タグ:おでかけ ( 113 ) タグの人気記事

筋肉痛のわけ(国上山行き)

友達に、山に行こうよ、と誘われていた。
だけど、わたしは、膝が思うようでなく、自宅の階段でも痛むことがある。
とても、山になど行けない。行きたいけどね。
でも新緑の候、お互いの気持ちや条件をすり合わせて
昨日、4月30日の日曜日、小ぶりな山に連れて行ってもらうことにした。
良寛さまの五合庵のある国上寺(こくじょうじ)のある国上山(くがみやま)だ。
麓のお寺、国上寺の境内では,しだれ桜が綺麗だった。
f0016892_924325.jpg
階段の多い登り道。心配した膝の具合はまあまあ。
しりとりなどしながら、登る。
友達が「ゆっくりよ、ゆっくりね、と声をかけてくれる。ありがたい。
山は緑がきれい。でもわたしのガラケーではうまく撮れない。
緑をあらわす言葉をさがすけれど、うまくでてこない。
白っぽい緑や、黄緑、常緑樹の濃い緑など
「まとめて万緑じゃあだめ?」「そんな単語あったっけ?」
・・・あ、「ばんりょく」一発で変換できたから、やっぱりこの単語はあるのだ。

木々の向こう、薄水色の空の下に少し濃く見えるのは日本海。
f0016892_924340.jpg
年配のご夫婦らしきカップルの姿がいくつか見られる。
近くの方で、国上山を庭のように歩いている様子。
「あと、もうすこしですよ」と声をかけていただく。
f0016892_924342.jpg
はい、山頂に到着。少し息切れ(笑)
標高は、たったの313m ですって。
山頂で、笹団子、うまし。でも小さいなあ、でも小さいから食べられた。
少し休んで、きた道を帰らず、案内板の、蛇崩からちご道へ大回りして帰ることに。
(どっちかというと、わたしは元来た道でよかった。その方が短そうだし楽そう。
でも、蛇崩とはどんな場所か、好奇心も湧いて、膝に聞いたら「まあまあ」との返事)
f0016892_937237.jpg
階段の多い下り道。膝にくる。
小学生連れの家族が反対側から登ってくる。ぴょんぴょん、駆けるようで楽しそう。
若い青年が後ろから追い抜いていく。私たちは立ち止まって道を譲る。
わたしは、ゆっくり、ゆっくり。景色を眺めたり、花を愛でたり。
あちこちでささやかな花が咲いてて癒される。
f0016892_924392.jpg
たぶんリンドウの仲間。フデリンドウ(筆竜胆)? すごく小さい3センチくらい。
いま検索した見たら、やっぱりそうらしい。葉の形が同じ。( こちら
f0016892_924318.jpg
時々立ち止まって、小休止。膝が悲鳴をあげ始めてる。
木々の間から平野が見える。田植え前の水を張った田んぼが美しい。
国上山は、海岸の近くにあるので、登るときは木々の間に海が見え
下るときには木々の間に越後平野が見えた。
f0016892_924380.jpg
赤紫のツツジがきれいだ。友達の好きな色。
f0016892_9254418.jpg
へろへろになりつつ、「なぜ下ったのにまた登る?」とか文句をぶちぶち言いながら
それでも、友はいやにならずに付き合ってくれて、無事に駐車場へ戻りました。
休憩を入れて3時間弱の山歩き。
もう、汗びっしょり。顔がほてるのは、日焼けしたせい? 帽子も汗染み。

「コーヒーが飲みたい。美味しいコーヒーが飲みたい」とうるさいわたしに付き合って
友達は「美味しいコーヒーねえ、この辺じゃないわねえ」と考えてくれて。
結局、日帰り温泉へ。連休中だったから、小さな子連れがけっこういたけど。
岩盤浴で、またたっぷり汗をかいて、すっきり!

さて、鴉かーと鳴いて夜があけて・・・
わたしは、身体中の筋肉痛に(笑)
膝痛で階段を下りるのがガニ股なのはわかるけれど、
臀筋が痛いのは意外だった。



More:緑の色名
[PR]
by hidaneko | 2017-05-01 09:24 | なかま | Trackback | Comments(0)

堪忍と気晴らし

落語にもありますが……
「堪忍のなる堪忍は誰もする、ならぬ堪忍、するが堪忍」
「堪忍の袋の紐を首にかけ、破れたら縫い、破れたら縫い」

奈良の観音、駿河の観音。

前に、モグのことなら許せる、みたいなことを書いたけど( こちら )
今日はプッツンしてしまった。

原因は……


More:元を正せば、やっぱりGサン。
[PR]
by hidaneko | 2017-04-14 18:55 | かぞく | Trackback | Comments(0)

やっぱり海が好き

f0016892_15251699.jpg
f0016892_15281036.jpg
海沿いの国道。すぐ脇は砂浜、海。


[PR]
by hidaneko | 2017-04-14 15:25 | くらし | Trackback | Comments(0)

今日の散歩道

今日は友達と待ち合わせて、市営プールで泳ぎ。
「25mプールを10往復はしたい」と自分に課題。
最初はビート板を使ってバタ足で1往復、そのあとはクロールで。
途中、足をついた時もあるけど、なんとか全部で11往復、550m泳げた。
プールから出てきたら、汗ばんでいて、外の風が気持ち良かった。
そのあと、美味しい回転ずしをたべて、郊外へ。

今年初めてのつくしを見つけたよ。
f0016892_1971761.jpg
桜のつぼみ、というより「花芽」って感じだけど、膨らんできていた。
f0016892_1971783.jpg
足元では、ヒメオドリコソウの群舞。
f0016892_19717100.jpg
潟には水鳥もいたのだけれど(わたしの知ってるのではマガモとコサギ)
わたしの携帯のカメラでは映らない。(遠くにぽちぽちと見えるのがカモ)
f0016892_1971747.jpg
潟の周りをぐるりと一周、約4キロ、小一時間。
途中、ハーブ園で休んだりしたけど、
日頃、体を動かす習慣のないわたしにしては、よく動いた日。
ここでも、ほんのり汗ばむくらいの運動量。
だけど、海から吹いてくる風で耳と手が冷たかった。

「暑い、けど冷たい。冷たいけど、汗かいた」とか
「あんまり早く歩かないで、膝が痛くなるから」など、
ぶつぶつと言いながら歩くわたしに
文句も言わずによく付き合ってくれた友に感謝。

そのあと、登山用品のお店をはしごして、
結局欲しかったものは買わずに *
小さめのショルダーバッグをお買い上げ。
ん? このあいだリュックを買ったばかりなのに?って。
うん、そうなんだ。だけど、バッグがボロになって、底の角など擦り切れていて
前からほしかったのよ、安くてちょうど良い大きさの。

だけど、ちょうど良いと思ったものの、
やっぱり、家に持って帰ってきたら、育ってた(思ったより一回り大きかった)。
店だと、周囲が家より広いから、なんでも小さめに見えてしまうのかなあ。


(* 注
実は完全防水のレインコートが欲しかった。
ファッショナブルでなくていいから、実用向きの。
前に買ったのは、20年近くまえのことで、すっかり古びているのだ)

[PR]
by hidaneko | 2017-03-31 19:07 | くらし | Trackback | Comments(0)

雪だるま

山頂駅から少し登ったところで、雪だるまを作っている男性がいた。
「こんなおじさんがおかしいでしょ」とおっしゃってたけど
いえいえ、すてきですよ。ね。
(映っている男性は別人です)
手前の3人の影法師が、友達とモグとわたし。
この雪だるま、裏と表、両面に顔があるの。
登っていく人も、下ってくる人にも見えるように。
f0016892_1864225.jpg

[PR]
by hidaneko | 2017-02-04 18:06 | きせつ | Trackback | Comments(2)

山と雪と海

美味しいお蕎麦を食べてきた。
友達と、モグと、わたしで。
帰りに、634Mの山に登ってきた。
といっても、ロープウエーだけどね。
佐渡が見えた。佐渡の山の雪も見えた。
f0016892_17582990.jpg
ロープウエーの山頂駅から、奥の院まで行くのに
けっこう雪道で、上りは息を切らし、
下りは滑らないように緊張しつつ。
でも、楽しかった。
西に傾いた陽が海に映って綺麗だった。
f0016892_17582981.jpg

[PR]
by hidaneko | 2017-02-04 17:58 | きせつ | Trackback | Comments(0)

先週末から久々の上京

先週の土曜日、1月21日から上京。
今日、月曜日、帰りの新幹線に乗っている時、
モグからのメール……今夜の夕ご飯について
Gサンからの電話……今日、車を車検に出す予定だったけど、
その時に要る書類はどこだ、と。

デッキに出て電話を受けているけど、
デッキでは他に3人の男性が電話してて、大きな声を出してるから
Gサンの声がよく聞き取れない。
「よく聞こえませんが」と伝えたら
「こっちはよく聞こえる」って、話づつけるけど、
なんの書類がいるのか、聞き取れない。
聞き取れたって、こっちは新幹線の中だもの、探しようがないじゃない?
「帰ってからにしてください」と言ったら、
怒ったような声を出したけど・・・・しかたないじゃない。

久々に、ネットの友達とあって、素敵な個展を観て、おいしもの食べて
楽しく語らい、楽しいコンサートを聴いて、一緒に泊まってまた語らって
孫にもあって、一緒にいっぱい遊んで、楽しいパワー満タンで帰ってきたのに、
新幹線の帰路、すでに、現実に引き戻されたとさ……ちゃんちゃん。

そして、さらに……雪がお出迎え



More:雪…と靴についてww
[PR]
by hidaneko | 2017-01-23 18:17 | なかま | Trackback | Comments(0)

紅葉狩り

受付を通った入り口で「おぉ〜!」と、しばし立ち止まった紅葉
f0016892_9451621.jpg
追記:
友達てありがたいと思う。
風邪が長引いて、家にこもり(時々出ては風邪をぶり返してた)
ぐずぐずしてたわたしに、声をかけてくれた。
「紅葉をみにいきませんか?」って、誘ってくれた。
車に乗せて、連れて行ってくれた。
車の中で、いろんな話を聞いてくれた。
反省や、愚痴や、えとせとら。

紅葉の庭は、合併で同じ市になったけど、以前は隣の市だったところ。
石油で財をなした人が2代かかって作り上げた、広い庭園。
石油で財をなした人が、地元に還元するために雇用事業として
長い年月をかけて作った庭だという。
以前いったことのあるモグに言われた。
「山があるからね、雨の後は滑りやすいから滑らない靴がいいよ」

山といっても、築山の坂くらいだとおもったら、
ほんとに、山だった(笑)
丘陵地を利用して庭を造ったのか、うねうねと枝分かれして続く坂道、
自然石を並べて築いてある階段。
「六角亭跡」とか、「なになに跡」というのがあちこちにある。
かつては茶室などだったのだろうか、礎石だけが苔むしてたりした。

山道を歩きながら、紅葉を愛で、冗談を言ったり、
わざわざ順路とは違う脇道に入り池を眺めたり、
気ままに散策するのに付き合ってくれた友達。
感性(かんせい)がいっしょのところがあるから、
気兼ねなしにわがままいったりできるんだ、きっと。

あれこれと、自己否定的なことばかり言っていたら
「ひだねこさん、あまり穴ばかり掘らないでね」って言われた。
うん、自分を落とす、自分を埋める、穴ばかり掘ってたからな、わたし。



More
[PR]
by hidaneko | 2016-11-11 09:45 | きせつ | Trackback | Comments(0)

ぎうぎう

そしたのは、自分なんだけど、予定がぎうぎう。

今日はひよ子の運動会だった。年中組だって。早いね。
6月生まれだけど、背が高い。組の中で目立つ。
ちょっと内気なお子だったけど、元気に動いてた。
年少・年中組さん合同の大玉ころがしの白組のアンカーになり
紅組優勢のところを追い抜いて、見事ゴール。拍手!

びっくりしたのは、お母さんCさんが来てたこと。
8月11日に次女ベビーを30週で産んでまだひと月経たないのに。

さらにびっくりしたのは、
Cさんが、ひよ子の親子競技に出たこと!
当然、父親のRが出ると思っていたのに、彼はカメラ係。
「大丈夫なんですか、
昔はひと月、帯屋が明けるまで大事に、と言ってましたが」
と、Cさんのお母さんに聞いたら、にこにこと
「今は早いですからね〜」

年中組さんの親子競技といっても、走るのはほんのすこしだけど。
一緒に出れば、ひよ子が喜ぶにきまっているけれど。
それにしても・・・と、ひだねこ婆は思う。
あとで、触りがなければいいけれど、と。
お産はそのとき大丈夫でも、無理をすると、あとで来るからね。

あとで、というのは40代になったりしてから、ってことだけど。

文明が進み(?)、科学が進歩(?)しても、
体の仕組みというか、生理現象はそう変わらないと思うのだが。

ご本人の夫と、母親が、ニコニコして大丈夫というのに
姑が口を挟むこともないから、そうですか〜」と言っていたけど。

これがアリさんなら、きっと「何を考えてるの、だめ!」と止めてただろうな。
見物はまだしも、競技に出るなんて・・・・・
・・・・・と、ここでぶつぶつww


あ、そうそう、
ぎうぎうを書くつもりだった。
午前中、運動会を見に行って、午後は仕事。
昨日の土曜日の午後に打ち合わせをして、その直し。
月曜日の会議にかけるために、訂正箇所を確認し、
今日の午後はその直しの時間。

のらなくて、自分の首を絞めているのはわかってるけど
のらなくて、ぎうぎう。

おまけに、今週は、Nカルの最終日も入り、
保育園への絵本読み聞かせボラも入り
何やら、打ち合わせもあったり・・・・
ミスしないよう、ダブルブッキングしないよう、気をつけてる。

ふう〜〜


[PR]
by hidaneko | 2016-09-04 22:27 | しごと | Trackback | Comments(0)

無謀な計画のご報告・日帰り尾瀬の旅

無謀な計画に書いたように、尾瀬へ行ってきました。
計画を立てて指導をしてくださる方がいらっしゃったので
へなちょこの私には無理かと思っていた尾瀬の地に立てました。

一行は男性S野さん、M田さん、女性がY下さんにわたし。
もう一人お誘いしたけれど、都合がつかなくて残念。

世話人の用意してくださった計画表がすごい。
名付けて「ニッコウキスゲ咲く尾瀬!!〜尾瀬四人旅のご案内〜」乗り物の発着時間から、持ち物まで心憎いまでの気配り心配り。おまけに、バスや船の予約もしてくださり、かかる費用(一万円)を出発時に徴収してくださって、いく先々の乗車券もまとめて買ってくださった。
だから、わたしは、のこのこ付いていけばいいだけ。なんと気楽なことか。

おまけに、はじめは浦佐まで新幹線の予定だったのがY下さんが「私の車で浦佐まで行きましょう」と言ってくださり、乗り換えも少なくなった。

浦佐からは南越後観光バスで約1時間、「奥只見船着場」まで。Y下さんが言い出した夏の季語「山したたる」について、俳句をなさるM田さんが即興で一句。
「コンビニに 遊漁券あり 山したたる」

ほんとうに、滴るような緑の中をバスはゆき、奥只見湖へ。この湖は開高健氏は著書の中で「銀山湖」と言ってた記憶が。でも本の名前が思い浮かばない。
f0016892_17204857.jpg

銀山湖を船で渡り、尾瀬口船着場へ。そこから会津バス(要予約)で沼山峠まで。運転手さんが気さくな方で、途中、車窓から見える山の説明をしてくださったり、ブナの原生林が見えるところではスピードを落として写真を撮れるようにしてくださったり。
f0016892_17215056.jpg

沼山峠には、立派な休憩所がありました。観光地ですね。だから、わたしでも来れたんだけど。
f0016892_17215685.jpg

ここから、森の中の木道を登り、そして下り。
f0016892_1726503.jpg

道端には、リンドウや、野薊や、名も知らない花など
f0016892_20123188.jpg

f0016892_2012351.jpg

f0016892_20125347.jpg


f0016892_2027291.jpg
森を抜けると・・・・
f0016892_20273942.jpg
草原が広がっていました
f0016892_20274443.jpg
ここが「大江湿原」だというんだけど……ニッコウキスゲ見えないし…一面の黄色い花、ないし……
f0016892_20274956.jpg
探したら、一輪ありました。
来るのが遅かったらしい。花は散り、実がついていました。
そして、ほら、もうワレモコウ……
f0016892_20275985.jpg
あとで出会ったガイドの人に聞いたら「今年は季節が3週間は早かった」とのこと。

湿原でない草原の花を撮ったり、のんびり歩いていたら、S野さんから巻きが入って、もっと急いで歩いてください、って。帰りのバスや船の時間を計算すると、休憩時間が少なくなるって。
f0016892_20323584.jpg
尾瀬沼の長蔵小屋休憩所。隣にはトイレもあり、別棟で宿泊施設もあるみたい。ここで昼食休憩30分(日程表では1時間の予定だったけれど、わたしがのろのろ歩いてたからね)

帰りは逆のルート。
森に入るところで小雨が降ってきたけれど、S野さんの「持ち物リスト」には、ちゃんと「折りたたみ傘」が入ってて、全員傘をさして無事(カッパを着るほどの雨でもなかった)
だけど、木道が雨で濡れて滑りやすくなっていた。来るときは下ってきた峠道、帰りは長い登り道。そしてわたしは足がガクガクで、外反母趾の親指の関節も痛くなり始めてて、木道の階段で足が上がらず、バタンっ! と前のめりに倒れてしまったの。怪我がなくてなによりだった。怪我したら迷惑をかけちゃうから。

沼山峠休憩所から会津バスに乗って奥只見湖へ。
f0016892_20461583.jpg
船に乗って振り返る山々の名前を知らないのが残念。

実は、この船に乗るときも(バスを降りてから船着場まで長い階段を降りるんだけど)わたし足がガタガタで、段差でつまずいちゃって、船の甲板にバタンっ! と倒れ込んでしまった。おまけに、そのとき、船の船服の縁の5ミリほどの鉄板で脛をしたたかに打ってしまった。ズボンをめくってみたら、脛が1センチ長さ5ミリ幅、3ミリ深さで凹んでた(笑)。いやあ、下に運動用のスパッツというの?履いててよかった。生地が厚いから傷が小さくてすんだ。すぐに手持ちのバンドエイド・キズパワーパッドをぺたん! ふう〜(そっと触ると脛にタンコブが出来てた)。
帰ってから、ハイドロコロイドを貼って、その上からモーラステープを貼ったから、そう腫れなくてよかったけど、手のひらサイズの青タン、いや青やら黄色やら紫に赤も混じって賑やかな色合いで(笑)。

二度あることは三度ある……とならないように、そのあとは特に気をつけて帰ってきましたとさ。
普段の体力がないくせに、尾瀬を望むなんて、やっぱりちょっと無謀でしたが、山を抜け、湖を船でわたり、広々とした湿原 草原をあるき、友と語らい、良い1日でありました。

おまけに、帰りに小千谷によって、美味しいへぎそばと天ぷらを食べて……良い1日でありました。

それが金曜日のことで、土曜日は足首というか、向こう脛が筋肉痛、なぜに? ふくらはぎや腿でなくて。日曜日は背中も痛かったなあ…歳をとると筋肉痛も遅れてでくるからね。
今日はもう、元気ピンピンですよ。脛のキズも治ったし。
[PR]
by hidaneko | 2016-08-02 17:28 | なかま | Trackback | Comments(2)