タグ:浮世(あるいは社会問題) ( 149 ) タグの人気記事

「ファンタジー作家芝田勝茂の近況」より「6.29反原発デモ。」

ネットで紹介されていた芝田勝茂さんの日記。
参加者の目で見た反原発デモの様子が、
文章表現のプロの文章で綴られている。
【時間の木】
「ファンタジー作家芝田勝茂の近況」より
6月30日の日記「6.29反原発デモ。」

わたしは、芝田勝茂(しばたかつも)さんの作品は『ドーム郡ものがたり』や『夜の子どもたち』『ふるさとは、夏』など、一時よく読んでいた。ファンタジーの技法をつかって社会の裏にひそむ影の部分を描いてこられたと思う。ファンタジーだからいいかげん、というのは当たらない。ファンタジーこそリアリティを大切だから。

集まった人数の目測が、例として、神宮球場に集まった観客や、
その帰路の電車の混み方の経験からというのが、妙に納得させられる。
最初は少なかった人数が「あっという間に」多くなっていく驚き。
「ガチにこの集会に参加した意志強固な反対者数」だけでなく、
この事実を見ようと集まった人たちのこと。

……引用ここから……
「集まった多くのひとは、テレビなどではほとんどとりあげられない「ほんとに知らねばならないこと、やらねばならない喫緊の課題=こどもたちを守ることなど」がこの国に存在していること、政権与党、およびそれと談合する党派(つまり自民と公明だよ)がそれらを何ひとつ理解していないふりをしていることを知っているんだぞ、ということを表現していた。」……引用ここまで……

[PR]
by hidaneko | 2012-07-04 21:59 | うきよ | Trackback | Comments(0)

再稼働反対

とうとう7月1日になった。
5月5日以来、停止してた原発のうち、
大飯原発が今日、再稼働されるという。

昨日から、いえ、一昨日の6月29日からの再稼働反対のデモ
わたしは行けないけど、ustreamから目が離せないでいた。
2012年6月29日(金)首相官邸前にあつまった人たち。
見てると、ごくふつうの人たち、子連れやお年寄りも…。
わたしも、近くだったら参加していただろう。
周囲の歩道からはみ出し、車道を埋め尽くしていた。
NNKニュースで映したのはほんの5秒ほどだったけど。

ごくふつうの人たちがfacebookやTwitterの呼びかけで
止むに止まれぬ気持で集まってきてたのに
野田首相は「大きな音だね」とひとこと。
(と、あとでニュースで報道してた)

何度か時間を置いて見てたうち、午後7時半過ぎの時点では、
ひとが集まり過ぎて、事故などおきると悪いので
主催者側の女性が理由を説明して解散を呼びかけているところだった。
「3月から毎週金曜日に抗議に来ていて、最初は300人位だったのが、
今日は、こんなに多くの人たちが集まってくれてありがとう」と。
「これ以上の混乱が起きると悪いので、今日はもう解散してほしい。
今日だけでなく、来週もやるので、また来て欲しい」と。

10万人以上の参加人数。(報道によっては15万とも20万とも)
これだけの人数、どうやってはけるのだろうと思ってたら
主催者側の方々の誘導で一つの駅に集中することなく
また、警備の警察官ともめることもなく、
スムーズに流れ解散できたという。すごいな。
(ツイでは警察官の中にも「再稼働反対」と呟いていた人もいたとか)

そして昨日、2012年6月30日(土)は
大飯原発まえに反対派の人たちが集まっているという、
原発への進入路を塞ぐように。
太鼓でリズムをとり、笛の音もまじえて
「再稼働反対、さいかどうはんたい」と歌うように叫んでいた。
昨夜は、わたし、早めに寝たんだ。(近ごろ睡眠時間が不規則で)
で、ふと目が覚めたのが深夜。

Twitterで大飯原発反対を応援する人たちの声をみて
ustreamを見たら……夕方と同じように、まだ叫んでいた。
リードを取る人は、もう声もかれかけてた。
でも「再稼働反対、再稼働反対」と、つづけてた。
雨の中、黒いヘルメットの機動隊と向き合いながら
非暴力で、歌うように叫びつづけてた。
涙がでそうになる。

そして、今朝も、
そして、昼も、
そして、夜もいまもなお。
「再稼働反対、再稼働反対」

坂本龍一さんが「再稼働反対」のコールをサンプリングしてつくった曲。
こちらからどうぞ。

夕方の某局のニュースでは
大飯原発の再稼働反対より、
上野のパンダが妊娠したというニュースの方が長かったけど。

「再稼働反対」って、ただ、安全な暮らしを望んでいるだけなのに。
利権や金に目がくらんで、安易に原発を再開しようとしてる。
安全が確保されたとして……。

誰かがいってた、
「なるほど…原子力発電所よりも
レバ刺しの方が危険というのが国の見解なのですね」
今日から牛のレバサシが禁止になるというものね。
一部で食中毒が起る危険性があるというので。
レバ刺し全面禁止

More:NHKニュースより
[PR]
by hidaneko | 2012-07-01 19:37 | うきよ | Trackback | Comments(0)

大飯原発再開?

昨日の夜は疲れ過ぎて早く寝てしまった。
だから野田首相の発言もあとでニュースで知っただけ。
原発再開、もうほぼ決定なんですか。
責任取るからって、まだ福島の事故も収束してないし、
そのことに誰も責任取ってないんじゃないですか。
国民の生活を守るというなら、
原発は再開ではなく、全て廃止して欲しい。

More:ニュース詳細
[PR]
by hidaneko | 2012-06-09 09:01 | うきよ | Trackback | Comments(2)

家で看とるということ

夜あまり眠れず、でも昼寝をしそびれて、
夕食後、ニュースを見ながらつい、うとうと…と
しかけたところで、今日のクローズアップ現代、
「もう病院で死ねない ~医療費抑制の波紋~」
入院日数が減らされ自宅で看とるケースが増えている、という放送に、目がパッチリ覚めた。
団塊世代の高齢化が始まった日本。現在、死亡する人の数は年間120万人だが、18年後の2030年には160万人へと急増。「多死」の時代が到来する。
こうした中、国は「社会保障と税の一体改革」で「施設から在宅へ」という方針を加速させた。平均在院日数を減らし、在宅医療を推進することで、医療・介護費を抑制しようというのだ。
しかしNHKの取材で、介護をしてくれる家族のいない一人暮らしや夫婦二人暮らしの高齢者までも、自宅へ戻されていることがわかった。そこには公的な介護サービスも十分に受けられず、自宅で悲惨な最期を迎えなくてはならないという厳しい現実がある。番組では苦悩する医療現場と高齢者に密着取材し、超高齢社会の中での新たな課題に迫る。

クローズアップ現代のスタッフの部屋より
2012年05月29日 (火)
「もう病院では死ねない」とはどういうことなのか?
団塊世代の高齢化が始まり、今後ますます増えると予想される医療費をどう抑えるか、は大きなテーマです。医療費を抑えるということは、病院での患者の入院期間を短くするということにもつながっているようです。国が打ち出す「施設から在宅へ」の大方針のなかで、一人暮らしのお年寄りなど、
自宅へ戻すことが難しい人々が増えているといいます。
究極的には、どのような最期を迎えるのか、迎えさせるのか。番組では「看取り」をどのように支えていくか、が課題としています。

いつの間にか、人は病院で亡くなるのが当たり前になってきましたが、これからは、自分の死に場所として、病院ではなく、自宅などの場所を考える必要があり、また社会としても、「死」について、受け入れていくことが大切なようです。

それにしても、この問題、誰にもでも関係してくる問題で、とても難しいですね。
みなさんは、この番組を見てどんな感想をお持ちになるでしょうか?
ご意見を「スタッフの部屋」コメント欄にお寄せください。

たまたま、わたしは、バーサンを家で看取った。その初七日の日に、この番組。
わたしはこれまで14年余、介護をやりながらも、バーサンの最期がどんなふうだろうかと考えたりもしていたのだけれど、家で看とるイメージはなかったの。正直言って。何かの容体の悪化で入院し、そこで「ご臨終です」となると想ってた。よよと泣き崩れて「バーサン」となると……なんとなくイメージしていた。その方が楽だもの。最期の最後を人に委ねる。プロに委ねる。そう想っていたのだ。

最期を看とる(看病する)技術のこと、精神的な覚悟、自分にはないと思っていたから。
「介護はするけど、膝で看取ろうとは思っていない」と公言もしていた。
だけど……、先月の誤嚥性肺炎での入院で「経管での退院を前提に」という治療方針を示された。「この治療方針が受入れられなければ、すぐにお帰りください」と言われ悩んだ。すごく悩んだ。経管栄養をわたしの腕・技術で続けていけるのか、管をいつ抜くか、それはバーサンの死を意味する訳で……、人の命がわたしの肩にのしかかるようで、へたばりそうだった。
実際には、息子の提案で家族会議をひらき、わたし一人の決定という重圧から解放されたのだけれど。経管のやり方も習い、痰の引き方も習って器具も借り、地域のかかりつけ医の先生の毎日の往診、訪問看護師さんたちの応援など万全の体制を整えての退院だったけれど、内心不安だった。退院から看取りまで、結果として十日間だったわけだけど。こちらの命を削るような思いだった。腹くくっていたけど、でも、こわかった。苦しんでいる家族を看るのはつらいもの。バーサンが荒い呼吸をしていたり、20〜30秒も呼吸が止まるようになった時「在宅では酸素(吸入の設備)がないんですよね」と医師に言われた。病院なら酸素吸入して呼吸を楽にしてあげられたと思う。

家での看取りを美談にはして欲しくないと思う。
本人や家族にすごいストレスを掛けることだもの。わたし、まだ(バーサンの年齢に比して)若いからやれたけど。ネットでの検索や、ネットでの友人が精神的に支えてくれたからやれたけど……。

医療費を削減するために、病人を病院から追い出し、家での看取りを選択せざるをえないようにするって、違うと思う。放送では75歳の認知症の妻を看とる69歳の夫の例が取り上げられていたけど、70代ってまだ若いと思う。むやみと無理な延命をとは言わない。ほんとに治療の余地が無いのから仕方ないと思う。でも単純に年齢での足切りって悲しい。
家での看取りをやるにしても「家族に丸投げ」ではなくて、社会としてサポートするシステムが必要だと思う。

More:番組のまとめがリンクされてた
[PR]
by hidaneko | 2012-05-29 21:42 | かいご | Trackback | Comments(2)

2012年5月17日(木)ちょっとつかれた

早朝覚醒がたまらん。
連日、日付が変わってからの睡眠で
4時5時だもんな。
ほんとはもっと寝てていいんだけど
マイスリーの切れる時間に目覚めって
笑っちゃうくらい。

バーサン、まだ生きてるよ、息してるよ。
今日、クローズアップ現代で
終末期医療について取り上げてた。
わが家の場合と同じだなあ、と思いつつ横目で見てた。
(横目=バーサンのお世話中だったから)

胃ろうにしちゃうと大変なんだよね。
どこでやめるか………

クローズアップ現代
「人生の最期 どう迎える?~岐路に立つ延命医療~」
今年3月、日本老年医学会は「患者本人のためにならない場合には治療の差し控えや撤退も選択肢」とするガイドラインを発表した。特に議論となっているのは食べられなくなった患者のお腹に穴を開け、胃に直接栄養を流し込む「胃ろう」。寝たきりで意思表示もできないまま何年も生きる患者を前に、「本人は生きることを本当に望んでいるのか?」と悩み、胃ろうの中止を希望する家族が出てきている。患者本人の意思を確認できない中で、医師や看護師は患者の人生や家族の願いにどう寄り添えばいいのか。模索する現場を取材し、変容する終末期医療の現状と課題を探る。


日本老年医学会なんてあるの、始めて知った。
検索してみて、サイトもあったけど、わかりにくくて(^^ゞ
こっちの方に共感する部分が……。

バーサンが経管になって悩んで相談した時、R君が言っていたんだ。
「無治療という方法もあったね」って。
>「治療の差し控えや撤退も選択肢」
R君が終末期医療に詳しい分けでもないだろうけど、
これに当たるのかな、と思った。

本人に意思の疎通がむずかしいとき、
また、元気な時に意思を伝えてなかった時、
選択は家族にのしかかる。
どうしたら、ご本人の意思に添うのか、
どうしたら、ご本人は喜ぶのか……

今、バーサンは水分の制限をしている。
水を多く与えると、痰が多くなって呼吸が苦しくなる。
痰を引いてあげるのは、その間、機械で吸引するから
ご本人の呼吸が苦しくなると看護師さんがいっていた。
痰を引いた後は、呼吸が楽になるのだけれどね。
「ごめんね、ごめんなさいね」と声をかけながら手技をしてる。
水分を制限するのは、脱水になる危険と背中合わせだけど
痰の量はすくなくなる=呼吸が楽になるみたい。

栄養補給も流動食というか、ミルク状のものだから水分多い。
水分を制限することは、栄養剤も少なくするということ。
でも、それが、バーサンの呼吸が楽になるのにつながる。
びみょうなバランス。
[PR]
by hidaneko | 2012-05-17 23:45 | かいご | Trackback | Comments(0)

ニュースから:記録に残すこと

昨日知ったのだけれど、書くひまがなくて…。
NHKニュースのページを開いてそのままにしてて
今朝、魚拓を取ろうとしたら、内容が更新されてた。
米当局 メルトダウン想定して対応
(更新前は「米 事故5日後にメルトダウン示唆」というタイトル)

早い話が、アメリカ原子力規制委員会が
東電福島第一原発の事故のあとの議事録を公表したってこと。

事故発生から5日後には、最悪の事態を想定すると
3つの原子炉がすべてメルトダウンする可能性もあるとして、
日本政府が付近の住民に出した避難・屋内退避指示よりも
広い範囲の勧告を行うよう提起していたって…
そのこともびっくり、というか、
あの時の米国の動きを思えば、あぁやっぱり…という感じなんだけど
一番に感じたことは、ちゃんと議事録を公開したってこと。
それも、まだ一年経っていない、この時期に。

「議事録とってません、会議でどんな内容が話されたのか、
電話でも話したし、記録に残すことなんて無理でした〜」という日本国政府とは大違い。
f0016892_115982.jpg

ニュースによれば…
>委員会内部の電話などによる緊急会議のやり取りを記した
>3000ページ以上にわたる議事録を公表しました。
って、ちゃんと電話での内容も記されているらしい。
中には黒塗りの箇所もあったというけれど…。

何か事が起きた場合、何をどう対処したのか、
記録に残すことって、大切だと思うんだけど?
日本政府、ほんとうに議事録取ってなかったのか
あるいは取ってあったけど、責任追及などで
不都合に思う人がいて、公表したくないのか、
と、つい、勘ぐってしまう。

………

ぜんぜん話はかわるけど
わたしのブログ、検索でおいで下さる方々の
キーワードのベストテンは「手根幹症候群」関係なの。
あれは2006年だから、ずいぶん前のことなんだけど
逐一書いておいた(愚痴ってた)おかげで、
「参考になった」とおっしゃってくださる方がおいでなの。
記録しててよかった、と思います。
[PR]
by hidaneko | 2012-02-23 11:30 | うきよ | Trackback | Comments(0)

日本政府だけのんき?

日本経済新聞Web版より(こちら
「冷温停止」宣言、海外メディアは懐疑的って。

やっぱりね、という感じがする。
野田首相の会見をみても、
楽観的にすぎる、というか、
経済優先のご都合主義というか。

今、廃炉にしても、
後始末に数十年かかるって言うじゃないですか。

More:詳細はこちらをご覧下さい
[PR]
by hidaneko | 2011-12-17 15:26 | うきよ | Trackback | Comments(0)

政府が「冷温停止状態」を宣言

政府が「冷温停止状態」を宣言したって。
各報道が伝えてた。
ネットにも新聞社のが載ってたけど、
詳しく載っていたの時事ドットコムより。(こちら
ーーーーーーーーーー
首相、事故収束を宣言=「冷温停止状態」達成−避難区域見直しへ−福島原発・政府
 東京電力福島第1原発事故で、政府は16日、原子力災害対策本部(本部長・野田佳彦首相)の会議を首相官邸で開き、原子炉の冷却が安定して放射性物質の放出が大幅に抑えられた「冷温停止状態」が実現し、事故収束に向けた工程表「ステップ2」が完了したと確認した。野田首相は「原子炉は冷温停止状態に至った。不測の事態が発生しても敷地境界の被ばく線量は十分に低い状態を維持できる。発電所の事故そのものは収束に至ったと判断した。早く帰還できるよう政府一丸となって取り組む」と宣言した。
 同原発では3基の原子炉が炉心溶融(メルトダウン)を起こし、溶けた核燃料の状況が確認できない上、放射性物質の外部への放出も完全に止まっていない。避難した住民の帰還のめども立っておらず、反発を呼びそうだ。
 宣言を受け、政府は同原発から半径20キロ圏内の警戒区域と、年間放射線量が20ミリシーベルトを超える計画的避難区域を、新たに三つに再編する検討に入った。近い将来の帰宅が可能な「解除準備区域」(年間線量20ミリシーベルト未満)、数年間居住が難しい「居住制限区域」(同20ミリシーベルト以上〜50ミリシーベルト未満)、数十年間帰宅できない可能性がある「帰還困難区域」(同50ミリシーベルト以上)とする方向で調整している。(2011/12/16-17:41)
ーーーーーーーーーー

にゃんこ頭でも「政府の言うことなんか変」と思ってしまう。
メルトダウンを起こしたのに、冷温停止って?
冷温停止って、管理できている時に使うことばとか。
融け落ちた核燃料がどうなっているのか
誰も見ることも調べることもできない管理不能の
今の状態で使うのはおかしい、と聞きますが。
事故収束を宣言って、言葉だけ先行させてる気がしますが?

それに、20ミリシーベルト未満なら住んで良いみたいな言い方。
20ミリシーベルトって、以前なら、
研究所や病院などで黄色いマークがあって
「関係者以外立ち入り禁止」の区域だった。
そこで飲み食いはもちろん禁止だし、
用が済んだらさっさと出る場所だった。
それが、ふつうの人も住んでいい、って変じゃないですか。
国の基準値って、1ミリシーベルトだったはず。
国が法を破っていいのですか?

この国って、ひとを大事にしない国。かなしい。
[PR]
by hidaneko | 2011-12-16 18:16 | うきよ | Trackback | Comments(2)

TPPについて、また

ぼやっきーさんから、キーワードを教わった。
ーーーーー

>TPP関連
>ネガティブリスト方式
>ISD条項

>これ知るとこわい
ーーーーー

ISD条項、ってしらなかった。検索してみた。
ヒットした中のひとつ。
「TPPの、ISD条項とは、各国が自国民の安全、健康、福祉、環境を、自分たちの国の基準で決められなくする「治外法権」規定」
こちら

読んでいて、怖くなった。
まさに、アメリカの国益、アメリカのごり押しじゃないの。
[PR]
by hidaneko | 2011-11-14 22:13 | Trackback | Comments(0)