タグ:シゴト ( 190 ) タグの人気記事

新しい文房具

猫砂がなくなったのでホームセンターに買いに行った。
ついでに、厚手の紙も欲しかったので、文具売り場へ。

いやあ、楽しいなあ。いろいろ便利なのがあって。
……なんて見てたら時間がいくらあっても足りない。
だから、欲しかったもの、必要なのを見ていく。

厚い枚数(40枚)でも軽く綴じられるホッチキス、じゃないや、ステプラー。
(ホッチキスは商品名だからね)
これ、絶対いい。握力なくなっているし、必要。

それと、ハガキや封書の宛名を消すケシポン。
手持ちのが古くなって(何しろ初代のだ)インク漏れしてしまったので
今度は、コロコロと転がして消すタイプにした。
何社からか出ていたけれど、消すパターン(模様)で選んで
前とおなじプラス社のにした。

帰ってきて、いろいろ試してる。
ステープラー、優れもの。
ああ、薄い本を作るときに買えば良かった。
古いのでやってたので、ガッチャン!と綴じたあと、ペンチでかしめていたのだ。
これなら、一発でできる。裏もたいら。
楽しいから、絵本の読み聞かせのプログラムを年度ごとにまとめて冊子化。

ローラーケシポンも、ちょうど来ていた郵便物にコロコロ、コロコロ。
いやあ、楽しい。
新しいおもちゃを買ってもらった子どものように楽しんでる。

余計なものは買わないけど、要るものは要るからね。
前に買ったのは、どちらも、ひと昔以上まえだから、
文具も格段に進歩してるなあ。いやあ、楽しいなあ。


[PR]
by hidaneko | 2017-03-29 15:50 | くらし | Trackback | Comments(0)

・リュックを買った。ハシゴして疲れた。(リュックも育つ)

三連休の中日、19日の日曜日、モグと買い物にでかけた。
「母さん、リュックを買うと言ってたでしょ。
今日なら付き合ってあげる」と、モグが言う。
「母さん、ネットで23区ので、よさそうながあったと言ってたね。
23区なら伊勢丹に入っているよ。MUJIとかユニクロにもリュックあるし…」

出かける前に計画を立てる。モグはそうすると安心する。
およそのタイムスケジュールを立てるのだ。
「伊勢丹→MUJI→ユニクロ→カバン屋→スポーツ店」
ということで、百貨店やショッピングビルの多くある繁華街へでかけた。
連休中日で近辺は混むだろうから、バスで1停留所手前で降りて歩いた。

伊勢丹で23区をみたけど、ほとんどが衣料品でバッグが少し、リュックはなかった。
婦人用品売り場を見た後、紳士フロアのカバン売り場で、良さそうなのを幾つか候補に。

「ねえ、上で大きいサイズのバーゲンをしてるんだけど、見ていい?」とモグ。
ははーん、さてはそれが目当てか?(笑)
「いいですよ」ということで、けっこう混んでるバーゲン会場へ突入。
幾つか試着し、2点で迷っていたので、「一つは母が買ってあげる」と。
付き合ってくれたお礼だ。

それからMUJIへ行って、ユニクロへ行って、カバン屋さんからスポーツ店へ……。
春で、新学期を目前に、リュックの品揃えは豊富だった。
だけど、学生向きみたいなガチャガチャした感じのや、薄っぺらいもの。
スポーツ店のはがっちりしたのや、タウンユースには大きすぎるもの。
帯に短し襷に長し……
結局、伊勢丹へもどって、候補の中の一つを買う。

だけど・・・・
家に持って帰ったら、育ってる!

「育つ」とは、我が家ではよく言うのだけれど、
お店で見るより、家に持って帰ると大きく見えることを指している。
たとえばアジなど。店頭で見たときは小ぶりに見えたのが案外大きかったり、ね。

リュックも、持って帰ったら思ったより大きい。
「なんか、大きすぎたかなあ、小さい方にしたらよかったかな」と悩んだ。
だけど、買うなら、A4が入る大きさがいいな、と決めたこと。
候補のもう一方は、A4がギリギリだった。

そして、昨日、午後から仕事の用事で出かけるのに、初めて使った。
A4のノートとか、資料をいれた。容量はけっこう入る。
あと、それまでバッグに入れていた財布やポーチやあれこれを入れて
仕事の帰りに図書館に寄ってこようと、返却する本も3冊。

そう歩く距離は多くない。仕事先へは車で行ったから。
だけど…仕事先→図書館→スーパーへ来て、はっと思った。
これまでショルダーバッグを使っていたときは、
ショルダーの他に、仕事用の必要品は手提げに入れていた。
スーパーに寄るときは、手提げは車の中に置き、ショルダーだけ持って歩いてた。

だけど、リュックだと………

はい、バカです。仕事の必要品と、図書館の本と、財布やポーチと
ぜんぶ入ったリュックを背負って、スーパーで買い物したの。

疲れた〜〜〜
あ、もちろん、買い物したものはリュックではなくエコバッグに入れましたが。
それにしても、疲れた〜〜〜
たくさん入るリュックも考えものだな、と思った次第です。

ああ、やっぱり、小ぶりな方を買えばよかったかな。
ぐじぐじぐじ………


[PR]
by hidaneko | 2017-03-21 22:12 | くらし | Trackback | Comments(0)

整理整頓能力不足というか、春の風物詩というか

苦手な案件、
まだいいや日にちがあると置いといた。
始めなければ終わらない。
やる気は始めると出てくるという。
だから、今日すこしだけ手をつけた。
明日もう一歩進もう。

何って確定申告のための伝票整理、苦手。
医療費の領収書もあるし。
整理さえ済めば書き込むのは難しくはない。
目指せ還付金!

[PR]
by hidaneko | 2017-02-21 23:14 | くらし | Trackback | Comments(0)

ぬくぬく・・・

昨日、仕事を、仕事先の人に褒められた。
わたしの仕事は、派手じゃないし、どちらかというと地味。
だけど、じんわりと、そこがいいと言われて、嬉しかった。
お腹の奥が、ほこほこと暖かくなる感じ。
次の仕事にも続いた。
「ご一緒にお仕事しましょう」と。

たまたま、別の会社相手でも、似たようなことをやってて
そちらは、一つの仕事の間に担当の方が3人も変わってて、
わたしのこと、どこがいいと思って仕事してくださってるのかな?と
ちょっと不安というか、「手抜きじゃん」と思われる仕打ちもあって
ちょっと、とほほ・・・だっただけに、
F社のかたの言葉が嬉しかった。

その、ほこほこが、懐に抱いた温かな石のように
心を中から温めてくれて・・・
今日は、ひだまりねこ、元気です。

あー、わたしって、仕事を褒められると嬉しいんだ、とつくづく思った。

「仕事をしていてよかったね」
中島みゆき「彼女によろしく」より


[PR]
by hidaneko | 2017-02-10 22:46 | しごと | Trackback | Comments(0)

寒い夜

今週は、なんだか、仕事がぎうぎうになってきた。
これまで保留だった仕事が動き出したり、
前にやった仕事に、おまけのような追加を頼まれたり、
会議もかさなるし・・・

日曜日だけど、肉体労働(掃除機かけ & 拭き掃除)は無しにして、
寒いから、居間で仕事をしていた。
途中、図書館へ行ったりしたけど。予約資料が来たというので。

夕ご飯も早めに作り終え、風呂に入り、また炬燵で仕事・・・
してたら、Gサンが、風呂からあがって、夕食を食べに来る気配。
朝のことがあるから、逃げ出すことにした。自分の部屋へ、ね。

で、自分の仕事部屋にファンヒーターをつけに行ったら
なんと、室温が0度と出た!
屋内ですよ、まだ宵の口ですよ。
これから、夜中にかけて、どれだけ冷え込もうというのだ。

ああ、ガクブル。
明日も、朝から車で出かけなければならない予定。
さ〜て、またどれくらい積もるのかなあ。


More:朝のこと
[PR]
by hidaneko | 2017-01-15 21:02 | きせつ | Trackback | Comments(2)

ささくれ・女と男について(といっても恋愛論じゃないよ)

あれこれと、ささくれ的に引っかかることがあって、
ちょいと考えたりしてた。
書きたいと思ったけど、だらだらと、思いつくままで、
話の落とし所もみつかってない、わからない。
まあ、思ったことをつぶやいてみる。
長くなりそうだから、moreに書こう。


More
[PR]
by hidaneko | 2016-11-29 20:07 | かぞく | Trackback | Comments(0)

ぷんぷくりん!

ぶふーっ!
失礼しちゃう。
21日月曜までの締め切りの仕事、昨夜遅くまでやって
今朝、再確認して「うん、だいじょうぶ」ってメール貼付で送った。

別件で電話で話しながら決めていく部分があって電話したら、
「担当者は今日は出張で留守です」って・・・・・・・

チーン。

締め切りっていわれたら、こっちは守るじゃない?
この仕事に入った時、先輩に言われたこと。
「出来が悪くても、せめて納期だけはちゃんと守れ」って。
ずっと守ってる。
それが・・・それが・・・・ひどいじゃない?

多分、先様は、日程にもサバを読んでいたのだろう。
だけど・・・守るのが私の矜持。

さらにいうと、
あっちから郵便で書いて来てたメールアドレス、違ってた。
一文字抜けてた。
前に同じ部署と仕事してメアド知ってたからよかったけど
(部署で同じメアドをつかってる)

なんか、もう、やる気失せるわ。
ほっぺ、ぷんぷくりん!

次の仕事も背中を炙っているから、そっちにとりかかるけどさ。

[PR]
by hidaneko | 2016-11-21 10:44 | しごと | Trackback | Comments(0)

黄色い日曜日

2階の窓が黄色く輝いてた。
隣家の庭のカエデが黄葉して朝日に照り映えていた。
手前に見える大きな葉はイチジクの散り残った葉。これも黄色。
右手の枯れ枝みたいなのは、葉の落ちたザクロ。
その下の屋根は取り壊される予定の物置小屋。
f0016892_16341022.jpg
樹について書くといいつつ、用事に追われてゆっくり書けない。
そのうちに、工事作業は進行して、門かぶりの松、ひょろ長い松、緋色の花桃、白木蓮、緋の司という山茶花、紫陽花、が切られた。スノーフレークの球根は掘り起こされ、葉の伸びてきた彼岸花の球根も泥土の上に散乱してた。

上下水道の工事がおわり、残りの樹木の伐採と小屋の取り壊しは9日か10日後とのこと。


今日は、モグが朝から起きていた(というか、昨夜は寝てなかったという)
二階の掃除ができた。階下もふたりで掃除して、終わった昼頃Gサンが起きてきた。
何も言わない。体調が悪いとか、眠かっただけなのか、わからない。
遅い昼ごはんを自分で出して、もそもそと食べ、テレビを見ていた。

わたしは、仕事がお尻に火がついてる。
月末までかと思ったら、月曜に欲しいと。明日です。
昨夜と、今日の午後がんばって、なんとか目処がついた。

と思ったら、明日はカルチャーの日だった。まだ準備ができていない。
来月の絵本のボランティア、2件の保育園の出前が入っている。
そのプログラムも作らなくては。
今日はすでに2016年(平成28年)11月20日日曜日。
あと、年末まで…数えたくもないわ(笑)




[PR]
by hidaneko | 2016-11-20 16:49 | 草木への思い | Trackback | Comments(0)

こんなこと(ブログの更新)してないで、仕事しろよ!(と自分にツッコミ)

わたし、昨夜はなんか、すごいかっこうで寝落ちしてました。
体がギクシャクしてる。
体力ないなあ。なんとかせな。細切れ睡眠。

今朝も3時から目が覚めてて、寒くて起きられなかった。
5時には起きてましたけどね。
ほんとに、なんとかしなくては。

風邪引いてるうちに、あれこれ溜まってた。
家の片付けに時間を取られ、まだ大丈夫、日にちはある、
・・・と思ってるうちに、お尻に火が! うひゃ~~!


More
[PR]
by hidaneko | 2016-11-17 11:29 | しごと | Trackback | Comments(0)

ぐるぐるのわけ

この前からの ぐるぐる のわけ。

家の後ろを工事することになった。
これは、数年前から気になっていたこと。
いよいよ、覚悟を決めて、見積もりを取って、実行することに。

1、家の後ろを工事するためには人手じゃ無理、小型でも重機を入れなくては。
2、重機を入れるためには、市道から敷地に入る階段をスロープにしなくては。
3、スロープにして、重機の通る道幅を確保しなくては。
4、道幅確保のためには、母屋脇にある通路脇の樹木やその下に置いてある沢山の植木鉢、物置小屋や自転車小屋を撤去しなくては。
5、樹木の伐採・撤去は、愛着や思い出のある樹木への未練を断ち切ること。これはした。
6、小屋を撤去するためには、中に収納してあるものを移動させなくては。
7、捨てるものは捨てるけど、取っておくものは母屋に移動させなくては。
8、小屋のものを移動させるためには母屋にスペースを作らなくては。
9、母屋にスペースを作るためには母屋の納戸や物置の整理をしなくては。
10、母屋の物入れを整理するためにはかなりの物を処分しなくては。
11、使えない物は捨て、捨てるに惜しい物は古物商に引き取ってもらった。二束三文 だったけど物の命のある物を廃棄処分にはできなかったので。
12、小屋にあって要るけれど整理のつかない物(車用品とか園芸用品とか)なんとかしなくては。これはまだ。

13、樹木の下に置いてあった植木鉢の整理をしなくては。
14、植木鉢の整理、いらない物は捨てる…とはいえ命ある物。捨てがたい。でも捨てる。花の咲かないアジサイとか、何本もある実生の山椒とか、幾つか処分した。捨てようと思ったシンビジウム、手入れ不足で葉が乱雑になってて本当に捨てようと思ったら、花芽がでてるじゃないか。捨てられないよ。
15、捨てられない植木鉢たち。一部、寒さに弱いシンビジウムやアロエは屋内へ。ヒマラヤユキノシタも寒さで葉が傷むから試しに屋内に入れることにした。
16、屋内に入れるためには、フローリングの床を傷つけないために敷板がいる。物置小屋にあった板数枚のうち寸法を測って合うのを探し、洗って乾かし、屋内に入れる。木製プランターをしつらえ、そこに植木鉢を入れる。
17、外に置く植木鉢のうち、小さめのは小さい方の坪庭に入れよう。
18、植木鉢を坪庭に入れるためには、日当たりが悪すぎる。
19、日当たりを良くするために、伸びすぎていたアオキやカエデの枝を伐採せねば。
20、伐採したら、枝を束ねて資源ごみの日に出さなくては。
21、日当たりの良くなった坪庭に、小さな植木鉢を移すため、植木鉢に植えてある植物の枝葉を整理。鉢の土が少なくなっている物は植えかえ、

22、小さな坪庭に入りきれない、大きめの植木鉢は奥の庭に入れよう。
23、奥の庭に入れるためには、庭に生えている雑草をとらなくては。

いまここ。
小さな坪庭に鉢植えを移すため、植えかえしたり、剪定したり、天気の晴れ間をみて作業してた。
なにしろ、作業開始予定があるから、それまでに、整理する物は整理しなくてはならない。
風邪が少し良くなったのをいいことに、外仕事をしてたら、ぶり返したようだ。

ったく、ね。
ぐるぐるでしょ。
何々するには、そのまえに何々しなくては……ってのが多すぎ。
その作業をする人は、私しかいないの。
モグは寝てるし、Gサンは無関心。ほんっと、無関心。
ふう〜



[PR]
by hidaneko | 2016-10-30 20:40 | くらし | Trackback | Comments(0)