本好きな方へ

こんな支援の仕方もある。
「復興書店」(こちら
作家、島田雅彦氏の提案で始まったという。
氏が店長を務めている。
「作家たちに自著を提供してもらい、それにサインやメッセージを書き込み、プレミア本にして、復興書店に送ってもらう。復興書店は商品リストを作り、ウエッブ上の書店にアップする。あとは読者がお気に入りの本を買う。売上から最小限の管理コストを差し引いた額を日本赤十字社あるいは信頼のおける復興支援団体に寄付する。つまり、「本を買えば、募金したことになる」というシステムです。」

好きな作家さんの本を手に入れ、募金もできるシステム。
ただし、
「復興書店で扱う書籍は長らく著作家の書斎や出版社の倉庫に保管されていたこともあり、自然劣化や汚れが認められる場合があります。
また商品発送、サインやメッセージ記入の際にも多少の傷や汚れがつく場合があります。
新しいものもいつか古び、形あるものはいずれ壊れることをあらかじめお含みおきくださいますと、幸いです」

当然のこととおもうけれど、
わざわざおことわりしてあるのが良心的ですね。
クレームつける人もいるのかなあ。
[PR]
by hidaneko | 2011-04-17 00:20 | ほ ん | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://hidaneko.exblog.jp/tb/15825437
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< パープルリボン 山岸凉子の『パエトーン』 >>