2018年 07月 11日 ( 1 )

変わりなし

半年ぶりの肺の検診、特に変わりなしー

ってか、担当の医師が変わっていた。
2年交代くらいで、たぶん、大学の医局から派遣されてきてるのでしょう。

また半年後に予約・・・

発症したら5年後の生存率が50%というけど、
6年経った。まだ発症してない。
肺にすりガラス状の影はあるし、雑音はあるというけど。

(同じ病気で友だちを亡くしたという人の話によると
最期は肺が機能しなくなり呼吸困難になってすごく苦しむらしい)

「前回と良くも悪くもなっていません」って医師。
「この病気は良くなることなんてないでしょう?」と、わたし。
「はい、そうです。徐々に悪くなるか、急に悪くなるか
それは分からないのです。
分からないから、半年ごとに様子を見ています」ってさ。

知ってる。
風邪などが引き金で、急性増悪(きゅうせいぞうあく)することもあるって。
したら、命に関わるって。

まあ、誰にせよ、明日の命はわからんもんだが。

[PR]
by hidaneko | 2018-07-11 16:35 | からだ | Trackback | Comments(0)