<   2017年 05月 ( 31 )   > この月の画像一覧

今日のタナ猫@おおあくび

何をしても可愛い(猫バカ)
f0016892_05480283.jpg
可愛い子にはたくさん名前がつくというけれど…
1、タナタナ(主にモグが呼ぶ)
2、タナ
3、タナさん
4、タナどん
5、タナりん(時として:タナりん りりん♪)
6、タナ猫
7、うっしー(毛皮が白黒まだらなので、牛から)
8、ちりりん(首輪に小さな鈴が2個ついてて、歩くと鳴るから)
9、らっはー(鳴き声から。ほんとに「らっはー、らっはー」と鳴くの)
10、きなこ(正式名:きなこまぶし。玄関でごろんごろんして埃まみれ)
11、はらぺこ ぺこりん(略して:ぺこりん)

1〜6までは、呼ぶとくる。
7〜は、モグとわたしが陰で呼んでる名前ww

そのほか
タナちゅぁ〜ん(Gサンが、他の人がいない時呼んでいる)


[PR]
by hidaneko | 2017-05-10 05:59 | ね こ | Trackback | Comments(6)

今週のたなくじ

f0016892_725897.jpg

大型連休明けの今週、
休み疲れはないですか?

わたしはちょっと寝すぎかなぁ?

元気にいきましょう〜!
[PR]
by hidaneko | 2017-05-08 07:02 | Trackback | Comments(0)

今日のタナ猫@布団の真ん中

軒を借りて母屋を盗るの図
f0016892_21275567.jpg
重いっ!
(ダイエット食のはずなのに 6.1Kg)
端っこにいたと思うと、真ん中に押し寄せて来るんだから。
宿主は足の置き場がなくなる。

けど……かわいいから許す(猫バカ)。



[PR]
by hidaneko | 2017-05-07 21:27 | ね こ | Trackback | Comments(0)

今日のタナ猫@のびのび〜!

気温が上がって、猫が伸びる季節になった。
警戒心も恥じらいもない、この大胆かつ無防備な格好!
カメラを向けた途端に大あくび。
でも、わたしのガラケーではうまく写せなかった。
f0016892_17395228.jpg

[PR]
by hidaneko | 2017-05-05 17:39 | ね こ | Trackback | Comments(0)

今日もまた布団を干して洗濯三昧

昨日に続いて、今日はGサンの布団を干した。

朝、いい天気。空気も乾燥してる。だから・・・

「今日はGサンのお布団を干しますよ、
昨日、モグのわたしのを干したら気持ちよかったから」
と言ったら、
「腰が痛い」とおっしゃる。
「ストレッチボードに乗ったら? 腰痛予防になるし痛みも和らぐわよ」
と言ったら
「背中だ」ですって。
背中も腰も繋がっているから、背痛も腰痛の範疇なんだって。
「いい湿布薬(モーラステープ)あるけど、貼りましょうか?」
と言ったら
「湿布を貼るほどでもない」ですって。

こういうのにかまっていると時間の無駄だから
「部屋の外に出しておいてください。わたしが2階へ持って行って干します」
と、宣言。

出した布団を見たら、あらま、
Gサン、羽布団の他に、まだ厚い合わせの毛布も使っていたの?
洗うことにする(内の洗濯機じゃギリギリ洗えるかな?)。
「電気毛布ももうつかわないでしょう?」と聞いたら
「そのまま片付けた」
「洗える毛布のはずだから、洗います」

羽毛布団と薄手の羽毛夏掛け、まくらを日に干して、大物の洗濯。
布団カバー、シーツ、ベッドパッド、電気毛布、厚地の毛布、3回に分けて洗う。

布団を干して、洗濯機を洗っている間に(毛布は時間がかかるからね)
車を出して、図書館とスーパーへ。
帰ってきてから、布団をひっくり返し、お蕎麦を茹でて、モグと昼ごはん。
そのあと、時間を見て布団を取り込んで、カバーをかけ(これはGも手伝った)

ふかふか布団に清潔カバー類、きっと気持ちいいと思うよ。
洗濯水が泥水のように汚れていたから、さっぱりしたはず。
     ・
     ・
     ・
だけど、Gは「ありがとう」でもないし「ご苦労さん」でもない。
アスペのGには、望むべくもないのか。

わかっているけど、寂しいねえ。
(朝の背痛の件も、自分で治す気なしで、仕事をしない言い訳に思えてくる)
あるいは、「ありがとう」を望むくらいなら、
言ってもらえないと分かっている仕事はしなければいいのか?

そう思って、冬の間じゅう、我慢してた。シーツ・カバー類の交換。
「洗濯に出したら洗ってあげよう。でもこちらからは呼びかけない」と。
だいたい、Gサンは自分の衣類は自分で洗濯機にかけて洗っている(*注)のだから、
シーツやカバーも自分で洗えないはずないんだけどね。自分では、しないのね。

(モグは「ありがとう。気持ちいい〜♪」と言ってくれるから、
やりがいがあるけどね)。
     ・
     ・
     ・ 
     ・
     ・
(*注)
>Gサンは自分の衣類は自分で洗濯機にかけて洗っている

これは、わたしが押し付けたことではない。
かなり前、少し激しい喧嘩をして、Gの洗濯物は洗いたくなく
わたしのとモグのだけ洗ったことがあった。
その時、Gが自分で始めたこと。
「すまなかった。洗ってくれ」と言ったら洗ってあげるつもりだったけど
Gは、自分が風呂に入っている間に、脱いだものや他のものを洗濯機にかけている。
ふーん、それならそれでいいわ・・・・と、わたしは放置してる。
頼まれたらやってあげるつもりだけど、頼まないのだからしない。
それだけのこと

[PR]
by hidaneko | 2017-05-04 19:17 | くらし | Trackback | Comments(0)

今日は憲法記念日だけど、柿若葉を揚げた

先週、ずっとモグは調子が悪かった。
眠れなくて、何を食べても吐いて、吐きどめの薬さえ吐いて
「プリンなら食べられる」と、豆腐とプリンで命を繋いでた。

今朝はモグが朝起きて、掃除をする気になったので、今日は二階の中掃除。
布団カバーやシーツを剥がし、電気毛布も洗った。まさに掃除洗濯三昧。
外は工事中で干し場がないから、室内に洗濯竿を持ち込んで満艦飾。

晴天だったから布団も屋根に干したし(二階の戸口から出て一階の屋根に干すのだ)
ふかふかになったその布団で昼寝もしたし。
憲法集会には行かず、昼寝しながら憲法を読み直してみる。
こんなのんびり、のどかでいられるのも、現憲法があればこそ。

夕方は久々にてんぷらを揚げた。きれな柿若葉。
なごりに、摘んで、てんぷらにしたかったのだ。
摘んでみたら、もう花芽もついていた。
この前、山に行った帰りに買った原木シイタケも揚げた。

柿若葉、原木シイタケ、ヨモギ、人参のかき揚げ、ナス、カボチャ
エビ、鶏ムネ肉のそぎ切り・・・大皿てんこ盛りになった。


[PR]
by hidaneko | 2017-05-03 22:01 | きせつ | Trackback | Comments(0)

些細なことだけど…

仕事場で仕事してて、そろそろ寝ようかな、と思った。
台所に行ったら、まだ電気が付いていた。
Gサンの部屋・寝間にも明かりが灯っていた。

と、Gサンが外から帰ってきた。
こんな夜更けにどこへ行っていたのだろう?
疑問に思うけど、訊かない。
寝間に入ったGサンに、障子の外から声をかける。
「おやすみなさい」

返事がない。
聞こえないはずないのに、返事ない。
そんなものなのか。
返事を期待する方が悪いのか。

心が少し、削がれる。
アスペルガー、自閉症スペクトラムだと思っても、心がそがれる。
繰り返されると、まともな自分でいるのが難しくなる。
カサンドラ、しかたないよね。

二階に上がったら、モグは寝ていた。
眠れてよかった。


[PR]
by hidaneko | 2017-05-02 22:32 | かぞく | Trackback | Comments(0)

ひとのことを笑っていられない

夕ご飯に、野菜たっぷり具沢山のスープと、
ハーブ鶏の蒸し鶏と、小松菜のおひたしを作った。

でも、なにかもう一品たりない気がして、
厚焼き卵を作ろうと思った。

卵に、こんこんとヒビを入れて、ボールに割り入れ、殻をゴミ袋にすてた。
次の卵を持って、こんこんとヒビを入れて、ゴミ袋に割り入れた・・・・
殻を手に持ち、呆然として「おれ、疲れてる」と思った。

一瞬、ゴミ袋の卵を掬い上げられないか、と考えてしまった。
そして・・・「おれ、かなり疲れてる」と思った。

[PR]
by hidaneko | 2017-05-01 18:06 | くらし | Trackback | Comments(0)

パン

午後の仕事のあと、図書館へ行ったら、
夕方だったもんで、併設のカフェでパンが40%オフだった。
ここのパンは美味しいのだ。ラッキー♪

食パンを「8枚切りにしてください」と頼んだ。
「耳はつけたままでいいですか?」
「はい」
f0016892_16382740.jpg
たしかに、8枚切りだけど……


[PR]
by hidaneko | 2017-05-01 16:38 | くらし | Trackback | Comments(0)

筋肉痛のわけ(国上山行き)

友達に、山に行こうよ、と誘われていた。
だけど、わたしは、膝が思うようでなく、自宅の階段でも痛むことがある。
とても、山になど行けない。行きたいけどね。
でも新緑の候、お互いの気持ちや条件をすり合わせて
昨日、4月30日の日曜日、小ぶりな山に連れて行ってもらうことにした。
良寛さまの五合庵のある国上寺(こくじょうじ)のある国上山(くがみやま)だ。
麓のお寺、国上寺の境内では,しだれ桜が綺麗だった。
f0016892_924325.jpg
階段の多い登り道。心配した膝の具合はまあまあ。
しりとりなどしながら、登る。
友達が「ゆっくりよ、ゆっくりね、と声をかけてくれる。ありがたい。
山は緑がきれい。でもわたしのガラケーではうまく撮れない。
緑をあらわす言葉をさがすけれど、うまくでてこない。
白っぽい緑や、黄緑、常緑樹の濃い緑など
「まとめて万緑じゃあだめ?」「そんな単語あったっけ?」
・・・あ、「ばんりょく」一発で変換できたから、やっぱりこの単語はあるのだ。

木々の向こう、薄水色の空の下に少し濃く見えるのは日本海。
f0016892_924340.jpg
年配のご夫婦らしきカップルの姿がいくつか見られる。
近くの方で、国上山を庭のように歩いている様子。
「あと、もうすこしですよ」と声をかけていただく。
f0016892_924342.jpg
はい、山頂に到着。少し息切れ(笑)
標高は、たったの313m ですって。
山頂で、笹団子、うまし。でも小さいなあ、でも小さいから食べられた。
少し休んで、きた道を帰らず、案内板の、蛇崩からちご道へ大回りして帰ることに。
(どっちかというと、わたしは元来た道でよかった。その方が短そうだし楽そう。
でも、蛇崩とはどんな場所か、好奇心も湧いて、膝に聞いたら「まあまあ」との返事)
f0016892_937237.jpg
階段の多い下り道。膝にくる。
小学生連れの家族が反対側から登ってくる。ぴょんぴょん、駆けるようで楽しそう。
若い青年が後ろから追い抜いていく。私たちは立ち止まって道を譲る。
わたしは、ゆっくり、ゆっくり。景色を眺めたり、花を愛でたり。
あちこちでささやかな花が咲いてて癒される。
f0016892_924392.jpg
たぶんリンドウの仲間。フデリンドウ(筆竜胆)? すごく小さい3センチくらい。
いま検索した見たら、やっぱりそうらしい。葉の形が同じ。( こちら
f0016892_924318.jpg
時々立ち止まって、小休止。膝が悲鳴をあげ始めてる。
木々の間から平野が見える。田植え前の水を張った田んぼが美しい。
国上山は、海岸の近くにあるので、登るときは木々の間に海が見え
下るときには木々の間に越後平野が見えた。
f0016892_924380.jpg
赤紫のツツジがきれいだ。友達の好きな色。
f0016892_9254418.jpg
へろへろになりつつ、「なぜ下ったのにまた登る?」とか文句をぶちぶち言いながら
それでも、友はいやにならずに付き合ってくれて、無事に駐車場へ戻りました。
休憩を入れて3時間弱の山歩き。
もう、汗びっしょり。顔がほてるのは、日焼けしたせい? 帽子も汗染み。

「コーヒーが飲みたい。美味しいコーヒーが飲みたい」とうるさいわたしに付き合って
友達は「美味しいコーヒーねえ、この辺じゃないわねえ」と考えてくれて。
結局、日帰り温泉へ。連休中だったから、小さな子連れがけっこういたけど。
岩盤浴で、またたっぷり汗をかいて、すっきり!

さて、鴉かーと鳴いて夜があけて・・・
わたしは、身体中の筋肉痛に(笑)
膝痛で階段を下りるのがガニ股なのはわかるけれど、
臀筋が痛いのは意外だった。



More:緑の色名
[PR]
by hidaneko | 2017-05-01 09:24 | なかま | Trackback | Comments(0)