貼り紙の理由(モグの説・アスピーの取説)

昼過ぎ、ハウスへ仕事に行っていたモグが帰ってきたので、
戸棚を開けて、Gサンが書いた貼り紙を見せた。

そしたら
「アスペルガーだね」と言われた。

「いかにもアスピーだわ。
自分が安心するのよ、目で見えるから」と。

口で言うのだと、アスペルガーの人は、
自分で言ったか言わなかったか分からなくなって、不安になる。
だから、紙に書いて貼れば、自分で見えるから、伝えたと安心できる。

「はぁ〜? そうなの?」
「うん、アスペルガーの人は、ね。
 ハウスに来るY氏もそう。アスピーだから」

Y氏の話は前から聞いている。
モグと一緒に仕事をしなくてはならない場面が時々あり
そのたびに、モグは愚痴っていた。
「Y氏はつかえない、いちいち指示を出さないとダメなのよ」
内部の打合せ会議の次第など、モグが書き出して、Y氏が読むとか。
モグの話も、メモしてもらう、とか言っていた。

うーん、
分かったつもりでいても、わかってないな、わたし。
アスペルガーの人には、書いてあげると分かる、と聞いたし
実際、夕御飯を時差食べするGサンには、もう数年前から
その日のメニューを書いて、食卓に置いておく。

「お刺し身あります。冷蔵庫。
煮物、ガス台の鍋の中、温めて食べて下さい」って感じに。
そして、冷蔵庫のお刺し身の皿には、
ラップの上に、Gサンの頭文字を付箋に書いて貼っておく。

だけど、
「自分で言った事が、言ったか分からなくなるので
紙に書いて貼ると自分が安心出来る」って、知らなかった。
アスピーの取説、むずかしいや。
by hidaneko | 2015-02-17 15:15 | くらし | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://hidaneko.exblog.jp/tb/23683337
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 久しぶりに〆サバを作った 口で言ってよ >>