会話・話題

連休中、どこへも行く予定がなく、少し出たくなって
豪農の館の藤を見に行きたくなった。
「暇な時、電話してよ」と言われていたご近所の友達に電話したら
「美術館へ行きたいけど、交通手段に迷っていたの。
バスだと便が少ないし、一緒に行かない?」とのお誘いを受けた。
「藤は去年行ったでしょ」と、拒絶された。
わたしは、気持ちの良いところなら、何度でも行きたいひと。
今年も行きたいな、豪農の広い座敷でのんびりしたり
満開の藤を見たいな、と思ったけれど、友の誘いに乗った。

とても気さくな良いひとなのよ。
うちの家族のこともよく知っていてくれて。
バーサンの最期に、助けてもらってありがたかった、
この恩は忘れない。

だけど……、車で美術館へ行く小一時間の道中
話は、彼女の夫を貶すことばかりで、聞いてて辛かった。
うちだって、愚痴は言うけど、夫を罵倒するような言葉は吐かない(つもり)
あー、でも、やっているかなあ、わたしも。
聞き苦しい、見苦しいこと、自分では気付かずにやっているかも。

あと、自分が読んで感銘を受けた漢方医の本で
「血流が大事」と知り、それを私の疾患にも当てはめるの。
「ひだまりねこさんの膝が悪いのも血行のせいよ」と言う。
「血行を良くするためには、かかとを上げてドンと下ろすのをやるといいの。
一度に10回、それを1日に朝昼晩と3回するといいのよ」と。

私の膝は、加齢による膝軟骨の摩耗と、
介護で重いバーサンの移乗など膝に負担がかかったことによるの。
確かに血行も少しは関与するとおもうけど、
「かかとドン」をすると、膝に響く、膝が痛む。
人によって体調は違うし症状も違うし、一概に言えないと思う。
しまいには、「放っておいてよ」と言いたくなった。
自分の健康法を進めるのもほどほどにしなくては、と思った。

で、展覧会?
足立美術館所蔵の、横山大観と近代日本画名品展。
日本画って、どうやって描くのかなあ、と思いながら見てきた。
デッサンもするのだろうが、脳内の概念で描いているみたいなのもあったりして。

そして、横山大観でも、やっぱり戦時中は賛美する絵を描いたのだな、と。
具体的に兵隊さんを描くのではなくて、
海に昇る太陽を強調して日の丸を連想させる絵とかあったりして。
うーむ。

[PR]
by hidaneko | 2018-05-04 18:28 | みきき | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://hidaneko.exblog.jp/tb/29770178
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 連休最後の日、プールは案外空いていた 今日は何もしなかった。本を読ん... >>