人気ブログランキング |

2006年 06月 04日 ( 2 )

手根管症候群の症状(今のわたしの場合)

朝起きたとき、しびれているのだけれど、最近はしびれの痛みよりも
握力? 指で掴んで物を支える力が落ちてきているのが気になる。

食器洗いをしていて、お皿を落とす。
お茶を淹れ、手渡そうとして、湯飲みを落とす。
開けたての牛乳の1リットルのパックからコップに注ぐのにも、保持できない。
(牛乳がへって、半分以下に軽くなれば、注げる)
なもんで、最近は、床がぴかぴか。(しょっちゅう拭くので)

ガス台の左前方に調味料の棚があるのだけれど、
先日は、そこからお味噌の容器を取ろうとして、落っことした。
たかが1キロ未満のものを、保持できなかった。
ストンと、まっすぐに調理台に落としたから、被害は無かったけれど。

今日は、同じ棚から砂糖のポットをとろうとして、落っことした。
こんどは、傾いて蓋が外れたので、被害甚大。
ちょうど真下の位置においてあった油こし容器が砂糖まみれ。
なもんで、調理台がぴかぴか。
(要らない仕事をふやしている、ともいうけどね)

運転をしていると、ハンドルの振動で、手がしびれてくる。
アイドリング状態のときが、とくに響く。
走行中も、片手ずつ、手を振りながら運転している。
(手首をふると、しびれが軽減される)

自転車に乗っていても、ハンドルを持つ手がしびれてくる。
やっぱり、片手ずつ離して振りながら自転車に乗っている。
踊っているように見えるかな? (笑)

昼寝でもしようかと、仰向けに寝ころんで、
本を持って読んでいると、手がしびれてくる。

大学ノートにメモ書きしていて、頁一枚、書ききれない。
ペンをもつ手が痛くなってくる。
どこが、と、いいにくいけど、親指の付け根とか、手首とか、あちこち。

さっき、プリントアウトしたA4の紙を数枚、左手でもって見ていて
左手が、どうにも辛抱できなくなったのには、ショックだった。
薄い紙を持つのは、親指と手指が向きあう形になるが、そうやっていると
痛みというか、しびれというか、脱力感というか、持てない。

いま、今月中にやらなくてはならないシゴトを、指折り数えていたら手が変なかんじ。
ぎゅっと、グーもできる。パッと、パーもできる。
でも、ゆっくりと指を折って数えていると、その形が保てなくて、指がイヤな感じ。

ちょっと、とほほ・・・。
こうなったら、休み休み、だましだまし、使っていきましょう。
by hidaneko | 2006-06-04 21:13 | からだ | Trackback | Comments(4)

とッ散らかってる

ちょっと片付けるつもりが、大変なことになっちゃった。

モグが、先日キャンセルしていた旅行に出かけるというので
二階の押し入れの天袋から鞄などだしていたのですよ。
で昨日、6月2日(金)の夜行ムーンライト○○で、でかけたのだけれど。

ついでだから、わたしもイスにあがって(モグは背伸びで取れるけどね)
天袋に上げてある物の整理などしはじめたら……
あらら、不用品や、懐かしい品々、でてきて
ついつい、箱などあけて、いちいち見ちゃうのね。

黄ばんだラブレターが出てきましたよ。
うーん、結婚前のあつあつの。ほっほっ。
今のあいつに読ましてやりたいわ。どんなことを言っていたか。
証拠書類、破り捨てられると困るので、またそっと片付けておきました。

古いアルバムが出てきましたよ。
シゴトがらみで、先日、「顔写真を提出せよ」と言われたのに
「近影でなくて、遠影でよろしく」と、幼いころの写真でお茶を濁したのでしたが。
そのとき、さがして見つからなかった「幼年〜小学校時代」の家のアルバム。
小中高の、卒業アルバム、あんなところに、奥深く片付けておいたのね。
(「革の表紙」じゃないので、ユーミンみたいに開いてみたりしてなかった)

端切れが沢山、出てきましたよ。
子供が小さいころに作った服の端切れや、自分のために買って使ってない生地。
リフォームしようとおもって、そのままになっている、ワンピースなど。
子育て時代はお金がなかったから、子供や自分の普段着は手作りしてたものね。
お金がないのは昔も今も同じだけれど、今はミシンを踏む時間もなくて。

天袋のつぎは、押し入れ本体のせいり。
ふとんや、カバー類、整理箱の位置を入れ直したり…
なんか、大掛かりになってしまって、いま、二階はおおばらこくたい!
                         ↑
         (こちらの方言。盛大に散らかっている様子を言う)

どうせ、今日はモグはいないし、わたしも階下のバーサンの隣で寝る日。
二階の片付けはあしたに持ち越し、といたしました。

More
by hidaneko | 2006-06-04 00:59 | くらし | Trackback | Comments(3)