発送完了!

アリさんから頼まれていた荷物の発送がようやく終わった。
アメリカからこちらに送って、そのままになっていたダンボール箱2つを転送。
といっても、箱が壊れかけていたので、新しい箱に詰め直した。
それにしても……、いかにもアリさんらしい詰め方で、びっくり!
「よくもまあ!!!!」って、感嘆の大売り出ししたいくらいゴチャマゼ。
いくら時間がなかったとは言え、衣類を畳みもせずに丸めて袋につめこみ
間に、CDや、本や、ファイルがばらばらに入っている。
かと思えば化粧品のバッグやヨガマットまで。かさばるわけだ。

一回り小さい箱しかなかったから2つでは無理で3つになるかと思ったけど
きちんと入れたら、2つでたりましたよ。でも、重い。

もうひとつは、本だな。
古いのだけど、買うより送料の方がやすいだろうとのアリさんのモクロミ。
「家財宅配便ってのがあって、梱包からすべてやってくれるから」との情報。
じつは、それ、わたしが中学になるとき、父親から買ってもらった本だな。
古いから、合板じゃなくて木なので、重い。重いけど頑丈。
「色を塗り替えて使おうかと思って…」
その気持ちが嬉しい。送料、アリさんが言ったのよりよけいかかったけど、いいわ。
物の命があるものを、活かして使ってくれるというのだから。

全部、着日にち指定で送ったから、もう、気が楽。

あ、そうそう、転出届のことがあったんだ。
市役所に問いあわせ、手続きの方法をメールしたんだもん
あとは、アリさんにまかせよう。
引っ越してって、けっこう手間取りますねえ。
[PR]
by hidaneko | 2006-12-14 20:36 | かぞく | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://hidaneko.exblog.jp/tb/4058557
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ひろ@奈良 at 2006-12-15 21:26 x
今、娘は東京にいます。
東京に引っ越す時には、hidanekoさんと同じことをしていました。
東京に行ってからも、娘の気に入る服を購入しては送っていたようです。娘の気に入った服屋さんがこちらにあるからなのですが。
Commented by hidaneko at 2006-12-16 07:32
>ひろ先生

親ってバカですね。
子供といっても、もう大人なんだから放っておいてもよさそうなものを
頼まれると、つい、世話をやいちゃいます。
Commented by ぼやっきー at 2006-12-16 08:57 x
そんな 馬鹿?な親たちのおかげで
子供である私たちは 幸せをかみしめておるのですよ
時にあまえ ときに あまえw ときにあまえ

本当に おやのありがたみを感じて生きてゆくのです

私も かじられても朽ちない 脛をもっておきたい

そのうち ひだねこさんに 心温まる エピソードだらけの
本 おくりますよw 最近 本見て 涙でたのは 久しぶりだw
Commented by hidaneko at 2006-12-17 01:04
>ぼやっきーさん

親の恩は子にかえせ、ってバーサンに言われましたっヶ。
御本、なんでしょう、楽しみに待ってます。


<< 手が痛かった(手術から2カ月) ガス給湯器が壊れた >>