タグ:体調 ( 217 ) タグの人気記事

今日のタナ猫@私の落ち度でまた脱走(昨日日記)

もう昨日のことなんだけど……

朝、タナの餌やりの後、私がドジして、タナ脱走!
探し回ったけどいなくて、まあ、戻ってくるだろう、と。
猫のトイレの匂いを外に出しておくといいと聞いたので実行。
一方、モグが朝風呂を立てたので、そのあと私も入浴。
そのうち、タナが戻ってきた。(私の入浴中)
まあ、よかったな、と。

午後から出かける予定があったので、
午前中に夕ご飯の支度をしようと買い出しへ。
スーパーからの帰り道、頭がシンシンしてきた。
頭痛とも違う、嫌な感じ。
「ひょっとして……?」

予感は当たって、私、朝の薬を飲んでなかった。
時刻は10時を回ったところ。
帰宅後すぐ、服薬。
でも、効くまでに時間がかかるのよね。
本当に具合悪くなる前に勢いで夕ご飯の支度を……
と、思ったら、モグが手伝ってくれた。
メニューはカレー。
材料を用意すると、彼女が手際よく調理してくれて、
私は彼女に任せて2階へ……、ダウン。

私の場合、不具合はバッテリー切れのような疲労感として出る。
布団に潜り込んで、ひたすら耐える。
ロキソニンを追加投与。
少し眠れた。

なんか……くやしい。
まだ薬が要るのか。

こういう薬(抗鬱剤や向精神薬)を飲んでいると、
「気のせいよ、気持ちをしゃんと持てば薬なんかいらないでしょ」
と、言われることがある。
依存しないように、と自分でも思う。
だけど、体が正直。まだ私には薬が要る。
薬で支えてもらって、「ふつう」に生活できている。

先日、絵本のボランティア仲間とランチをとりつつ打ち合わせしてる時
私は、飲み忘れると悪いと思い、「失礼します」といって服薬。
「え? なんの薬?」
と、聞かれて
「雅子さまと同じなの。適応障害」
と、答えた。

モグは「そんなの正直に言わなくて、血圧の薬とか言えばいいのに」と言う。
確かに、そうかもしれない。
でも、隠すことでもないし、と思っている。

「ふつう」に見える人でも、人それぞれなのよ。
と、伝えたい気持ちがどこかにあるのかもしれない。



More
[PR]
by hidaneko | 2017-10-06 03:04 | ね こ | Trackback | Comments(0)

丑三つ時に目が覚めて・・・

目が覚めたら午前2時だった。

昨日、忙しくて昼の薬を飲み忘れ、
(午前中は会議でランチ付き、そのあと図書館へ移動して調べ物)
帰宅して、飲み忘れに気がついて飲んだのが3時過ぎ。
ほんとは午後2時までに飲まないと血中濃度の関係か不具合になるんだけどね。
「気のせい、気のせい、がんばれる」と自分に言い聞かせ
早めの夕ご飯など作って(モグは食べて寝ると)
そのあと4時から人が来て応対してたら午後5時。
まだ、休めない。明日のボラの下準備などして午後6時。
だめだ、やっぱり気持ちが悪い。頑張りがきかない。

昼に飲み忘れた時は、あとで飲んでも効くのに時間がかかるの。
明日のボラは絵本の読み聞かせで
秋の読書週間に小学校へ出前に行くプログラムを作るミッションもある。
出前に行く学年に合わせ、自分の希望の絵本を選ぶ……ことが出来なくなった。
とにかく、気持ちが悪い。この感覚は何なんだろう。
おまけに頭も痛いし、腰も痛い。膝も痛い。
7時頃ふとんに倒れこんで、薄がけを掛ける気力もなくて……。

目が覚めて、気がつけば、午前2時。
不快感は軽減していた。
私がトイレに行く気配で目を覚ましたモグが
「わたしが毛布をかけてあげたんだよ」と。ありがとね。

もぞもぞしているうちに丑三つ時。
起きるには早い、もう一度寝ることできるかな。

あ、夕方にメールチェックしてなくて、今ほどメールを見たら
例によってスパムメールが多いなか、
嬉しいお知らせが一通。
仕事関係で思いもよらない方向で嬉しいことが。

よし、ブログでやさぐれてないで、もう一度寝よう。
あ、下で棚猫が鳴いている。
夏なら間もなく夜が明けるころ? 明るくなってくるころ?
秋分すぎて、まだまだ空は暗いです。
が、心は明るい!

変な一日だったけど、終わり良ければすべて良し。
明日も(って、日付変わってもう今日だけど)頑張ろう。




[PR]
by hidaneko | 2017-09-27 03:35 | くらし | Trackback | Comments(0)

網目…と言っても網目タイツじゃないよ(笑)

膝の偽通風で、湿布を貼って網目包帯でとめている。
伸縮性のあるネットで筒型のに脚を通すんだけどね。

このネットが曲者。伸縮性があるのが曲者。
脚にネットのあとがつく。
まるでスーパーの肉売り場にある「焼き豚用」の
ネットをはめてあるモモ肉塊、みたい。

この、跡がつくのが、かゆい。
この、跡がつくのが、ネットの形に毛細血管が切れてた。
ん? なぜわかる、って?
今朝、草むしりのあとシャワーをあびたとき、
脚に、ネットもように、細い細い内出血があったんだもん。

やだね。
皮膚の弱いのって。

下手な湿布を貼ればかぶれる。
整形外科の処方の湿布はかぶれないけど、粘着力が弱く
何かで押さえておかないと、剥がれてくる。
テープ→サージカルテープでも、長時間だとかぶれる。
ネット包帯→かゆい・毛細血管が切れる。
サポーター→締め付け感があって、長時間は無理。

あたしゃ、どうすりゃいいのさ?
ふてくされたくもなる。あ〜よいよいっと。


[PR]
by hidaneko | 2017-07-11 20:51 | からだ | Trackback | Comments(0)

口を開けて眠る

ずいぶん前から、歯を食いしばって寝ていた。
朝、目がさめると、歯を食いしばっているのだ。

介護の頃からかな?と思って振り返ってみたら
その前、Gサンが出稼ぎ(単身赴任ともいう)で、一人で3人の子育てしてた頃も…
Gサンが戻ってきて、家庭軟着陸に失敗した頃も……歯を食いしばっていた。
介護が始まった頃は「ため息が多すぎる」とGに言われ、ため息を漏らすまいと
歯を食いしばり、顎関節症にもなった(レタスさえ噛みちぎれなかった)。

かかりつけの歯科大の先生(二十年もかかってるうち准教授になってた)に
「歯ぎしり、食いしばりは顎関節症だけでなく、虫歯や歯槽膿漏にもよくないです」
と、ずっと注意を受けていた。
「噛み締め予防の、顎のストレッチ体操をお教えします」と。
なにしろ歯を食いしばり、舌のふちに歯の跡がギザギザに残ってたからな。

ずっと、ずっと以前、口をあけて、よだれを垂らして寝てたことがあった。
「いぎたなく汚く眠る」なんて言い方もあるようだが、しあわせだった。
(ま、これはこれで、口の廻りにヨダレが渇いてこびりついてみっともなかったり、
また、口が渇いたりして、喉や歯によくないことも多いようだが)

最近になって、そう、ここ数日、ふと、口を開けて寝てる自分に気がついた。
モグにも言われた。「かーさん、口を開けて寝てたよ」と。

朗報かな!
歯を食いしばって、口を開けて寝ることはできない。
口を開けて寝てた、ってことは、食いしばっていなかったこと。
何かの呪いの緊張がとけたのか………

最近、肩の荷をすこしだけ軽くする出来事があった。
それで、歯を食いしばらなくなったのか?

「口を開けて眠る」で検索かけたら、いろいろあったけど
中で、「加齢に伴い口の周りの筋肉の力が衰えたから」とあった。orz
またも、加齢かよ。

良い方に取ろう。良い方に取ろう。
★下の画像をクリックしていただけると「夜廻り猫」の漫画がみられます。


夜廻り猫の遠藤平蔵と、仔猫のじゅーろが「猫の呪い」をかけてくれたんだ。
だって、目覚めたとき、よく覚えていないけど、楽しい夢を見ていた記憶がおぼろにあるんだ。


[PR]
by hidaneko | 2017-07-06 02:57 | からだ | Trackback | Comments(4)

雨、雨、雨、雨・・・・

すごい雨。

未明に、
2階の部屋で目をさますと、
右の窓からも雨の音、左の窓も雨の音。
熱帯雨林の高楼の上で寝ている気分。
天空から地上まで雨で覆われている感じ。
体がどこかへ行ってしまった感じ。
なかなかよい。

これが、晴れた日だと、
右の窓も鳥の声、左の窓も鳥の声・・・なんだけどな。
     ・
     ・
     ・
しっかり目が覚めたら、各地、すごいことになってた。
台風3号が梅雨前線を刺激して、各地で大雨。
がけ崩れや道路の陥没などのニュース。

雨は激しくなったり、小止みになったり。
わたしゃ、歯科と整形外科のはしご。
歯科医の方は、いろいろ細工してるわたしの口の定期観察。
特に異常なし、10月に予約を入れる。

整形外科は、やはり偽通風だった。
膝の水を抜いてもらって、痛みは軽減してる。
あとは、リハビリと、大腿四頭筋を鍛える運動をするように、と。

帰り道も、雨、雨、雨、雨
被害が多くなりませんように。


追記:
夕方のニュースによると、
上越、中越地方は、降り始めから(昨日? 一昨日?)の雨量が
例年の7月ひとつきの雨量より多くなったとか。
明日から少し天候も
回復してくるようですが・・・

避難された方々、被害にあった方々、お疲れ様です。
お見舞い申し上げます。

[PR]
by hidaneko | 2017-07-04 15:59 | きせつ | Trackback | Comments(0)

 膝に水…わたしの場合(自分なりの整理のために)

膝に水が溜まってた。
金がたまればいいのにね。

さて、その水はどこから来たか。
いやあ、体液からなんだけどさ…ww
原因(?)経過(?)自分の場合まとめてみる。

1、加齢や酷使により、膝の軟骨がすり減る(変形性膝関節症)
 (階段の上り下りにきしんだり、時に痛かったりした)
 (自転車をこぐと、膝が痛かった)

2、膝の大腿骨と脛骨の間の軟骨部分にピロリン酸カルシウムが溜まった。
 (軟骨石灰化症(なんこつせっかいかしょう)とも呼ばれる)
 (レントゲンで薄く写っていた=偽通風(ぎつうふう)の疑いとの診断)

3、それの一部が剥がれ遊離し、膝の内部の滑膜を刺激、炎症を起こす。

4、滑液が増す。=膝に水が溜まる。腫れ、痛み。

5、カルシウムが溜まる(偽通風)の原因は不明。
 (通風は食べ物も影響あるけど、偽通風には関係ないと)

6、結晶を薬などで取り除く方法はないので、対症療法。
  水を抜き、ステロイドなどを注入して炎症を抑える。

7、膝の負担を軽減し痛みをおさえるため、大腿四頭筋を鍛える。
  膝痛体操など。水中歩行や水泳もよいとか。

いやあ・・・・・
バーサンの介護をしていた時、
「年寄りの体は、ひびの入ったお茶碗のようなもの、
大切に取り扱えばまだまだ使えるけど、無理をすると壊れる」
って、思ってたし、言っていたけど、我が身に来たなあ。

それにしても、我が身の脆弱性に愛想が尽きる。
同じ年齢でもっと元気にバリバリ活躍してる人いるのに。頑張ってる人いるのに。
無念、残念。

モグに「年を考えなさい」と、たまに言われる。
「カーサンは頑張ってるよ、その歳にしては」と。
いやあ、まだまだ。
痛みはやる気を削ぐ。やりたいことは多いのに、体が伴わないのは歯がゆい。


More:Gサンの反応
[PR]
by hidaneko | 2017-06-30 01:25 | からだ | Trackback | Comments(2)

明日は我が身というけれど、今日は我が身の膝に水

膝に水が溜まってた。

昔、年寄りが「膝に水が溜まって…」というのを聞いたことがあったが、
他人事だと思ってた。
てへへ・・・わたしの膝にも水が溜まってましたwww

1週間くらい前から左ひざが痛かった。
立ったり座ったり、膝の曲げ伸ばしのたびに「あいたたた」
右膝だって完璧じゃなく、かなり頻繁に痛くなっていた。
そのことは、「膝の軟骨が磨り減り変形性膝関節症」と診断されていた。
もう10年ほども前のことだ。

変形性膝関節症は、加齢とともに増すようだが、酷使でも増すという。
わたしの場合、10年前は在宅介護真っ最中。
バーサンをベッドから車椅子に移す移乗の際、抱え上げていた。
バーサンがわたしの首に腕を回してくれたら、少しは楽なのに
認知症がすすんで、寝たきりのバーサンはそれもできなかった。
腕力で持ち上げたバーサンの体重50kgは、わたしの膝にかかってくる。
やっぱり、無理してたんだなあ、と今にして思う。
普通の、介護をしてない人より、膝に負担がかかっていたと思う。

閑話休題
一週間前から左膝が痛かったけど、
カロナール飲んだりモーラステープ貼ったり、自宅で軽減を図っていた。

だけど、だめだった。
どうも膝が腫れているようだ。
曲げ伸ばしの都度、あいたたた、と悲鳴が漏れる。
階段の上り下りが困難だ。
左足を引きずって歩く。

見かねてモグがいう。
「医者、行ったら?」
今日は水曜日だけど、日曜日から酷くなってきてる。
観念して、整形外科を受診した。
触診して、レントゲン撮って、
「変形性膝関節症もありますが、偽通風(ぎつうふう)のようですね」と先生。

なんでも、膝の関節の間にカルシウムが溜まっているという。
言われて、レントゲン画像をよく見たら、うっすらと白い影が見えた。

偽通風(ぎつうふう)? 通風と違うの?
通風は、足首や足に出やすいと聞く。
わたしの場合、膝だけど・・・・?

わからんから、帰ってきてからググった。

こちら がヒットしてきた。

なるほど………
偽痛風とは
痛風とよく似た疾患に偽痛風というものがあります。軟骨石灰化症とも呼ばれ、偽痛風は関節液中にピロリン酸カルシウム結晶という結晶が沈殿することによって起こります。痛風では血中の尿酸が増加し(高尿酸血症)関節液内に尿酸ナトリウム結晶が生じる病気です。
ピロリン酸カルシウムの結晶ができる原因として軟骨変性が重要です。軟骨内の結晶は関節破壊により関節腔内へ脱落します。関節腔内では白血球、単球などがこの結晶をきれいに掃除しようとします。そのときに細胞からはさまざまな化学物質が放出されて炎症はますます強くなります。痛風発作でも同様に白血球などが尿酸の結晶を掃除しようとして炎症が起こります。
(中略)

なるほど………
偽痛風の発作は数日またはそれ以上持続し、1~数箇所の関節炎が特徴です。痛風発作のように突然出現して自然に軽快しますが、痛風より痛みは軽度です。このような発作の多くは膝関節におこります。膝関節以外では、手首関節、足首関節など比較的大きな関節によく起こります。
急性発作時には関節腫脹、局所発熱、痛みがあり、関節の動きが悪くなります。腕や足の関節に慢性の痛みやこわばりが長びくこともあり、関節リウマチと混同されることもあります。
なるほど、なるほど………
治療法はほとんどが対症療法で完治につながるような決定的な治療法はありません。炎症をコントロールすることで痛みを抑える為にステロイド剤や非ステロイド系抗炎症剤などが用いられます。
治療により急性発作を止めて、次の発作を予防することが可能ですが、関節へのダメージを防ぐことはできません。発作のないときには通常の変形性関節症のような病像をとりますが、多くの患者さんでは膝の変形と慢性的な運動痛、動作の開始時の痛みで特徴とされる変形性関節症に移行します。
わたしの場合、今日は……
膝に溜まった水、ぶっとい注射針を刺して水を抜いて、リンデロンを注入
リハビリとして、温熱パック、低周波治療(電気をかけてビリビリするやつ)
あと、太ももの筋肉を鍛える体操を教わった。
パップ剤を処方され、消炎鎮痛剤は手持ちのカロナールで、と。

膝に溜まっていた水、 これ によると、
黄色い透明なのは、変形性膝関節症らしい。
やっぱりそうか・・・・

偽通風とか変形性膝関節症って、膝上、太ももの筋肉を鍛えて、膝を支えるしかないようだ。
下のリンク、図解されててわかりやすい。
お気に入りにいれた。
……っても、入れただけじゃダメね。毎日、ちゃんと実行しなくては!



[PR]
by hidaneko | 2017-06-28 23:38 | からだ | Trackback | Comments(0)

ボソッと……(モグの現状)。

寝ようとしても眠れなかったモグ。
9時では早いようだけど、今朝は日付が変わって
午前2時過ぎに寝て、5時起きだったという。
午後8時に寝たくなるのも無理ない。

でも、眠れなくて
「メロンが食べたいなあ、パイナップルでもいいけど」
と、つぶやいていた。
「カットして売ってるの少しでいいから……」と。

そのあと、階下へ降りて、何かガタゴトやってる音がしてた。
また2階に上がってきたので
「母の足が元気だったら、メロンでもパインでも買ってきてやるんだけどな」
と言ったら……

(続きは、あまり気持ちのいい話でないので、Moreで)


More
[PR]
by hidaneko | 2017-06-28 21:21 | かぞく | Trackback | Comments(0)

とほほ・・・(頭痛とタナ猫)

日付変わって、昨日の夕方、
夕ご飯に鳥の唐揚げを作ったところで、ひどい頭痛に襲われた。

急に、キリを差し込むように、右の頭が痛む。
こめかみとか、耳の後ろとか、キリ、じゃないね、千枚通しだ。
キキッ! キリキリッ! 
思わず、唐揚げの乗った皿を手にしたまま、モグに
「これ、とって」と手渡し、うずくまる。

「母、寝る」
と、2階に上がったものの、布団に倒れこんでも差し込む痛み。
モグを不安がらせたらいけない、と思いつつ、うめき声が漏れる。
冷やしたらいいのか、温めたらいいのか・・・
カロナール1錠では効かず、追加でもう1錠。
リーゼも飲む。

偏頭痛ではないな、緊張性頭痛か、後頭部神経痛か。
冷やすといいみたいだから、モグにアイスノンを持ってきてもらって
ひたすら安静に……。

うとうとして、目が覚めたらまだその日のうちだった。

ひどい頭痛は薄らいで、でも、時たま、キリッとくる。
寝ていた時、タナ猫が、押入れに入った音がした。
「タナ、だめ!』と、言ったけど、かまわず入ったらしい。
押入れをあけたら、タナがいた。

6.1キロを、うんこらしょ、と持ち上げ、私の布団に移す。
押入れを毛だらけにされるのは嫌だからね。

で、トイレに行って戻ったら………
軒先に置いたはずのタナが、母屋を取っていた。
今ここ。

また、うんこらしょと、6.1キロを移動させて脇に置いたけど
今夜は、タナ猫との領地の争奪戦になりそうだ。
じりじりと、母屋を狙ってくる。


[PR]
by hidaneko | 2017-05-17 00:37 | からだ | Trackback | Comments(0)

読書三昧

一昨日から本を読んでて、2冊読み上げた。

昨日は『桜風堂ものがたり』村山早紀(PHP研究所) 読了。
>万引き事件がきっかけで、長年勤めた書店を辞めることになった青年。
>しかしある町で訪れた書店で、彼に思いがけない出会いが...。
>田舎町の書店の心温まる奇跡。
…と、ネットの紹介にあったけど。
村山早紀って、児童文学から出た人で、文体がたるいというか、
全体の作りも甘めでイマイチ、わたしのお口にあわない。
でも、本の流通の話など内輪のことが書いてあって、その辺は面白いかな?

口直しみたいに読んだのが、こちら。
『暗幕のゲルニカ』原田マハ(新潮社) これが面白かった。
友達から借りた本で、帯がケバい。
>2017年本屋大賞ノミネート!
>「ダ・ヴィンチ」プラチナ本
>第9回R・40本屋さん大賞……などなど、黄色い地に黒と赤で。

「本屋大賞」は知ってるけど「R・40本屋さん大賞」って知らないから
ググったら「「中高年向けの歯ごたえのある良書」だとさ。
なるほど、作品が厚い感じで面白かった。

初出が、小説新潮2013年7月号〜2015年8月号 ということで
月刊誌の連載だから、ストーリーの繰り返しの部分もあるけれど、そう気にならなかった。

ゲルニカの空爆に対し怒ったピカソが描いた「ゲルニカ」。
作者が繰り返し言っているのが(登場人物に言わせてるのが)
「ピカソが、私たちが戦っている敵は……「戦争」そのものなんだ。
 私たちの戦いは、この世界から戦争という名の暴力が、悪の連鎖がなくなる日まで続くんだよ」



More:なぜそんなに本が読めたのか
[PR]
by hidaneko | 2017-04-09 21:18 | ほ ん | Trackback | Comments(0)