人気ブログランキング |

2005年 01月 10日 ( 1 )

戦闘意欲


こどものおいしゃさん日記 おおきくなりたいね

yamakaw さんの1月6日の日記より
NICU勤務医と家庭ではスケールが違うけど
不公平感はやる気を削ぐ、というのは本当だと思いますね。

>今さら怠けたいとか働きたくないとか臆面もなく言えるほど
>誇りを失ってもいないつもりではある。
>しかし公然と遊んでいられる人があるのと
>全員が目一杯頑張っているのとでは、無理して働くときの納得の度合いが違う。
>こと私自身に関して言えば、不平不満の度合いを決めるのは仕事の絶対量ではなくて
>配分の不公平さの程度のようだと自覚している。

これなのよ〜。

昨日は日曜日。
「肉体労働の日」で、机に向うシゴトはせずに、日頃手抜きの掃除など丁寧にするの。
働くのはいいの。洗濯機3杯をこなし、マイが破いてくれた障子の貼り直し、
ついでに古い電灯の笠の修理、その間にモグを起すべく声をかけたり、
バーサンの食事の介助、下の世話。もちろん掃除もして掃いたり拭いたり・・・
しなくちゃいけないことだから、します。汚いよりきれいなほうが気持ち良いし。
あちこちに「マイの分身(抜け毛)」がフワフワなんてヤだもんね。

でもね、昼近くまで寝ていて、ちょろぱっと掃除機をかけて、
気がついたら居ない、って・・・・・・それはないでしょ。
出かけるなら、そう言ってくれたら、夕食の買い出しを頼んだりもできたのに。


家事は主婦だけのものでないと思う。じゃなきゃ、現実やっていけない。
子どもが小さいときから、家人が出稼ぎ(単身赴任)で不在のときも、
「みんなで汚したのは、みんなできれいにしましょう」これがモットー。
(各自の部屋には干渉しません。どんなに汚れてても。でも共有部分は一緒に掃除しよう)
・・・のつもりで始めた「日曜日は公共の福祉のために」だけど、


・バーサンは要全介護。ま、寝ていてくれるから、片づいてていいけど。
・ボーズ君は、国試前で余裕無し。部屋の入口に貼紙をして
「勉強中なので、声をかけないでください。ほんとうにお願いします」。
・モグちゃんは、良いときは良いけど、今は体調が悪いみたいだし…。

結局、動くのはひだねこと、家人。
わかってるけどさ〜。働きますけどさ〜。
午後、こっちはばたばた働いているときに、こっそり抜け出し、
夕方遅く帰ってきて、煙草のにおいさせているのって、どうよ。
P店で燻製になってきたのと違う?
そういうのって、戦闘意欲をそがれるのよ、わたし。

この記事へのコメント
by hidaneko | 2005-01-10 10:20 | かぞく | Trackback | Comments(0)