今年度最後のおはなし会

午前中、図書館主催(公民館会場)の「おはなし会」
といっても、ストーリーテリングじゃなくて
絵本の読み聞かせですけど。

今日も、とても小さなお子さん(10カ月ですって)から
年長組さんくらいのお子さんまで、6名+親御さん4名。

1,わたしのワンピース(にしまきかやこ)
2,ぶかぶかティッチ(パット・ハッチンス)
3,もちっこやいて(やぎゅうげんいちろう)
4,わにわにのごちそう(山口マオ・絵)
5,からすのパンやさん(かこさとし)

わたしは、1と、4を読みました。
今日のお客様は男の子が多かったから(女の子1名)
読む前に「女の子っぽい絵本はどうかな?」と思ったけれど
ちゃんと聞いててくれて、次を予測して「○○だね」とか、

熱心な子は、早くページをめくってよ、というように、身振りしたり
予測してたようにワンピースが変化すると、にこにこしてた。
そして、さいごに「ふ〜」っと、満足のため息が、あちこちで。
こんなに食い入って観てくれたの、久しぶりで嬉しかった。

あと、「わにわにのごちそう」は、しっかり楽しんでくれた。
大人にも大受け。(笑)

他の人が読んだので、やぎゅうげんいちろうの「もちっこやいて」
あの、手遊びが絵本になってて・・・
どうやって読むのかな、と思ったら、絵本の前に手遊びをして、
「絵本の中にもでてくるから、いっしょに手遊びしてね」って。
絵本の中で、あのフレーズが出てくる度に、
みんなで手遊びをいっしょにして、楽しかった。

「もちっこやいて」だから、冬のお正月くらい向きかな、
という気もしたけど、絵本には北風もでてくるけれど
春風も出てくるし、こっちはまだストーブ焚いてるし
違和感なく、たっぷり楽しめました。

最後の「からすのパンやさん」
とても面白い絵本なんだけど、
10カ月の赤ちゃんがあきてきて(当然です)ぐずるのを
後ろにすわっていた、わたしが無声で身振りだけで
「いないいないばー」したり、あやしていたのだけれど
お母さんが、ガラガラを取り出して遊ばせはじめて…
本来なら、お母さんの方で気を聞かせて、
赤ちゃんが泣いたら、部屋の外に出て下さる方もいるのに
今日のお母さんは、御自身が絵本を聞きたかったのか
ガラガラであやしながら、最後までいらっしゃって…。

あれは、やっぱり、ご注意申し上げた方が良かったのかな。
どうお声がけしたらいいのか、難しいわぁ。



昼には、図書館で調べ物や書き物をしていたモグと
待ち合わせて、カフェでランチ。


午後から、場所を移して・・・
四月から新しいことをはじめるのだけれど
その説明会に参加してきました。

30分と言われていたのに、延びてしまって
45分くらいかな。それでもなんか、とても疲れてしまって、
帰ってきたら、バタンキューでした。
[PR]
by hidaneko | 2015-03-15 19:34 | ほ ん | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://hidaneko.exblog.jp/tb/23789138
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by g-san1101 at 2015-03-21 11:29
「わたしのワンピース」はうちの長男のお気に入りでした。
なので、私の読み聞かせでもよく読んでました。
Commented by hidaneko at 2015-03-22 08:31
>g-sanさん

コメントありがとうございます。
そうですか。御長男さんも、お気に入り…。
ワンピースだから女の子っぽい、と思ったのはわたしの取り越し苦労でした。
お話の展開がはっきりしてるから、男女関係なく楽しめるんですね。


<< 今週のたなくじ てんやわんや >>