わさび菜と蕗煮

先日、露天の市に、珍しく、わさび菜が出ていたので買って来た。
わさび菜は、Gサンの山里の味だから、懐かしいかな、と思って買って来た。
まさに、この時期しか出てないからね。
わさび菜の食べ方は、前に こちら で書いた。ちょっと手間がかかる。
f0016892_17501482.jpg
珍しいわさび菜、Gサンは特に美味しいとか、珍しいなとか言わず、
だまって食べていた。がっかりだね。

昨日は蕗を買って来た。これも季節の物であるし
Gサンもモグも好きだから、と思って買って来た。

蕗って、下ごしらえに手がかかる。
人参みたいにピーラーで剥いて切ればいい、と言うものでもない。
指先をアクで黒くしながら皮をむいて、下ゆでして水に晒しアク抜きをして。
それから、煮物や味噌汁にも使う。愛がないとできないなあ、と思った。

昨日は、蕗と、梅型に切った人参、手綱に結んだこんにゃく、それに干し椎茸で
だしをきかせて、うまうまと、煮込んだ。(うちの場合はねこぢるだけど)
あとメニューは、鶏胸肉のピカタ・ピーマンソテー添え、コールスロー、
味噌汁、自家製ぬか漬け。

バーサンが生きていた頃は、バーさんが好きだし美味しいと言ってくれるし
タケノコでも、フキでも、季節のものを食卓にのせていた。
どっちも下ごしらえが面倒だけど、美味しいと言ってくれたら報われる。

今朝、めずらしく、Gサンが居間で食事をしていた。
(最近は、Gは朝夕ともお盆で自室に持ち込んでこっそり食べていた)

Gサン、昨夜の残りで味のしみた蕗を食べながら
「蕗の筋を取るのは面倒か? この蕗は筋が多いなあ」ってひとこと。
食べながら、筋を皿に出していた。

実は、わたしは昨日、煮物を食べてなかった。
だから「そうですか、すみません」と応えたけど、
あとでモグに聞いたら「特に筋っぽいとかなかったよ」と。

手間かけて、指先アクで黒くして、味加減を見て煮て出しても
「おいしい」でもなく「ありがとう」でもなく、「筋が多い」ですか。
前から「やったことを評価しないで、落ち度をあげつらう」人だったけどね。
がっくりきたよ。

今夕、
さらに残っていた煮物の蕗を食べたけど、そう筋っぽく感じなかった。
ちゃんと、スキッと噛み切れた。ふつうに食べられた。
二口目、ちょっとよそ見してて、噛み方が弱かったら、筋が噛み切れなかった。
ひょっとして、Gサン、顎の筋肉が弱くなり、噛み切れなかったのかな?
それだけ、老いぼれて来た、と言うこと?


〈蕗の下ごしらえ〉
蕗を巻いてあるラップの中に、生産者組合からの紙片が入っていた。
「鍋に入る長さに切って2〜3分茹で、それから皮を剥くといい」とある。
それ、前にもやったことがあるんだけど、皮が厚く剥けてしまうの。
皮に身がくっついて行く、というか。
その感覚が嫌だから、私は生で皮をむいている。

[PR]
by hidaneko | 2018-04-25 19:35 | くらし | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://hidaneko.exblog.jp/tb/29745189
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 晴れて暑い日 ヤマザキの串団子(醤油) >>