<   2015年 09月 ( 21 )   > この月の画像一覧

タナ猫・人間の都合

タナは、我が家に来たのが7月7日。
そのとき、生後2、3ヶ月と獣医さんに言われた。
ということは、多分、4月生まれ。
9月末、タナは4.3キロになり、生後半年。
9月28日、去勢手術を受けた。

これは、全くもって人間の都合。
家中にマーキングのスプレーをされては困る。
さかりがついたとき、家を抜け出し、迷子になったり
交通事故などにあっても困る。
他の野良のメス猫を孕ませ、不幸な子猫を増やしてもまずい。
ほんとは、片山健の絵本「タンゲくん」みたいに
見事なきんたま揺らして、好き勝手に出歩いたり喧嘩したり
それが猫本来の姿なのかもしれない。

これまで飼ってきた猫がメスばかりで、
孕まされたら子猫の貰い手探しも大変だし
不幸な子猫を作りたくないという思いで
避妊手術するのに抵抗はなかった。

だけど、タナの場合は……なんか、ちょっとひっかかってる。

タナはこれまで、居間と裏玄関だけで飼ってきた。
子猫がどこかに潜り込んでも困るし、やたら爪研ぎされても困るから。
これからは、家の他の部分も開放するつもり。
幸い、タナは、呼べば答えて、寄ってくる猫。
これは、今までの我が家の猫にはない、良い性質。
(これまでの猫は、前猫のマイも呼ぶと逃げてた(笑))
だから、探す手間もそうかからないはず。
f0016892_23352041.jpg
こんなに大きくなりました。
[PR]
by hidaneko | 2015-09-30 23:36 | ね こ | Trackback | Comments(0)

今週のたなくじ

f0016892_722333.jpg

気持ちを切り替えると吉

新しい気持ちで
新しい週を!
[PR]
by hidaneko | 2015-09-28 07:02 | Trackback | Comments(0)

今日のタナ猫・最近の「大好きおもちゃ」−2

相変わらず、こっちの「取ってこい」も好きですが。
取ってくるのは、タナ猫だったり、
猫が遠くに置いたのを取りに行く「下女」だったり(笑)
f0016892_014950.jpg
口にくわえて運びます。時々、投げたのを空中でキャッチもできるの。写真の取れないけど。
f0016892_015867.jpg
わっ、すごい勢いで近づいてくるからボケボケ。
f0016892_044813.jpg
ポトっと落として、下女にとってこさせる。
以上、3点、モグの撮影でした。
[PR]
by hidaneko | 2015-09-25 00:07 | ね こ | Trackback | Comments(0)

今日のタナ猫・最近の「大好きおもちゃ」

タナ写真3連発です。
最近、夢中になっているのは、
細い棒の先に、サラシで作った紐を結びつけたもの。
(実は、紐は、バーサンの寝間着の紐だった)
これを振り回してると、タナ猫が釣れます。
f0016892_23522259.jpg

f0016892_23521562.jpg

f0016892_2352535.jpg

ふと見たら、白かったサラシの紐が、なんだか茶色。
気がついたら、これって、タナ猫が噛み噛みして
餌を食べたときの歯の汚れが、落ちてたんだ。
これって、歯磨き効果?(笑)
けっこう役立ちますね。
[PR]
by hidaneko | 2015-09-24 23:56 | ね こ | Trackback | Comments(0)

メディア

ウェッブ魚拓とりました。
月日が経ってリンク先が消えると悪いので・・・。
「メディアをめぐる攻防〜もうひとつの「戦争法案」反対運動

NHKが、国会前のデモをぜんぜん報道しなくなり、
ネットやSNSで、わたしが見てきたこと、感じたことと
ほぼ同じことを伝えてます。
[PR]
by hidaneko | 2015-09-21 22:39 | うきよ | Trackback | Comments(0)

「あしたのための声明書」自由と平和のための京大有志の会

わたし、めげそうになってた。
強行採決が行われた未明。
睡眠時間がヘンテコで、ネットの配信で見てたんだ。
国会のルールを無視したやり方で憲法違反の戦争法案が通過してしまって、わたし、めげてしまったんだ、ほんとは。
だけど、「ここからだ!」という声が聞こえた。
「廃案にしよう」「賛成議員は次回選挙で落選させよう」やれることはまだある。
参院の記名投票のとき山本太郎議員がひとりでも牛歩をやったように(彼ひとりしかしなかったけど)、ねばりにねばって、あきらめない。

そんな思いを、またもや、京大有志の会が簡潔にまとめていた。


・・・・・以下、引用(こちらから)・・・・・


「あしたのための声明書」

わたしたちは、忘れない。
人びとの声に耳をふさぎ、まともに答弁もせず法案を通した首相の厚顔を。
戦争に行きたくないと叫ぶ若者を「利己的」と罵った議員の無恥を。
強行採決も連休を過ぎれば忘れると言い放った官房長官の傲慢を。

わたしたちは、忘れない。
マスコミを懲らしめる、と恫喝した議員の思い上がりを。
権力に媚び、おもねるだけの報道人と言論人の醜さを。
居眠りに耽る議員たちの弛緩を。

わたしたちは、忘れない。
声を上げた若者たちの美しさを。
街頭に立ったお年寄りたちの威厳を。
内部からの告発に踏み切った人びとの勇気を。

わたしたちは、忘れない。
戦争の体験者が学生のデモに加わっていた姿を。
路上で、職場で、田んぼで、プラカードを掲げた人びとの決意を。
聞き届けられない声を、それでも上げつづけてきた人びとの苦しく切ない歴史を。

きょうは、はじまりの日。
憲法を貶めた法律を葬り去る作業のはじまり。
賛成票を投じたツケを議員たちが苦々しく噛みしめる日々のはじまり。
人の生命を軽んじ、人の尊厳を踏みにじる独裁政治の終わりのはじまり。
自由と平和への願いをさらに深く、さらに広く共有するための、あらゆる試みのはじまり。

わたしたちは、忘れない、あきらめない、屈しない。

自由と平和のための京大有志の会


・・・・・こども訳・・・・・

「あしたが まっている」

わたしは わすれないぞ
ひとのはなしを ちゃんと きかないで
むりやり おかしなきまりを つくったおとなを
「けんかはいやだ」のきもちを わがままと きめつけて
ばかにしていた つめたいおとなを

ぼくは わすれないぞ
こわがらせて いばっていた おとなのかおや
こわがって ぺこぺこしていた おとなのかおを
たいせつな おはなしをしているのに
ぐうぐう ねていた おとなのかおを

わたしは わすれないよ
おかしいことは おかしいと つたえようとした
おねえさん おにいさんたちの しんけんなかおを
おばあさん おじいさんたちの おおきなこえを
だれにも あやつられない おとなたちの ゆうきを

ぼくは わすれないよ
つらいおもいでを むねにして たちあがった おとなを
きっぱり むねをはって こぶしをつきあげた おとなを
きいてもらえないかも しれないのに
ずっと こえをあげつづけた たくさんの おとなたちを

きょうからは わたしが ぼくが はじめるんだ
おとなが まちがったら わたしたちが なおす
ひとのはなしを きけるひとを ぼくたちが えらぶ
じぶんかってな おとなは わたしたちが やめさせる
「じゆう」や「へいわ」は ぼくたちの て で つかむんだ

わたしは わすれない
ぼくは わすれない
まだ なにも おわっていないから
あしたが まっているから

じゆうと へいわの ための きょうだい ゆうしの かい

・・・・・引用ここまで・・・・・


わたしは、全然、政治的な人じゃないし、
でも、いま、行われようとしてることは、変だと思うもの。
こんなの、大人として子どもたちにどう説明したらいいかわからない。

こども訳を読んでるrと、涙が出そうになる。
[PR]
by hidaneko | 2015-09-21 21:22 | うきよ | Trackback | Comments(0)

今週のたなくじ

f0016892_73460.jpg

ブレブレですね。
これでは、週末にかけての
金運もあやしいなぁ。

皆さまには良い週でありますように。
[PR]
by hidaneko | 2015-09-21 07:03 | Trackback | Comments(0)

今日のタナ猫・倍増

2015年9月20日(4.2kg)
f0016892_0442252.jpg

2015年7月11日(2.1kg)
f0016892_045558.jpg

わたしの帽子と比べてみて。
いや、昨日今日でも、ちんまり丸まれば帽子に治りますが…。
f0016892_0521574.jpg
…いや、ちとシッポなどはみ出しますがww
[PR]
by hidaneko | 2015-09-21 00:44 | ね こ | Trackback | Comments(2)

Nスペ・老衰

Nスペ
「老衰死・穏やかな最期をどうすれば迎えられる」
最新研究が明かす秘密
自然な死を迎える現場

93歳の女性の死を寄り添って取材してる。
だけど、それは、医師や看護師が見守る施設で。
年配の息子さんもそばに付き添ってるけど
介護、見守りは医療関係者、介護関係者がしてた。
その上での延命治療なしという終末。

細胞の老化で、炎症性サイトカイン
様々な臓器で炎症が起き、機能が低下していく
インフラメイジングっていうんだって。
なんちゃらかんちゃら……科学的なことを言ってたけど
わたし、それを体感してた。バーサン見てて知っていた。
あらゆる臓器が耐用年数を終えて、機能を低下していく。
蓄えていた筋肉や脂肪も使いつくして死に至る。
食べないから死ぬのではなく
死にいくから食べない……

もうひとりの女性、92歳。
やはり息子さんが寄り添っている、けど施設なのよね。
あ、どっちも芦花ホームっていう施設に取材。
息子さん、泊まり込んでいるというけど、
プロがついているから安心といえば安心だよね〜
これを、自宅でするのはつらいのよ。
不安なのよ。…という経験。
バーサンの最期を…、経管で帰されて、抜管の決断をする
あの時の日々のことを思い出してた。

テレビの映像で、死ぬ間際の人を取材してるのは
多分、初めてかもしれない、その意味で画期的?

末期のひとは、脳の炎症とか収縮とかで機能も落ち
苦痛を感じることもないのだという。
「苦痛はないのですよ」
これは、わたしもバーサンの主治医だったM医師に言われた。

(ちょっと尻切れとんぼの書き込み、すまん)
[PR]
by hidaneko | 2015-09-20 21:35 | かいご | Trackback | Comments(0)

9月15日中央公聴会、『SEALDs』奥田愛基さん意見陳述全文

下書き保存してた
「9月15日中央公聴会、奥田愛基さん意見陳述全文」
アップします。
若い方々のしっかりした考えが嬉しい。
どの言葉にも共感できる。

・・・以下、引用・・・
[PR]
by hidaneko | 2015-09-18 23:59 | うきよ | Trackback | Comments(0)