犬も食わない

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]
# by hidaneko | 2018-07-17 20:17 | かぞく

糠味噌が腐る

数日手入れをしなかったら、糠味噌の上にうっすらと白カビ。
これは害ではないと聞いていたから(といって良いものでもないが)
カビの部分だけ表面をこそげて、捨て、
糠味噌に塩を足して、しっかりかき混ぜた。

糠味噌をかき混ぜると、知人のご母堂の話を思い出す。
ご母堂が亡くなった時、知人が思い出を話してくれたのだ。
「夏になると、朝の3時4時に起きて、糠味噌にキュウリを漬けて
朝ごはんの時に食べ頃のを出してくれたんだ」と。

漬物には愛が必要だ、と思うな。

うちの場合は、糠味噌は一年中、冷蔵庫に保存しているから
夏だから漬かりがいい、などはなくて、翌日が食べごろ。
だけど、やっぱり、糠味噌はしっかり混ぜて手入れしないと上手くいかない。

ここ数日、かき混ぜてなかったのは
数日前の諍いの時、Gサンが「これからメシは要らない」と言ったから。
「どうするんですか?」と聞いたら
「醤油でもかけて食べるから」とのこと。
米飯はGサンが自分で米を買ってきて、自分で研いで炊飯器にセットして
炊けたご飯はGサンだけが食べている。これは数年前からのこと。
本人がそうすると言ったから、そのままにしてある。

今回の「メシは要らない」は、Gサンが自分で言い出したこと。
わたしは「はあ、そうですか」と受けた。
わたしが「ご飯はつくりません!」と言ったのではない。

漬物は、ほぼ、Gサンが食べる。
わたしもモグも、漬物がなくても特に困らない。
あれば食べる、という程度。
Gは、一昨日、昨日と帰省していた。
昨日帰ってきたのだけれど、その間、糠味噌は放置されてた。冷蔵庫の中で。

この季節、キュウリの塩麹漬けもうまい。これはモグが好きだから作る。
ナスの塩漬けも、Gサンの好物だけど、漬け具合が難しい。
にがり入りの天然塩をつかい、古釘でナスの色を出す。
発酵しかかったのが好きだという。塩梅が難しい。
この夏は、1回作ったけど、特においしいでもなければ、ありがとうでもない。
だから、それ以来作っていない。

漬物をつけるには、愛が必要だと思う。

料理なんて、適当にしてれば、食べられるのが作られるけど、
漬物は、塩梅を見たり漬ける時間を計算したり、心を配らないとね。
恩に着せるわけじゃないけど、
美味しかったら美味しいと言ってほしいし
イマイチだったら、そう言ってもらえば工夫するのに。

うんともすんともないのは、やる気なくなるね。

[PR]
# by hidaneko | 2018-07-17 18:58 | くらし | Trackback | Comments(0)

今週のたなくじ

f0016892_71479.jpg

暑い毎日です。
熱中症に気をつけて、
今週もお元気で〜!
[PR]
# by hidaneko | 2018-07-16 07:01 | Trackback | Comments(0)

三浦しをん『あの家に暮らす四人の女』を読んでいた

猛烈な暑さだ。
日曜恒例の掃除を済ませ、洗濯をして、
そのあと、庭や植木鉢に水やりに外へ出たら、眩しい陽光。
まだ9時だというのに、もうクラクラしそう。頭が熱くなる。
こりゃ、外仕事は無理だ。どうせプールも混むだろう。

Gサンは朝早く出かけて行った。
前に「駅まで送って行ってくれ。6:40に家を出る」と言っていたのが
今朝になり「バスがあるから、バスで行く」と、5時過ぎに出て言った。
モグは、今夜は友達と飲み会だと言っていた。夕ご飯は要らない。

ということで、今日は、2階でごろごろしてた。
海側の窓から風が入ってくるから、冷房をしれなくてもそう暑く感じない。
ごろごろのお相手は『あの家に暮らす四人の女』
このところ、三浦しをんづいているのだ。
昨日は『光』を読了した。これはきつかった。
中身を知らずに、図書館の書架にあったのを、軽い気持ちで借りたのだけれど、
読みながら「しんどい」と思いながら読んだ。愛憎、駆け引き、殺人・・・

映画になりそうな内容だな、と検索したら、2017年(去年)映画化されていた。
今日読むつもりだった「あの家に〜」の返却日を確かめるために
図書館のサイトへ行ったら、予約が付いていた。
そう新しい本じゃないし、なぜに予約? と思ったら、
最近、文庫本化されて、ドラマ化もされる予定という。なるほど、それで人気?

杉並区の古い屋敷に住む、四人の女たちの話。(現代の『細雪』みたい?)
母親(鶴代)と娘(佐知)、そして娘の友達(雪乃)、その部下の女性(多恵美)。
以前読んだ梨木香歩の『からくりからくさ』と、ふと思い出す。
他人達が共同生活を営む、という共通点で。
また、映画『万引き家族』の、血縁のない家族のあり方をも。

自分が、家族のあり方について悩んでいるからかな。

Gは、何と言ったのだったろう?
「バリアー」?「バリケード」?
Gサンが家庭内別居のように、自室にこもるのは、
私がバリアーをつくっているからだって。
わからん。バリアーやバリケードを作っているのはGサンの方だと思うのだが。

わからん、といいつつ、わかろうとして、でも叶わず疲れ果てる
カサンドラ症候群?



[PR]
# by hidaneko | 2018-07-15 19:54 | かぞく | Trackback | Comments(0)

としをとるのはステキなことです そうじゃないですか〜♪

いやあ、年寄りは朝が早いといいますが、
わたしもしっかり年寄りの仲間入りです。

三時にトイレに起きたら、そのまま目が覚めて…
そんなに早く起きたら眠くない?と言われそうだけど
寝るのが早いからね(笑)
まあ、悪循環ともいいますが。

落語で「カラス、かぁと鳴いて夜が明けて…」といいますが
三時半にカラスが鳴いて、びっくり。早すぎ。
と思ったら、四時には空が白んできました。

白むといえば、ひだまりねこの頭もだいぶ白んできまして。
若白髪を毛染めでごまかして幾星霜(30年だよ)
そろそろ白髪染めに飽きてきた頃、きっかけがあって
今年の2月から染めてない。
それまでのボブからショートカットにして、それが伸びてきて、
根元は白く、毛先こげ茶。メッシュのようになっています。
モグに「長毛種の猫みたい」と言われてますが、なにか?

この半白髪、とても気が楽。
染めてた時は毛染めのタイミングを計算したり、金もかかるし
そういうストレスが無くなった。
毛染めという化学物質による頭皮のダメッジもあったわけで
それが無くなることで、頭皮が健やかになる。
少しだけど、頭頂に白いだけの毛が3、4センチにツンツン。
染めてないから、あとで生えてきたものと思われます。
毛が増えた? それだけ毛染めで傷められてたわけ?

この半白髪、意外な使い道があることが判明。
あのね、年寄りに見られるの。
これまでは、白髪染めして黒い頭で、若ぶってたわけ。
バスなどの優先座席も座らない。
「優先座席は年寄りや妊婦さん、怪我や障害のある人のもの」
という思いがあって、多少膝が痛くても、疲れていても、立ってた。
だけど最近は、他の席が空いてない時には、
優先座席に座らせていただいている。
肩身が狭くない。
「すみませ〜ん、年寄りだから座らせていただきます」って感じ。

あと、もう一つ。
ひだまりねこがよく行く大型スーパーは
雪国仕様か、二重ドアになっている。
歩道から店に入る時、手で開けるスイングドアがあって、
風防室があって、店内に入る自動ドアがある。
この、スイングドア、本当に重いのよ。
両手に買い物袋を提げていたりすると、開けにくい。
それが……この前、お店に行ったら、
前に通った人が、わたしが通るまで手で押さえててくださって。
「ああ、年寄りをいたわってくださっているのだな」と思った。
白髪のありがたさを感じたのでありました。



[PR]
# by hidaneko | 2018-07-13 04:20 | くらし | Trackback | Comments(0)