今日の曲

今日、別の皮膚科に言った帰り道
モグと歌ったのはB'zの「RUN」

帰ってきて、YouTubeで聞いたのは
サイモンとガーファンクルの「明日に架ける橋」

そして、いま聞いているのは
中島みゆきの「二隻の舟」

究極の愛の歌に思えるの。
どの曲も歌詞を見るとしみじみと泣きたくなるんだ。
恋愛というより、むしろ、わたしには
同じ時代を生きていく友への
揺るぎない信頼と愛の歌に思えるのだけれど・・・。



YouTubeで聞きたい方はこちらへ
RUN

Bridge Over Troubled Water

二隻の舟




ネットで検索し図書館で調べ
体験談を読み、家族の話を聞いて
おおよそのことは知っていた。

弟のR君も専門外だけど、って聞いてくれて
ナローバンドの方が新だけ、いいという人は多いみたい、
とメールをくれた。
「まあ、予約を来週いれてあるので、
行って話を聞いてくるわ」とレスしたのが先週。

ナローバンドの機械があるからと、片道四十五分くらいの道のり
隣町の皮膚科には、玄関口に巨大なプーくまの縫いぐるみ、
受付には開院六周年の胡蝶蘭が飾られて、新しくきれいな医院。

「ひとりで先生のはなしをきけるから・・・・」と診察室に一人ではいったモグ。
いずれにせよ、わたしは覚悟が出来ていたけれど
モグにしてみたら、やっぱり、すぐには治らないというのは
またも、つらい現実を突きつけられた形になったみたい、
ナローバンドをしていても、効果が出るとしても
週に1〜2回ずつ、通い続けて半年以上、数年
かかっても、効く人には効くが、結果のでないこともある、と
その間、他の部位に出来ないということは言えない、と。

「体全体のひとは全部に照射するけれど
わたしみたいに足だけの部分だと、周囲をタオルで被って
そこだけ当たるようにするんだって」
一週間に1−2回。数ヶ月数年単位で治療して、
効果のあるひとと、ないひとがいるって。
あの先生が何人治療したかは訊いてこなかったけど」

「分かった。お互いにすこし考えてみようよ。
モグはどれが自分に一番寄さそうか、続けられそうか、
母は母で、別に考えてみるから・・・」



「やっぱり、母は、ステロイドの内服をしたほうが言いように思う。
ナローバンドはそこだけの治療で、良くなるかならないかは体質とか人による。
他の部位が悪くなるかは分からない。

ステロイドの内服も、合う人と、合わない人がいるという。
でも効くなら、体全体に効いてくるのだからやってみてはどうだろう。
母は円形脱毛症の時、ひどくてアルシンドみたいになっちゃって
あの先生にステロイドの内服で治療してもらって治ってきた経験があるから
ステロイドも使い方によっては、そう怖いことはないと思っている。
始め、ガツンとたたいて、徐々に減らしていくというし・・・・。

でも、選ぶのはモグ。自分で通える、続けられる方がいいと思う。
あと、先生との相性もある。新しい先生と気が合いそうだった?」


お互いに、かなり気持ちは傾いてきていると思う。
すこし時間を置こう。すぐに結論だすこともないから。
治療開始は早いに超したことはないけど、あせることもない。
長期戦になるのだから、納得してからはじめたい。
[PR]
by hidaneko | 2009-07-22 22:29 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://hidaneko.exblog.jp/tb/11579685
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ふいづ at 2009-07-23 20:43 x
「二隻の舟」は泣かされますね。
遠くにいても姿は見えなくてもつながってること、
時には他の人には見えにくいこともある“荒海”にいることを
知っていてくれる人がいるということ、
何気ないようでいて実はすごく力を与えてくれる気がする。

ひだねこさんのおかげで、素敵な歌に逢っちゃった♪
と思ってるのですよ^^
いつか弾きたいなぁ・・・。
Commented by hidaneko at 2009-07-23 20:47
>ふいづさん

いつか聴かせてください。^^
Commented by g-san1101 at 2009-07-24 07:49
「二隻の舟」は愛の歌です。
ひとつひとつの…のところで泣けます。
夜会で聞けなくなって切なくなりました。
Commented by hidaneko at 2009-07-25 02:20
>g-sanさん

確かにおっしゃる通りです。
それぞれの舟、それぞれの人生をゆきながら、
それでも、遠くに、あの人がいるから・・・・と。

曲の意味を過大解釈して、ネットの友だちとの友愛にもつかいたい、ひだまりねこです。


<< 足のりマイちゃん 朝から雨です >>