<   2016年 09月 ( 22 )   > この月の画像一覧

今日のタナ猫@行き倒れ

f0016892_1826567.jpg

[PR]
by hidaneko | 2016-09-30 18:26 | Trackback | Comments(0)

グリムズ13本目

気がついたら、大人の樹に成長してた。
13本目だって。
f0016892_05160249.jpg

[PR]
by hidaneko | 2016-09-29 05:16 | ぶろぐ | Trackback | Comments(0)

思っていたより冷えていたらしい

土曜日はガンガンやったけど、
日曜日はグダグダとすごし、月曜日もほどほどにすごし
疲れは癒えていたと思ってた。
火曜日、午前中に会議一つ。そのあと時間があったから、
友人に勧められてた映画を見ようと思ったけれど、時間の間があるので図書館へ。
でも、資料を探しているうち、疲れを感じてきた。
映画には興味はあったのだけれど、いま一つ気が乗らない。
映画は行かず、夕ご飯の買い物にスーパーへ・・・

帰宅して、休もうと思ったけど、モグが寝るとか何とか言うので
「寝る前に夕ご飯を食べてね」と、急ぎ支度。
生きのいいアジを塩焼きにして、根菜類の煮しめを作った。

作ったところで、ものすごい疲労感。
2階にあがり、パジャマにも着替えず布団に倒れこむ。
吐き気がするほどの疲労感。久々の倦怠感。
寝返りを打って、寝返りを打って、どうにも落ち着かない。
階下にある薬を取りに行く元気もない。
モグに取ってきてもらって、薬を飲み、夕御飯も食べずに寝た。

起きて、水曜日。
絵本の読み聞かせボランティアの、月一回の例会のある日。
疲れが取れないし、どうも膀胱炎の気配、頻尿。
10〜15分おきにトイレに行きたくなる。
頑張れば、出かけられそうだけど、体に聞いてみると
「無理したくない・・・・」と、囁く声。
水やぬるま湯をたくさん飲んで、下腹部を暖かくして寝てたら治りそう。
ボラの会の代表にメールして欠席を告げる。
サーモスにぬるま湯を詰めて、おへその下にズボンの上からホッカイロを貼り、
布団に潜り込む。
足元が寒い。

久々に、4枚重ねのソックスをタンスから引っ張りだして履く。
絹の5本指ソックス、木綿、絹、木綿・・・と4枚重ね、布団に潜り込む。
じんわりと、足元が暖かくなってくる。
じんわりと、お腹が暖かくなってくる。
徐々に、徐々に・・・・

温まってきて、はじめて、どれだけ冷えてたんだ自分、と思った。
冷えは万病のもと。

秋口、急に涼しくなって、寒いくらいだったり、
また、台風のフェーン現象で暑いくらいだったり、
私の方も仕事が忙しくて、すごく緊張したり
しらず、しらず、無理してたんだな・・・と思った。
というか、
なんとまあ、軟弱な。無理がきかない自分を情けなく思う。

それが、昨日のこと。
ぐだぐだと、寝たり起きたり、本を読んだり・・・・
睡眠時間は足りているはず。
今日は、午前3時に目がさめた。
雨降りだから、猫は外に出せないよ。
いま、ここ。



[PR]
by hidaneko | 2016-09-29 05:09 | からだ | Trackback | Comments(0)

今週のたなくじ

f0016892_732875.jpg

豪勢大吉!!

久々にいい卦が出ましたね。

月末の1週間、
皆さまにもいい日々てありますように。
[PR]
by hidaneko | 2016-09-26 07:03 | Trackback | Comments(0)

ひたすらグダグダした日

昨日、ちょっと人前仕事をして、
自分でも気がつかないうちに緊張し疲れていたようだ。
朝、タナ猫を放牧する時もそうだったけど
身体中を丸太ん棒で打たれたような感じで
「そこ、痛む? 痛むはずないよ〜?」という箇所まで傷んで
「こりゃなんだ?」と、まあそんな朝だった。

昨日のイベントは、春先から計画されていたこと。
「他に頼んだらみんな断られて」って友に言われて、
「どうせ前座だし…」と、軽気持ちで引き受けたのだった。

幾つかの関係部署(お役所)が絡んでいるイベントらしく
会合があるごとに、友達が報告してくれるんだけど
だんだん規模が膨らんで、あれもしよう、これもしよう、と。
なんか、船頭が多いと船が山に登る…なんて諺を思い出したり…

わたしの引受る箇所は、ごく小さく、ごく短く、でも
イベントの逐一を知らせてくれる彼女にとっては
「失敗できない!」という思いが強かったのか、あれこれ、注文をつけてくる。
時間と、凡その内容さえ確認しあい、あとはこっちに任せてほしい…のだけど。

彼女の熱心さが「担当のSさんも大変だろうけど頑張ってるのよ」と
わたしに伝えてくるけれど、それは彼女の不安のせいもあるようだ。
わたしは、一応、友達だから、「はい、はい」と、
彼女が安心するように動いて、計画を立ててきたけど……
普段なら、この程度のシゴトにそんなてテマやヒマはかけないよ。

……というシゴトがおわりまして。
知らないうちに、わたしにも彼女の緊張が伝わって、
体に力が入っていたんだろうな。
肩は凝るし、ふくらはぎも痛い(そう長時間立っていたわけじゃないのに)
腰もやばいぞ……ってことで、今日はひたすらグダグダ。



[PR]
by hidaneko | 2016-09-25 21:59 | しごと | Trackback | Comments(0)

今日のタナ猫@朝寝

f0016892_6422889.jpg

許せん!
日曜の朝の5時から、ひとの頭を爪付きポフポフでつついて起こして、
放牧をねだり、ひと遊びして、帰ってきて餌をねだり、
あとはのびのび〜朝寝かい!?

わたし、今朝はもう少しゆっくり寝ていたかった。
放牧するのに5時では暗いから、30分くらい待たせたけど、
その間、ずっと、爪付きポフポフ…
ゆっくり寝てられなかったよ。ったく、タナ猫め!

[PR]
by hidaneko | 2016-09-25 06:42 | ね こ | Trackback | Comments(0)

スッポン(ラバーカップ)の使い方をマスターした日

トイレから出てきたモグが、ひとこと
「つまってる」
「えっ?」
「水が流れない。少しずつなら流れるけどペーパーが残ってる」
きゃっ、その前に小で入ったのはわたしだ。おそるおそる訊く。
「母のも?」
「うん、流れてなかった」

プチ・ショック!
去年の暮れに改修したトイレ、これまでの古いのと違って信頼してた。
前のは、小でも大でも目で確認して確実に流れているのを確かめてから出てた。
(少しでもペーパーが残ってたりするとGサンがうるさかったし)
新しくなって、節水型になって、トイレから下水までの排水路も新しくしたから
わざわざ、目視確認しなくてもよくなった……と思っていたんだ。

「スッポン、うちになかったかしら?」
表の物置小屋を探すけれど、ない。ここになければないだろう。
でも、念のためにGサンの携帯に電話してみる。

発信音10回、20回……誰も電話にでんわ。

並行してパソコンでググってみる。あった。
「トイレつまりの直し方。知っておきたい身近なアイテムを使った解決法」 こちら

ひ「お湯を入れるといいんだって!」
モ「信じられない。やっぱり、スッポンがいいよ」
ひ「うちにない。父に聞こうと電話してもでんわ」
モ「下水道屋さんに頼むと出張費だけで5000円ってネットにあった」
ひ「来てもらうのに時間もかかるしね。よし、買いに行こう!」


つづき
[PR]
by hidaneko | 2016-09-22 20:15 | くらし | Trackback | Comments(0)

今日のタナ猫@ガーゴイルの季節

ここ数日、雨もようの日が続き、めっきり涼しくなりました。
昨日の最高気温は22℃で、今日は20℃とか。
最低気温も下がって17℃。
タオルケットや夏掛けでは寒くなり、昨夜は羽布団を出しました。

さて、涼しくなってきたからか、タナ猫がガーゴイルするようになりました。
はい、わたしが台所に立つと、監視するように背後の食料棚に載るのです。
夏の間は調理の熱気が上に上がるから、暑くてガーゴイルはしなかったけどね。
4月のガーゴイルは こちら から(笑)
f0016892_1615741.jpg
食料棚の上には、ほんとはものは置いてはいけないのだけれど
置き場がなくて、お餅の入った箱と、ラップ類の買い置きがおいてあります。
6キロになったタナ猫の載る余地はないようなのだけれど
根性で載っています(笑)しっぽ、はみ出てますが。

[PR]
by hidaneko | 2016-09-20 16:01 | ね こ | Trackback | Comments(0)

今日のタナ猫@寝姿

f0016892_21291214.jpg

だらしない〜
警戒心、微塵も無い〜!

ってか、
完全に「帽子」からはみ出しているし・・・


[PR]
by hidaneko | 2016-09-19 21:29 | ね こ | Trackback | Comments(0)

パラリンピックが終わった

f0016892_20533646.jpg
ここんとこ、珍しくテレビを見てた。
朝早く目が覚めて、というかタナ猫に起こされて、
だいたいその時間が、3時とか4時でパラリンピックの実況中継、

車椅子ラグビーなんて、すごく迫力があって面白かった。
まさに格闘技。迫力ある。スピードや敏捷性にもびっくり。
上半身の鍛え方、半端じゃない。銅メダルとってはらはら。

走り幅跳びの、足に障害がある人のクラスの山本篤 選手は銀を取ったり。
義足の性能によって記録も違うだろうから、
良い義足を作ってもらう経済力や技術で差が出るんじゃないの?と
斜めに観てたんだけど、ドキュメントを観て考えが変わった。
どんな優れた義足でも、いや優れているだけにそれを使いこなすために
残った足の部分を鍛えなくてはならないって。すごいよ。

全部観てたわけじゃないけど、ニュースなどでも伝わってくる。
障害の程度じゃなくて、残された能力を最大限に活かすように
鍛えて、練習しているアスリートたち。

陸上や水泳なども、障害の程度によって細かくクラス分けしてある。
わたし知らなかったけど、
身体障害だけでなく、知的障害というクラスもあったんだ。
中島啓智選手が水泳で銅をとったり、すごいね。

だけどふと思ったんだ、
精神障害というクラス分けはあるのだろうかと。
パラリンピックにはなさそうだ。
パラリンピックは障害者のスポーツの祭典といわれるけど。
身体障害や知的障害はあるけれど、精神障害はない?

知的発達障害者のスポーツはスペシャルオリンピックスなどもある。
だけど精神障害者のは寡聞にして聞いたことがない。
精神障害者のスポーツの祭典って難しいのかな。
ほんとはあるけどわたしが知らないだけなのか。
なんか、ここでも差別されている感じがする。
ひがみっぽいわたし。

「精神障害者 スポーツ」で調べたら、あるにはあるらしい。
「精神障害者バレーボール」というのが…。(こちら そして こちら
でも、アスリートというより、治療の延長という感じがする。
だけど……
……上記サイトより引用……
また、精神障害者のプライバシー確保や権利擁護に関してですが、全国障害者スポーツ大会の参加に際しては参加者名簿の提出が原則で、氏名などが明示され、積極的にマスコミなどに取り上げてもらいます。参加選手の声を聞くと、個人情報の公開化に関しての抵抗感は少ない反面、
家族や関係者が旧態然としたプライバシー保護に固執する姿勢が認められるなど、その意識改革が求められています。
……引用ここまで……

まだまだ、難しいんだな、と思ってしまった。
単に、精神障害者は症状の波があって体調を整えるのが大変で
それでスポーツできないのかと思ったけれど、それだけじゃなくて、
世間の偏見というヤツが立ちはだかってるんだ〜。


追記:
精神障害者がぜんぜんスポーツできないわけじゃない。
モグも、体調のいい時はウオーキングをやっている。
(リハビリ程度だけどね)
また、地域のマラソングループにも入れてもらってる。
(年に1度、マラソンリレーに出るくらい)
そのグループは健常者が主だけど、うつ病の人もいたし、
モグが行ってたハウスのメンバーでアスペルガーの人が
スポーツジムに通い、プールで泳ぎ、大会にも出ていたと聞く。
でも、障害があることは告げないでの参加らしいけど。

精神障害の人は、薬を常に飲んでいる人が多いから、
公式の試合になるとドーピング問題など難しいのかなあ。

・・・ということをつらつら考えながら
家族に障害者がいなければ、こんなことは考えないのかな、と思ってた。

[PR]
by hidaneko | 2016-09-19 20:41 | うきよ | Trackback | Comments(0)