訊いたらいかんの?

なんか、ややこしい話の個人的なメモなので、スルーしてください。

------------------------------
バーサンの主治医と喧嘩したらしい。
たぶん。
こっちはその気はないのだけれど。

また医者に「何処でも行きなさい」と言われてしまった。
発端は先週の下剤さわぎ。以下、ラキソベロン液をめぐる顛末。

今日、主治医の往診日だったので、下痢のことを話したのですよ。
いつもの血圧測定や、聴診器での診察のあとで、ね。

「先週、3日ほど便通がなかったのでの木曜日に、はじめてあの御薬を使ったのです。
 15滴と処方されていましたが、バーサンは薬が効きやすいので
 わたしの素人判断で減らして、9滴にしたのですが、それでも効きすぎて
 ひどい下痢でした。木曜に2回、金曜の朝にも1回下痢がでして」と、ひだまりねこ。

ひだまりねこ
「薬局にも電話で確認して、夜の処方を朝にのませたのですが…」
ドクター
「効きすぎましたか。個人差があるから。15滴なんて誰がいいました?」

ひ「薬の袋にかいてありますよ、ほら」
  “内滴:便秘時1回15滴水に薄めて飲んで下さい”って」
ド「僕はそんなの書いてない。あの薬は、そんなこと書けないんです。
  何本っていう処方しか出来ないんだ」

・・・・・(といいつつ、ドクターは帰り支度)・・・・・・。

ひ「書けなくても、口頭でも、使い方をご指導いただけたらよかったのですが。
  これからも使うとしたら、どれくらい飲ませたらいいんでしょう。
  この間も、ご説明がなかったですし…」
ド「出して欲しいといったのは、貴方の方ですよ、そんなの知っているかと思ってた」

ひ「訪問看護師の方が『便秘の時つかう水のお薬があるから、
  主治医に相談して処方してもらうといい』と言ったので、先生にご相談したのでした。
  はじめて処方していただく薬の使い方は、わたしは素人だもの、知りませんよ」
ド「あれは、そう強い薬じゃない。赤ちゃんにも使うくらいだから。
  他の年寄りにも処方してるし」

・・・・・(といいつつ、ドクターは靴を履く)・・・・・

ひ「ですから、お年寄りはふつうはどれくらい使うのですか? 参考にしたいので」
ド「僕は知らん。そんなの、個人差があるから……」

・・・・・(といいつつ、ドクターは戸をあけて外に出て)・・・・・

ド「僕は知らないからな! 何処でも行きなさい!!」
ひ「はぁ?」
ド「あれは、ほら、F病院系の看護師だろ。F病院へ行けばいいだろう!」

・・・・・(残されたひだまりねこの独白)・・・・・・・・・・

ひ「わたしって、しつこすぎるのかな? 医者を怒らせる才能があるのかなあ?
  これで3度目だわ。モグで2回。以前の大学病院とついこの間も。
  訊きすぎたかな? 追いつめちゃったかな? 
  ただ単純に、どうしたらいいか訊きたいだけなのに、
  ご機嫌を損ねてしまいました?」
  
しかし、医者のご機嫌まで気にしながら質問しなくちゃいけないなんて、トホホですよ。
しっかし、おい、ドクター、自分の仕事に責任もてよ。
患者の家族に言われたから出したですって?
看護師が言ったから出しただけなの?
医者としての判断はないの?
処方した薬の使い方、効き目について、応えることはできないの?
たとえ個人差はあっても、長年の経験ってのがあるでしょ、目安くらい教えてよ。

わたしだって、自分のシゴトには責任もちますよ。
たいていは「まずったら、ひだねこのせい。うまくいったら、相棒のおかげ」ってなるけど、
どんな反応だろうと、まとめて引き受ける覚悟はできてるわ。
[PR]
# by hidaneko | 2005-01-11 21:17 | かいご | Trackback | Comments(0)

ノロウイルス

世の中には沢山ニュースがあるけれど、
気に留めなくちゃいけないことも多々有るのだけれど、
小人(しょうじん)の悲しさ、取り上げるのは、つい、身近な話題で・・・・
かなりの都府県でお年寄りがなくなっているノロウイルス

この名前、ニュースで始めて知りました。
お年寄りは抵抗力ないし、脱水症状などでもすぐ死に到るんですね。
1日に何十回となく手を洗っているけど、さらに気をつけなくちゃね。
(手荒れがどーのこーのと、言ってられませんね。ふう〜)
[PR]
# by hidaneko | 2005-01-11 20:53 | うきよ | Trackback | Comments(0)

戦闘意欲


こどものおいしゃさん日記 おおきくなりたいね

yamakaw さんの1月6日の日記より
NICU勤務医と家庭ではスケールが違うけど
不公平感はやる気を削ぐ、というのは本当だと思いますね。

>今さら怠けたいとか働きたくないとか臆面もなく言えるほど
>誇りを失ってもいないつもりではある。
>しかし公然と遊んでいられる人があるのと
>全員が目一杯頑張っているのとでは、無理して働くときの納得の度合いが違う。
>こと私自身に関して言えば、不平不満の度合いを決めるのは仕事の絶対量ではなくて
>配分の不公平さの程度のようだと自覚している。

これなのよ〜。

昨日は日曜日。
「肉体労働の日」で、机に向うシゴトはせずに、日頃手抜きの掃除など丁寧にするの。
働くのはいいの。洗濯機3杯をこなし、マイが破いてくれた障子の貼り直し、
ついでに古い電灯の笠の修理、その間にモグを起すべく声をかけたり、
バーサンの食事の介助、下の世話。もちろん掃除もして掃いたり拭いたり・・・
しなくちゃいけないことだから、します。汚いよりきれいなほうが気持ち良いし。
あちこちに「マイの分身(抜け毛)」がフワフワなんてヤだもんね。

でもね、昼近くまで寝ていて、ちょろぱっと掃除機をかけて、
気がついたら居ない、って・・・・・・それはないでしょ。
出かけるなら、そう言ってくれたら、夕食の買い出しを頼んだりもできたのに。


家事は主婦だけのものでないと思う。じゃなきゃ、現実やっていけない。
子どもが小さいときから、家人が出稼ぎ(単身赴任)で不在のときも、
「みんなで汚したのは、みんなできれいにしましょう」これがモットー。
(各自の部屋には干渉しません。どんなに汚れてても。でも共有部分は一緒に掃除しよう)
・・・のつもりで始めた「日曜日は公共の福祉のために」だけど、


・バーサンは要全介護。ま、寝ていてくれるから、片づいてていいけど。
・ボーズ君は、国試前で余裕無し。部屋の入口に貼紙をして
「勉強中なので、声をかけないでください。ほんとうにお願いします」。
・モグちゃんは、良いときは良いけど、今は体調が悪いみたいだし…。

結局、動くのはひだねこと、家人。
わかってるけどさ〜。働きますけどさ〜。
午後、こっちはばたばた働いているときに、こっそり抜け出し、
夕方遅く帰ってきて、煙草のにおいさせているのって、どうよ。
P店で燻製になってきたのと違う?
そういうのって、戦闘意欲をそがれるのよ、わたし。

この記事へのコメント
[PR]
# by hidaneko | 2005-01-10 10:20 | かぞく | Trackback | Comments(0)

本が読めない

読みたい本があるのだけれど、なかなか読めないでいます。
『発想の航跡2』神田橋條治・著

発想の航跡〈2〉 (神田橋条治著作集)

神田橋 條治 / 岩崎学術出版社



面白いのですよ。読みかけだけれど。
学生向の講義や書評をまとめたから読みやすい、ってこちらで紹介されたのだけれど、
わたしは、ちゃんと頁と向きあい、言葉を拾っていかないと頭に入ってこないの。
娯楽小説のように、ニニンガシ、四捨五入の斜め読みじゃだめ。
というわけで、細切れじゃなく、まとまった時間がないと読めないです。

借りたのだから、期限までに読まなくちゃいけないのです。
それも近所の図書館になくて群馬県立から相互貸借で
とりよせてもらったのだから期限厳守。
高い(¥7300円+税!)けど買おうかな。線をひいて読みたい本だし。
きっと、くり返し読むと思うの。それなら惜しくない・・・・かも?

間が悪いことに、季刊雑誌「ネバーランド」がとどいて、つい手が伸びるの。
創作や詩や評論だけど新感覚でいい。細切れの短い時間で読めるし…。

この雑誌について年賀状でふれている人がいて、
まえに創刊広告を見たときから興味はあったし
結局、定期購読を申し込んじゃったというわけでした。

さらに言うと、連絡先を知るために出版社の名前で検索したら
このサイトに出会って、カニグズバーグの語訳についてだって。これも面白そう。
こちらも再読してみようと思ったりして…。
なんとかして読書時間を捻出しなくちゃ。

……シゴトはどうしたの?って声が聞えてきそうで、耳日曜!|(T-T)|
[PR]
# by hidaneko | 2005-01-09 23:14 | ほ ん | Trackback | Comments(0)

マックホルツ彗星

友だちが教えてくれた。
誕生日あたりに見られるという彗星。
どうせだめだと諦めていたんだ。裏日本の冬だもの。
寒気団が押し寄せているっていうもの。
今日も、朝からぱらぱらと、雪だか霰だか分からないのがふってたもの。

でも、夕方、晴れたんだ。
夕食のモヤシサラダの茹でモヤシを、急激に冷ましたくて外に出たら
雲が少ない! 空が晴れている。何だかしらないけど、星が見える。

夕食後、そう倍率の大きくない双眼鏡を手に、外へ出て空を見た。
オリオン、赤いベテルギウスと右下にある青白いリゲル。
おうし座のアルデバラン・・・・までは見えた。

昴はどこじゃ? と見上げていたら、首が痛くなった。
頚椎を傷めた患者には、この姿勢は苦しい。

んでもって、2階の窓から、1階の大屋根にあがる。
寒い。ひんやりした瓦屋根に寝ころんで・・・・昴までは見つけたけど
う〜ン、彗星は見つからない。
街の灯火のせいか、双眼鏡のせいか、ひだねこの眼(まなこ)のせいか。
そのうち、雲も出てきたし、寒いので、観察はおわり。

あつい風呂につかりながら考えた。
やはり、星は、ずぼらじゃ見られないんだなあ。
根性をだして、ひっしに観察しようと、環境の良いところまで出かける人が見られるんだ。
高山植物なんかもそうだけど、極のオーロラなんかもそうだけど
苦労して行き着いた人だけが楽しめるもの、ってあって良いと思う。

この記事へのコメント
[PR]
# by hidaneko | 2005-01-08 23:33 | きせつ | Trackback | Comments(0)