タグ:浮世(あるいは社会問題) ( 148 ) タグの人気記事

ちょっと違和感

机の上を整理してたら、
このあいだ図書館でもらったポケットティッシュがでてきた。
4月2日の、国連が定めた世界自閉症啓発デーに合わせて
「発達障害の理解のために」という展示が図書館であった。
発達障害関係のポスターや掲示物、書籍類の展示があり
そのときにもらってきたティッシュだった。

マークが付いていて、
「県が公募により選定した
発達障がい者支援のシンボルマークです」とある。
「発達障がいの仲間とともに」という文字と
赤い小さめのハート型の人と、
ピンクの大きめのハート型の人が握手してる。
f0016892_19541316.jpg

だけど、これ、大人が子供をかばっているようにも見える。
健常者、定型発達の人(ピンク)が、障害児(赤)を抱き守ってる、
というふうに見える。

いいじゃない? と思われるかもしれないけど、そこに引っかかった。
自閉症は、子供だけじゃない。
発達障がいは、子供だけじゃない。
第一、文字に「仲間とともに」とある。
仲間って、対等の関係だと思う。
障がいがあっても、なくても、対等に・・・と、わたしは思う。
だから、このマークに違和感を覚える。

ティッシュに挟み込まれた紙を開くと・・・
「発達障害者支援法について
平成17年4月より「発達障害者支援法」に基づいた取り組みがスタートしています。
発達障害者支援法では、発達障がいのある人が、生まれてから年をとるまで、それぞれのライフステージ(年齢)にあった適切な支援を受けられるような体制を整えるとともに、この障がいが広く国民のみなさんに理解されることを目指しています。」

それぞれのライフステージ(年齢)とあるのだから、子供だけじゃないとわかっているはずなのに。
でも、障害者が小さめに描かれたマーク。
公募の中からこれを選んだセンス(の、悪さ)
支援するということと、下に見るということは違うと思うんだけど。
マークの選考者や県の担当者の意識の中にあるのだろうな。

え?わたし?
Gサンを下に見てる? 
いやいや、対等だと思うから、時々腹がたつのだ。
理解しようとしてるから苦労するのだ。

なお、この文中に、「障害者」と「障がい」が混在してるのは、引用元がそうだから。
[PR]
by hidaneko | 2016-04-25 19:54 | Trackback | Comments(0)

震災から9日

今月14日からの熊本・大分大震災から9日目。
これまでに48人が亡くなり、行方不明のままの方も2人
まだ避難している人が約9万人もいると聞く。

それなのに、呑気に絵を見に行ったり水芭蕉をアップしたり、
呑気すぎて申し訳ない気もする。
九州から遠いから、呑気でいられる・・・のかもしれない。
でも、ここで、わたしが眉根に皺をよせててもなんの役にも立たない。
気分転換して、元気でいるほうが、応援もできると思う。
(はい、言い訳です)

震災関連でさまざまな情報がはいってくるけれど、
まだ激甚災害されてないってのもびっくりだけど
ようやく安倍総理が現地視察にいくというけど、
ほんとに、思うこと、腹の立つこといっぱいだけど、
そんな中で、おやっと思ったのが、これ。
「偽善で売名ですよ」杉良太郎の復興支援インタビューが男前すぎる

5年前の東日本大震災のときのことだけど、知らなかった。
杉良太郎さんがこういうことを、なさっていたということ。

「偽善とか売名と言われることもあると思いますが…」
と聞かれた杉さんが、
「ああ、偽善で売名ですよ。偽善のために今まで数十億を自腹で使ってきたんです。私のことをそういうふうにおっしゃる方々もぜひ自腹で数十億出して名前を売ったらいいですよ」
と答えた語録が「男前」と評価され、改めて拡散しているそうです。

これだけだと、ちょっと嫌味にも聞こえるけど、続きがある。
また、これとは別に、「寄付したくてもできない」という方々に向けられた以下のような杉さんからのメッセージも話題になっているようですね。

「福祉をやるには確かに時間とお金がかかる。特にお金がないと見栄えのいい福祉はできません。でも、お金がない人は時間を寄付すればいい。お金も時間もない人は、福祉に対する理解を示し、実際に活動をしている人に拍手を送るだけで十分。それでもう立派な福祉家なんです。福祉ってそういうもんです。」

>お金も時間もない人は、福祉に対する理解を示し、実際に活動をしている人に拍手を送るだけで十分。それでもう立派な福祉家なんです。
わたし、お金は少し寄付したけど(ほんとに少ししかできなかったけど)
理解して応援、は、していきたいと思う。

自分は自分のところで闘いながら・・・

More
[PR]
by hidaneko | 2016-04-23 05:05 | うきよ | Trackback | Comments(0)

なんだか、つかれたね。

辛いニュースが多いから、
あまりテレビやニュースは見たくない。
でも、つい、みてしまう・・・

だから、だけど? 
たまには、こんな素敵な写真をみて、目を洗おう。
ミクロの世界はこんなにも美しい!カタツムリ目線でとらえた童話のような世界観に思わずウットリ・・・
http://spotlight-media.jp/article/150166899100578630

More:ニュースから
[PR]
by hidaneko | 2016-04-17 22:32 | うきよ | Trackback | Comments(0)

雨です。寒いです。

昨日暖かかったのと、さすが4月との思いで、
セーター脱いだら、寒いです。
我が家、家の中が寒いから。

被災地でも雨ですってね。
寒いでしょうね。

   ・   ・   ・

買って応援、と熊本の物品を買う運動が起きているらしいですが
被災地の方からの、昨日のツイートで、

>熊本銘菓を買って支援しようとかは落ち着いてからがありがたいです。
注文入れば工場スタッフが危険でも生産に駆り出されるのです。
私の母が工場で働いてて現に昨日も出勤させられてます。
ありがたいけど、とりあえず購入支援はもう少したってからがありがたいです。
まずは募金とか物資提供がいいのでは

・・・・支援、応援は難しいですね。
遠くの地での気持ちと、現場の事情と・・・
[PR]
by hidaneko | 2016-04-17 08:54 | うきよ | Trackback | Comments(0)

「災害支援手帖 臨時公開版」

ツイッターより
荻上チキ ‏@torakare さんから

>熊本地震を受け、拙著『災害支援手帖』(木楽舎)の全ページをPDFで無料公開いたしました。東日本大震災の被災地、支援団体を取材し、災害支援についての基礎知識やヒントとなる事例をまとめたものです。少しでもお役に立てれば幸いです。
http://books.kirakusha.com/saigaishien/
こちらリンク先は目次。
そこからPDFで本文に入ります。

臨時公開版の災害支援手帖は、印刷での彩色前のデータを流用しているため、書籍版とは大きく色が異なります。
A5サイズで構成されています。
公開期間は未定です。
著作権は、著者および木楽舎に帰属します。

わたしはまだ全部読んだわけじゃないけど
かなり詳しくてためになります。
例えば、義援金と支援金の違いとか…

公開期間は未定ということですが、
ぜひ読んでみたいと思いました。
[PR]
by hidaneko | 2016-04-15 23:33 | うきよ | Trackback | Comments(4)

もうひとつ。国民皆保険について

これも・・・
気になっていたこと。

世界的に稀な素晴らしい日本の国民皆保険、崩壊の現実味高まる…患者の自費負担増も
http://megalodon.jp/2016-0412-0152-33/biz-journal.jp/2016/04/post_14605.html
世界的に稀な素晴らしい日本の国民皆保険、崩壊の現実味高まる…患者の自費負担増も・その2
http://biz-journal.jp/2016/04/post_14605_2.html

医療費をレストランでのオーダーに喩えているけど

>「どんな料理を食べようが3割負担が上限で、そして毎月8万円の負担も上限となれば、料理を注文するほうは少しでも美味しい料理を食べたくなる。少々満腹でも、美味しそうなものがあれば注文する。そしてオーダーを取るほうもちょっとでも美味しい料理があれば当然にそれを勧めるし、ましてや上限額を超えた場合は懐の心配が不要になるので、どんな高級シャンパンを勧めてもお客さんに嫌な顔はされない」

本当にそうだろうか。
不必要な検査や薬や治療は避けたいのが患者の気持ちじゃない?

>「もしレストランで顧客が7割以上を援助してもらえ、その援助額に上限が決まっていて、それ以上はすべて全額を自分で払うとなれば、顧客の注文の仕方も変わってくる。少しは今月はどのぐらい払ったのだろうという気遣いをしながら注文する。またレストラン側にも税金から補填する総額を決めれば、顧客の必要性をもっと吟味しながらオーダーを取るだろう」


貧乏人は、請求を気にして病院に行かなくなる・・・
貧しくて医者にかかれない「おしん」はそう遠い昔のことじゃないのよね。
[PR]
by hidaneko | 2016-04-12 01:56 | うきよ | Trackback | Comments(0)

ちょっとショック!

わたしが参加している「子どもの本九条の会」から
「戦争法の廃止を求める 2000 万人統一署名」の用紙が送られてきていた。

子どもの本九条の会ブログ
九条の会 署名呼びかけページ
九条の会 署名用紙(PDF)

先週の金曜日の夜に会った友も
「署名するから用紙を送ってよ」と言っていたので
コピーして郵送した。

今朝、遅く起きてきたGサンに
「もし、賛同いただけるなら署名してください」と言ったら
「おれは、ちょっと・・・」と言う。
「「戦争法案」という言い方がいやだ」と言う。

「集団的自衛権と個別的自衛権の違いがわかってますか」
と聞いたけど「あぁ…」と、よくわからない返事。

去年の9月19日(忘れられない日!)に、憲法を無視し
強行採決された「平和安全保障関連法」について、
Gサンはちゃんと理解しているのだろうか・・・と思ったけれど
「平和」「安全」などの文言で騙されているのかとも思ったけれど
ここで問答を起こしても、理解されずに気分が悪くなるだけ。

どうも、アスペ特有の「言い方にこだわる」特質による気もするのよね。

思想信条は、家族であっても違ってよいし、強制はしない。
(話し合って理解し合えたらいいな、と思うけどね)

だけど、やっぱりちょっとショックだったわ。
安倍の、嘘つき二枚舌の安倍の言葉を信じてる人が身近にいたなんて。

なお、今日は、実はGサンの誕生日なのだ。
でも、何もする気がしない。気持ちが動かない。
ほんとに、な〜〜〜〜〜んにもする気がしない。

これまでだと、ささやかなプレゼント(ポロシャツなど)をあげたり、
夕ご飯を豪華にしたりしてたんだけど。
モグが、何かしようとしてる動きがあるけど、
あのこ体調が悪くて、実現不可能みたいだし。
ほんと、わたし、気持ちが全然動かない~~~。はあ~
(これは署名を断られたからじゃなくて、その前からの本音です)
[PR]
by hidaneko | 2016-04-10 09:59 | かぞく | Trackback | Comments(0)

ニュースより「医療費や雇用保険など 社会保障も新年度で変更」

先ほどの記事を書いて送って、ツイッターをみたら、NHKニュースの「医療費や雇用保険など 社会保障も新年度で変更」が目に止まった。
まさに、これだった。(NHK NEWS WEB
以下かってにコピペ
医療費や雇用保険など 社会保障も新年度で変更
4月1日 8時02分
新年度の1日から、医療機関に支払われる診療報酬が改定され、医療費や医療制度など、社会保障の分野でさまざまな変更が行われます。

医療費

病院で私たちが支払う負担では、大きな病院が高度な治療に特化できるようにするため、地域のかかりつけの診療所などの紹介状のない患者が大病院を受診する場合、初診の際は5000円以上、再診では2500円以上の窓口負担の徴収が義務化されます。
また、入院時の食費の負担額は、1食当たり100円上がって360円になります。
患者の健康を日常的に把握して治療などに当たる、「かかりつけ医」や「かかりつけ薬剤師」の推進に向けた制度も始まります。
保険が適用される医療費については、かかりつけ医として継続的に患者の診療を行う場合、小児科では最大で7120円、認知症の分野では月1回1万5150円の診療料がそれぞれ加算されるほか、かかりつけ薬剤師として患者の服薬の状況を一元的・継続的に把握し指導を行った際には700円の指導料が加算されます。
こうした、「かかりつけ医」や「かかりつけ薬剤師」への報酬の加算について、厚生労働省は、「患者が医療機関の窓口で支払う額は増える部分もあるが、重複した検査や薬などが減ることで、全体として医療費の削減が期待できる」としています。
一方、特定の病院などの近くにあって処方箋が集中していて、かかりつけ機能を十分に果たしていない、いわゆる大型の門前薬局については、調剤するたびに支払われる410円の「調剤基本料」を、最大で、半額以下に減額します。また、保険が適用される医療機関で必要以上に湿布の処方を求める患者がいることで、医療費がかさんでいるとして、1回の処方につき原則70枚までに制限されます。

薬局での電子化

薬局での電子化も進みます。
処方された薬の情報を記録する「お薬手帳」がスマートフォンに内蔵されるなどした、「電子お薬手帳」も使うことができるようになります。
さらに、処方箋も電子化できるようになり「電子お薬手帳」と連携させることで、長期にわたって服薬の管理が容易になり、患者の利便性が高まることが期待されています。

国民年金保険料

国民年金の保険料は、今月分から670円引き上げられ、1万6260円となります。

雇用保険料

一方、雇用保険の保険料率は、雇用情勢が改善した影響などで雇用保険の積立金が過去最高となっていることから、これまでの1%から0.8%に引き下げられます。
これによって、月給が30万円の人の場合、企業などとの折半の結果、保険料は月1200円となり、今より300円安くなります。

患者申出療養

保険が適用される診療と適用されない診療を合わせて行う「混合診療」の範囲を拡大し、患者からの申し出を受けて、新しい治療や投薬を速やかに実施できるようにする「患者申出療養」が導入されます。
患者が、国内で実績のない新しい治療や投薬を希望する場合、臨床研究の拠点となる病院と相談するなどして国に申し出ると、国は原則6週間以内に審査します。


>必要以上に湿布の処方を求める患者がいることで、医療費がかさんでいるとして、1回の処方につき原則70枚までに制限されます。
湿布が70枚とは、先ほどの「某所」でも言われていたけど、薬の出し方については、ニュースでも出てないね。向精神薬など、ほんとに微妙に調節して出してもらって飲んでいる、モグみたいなのもいるのに。
[PR]
by hidaneko | 2016-04-01 21:11 | うきよ | Trackback | Comments(0)

新年度が始まる

今日、四月一日はエイプリルフールで、
何か馬鹿話をと思ったけれど、
洒落た馬鹿話が思いつかなかった。

「安倍晋三は嘘はつかない、優れた政治家です。
この国の最高責任者です。彼に任せておけば大丈夫」
と、書こうかと思ったけど、嘘でも言いたくない。

安倍晋三は大うそつき。私利私欲の最低の政治家。
彼は「わたしがこの国の最高責任者です」と豪語してるけど、
「三権分立」ということも知らないらしい。
ただ行政府の長というだけのこと。
彼に任せておいたら、さあ大変。
戦争のできる国にまっしぐら。
福祉は切り捨てられ、軍事費は増大するばかり。

医療費削減もこの春から厳しくなった。
知らなかった、薬が減らされるのを。
今日、モグのクリニック受診の日で、初めて知った。
長くなるので、moreで。

More:つづき
[PR]
by hidaneko | 2016-04-01 20:58 | かぞく | Trackback | Comments(0)

戦争のできる国になってしまった

昨日
2016年3月29日
「平和安全法制」が施行された。
2015年9月19日に強行採決されたやつ。

じっくり考えて思いを書こうと思ったけど書けずにいる。
政府のリンクを貼っておく。
「なぜ」「いま」平和安全法制か?

昨夜の報道ステーションの古館氏と立野氏の発言より。
スタジオの古館さん&立野さんのコメントを。
古館「この法案は、たくさんのものを袋に入れて、議論も不十分なままブワーッと通しちゃった、という感が否めないですね。」
立野「どんな政策も、国民の支持と理解がなければ、それは国の施策としては不完全だと思うんですね。」


あとで追記するかも…
[PR]
by hidaneko | 2016-03-30 12:02 | うきよ | Trackback | Comments(0)