タグ:家族 ( 699 ) タグの人気記事

猫のこと & Gにイライラのこと

夕方、家の外で猫の声がした。
雄猫が、威嚇し合っているような、どすの利いた声。

夕ご飯を時差食べしてたGさんに声をかけた。
「お疲れ様です」と、わたし。
だまってうなづくG。

「外で鳴いているのは猫ですか?」と、わたし。
(モグと、猫かしら、犬かしら、と会話してたの)
「入らないから消した。今朝シャワーしたし、洗濯もしたから」とG。

はあ? なんの話?
あ、お風呂のことか。
わたしが話しかけたのは、外から聞こえる猫の声のことなんだけど…。
人の話を聞いてないのかなあ。
聞こえていないのか、聴く気がないのか、耳に入っても脳まで届かないのか
話し相手がわたしだから、いい加減に聞いてたのか………

「あ、お風呂のことですか? かまいませんよ」
と、付け加えて、再度聞いてみる。
「外で猫が鳴いているみたいだけど?」と。
「ああ、グレイだ。縄張りだと思って、威嚇してるらしい。
でも、あの声では迫力ないけどな」と、G。

外猫グレイは、用心深くて思慮深い。
鳴き声も遠慮深く小さい。(知り合った時には全然鳴かない猫だった)
そのグレイが、よそから来た猫から縄張りを守るべく、威嚇してる。
微笑ましい。
     ・
     ・  
     ・  
     ・
わたしは、仕事部屋に戻り、明日の会議の下調べでDVDを見てた。
Gサンは夕食を終え、外猫グレイに餌をやり、タナにも餌をやってる音がした。

しばらくして、居間のほうに用があり、行ってみたら、
居間も玄関も台所も明かりが消してある。
ふと見ると・・・

裏玄関の引き戸が30センチほど開いてる!
すわ、タナ猫、脱走したか!

あわてて外に出ると、タナとグレイが戯れていた。
タナは、昨秋から外に出していない。グレイとも遊んでいない。
でも、グレイはタナを威嚇しない。
いつも餌をくれるうちの猫と、認識しているのだろうか。
かしこいなあ。

タナは、先日の入院騒ぎのとき、点滴してもらった場所を舐めすぎて、
舐めて、舐めて、毛もぷっちん、プッチンとむしってしまって赤肌にした。
だから、また、エリザベスカラーをされて、ラッパー。
道路にでると困るから「タナいい子、タナいい子」と猫なで声で呼びかけて
ようやく捕まえて家の中に・・・

裏玄関から入って、鍵をかけようとしたら、変な具合になってた。
引き戸が少しずれた状態(少し開いている状態)で施錠したから、
これは錠の意味がない。タナなら開けられる。
Gサン、しっかりしてくださいよ(と、内心、憤怒)

タナ、汚い! 
砂だらけ、ホコリだらけ。
タオルをお湯で絞って、身体中を拭く、拭く。
すすぎ直して、また拭く、拭く、
ラッパーで、自分で舐めてきれいにすることができないから、
代わりに拭いてやる。

ったく、Gサンよ、要らない手間をかけさせないでよ。

[PR]
by hidaneko | 2017-06-20 22:40 | ね こ | Trackback | Comments(2)

ほんとに気がつかないのか

我が家の階段は急だ。
昔の家だから、踏み板の部分も狭い。
だから、2階から降りる時は気をつけて、
片手を手すりに添え、段数を数えながら降りている。
1,2,3,4(踊り場) 5,6,7,8,9(踊り場) 10,11,12,13,14,15(床) というふうに。
それが癖になっている。


だけど、ふと、うっかりして、
というか、気がよそにそれて、数え間違って
最後の段を1段、飛ばしてしまった。
ドタンッ!と床を強く踏んで、「うわっ!」と、叫び声が出た。

というのは、階段から表玄関が見えて、
Gサンが靴を履いている背中が見えたのだ。
「あ、出かけるんだ〜」と、ふと、気がそれたわけ。

幸い、転ばなかったけど、
「うわっ!」と、叫んで、内心「しまった」と思った。
「なにをバタバタやっているのだ!」と言われるかと思ったのだ。
Gサンは、なにも言わなかった。
なにも言わず、振り向きもしなかった。
淡々と靴を履いて出かけて行った。

「大丈夫か? 怪我はないか?」と言われるとは期待してないけど。
私が転びそうになったのを気がつかなかったのかなあ。
聞こえなかったのかなあ。

なんだか、自分が空気になったような気がした。


[PR]
by hidaneko | 2017-06-11 13:51 | かぞく | Trackback | Comments(0)

娘家族がやってくる〜!

今日は、東京から娘家族が来る予定。

戦々恐々・・・・・整理魔、捨て魔だから、
ちらかっている我が家が「たまらん」らしい。

他人の目で、我が家を見直しても・・・・ちらかってるなあ。
昨日あたりから、せっせ、せっせと おかたづけです。

なにしろ、一歳半のやんちゃが来るのだ。
どこをさわるか、なにが危ないか、予測が立たない。
背伸びをすれば、けっこう高いところにも手が届くらしいし、
食器棚の引き戸とか、食料品入れの棚とか、開けられそう。
猫用心はしてるんだけどねえ。ちびっこギャング対応はしてないからなあ。

サイドボードとか座卓の上とか、
手が届きそうなところに薬なんて置いておけないし、
朝から、あわあわしてる。
きっと、タナ猫も落ち着かないだろうな。
可愛がって、いじられる? それとも、こわがられる?

要は、イッチャンから目を離さない、ここだね。


[PR]
by hidaneko | 2017-06-01 08:14 | かぞく | Trackback | Comments(0)

今日のタナ猫@入院

タナ猫が入院になった。
3、4日は様子を見るとのこと。

先週の19日は金曜日で、Gサンが夕ご飯を作る当番の日だったけど
「餃子が食べたい。焼きたてのを食べたい」ということで、
めずらしく、家族で外食することになった。

少し早いけど、夕方の5時過ぎにタナ猫に夕ご飯の餌をやり、
その後支度してでかけ、帰ってきたのが7時過ぎだった。

台所に、タナがケポしてた。
夕ご飯にやった餌、全部吐いたらしい。少し消化されて。
タナは元気がない。見たら居間の絨毯にも数箇所、胃液のようなものをケポ。

明けて20日。土曜日、わたしの予定(セルフコンディショニング)をキャンセルして
朝一番に、モグと一緒に、タナを獣医さんのところへ連れていく。
前みたいに、キャタピラになることもなく、籠の中でうずくまってた。

獣医さんに診てもらったら
熱もなく、まだ脱水症状も起こしてない、ということで
注射を2本されて、薬を2種類もらって帰る。
6.1kgあった体重が、5.8kgになっていた。

夕方、薬を飲まそうとしたら、糖衣錠1錠飲んだだけで、
口から泡を吹いて、部屋中をばたん、どたん飛び回る、
体にも触らせようとしない。
こりゃだめだ、
2錠目(四つ割にしてあった)は、飲ませられない。
モグが手足をおさえ、わたしが口を開けさせて、喉の奥に錠剤を押し込むけど
タナは吐き出し、気が付いたら、わたしの指に歯型の穴があいて血がにじむ。

獣医さんは「夕方から欲しがるようなら水を少しと、餌も半量を与えてください」
と言っていたけど、タナは水も欲しがらない、餌も食べない。

21日、日曜日。
タナ猫は、水も飲まない。餌も食べない。
家中の、居心地の良さそうなところを探して、さまよって、うずくまる。
ちょっと水を飲んで、吐いた。尿も少しだけ。
餌は食べない。痩せていく。

薬は、やろうとしたけれど、吐き出すし、指に穴は開くし、
猫にも人にもストレスになるだけだから、飲ませないことにする。

22日、月曜日=今日。
朝、餌をほんの少し食べた。
Gサンは「様子を見たら」と言うけれどけど、
タナ猫は、元気がないし、一番に獣医さんにつれていく。
体重が5.65kgに減っていた。

嫌がるタナを「タナいい子、タナいい子」と撫でて、なだめつつ
首の下を毛刈りして、採血。血液検査のため。

「脱水症状を起こしているので、入院して点滴しましょう」って大先生。
左手にも毛刈りして、点滴の針を刺そうとするけど、暴れる、暴れる。
タオルに包んで足で蹴らないようにしても、タオルを蹴飛ばし、蹴る、蹴る。
若先生が針を刺そうとしてもさせない。
「わっか、わっか」と大先生。なんのことかと思ったらエリザベスカラーだった。
「僕が後ろ足を押さえるから」と、大先生。
女性の助手が左手を抑えて、わたしが右手をおさえて
「タナいい子、タナいいこ」と呼びかけながら、でもタナは怒ってあばれる。

ようやく、点滴が入って「あとは大丈夫ですから、お帰りください」と。
夕方、血液検査の結果がでるということで電話したけど、やはり脱水症状があり
「3、4日は預かって点滴をしながら様子を見ます」とのこと。
それで、まだ食欲がでないようなら、バリウムを入れてレントゲン検査をします、って。


タナは、元気で、これまで病気をしたこともない。
診断は、胃腸炎ということだけれど、
紐など噛む癖がある子だから、異物誤嚥の可能性もあるとか。
そうなると、開腹手術・・・・・?

猫は保険がきかないからねえ。
先日、やはり猫を入院させた知人が、「課金、チャリン、チャリン」と言っていたけど
うちのタナ猫も、保健所へやられるところだったのを、貰い受けたタダ(無料)の猫。

「無料だと思って始めたゲームが、途中から課金されて、チャリン、チャリン」
と、モグと冗談を言っているけど、あの、存在感のあるタナ猫がいないと、さみしい。

初診料でチャリン、血液検査でチャリン、点滴でチャリン、
入院・治療でチャリンチャリン、日数分でチャリンチャリン、チャリンチャリン・・・
(1チャリン=約5千円)

「手術になったら、全部で諭吉様10人ほどご旅行にでかけそうだね」
「でも、家族だからね。治療をやめて帰してください、とも言えないよ」
「うん・・・」

タナ猫、はやくげんきにな〜れ!

「入院が長引いたら、きっと性格が変わって帰ってくるね」
「嫌なことされて、人間嫌いにならないといいけどね」
「うちより優遇されて、生意気になって帰ってきたりして(笑)」




[PR]
by hidaneko | 2017-05-22 22:57 | ね こ | Trackback | Comments(2)

「つばさものがたり」を読んだ。

珍しく、本当に珍しく、Gサンが図書館から借りていた本を
「これ、ギリギリ面白い。参考になるかも……」
と、手渡して(じゃない、机の上に置いておいて)くれた。
彼は図書館に日参してるけど、本を紹介してくれたのは、初めてじゃないかな?

つばさものがたり

雫井 脩介/小学館

undefined


ふつうに面白かったけど、大事な部分で設定ミスがあって、嘘っぽくなってしまった。
ネタバレになるので、あとは「 More 」で。

Gサンには「設定にミスがあって乗れなかった」とは言わないで
「面白かったです」と伝えて、ありがとうと言って返したけど。

代わりに、友達に借りて読んで面白かった「黒幕のゲルニカ」原田マハを貸してあげた。


More
[PR]
by hidaneko | 2017-05-15 20:07 | ほ ん | Trackback | Comments(0)

すれ違う

「よくネタが尽きないわねえ」と友達に言われたけれど
わたしって、あげつらっているのかなあ、Gサンのことを。

Gサンは、街ですれ違っても、気がつかないことが多い。
わたしだけかと思ったら、モグもいう。
「お父さんと下の信号のところで出会ったけど、
ぜんぜん気がつかないみたいだった」と。

うちの近くは、タクシーがゆうゆうUターンできるくらいの幅の市道。
両側に、街路樹の並ぶ広めの歩道がついてる。
反対側の歩道にいたら、気がつかないこともあるだろう。

だけど、先日は……
わたしがスーパーに行くつもりで歩道を歩いていたら
向こうからGサンが自転車に乗ってやってきた。街からの帰りらしい。
「あ、出かけていたんだ〜」と思いつつ、挨拶をしようとしたら・・・
(Gさんは「行ってきます」も「ただいま」も言わないから
 わたしはGサンが出かけてるのを知らないことが多い)

わたしのそばを、すぅーっと、すり抜けていった。
同じ歩道、である。幅2メートルくらいか?
歩いていたのは、わたしだけ。自転車との間隔は1mもない。
Gの顔を見つめるわたしの脇を、Gは視線も合わせず行ってしまった。

一瞬、呆然としましたよ。
気がつかないの? 

よく「女房は空気みたいなもの」っていうけど、
わたしが見えてないのだろうか、
意識の外なのだろうか。
危ないよ、自転車に乗って、周囲に気を配ってないのは、
と、思った。

スーパーで買い物をして、帰宅後、
「さっき、すれ違ったの、気がつかなかった?」と聞いてみた。
「年で目が見えにくくなったし、耳も……」とか何とか、もごもご言っていた。


それが、数日前のこと。
今日、スーパーの帰り道、家の近くまで来たら携帯が鳴った。
Gサンだった。
G「いま、すれ違わなかったか?」
私「え? 気がつきませんでした」
G「いまどこだ?」
私「家の近所の、町内のゴミ集積場のあたりです」
G「さっき、すれ違ったんだけどなあ。カバンをかけて。ジーパン履いてないか?」
私「今日は、グレーのコットンパンツです。上はベージュ。
カバンじゃなくて、いつもの買い物用の黒いトートバッグです」

「よく似ていた」とGサンは、何度も言う。
だけど、着ている物も持っている物もかなり違う。

周囲のことに意識が回らない……これは、アスペルガーの特性なのか?
前に、Gサンが「年取って目が見えにくく…」と言ったのは、
気がつかなかったことを非難されたと思っての言い訳だろう。
それで、今日の、携帯への電話になったのか?
よくわからん。
ほんとに、よくわからない人だ。








[PR]
by hidaneko | 2017-05-11 21:14 | かぞく | Trackback | Comments(2)

今日もまた布団を干して洗濯三昧

昨日に続いて、今日はGサンの布団を干した。

朝、いい天気。空気も乾燥してる。だから・・・

「今日はGサンのお布団を干しますよ、
昨日、モグのわたしのを干したら気持ちよかったから」
と言ったら、
「腰が痛い」とおっしゃる。
「ストレッチボードに乗ったら? 腰痛予防になるし痛みも和らぐわよ」
と言ったら
「背中だ」ですって。
背中も腰も繋がっているから、背痛も腰痛の範疇なんだって。
「いい湿布薬(モーラステープ)あるけど、貼りましょうか?」
と言ったら
「湿布を貼るほどでもない」ですって。

こういうのにかまっていると時間の無駄だから
「部屋の外に出しておいてください。わたしが2階へ持って行って干します」
と、宣言。

出した布団を見たら、あらま、
Gサン、羽布団の他に、まだ厚い合わせの毛布も使っていたの?
洗うことにする(内の洗濯機じゃギリギリ洗えるかな?)。
「電気毛布ももうつかわないでしょう?」と聞いたら
「そのまま片付けた」
「洗える毛布のはずだから、洗います」

羽毛布団と薄手の羽毛夏掛け、まくらを日に干して、大物の洗濯。
布団カバー、シーツ、ベッドパッド、電気毛布、厚地の毛布、3回に分けて洗う。

布団を干して、洗濯機を洗っている間に(毛布は時間がかかるからね)
車を出して、図書館とスーパーへ。
帰ってきてから、布団をひっくり返し、お蕎麦を茹でて、モグと昼ごはん。
そのあと、時間を見て布団を取り込んで、カバーをかけ(これはGも手伝った)

ふかふか布団に清潔カバー類、きっと気持ちいいと思うよ。
洗濯水が泥水のように汚れていたから、さっぱりしたはず。
     ・
     ・
     ・
だけど、Gは「ありがとう」でもないし「ご苦労さん」でもない。
アスペのGには、望むべくもないのか。

わかっているけど、寂しいねえ。
(朝の背痛の件も、自分で治す気なしで、仕事をしない言い訳に思えてくる)
あるいは、「ありがとう」を望むくらいなら、
言ってもらえないと分かっている仕事はしなければいいのか?

そう思って、冬の間じゅう、我慢してた。シーツ・カバー類の交換。
「洗濯に出したら洗ってあげよう。でもこちらからは呼びかけない」と。
だいたい、Gサンは自分の衣類は自分で洗濯機にかけて洗っている(*注)のだから、
シーツやカバーも自分で洗えないはずないんだけどね。自分では、しないのね。

(モグは「ありがとう。気持ちいい〜♪」と言ってくれるから、
やりがいがあるけどね)。
     ・
     ・
     ・ 
     ・
     ・
(*注)
>Gサンは自分の衣類は自分で洗濯機にかけて洗っている

これは、わたしが押し付けたことではない。
かなり前、少し激しい喧嘩をして、Gの洗濯物は洗いたくなく
わたしのとモグのだけ洗ったことがあった。
その時、Gが自分で始めたこと。
「すまなかった。洗ってくれ」と言ったら洗ってあげるつもりだったけど
Gは、自分が風呂に入っている間に、脱いだものや他のものを洗濯機にかけている。
ふーん、それならそれでいいわ・・・・と、わたしは放置してる。
頼まれたらやってあげるつもりだけど、頼まないのだからしない。
それだけのこと

[PR]
by hidaneko | 2017-05-04 19:17 | くらし | Trackback | Comments(0)

今日は憲法記念日だけど、柿若葉を揚げた

先週、ずっとモグは調子が悪かった。
眠れなくて、何を食べても吐いて、吐きどめの薬さえ吐いて
「プリンなら食べられる」と、豆腐とプリンで命を繋いでた。

今朝はモグが朝起きて、掃除をする気になったので、今日は二階の中掃除。
布団カバーやシーツを剥がし、電気毛布も洗った。まさに掃除洗濯三昧。
外は工事中で干し場がないから、室内に洗濯竿を持ち込んで満艦飾。

晴天だったから布団も屋根に干したし(二階の戸口から出て一階の屋根に干すのだ)
ふかふかになったその布団で昼寝もしたし。
憲法集会には行かず、昼寝しながら憲法を読み直してみる。
こんなのんびり、のどかでいられるのも、現憲法があればこそ。

夕方は久々にてんぷらを揚げた。きれな柿若葉。
なごりに、摘んで、てんぷらにしたかったのだ。
摘んでみたら、もう花芽もついていた。
この前、山に行った帰りに買った原木シイタケも揚げた。

柿若葉、原木シイタケ、ヨモギ、人参のかき揚げ、ナス、カボチャ
エビ、鶏ムネ肉のそぎ切り・・・大皿てんこ盛りになった。


[PR]
by hidaneko | 2017-05-03 22:01 | きせつ | Trackback | Comments(0)

些細なことだけど…

仕事場で仕事してて、そろそろ寝ようかな、と思った。
台所に行ったら、まだ電気が付いていた。
Gサンの部屋・寝間にも明かりが灯っていた。

と、Gサンが外から帰ってきた。
こんな夜更けにどこへ行っていたのだろう?
疑問に思うけど、訊かない。
寝間に入ったGサンに、障子の外から声をかける。
「おやすみなさい」

返事がない。
聞こえないはずないのに、返事ない。
そんなものなのか。
返事を期待する方が悪いのか。

心が少し、削がれる。
アスペルガー、自閉症スペクトラムだと思っても、心がそがれる。
繰り返されると、まともな自分でいるのが難しくなる。
カサンドラ、しかたないよね。

二階に上がったら、モグは寝ていた。
眠れてよかった。


[PR]
by hidaneko | 2017-05-02 22:32 | かぞく | Trackback | Comments(0)

堪忍と気晴らし

落語にもありますが……
「堪忍のなる堪忍は誰もする、ならぬ堪忍、するが堪忍」
「堪忍の袋の紐を首にかけ、破れたら縫い、破れたら縫い」

奈良の観音、駿河の観音。

前に、モグのことなら許せる、みたいなことを書いたけど( こちら )
今日はプッツンしてしまった。

原因は……


More:元を正せば、やっぱりGサン。
[PR]
by hidaneko | 2017-04-14 18:55 | かぞく | Trackback | Comments(0)