地球温暖化

今日は、雪ではなく、雨がふっています。
すこし、寒さが緩んだようです。

京都議定書が発効しました。(概要はこちら
あちこちでイベントもあったとニュースが伝えています。

さて、わたしに何ができるか・・・・?
1/冷房の温度を1℃高く、暖房の温度を1℃低く設定する
 うち、冷房ほとんどしないんですけど。(夏を旨とるすぼろ家なので)
 暖房も、この部屋の石油ファンヒーターは15℃設定なんですけど。
 暑ければ脱ぐ、寒ければ一枚重ね着。これでいってますので。

2/週2日往復8?の車の運転をひかえる
 たいてい自転車か徒歩。車は必要最小限にしているんですけど。

3/1日5分間のアイドリングストップを行う
 たいてい暖機運転さえ不足気味で発進。アイドリング嫌いなのよね、音も臭いも。

4/待機電力を90%削減する
 うーん、これは再考の予知あるかも。
 でもテレビは今リモコンが壊れていて、本体で元電源から切っていますけど。

5/シャワーを1日1分家族全員が減らす
 (身体を洗っている間、お湯を流しっぱなしにしないようする)
 ・・・・・これって、当然でしょ。

6/風呂の残り湯を洗濯に使いまわす
 やってます。当然でしょう。すすぎは新しい水だけどね。

7/ジャーの保温を止める
 これも要再考。お湯は昔式の魔法瓶型ポットにしていますが、ご飯はジャーだなあ。

8/家族が同じ部屋で団らんし、暖房と照明の利用を2割減らす
 あちゃ〜! これは痛い。無理です。我が家に団欒はないから。
 家族みんなそれぞれの事情で別々の部屋ですごすもの。残念。

9/買い物袋を持ち歩き、省包装の野菜などを選ぶ
 はい、近くの露天市場では新聞紙が包装紙です。スーパーへは買い物袋持参ですし。

10/テレビ番組を選び、1日1時間テレビ利用を減らす
 わたしがテレビを1時間減らすと、ほとんど無いになっちゃいますけど。

微々たることだけど、我が家はけっこう普通にやっていたみたいですね。
強いて言えば、4と7、8がネックかな。7以外は改善はむずかしいですねえ。

More:いただいたコメント
[PR]
# by hidaneko | 2005-02-16 17:51 | うきよ | Trackback | Comments(0)

介護仲間

遠方の友人より、思い掛けない宅配便が届いた。
以前、介護の掲示板でご一緒した男性。
介護なさっていたお母様が、うちのバーサンと一歳違いということもあり
板の常連さんの中でも、わたしが親近感をいだいていた方です。
介護はもとより、人生の先輩として、
お母様亡きあとも、なにかにつけお世話になってます。

「毎日の介護、お疲れさま。
 隣町で作っているヨーグルトです。お母さんと一息ついてください」
と、手紙が添えられていた。
「おかえしはなし、ですよ」と結んであるのも、あの方らしい心遣い。

まったりとコクがあって、おいしいヨーグルト!
さっそくバーサンと、いただきました。
「おばあちゃんにって、友だちが送ってくれたのよ」というと
「いい友だちだね、よろしくつたえてね」と、バーサンはにこにこ。

年寄りにとって、気にかけていてもらえる、というのは嬉しいこと。
そして、遠くでも思っていてくれる友だちがいるといことは、
わたしにとっても、はげみになることです。
ありがとう。hさん。

More:コメント
[PR]
# by hidaneko | 2005-02-15 23:10 | かいご | Trackback | Comments(0)

親は壁?

モグは、無事、先日のテストを落ちました。ありがたや。
まだ準備が整わない時期に、無理だと思っていたから。
そのことを家人に言ったら
「まず朝起きるのが先決だろう。
 受けさせるのが間違いだ。相手に迷惑だろう。
 おれが社長なら、そんな奴は雇いたくない」と。

>相手に迷惑だろう。
わたしには、この視点が欠けていた。
というか、モグのことしか頭になかった。
社会に出ようとする芽を、はなっからつぶすのは忍びなかったのだ。
頭のどこかで、モグは落ちるだろう、と思っていた。それでいい、と。
モグがふさわしくないのを先方は見抜いてくるだろう、と思っていた。

テストを受けにいく、と言ったとき、家人は止せとはいわなかった。
「おまえにまかせる」というのは、白紙委任では?
それって、任せたからお前が責任をとれ、ということなのか?
白紙委任って「任せた、結果がどうあれ一緒に責任をとる」ということじゃないの?

「だったら、そのことを、前に言ってほしかった。
 あなたから本人に言って、納得させてやってほしい」
まるごと受け止める母親と、社会の常識をしっている父親
べつの考えがあることを、知らせるもの大切なコトだと思うのだけど。

「お前の方が、いつも冗談をいいあったりして、うまく言えるだろう」
「マッチポンプじゃないけど、けしかけておいて、いざとなったらつぶす、
 両方を、わたし独りでやるのは無理があります。
 よく親は子供にとって乗り越えていく壁だと例えられるけど、
 世間を知っている視野のひろい男親から、じかにモグに言ってもらえませんか」
「・・・・・・」

父親って、時には損な立場かも知れないけど、逃げるなよ、と言いたいわたし。

More
[PR]
# by hidaneko | 2005-02-14 23:09 | かぞく | Trackback | Comments(0)

バレンタインデーだから

一日だけの、チョコバージョン。

*アリさんの住所から届いた父親あての宅配便。
だけど、差出人がマイの名前なんですけど。
わからんちんの父親とけんか腰で家を出たのに、
勘当だ!と叫んだ失言を取り消せないでいる父親に、
よくもまあ、モロゾフの大きな缶を送ってくれたことよ。
アリさん、あなたのほうが越えちゃったみたいね。

*我が家の男性ふたりには、モグとわたしから義理チョコ。
モグがふたつ買ってきてくれました。(代金はワリカン)
いわば、潤滑油のようなものでしょうか。
単身赴任していた時、送ったら「要らないのに」だって。
それを真に受けて送らなかった年は、ふくれ顔。
今年は・・・「ありがとう」でもない、あの顔はなんなんだろう。
すなおに喜んでくれたら、こっちも嬉しいのに。
[PR]
# by hidaneko | 2005-02-14 01:20 | くらし | Trackback | Comments(0)

温度差

昨夜は星がきれいだったと思ったら、
今朝は放射冷却でこの冬一番の冷え込みだったとか。

台所があまり寒いので、寒暖計を買いに100円均一ショップへ。
「寒暖計どこですか?」と店員さんにたずねたら
「温度計ですか?」って言い直されちゃったけど。

木の台の、目盛もくっきりとした温度計をゲット。
さて、掛けてみて気がついたこと。
目盛の上限が50℃はいいんだけど、下が−40℃までって・・・

これ、冷蔵庫用の庫内計じゃないんですけど。
ふつうの室温計のつもりなんですけど。

あ、そうか。中国産だって、これ。
あちらは大陸性気候で、冷え込むときは、
すっごく寒くなるんですね、きっと。(←知ったかぶり)

今日から春節とか。
たしかに日が長くなり、寒いながらも光の春を感じた今日でした。

More:コメント
[PR]
# by hidaneko | 2005-02-09 22:03 | きせつ | Trackback | Comments(0)