穴蔵(地下貯蔵蔵)の空き瓶を洗い、乾かして
ホワイトリカーを1本(1.8l)と氷砂糖も買ってきた。
氷砂糖を入れないで、梅とアルコールだけでつける辛口方法もネットで見つけたけど
こちら アルコール度数の高い、40〜50度のブランデーなどで、
梅の実を一度冷凍して、細胞を壊してから漬けるといいって。
35度のホワイトリカーでは、砂糖抜きでは無理らしい。
さあて、どうしようかな。

梅干しの付け方は、 こちら 
メモしてあると、自分でも参考になるし、楽だわ。

今日、洗った瓶の中に「2010年・ウイスキー梅酒」と
ラベルの貼ってあった瓶もあった。
たまたま、ブログ内検索で「梅仕事」を探していたら、
こちら が出てきた。2010年の梅仕事の顛末が書かれていた。
2010年の梅酒は飲まれて、漬け込んでいた梅が少し残っていた。
まだ大丈夫食べられた。こういうのって、なんか嬉しい。


[PR]
by hidaneko | 2018-07-03 16:13 | きせつ | Trackback | Comments(0)

七月

今夜は月が綺麗だ。
星も冴え冴えとしている。

関東地方は、昨日梅雨が明けたそうだ。
例年よりずっと早いんじゃないかな。

夕方すごい雷雨があったけれど
これで当地も梅雨明けしたのかな。

梅雨、たいていは、かつての海の日、7月20日すぎだけど
たまに8月に入っても梅雨が明けない年もあった。

今日から7月。
今日から市営プールの外プールがオープンする。
友達に誘われてて、いく予定。

去年の夏以来の久々の50Mプール。
どれだけ泳げるようになっているかな。
たのしみ。


[PR]
by hidaneko | 2018-07-01 02:20 | きせつ | Trackback | Comments(0)

クローバーを蒔いた

昨日、裏の空き地に、雑草予防にクローバーの種を蒔いた。
去年の春、試験的に部分的に蒔いたのが、芽吹いて、
夏には、散水もままならず、枯れたっぽかったけれど
この春、その株から猛烈に芽吹いて来て、繁茂してる。
これなら、雑草予防の効果もありそう。

第一、自分ちにクローバーが生えてるなんて素敵じゃない?
クローバー好きなんだ。

ほんとは狭くても芝生にすれば見栄えもいいのだろうけど
隣から見ても緑に見えるようにするには手入れが大変そう。
で、クローバー。これ、鋤き込んで緑肥にもできるしww

駄菓子菓子、じゃないや、だがしかし、
排土を投げてあるから、石ころが多い、コンクリート片もある。
土を熊手でかいて、石ころを集めて、一箇所にすてる……
昨日の午後は、これを繰り返してた。
しゃがんだり、立ったり、しゃがんだり、立ったり……
したら、あとで、膝にきた。

バカだよな。おれ。

わかっていたことなのに、つい働きすぎた。
家に戻ったら、モグが
「2時間もしてたよ」。
自分的には小一時間のつもりだったが……

だがしかし、雨が2、3日降る前に蒔くといい、と聞いてたし
今日、明日と雨の予報。
つい、頑張ってしまった。
だけど、これで、またクローバーが生えるとなると、うれしい。
f0016892_05555056.jpg
よく見たら、これ、草丈が20〜40cmとある。
生産地:ニュージーランド
どおりで、大きいわけだ。ふだん海岸や公園で見てるのと大きさが違う。

「土壌に対する適応性が広く、ほふく茎を出してよく繁茂するため、
雑草防止や土壌浸食防止に好適。根粒菌で空中の窒素を固定し、
土壌を肥沃化します。ダイズシストセンチュウの密度を抑制します」ですって。

ダイズシストセンチュウ?なにそれ?
調べてきた。こちら へえ〜。マメ科の作物につくって。
あらら、クローバーってマメ科だよね。



[PR]
by hidaneko | 2018-05-13 06:10 | きせつ | Trackback | Comments(0)

菜っ葉をわさわさと食べる日々(青菜のオイル煮など)

今月に入り、菜っ葉が安くなっている。
冬の大雪で、小松菜1束250円だの300円だのと言っていたのが
いまや、近所の安い露天の八百屋さんで小松菜2束で150円だなんて〜!

こちらの地元の菜っ葉、とうな(冬菜? 薹菜?)も
暮れから出ているけれど、今のは露地栽培ので味がいい。
これも、安くなってて、うれしい。
薹が立ち、花がついていても柔らかく、茎も甘みがあって美味しい。

わさわさと、葉っぱが安い時に、我が家で頻繁に出てくるのが「オイル煮」
元は、ブログ「ばーさんがじーさんに作る食卓」で見知ったもの。
(今は休止中ですが・・・・)
こちら「青菜のオイル煮」。これが基本かな?
ブログ内検索してたら「小松菜とセロリのオイル煮」なんてのもあった。

これは、肉や魚料理の付け合わせとしてもいいし、そのまま食べても美味しい。
煮えたての熱いのも美味しいし、冷蔵庫に入れて、冷えたのも美味しい。
冷蔵庫で、数日置けます。

作り方は簡単。
1、洗った菜っ葉をざっくざっくと切って、鍋に入れる
2、上から塩をぱらり、赤唐辛子とニンニクのスライス入れて
3、オリーブオイルをぐるりとかけまわし、蓋を閉めて、弱火にかける
4、湯気がぷーぷー出て来たら、蓋を開けてぐるりとかき混ぜ、茎が柔らかくなっていたらOK

細かく言えば、
1、根っこのところは砂がないように、丁寧にあらう。
  鍋に入れるときは、茎の方から入れて、葉っぱは後から入れてる。
2、塩は少なめ。生の菜っ葉はかさばるからつい多く入れやすいけど
  火が入るとぺしょりとなるので、それに似合う塩加減にする。
  赤唐辛子は、うちではキッチン鋏で縦に切って種を出してます。
  ニンニクはなくてもいい。チューブのを少し入れてもいい。
3、オリーブオイルの量はお好みで。ぐるりとかけて大さじ2〜3というところ?
4、煮えたな、と確認して火を止めて、鍋のまま置いておくと余熱で火が通り過ぎます(経験者)
  煮えたら、すぐ器に移した方が、色が青々としてきれい。

アレンジとして
・菜っ葉といっしょに、エリンギのスライスや、しめじなどキノコを入れても美味。
・菜っ葉といっしょに、ベーコンを入れても美味。ベーコンの塩味の分、塩加減に注意。

菜っ葉は、小松菜はもちろん、冬菜、川流れ(冬菜の一種)、ほうれん草など
菜っ葉として売られている菜以外に、小カブについて来た葉っぱや、大根菜も
まさかと思うけど、ほんとに、美味しく出来上がります。


[PR]
by hidaneko | 2018-04-15 08:49 | きせつ | Trackback | Comments(0)