2018年 02月 03日 ( 1 )

今日は節分・恵方巻き雑感

運送業(トラックの運転手)をやっている、もひかん@mohikan1974 さんが
今朝、ツイッターでつぶやいてた。
「あほほど恵方巻きを運んでます。スーパーやコンビニで競争が年々激化し、どこも必要以上の発注。明日には1/3が売れ残り廃棄されます。つまり今積んでいる1/3はゴミとわかって作ってる食べ物。もうみんな勿体無い事に気付いてるはずやのに、いっせーのででやめられへんもんなんですかね。」
「つまり今積んでいる1/3はゴミとわかって作ってる食べ物。」
この言葉が耳に突き刺さります。
「食べ物を廃棄する無駄」はもちろん、それを運ぶ無駄(ガソリン、労働力)
さらには作る無駄(調理作業をする人の労働力、食材、光熱費の無駄)、
魚を獲ったり、野菜を栽培したり、卵を取るのに養鶏したり……

それらの1/3が無駄な作業……って、本当に無駄だとおもう。

「恵方巻き」なんて習慣はこっちには、かつては無かった。
子供の頃には、落花生に飴玉や小銭のおひねりが入ったものを撒いてた。
「イワシの頭も信心から」というから、目指しの頭を柊の枝に刺して、さ。

恵方巻き。
太巻き寿司を恵方(今年は南南西)を向いて丸のまま黙ってかじるといいことがる、なんて
関西の風習が、コンビニを通じて全国に広まったと聞いたことあるけど。まさに商魂のかたまり。

モグが「恵方巻き食べたいな。海鮮がいい」という。
早めの夕食だったので、お腹が空いたらしい。
(日はモグが、肉団子のスープと、きんぴらごぼうを作ってくれた)
寝そうで眠れないらしく、ぐずぐず言っている。
「恵方巻き……」って。
スーパーのチラシにも恵方巻きの広告は大きく載っていて、何種類もある。
「スーパーまで行ってきてやろうか」というと、待てない、という。
「寝ちゃうかもしれない」と。
スーパーより近くにあるコンビニに行くことにした。仕方ないから。

「600円くらいだからね」とは聞いていた。
だけど、棚を見てびっくり!
これが、セブンの「海の幸恵方巻き」? 小さい!
なんとなく、太巻きくらいをイメージしてた。
中巻きのハーフくらいしかない。これで600円?
わたしは自分用に「福を呼ぶ7品目の恵方巻き」をチョイス。420円。

帰り道、寒風に吹かれて歩きながら考えた。
「この値段って、1/3を廃棄しても損にならないよう価格設定されてる?」
だろうな。

福を呼ぶ7品目は、卵焼きばかりが大きくてあとは申し訳程度。
これなら………ry あとは言うまい。
(わたしは太巻き寿司なら胡桃の入ったのを切ったのが好きだな)

こうやって、無駄なこともひっくるめて経済は回っていくのか?
無駄なこっちゃ、と、やっぱり思う。
買えば、廃棄がそれだけ少なくなるかな、と思って買ったけど、
買えば、売れるんだからまた来年も売ろう、となるのかなあ。
不買の方が良かったのかなあ。

コンビニのアルバイトの人など、割り当てがあってノルマを達成するために自腹を切るとか。
やっぱり、「いっせーので止め!」にした方がいいかもね。



[PR]
by hidaneko | 2018-02-03 19:41 | きせつ | Trackback | Comments(0)