<   2015年 06月 ( 19 )   > この月の画像一覧

[安全保障関連法案に反対する学者の会]

安倍内閣が推し進めようとしている戦争法案。
憲法違反だと、大勢の学者たちも言っているという。

そんな中、
「安全保障関連法案に反対する学者の会」というのを知った。
ホームページを見たら
6月29日9時現在、賛同する学者・研究者数が、7345人、
アピールに賛同する市民が、11697人、とあった。

学者や研究者じゃなくても、一般市民でも参加できるんだ!
さっそく、[アピール賛同署名はこちら]から、署名を書いて送った。

     ・     ・     ・     ・      ・
「戦争する国」へすすむ安全保障関連法案に反対します

「戦争しない国」から「戦争する国」へ、戦後70年の今、私たちは重大な岐路に立っています。安倍晋三政権は新法の「国際平和支援法」と10本の戦争関連法を改悪する「平和安全法制整備法案」を国会に提出し、審議が行われています。これらの法案は、アメリカなど他国が海外で行う軍事行動に、日本の自衛隊が協力し加担していくものであり、憲法九条に違反しています。私たちは憲法に基づき、国会が徹底審議をつくし、廃案とすることを強く求めます。

法案は、①日本が攻撃を受けていなくても他国が攻撃を受けて、政府が「存立危機事態」と判断すれば武力行使を可能にし、②米軍等が行う戦争に、世界のどこへでも日本の自衛隊が出て行き、戦闘現場近くで「協力支援活動」をする、③米軍等の「武器等防護」という理由で、平時から同盟軍として自衛隊が活動し、任務遂行のための武器使用を認めるものです。

安倍首相の言う「武力行使は限定的なもの」であるどころか、自衛隊の武力行使を際限なく広げ、「専守防衛」の建前に反することになります。武器を使用すれば、その場は交戦状態となり、憲法九条一項違反の「武力行使」となることは明らかです。60年以上にわたって積み重ねられてきた「集団的自衛権の行使は憲法違反」という政府解釈を安倍政権が覆したことで、米国の侵略戦争に日本の自衛隊が参戦する可能性さえ生じます。日本が戦争当事国となり、自衛隊が国際法違反の「侵略軍」となる危険性が現実のものとなります。

私たちは、かつて日本が行った侵略戦争に、多くの学徒を戦地へ送ったという、大学の戦争協力の痛恨の歴史を担っています。その歴史への深い反省から、憲法九条とともに歩み、世界平和の礎たらんと教育研究活動にたずさわり、再び戦争の惨禍を到来させないようにしてきました。二度と再び、若者を戦地に送り、殺し殺される状況にさらすことを認めることはできません。

私たちは、学問と良識の名において、違憲性のある安全保障関連法案が国会に提出され審議されていることに強く抗議し、それらの法案に断固として反対します。
2015年6月
安全保障関連法案に反対する学者の会 
     ・     ・     ・     ・    ・

わたしは共産党でも社民党でも、民主党でもない。
もちろん自民党でも、公明党でもない。
学者でもないし研究者でもないし、普通の市井の主婦でしかない。
だけど、この国を、戦争ができる国にしないために、小さくても声を上げていきたい。
国会前や、渋谷の集会のニュースを見て、東京圏なら行くのに、と思ってた。

実は昨日、こちらの地元でも、若者たちによるデモがあった。
所属政党なしの、一般市民のデモで、学生でなくても自由に参加できるものだった。
ツイッターで知ったけれど、コースを見ると、わたしの足では無理。普通の人には、さほどの距離ではないのだけれど、以前、2キロ散歩して足や膝を痛めた時、わたしの足では無茶だと言われた。

また、7月11日にもあるという。
で、思ったんだ。デモ行進に参加できなくても、沿道から応援できるじゃないか、って。
バスで集合場所へ行って、出発する人たちを激励することはできるはず。
解散地点にいって、ねぎらうことはできるはず。
できることを、すこしでも、やりたいもんね。

More
[PR]
by hidaneko | 2015-06-29 21:28 | うきよ | Trackback | Comments(0)

今週のたなくじ

f0016892_724382.jpg

花を飾ると大吉!
うちの庭にあるのは…
やっぱり紫陽花かな?
あと二日で今年も残り半年。
良い週でありますように!
[PR]
by hidaneko | 2015-06-29 07:02 | Trackback | Comments(0)

出来心で梅仕事

今年は庭の梅の実の付きが悪かった。
春先に、花はあんなにたくさん咲いたのに……
もう老木になったからかな?
それとも、消毒も施肥もしない無農薬有機栽培、
というとカッコいいけど、実は放りっぱなしということで。

徒長枝ばかり伸びて、実は少し。
だけど、ひとつひとつが、とても大きい。
ぽとぽと落ちるまま、ナメクジの餌では惜しいから、
週の初めに木登りして、実をもいだ。
でも、半分は虫食いで、使えるのは1キロちょっと。
それでも……と、塩15%で漬け込んでおいた。

今年の梅干しは、これっきりかな? と思いつつ
市場にならぶ梅の実を横目で見ながら通り過ぎていたんだけど。

今日、シソを売っていたのだ。
いや、昨日も、おとといも売っていた。
シソの時期は梅の時期より短い。
買うなら、今

うーん、と思いつつ、やっぱり買うことにした。

午前中、草むしりや実生の棗を引っこ抜いたり、額に汗して働いて
実は、少々おくたびれ……うーん。

梅仕事って、やればそう難しくないんだけど、踏ん切りがいる。
特に、シソは、洗って、水を切って、葉をむしって、塩でもんで、梅酢で発色させて…
そんな体力、あるか?と、自分に問う。

なあに、シソは洗って水切りのために干して、明日処理してもいい。
梅も、一晩水につけてアク抜きをするというやり方もあったはず。

えいっ! と、踏ん切りをつけて、梅を2キロ、シソをひと束買った。
八百屋のおばさんが
「梅はこれで今年はおしまいよ。来週はないよ。
今年は梅が早かったわ。いつもは7月に入ってもあるんだけどね。
シソも、これでおしまい。終わりだから安くしておくわ」って。
地元産の梅が1キロ400円×2
シソが大束ので550円。
梅1キロにつき、シソ1束、かとおもったら、これで2キロ漬けられるって。
シソと梅が同時期、ってのも、珍しいんだよね。

ブログの過去ログの「梅仕事ー顛末」を見る。
手順も、塩按配もおぼえているけど、一応念のため。
ブログって、便利。すぐ出てくる。これを見ると、2008年のだった。

琺瑯容器をお湯で洗って水気をよく拭き、
中にホワイトリカーを回しかけてさらに消毒。
梅を洗って、水気を切り、竹串でヘタを取って
ざっとホワイトリカーを絡めて15%の塩でつける。

さて、シソはどうしよう……。
雨が来そうな気配。
でも、洗って干しておくと便利だろうな、と昼食後、仕事にかかる。

束ねてあるシソ、大束を結んである紐をとくと、小束が5つあった。
根っこを切って、枝のまま、屋外の水道に大盥を据えてじゃぶじゃぶ。
水を替えて、すっかり砂っけがなくなるまで、じゃぶじゃぶ。

茎の根元を輪ゴムで束ねてバッサバッサと振って水を切り、物干し竿にかける。
それを繰り返すこと10回くらい。

干し終えて、風で水気が飛ぶかな…と思ったところで、降り出した。
霧雨のような細かな雨。
大降りになってもこまるから、とりあえず、取り入れて、風呂場に干した。

夕食後……「シソをどうしよう」ということに。
「シャワーしたいし、シソが風呂場にあると邪魔だし」
「葉っぱだけむしっておこう」から
「塩でもんでおこう」になって、これが一仕事だった。

大束は、葉っぱを取って量ったら1キロあった。
1キロの梅に500gのシソというから、2キロの梅には丁度いい。
すり鉢に、葉っぱと15%の塩をいれて、ぎゅっぎゅっともむ。もむ。もむ。
泡だらけの濃い紫色の汁を、ぎゅっぎゅと絞って、ふう〜。
梅干しは漬けたばかりで、まだ梅酢が上がってない(当たり前だけどね)

前の日記を見たら、途中で冷蔵庫にいれている年もあった。
そうすべ、そうすべ。(←いま、ここ)
今年は久々の「赤梅干し」を作るんだ!
(手抜きの年だと、シソを入れない白梅干し)

   ・   ・   ・   ・   ・

梅干しは不思議なものだ。
「作るひと(主婦)の体調が悪い年は失敗する」
このジンクスは当たる。

いま、我が家で食べているのは、2010年の梅干し。
シソをいれない白梅干し(年を経て、琥珀色に近くなってるけど)
シソをいれた赤梅干し(市販の梅を買って自分で漬け込んだ小粒の梅干し)

穴倉には、あと、2012年のがある。
2011年は、大震災の年で、わたし身体に来てしまって、作らなかった。
2012年は、ばーさんの亡くなった年だけど、作ってた。
たぶん、変に気分が高揚してて、その勢いだったと思う。

2013年は、作ってない。在庫があったからかな? 梅酒を作ったのだったかな?
2014年は、Gサンのアスペ問題ですったもんだしてて、
うちの梅だけど作ったのだったが、少し失敗した(珍しく黴たのだ)
やっぱり、ジンクスは当たるようだ。

さて、今年の梅干しはどうなりますやら。

穴倉の、最古の梅干しは2009年のもの。
15年は経ってるんだ〜。
シソは使わない、梅と塩だけの白梅干しだけど
塩がこなれ、梅酢の部分がゼリー状になって、枯淡の味。

今年の梅干しが枯淡の味」になる頃、わたし、生きてるかなあ。
[PR]
by hidaneko | 2015-06-27 21:42 | きせつ | Trackback | Comments(0)

古い戦争絵葉書を見つつ (今は、もはや戦前なのか・・・?)

亡父の古い本棚を整理していたら、
古い「Post Card Album」が出てきた。
f0016892_16215844.jpg

中には、絵葉書が、整理されていた。
亡父が若いころ行った旧ロシアの町並みや、
桜の咲く日本の観光地のもあった。
その中でも、「あっ!」と思ったのが、戦う兵隊さんたちの絵葉書。
f0016892_1623694.jpg

そして、もっと驚いたのが、左右に並んだ2枚の絵葉書。
f0016892_167364.jpg
(右)《哈爾哈(ハルハ)河畔之戦闘》
f0016892_167348.jpg
(左)
f0016892_167388.jpg

「藤田嗣治筆」の文字が読める。
《哈爾哈(ハルハ)河畔之戦闘》検索したら1941年の作品という
こちらや、こちらの真ん中ころ)

藤田嗣治が戦時中、戦争に加担する絵を描いていたとは聞いていた。
テレビなどで見たこともある。
だが、彼の描いた絵が、このように、絵葉書にされてたとは、
そして、その絵葉書が、我が家にあったとは!

   ・   ・   ・   ・   ・

More
[PR]
by hidaneko | 2015-06-26 16:07 | うきよ | Trackback | Comments(0)

かおる夜気

f0016892_22574741.jpg

夏至の夜、香しい夜気
手のひらより大きなピンクのユリがかおる。
薄黄色のユリがかおる。
白いクチナシがかおる。

香りに包まれ、ゆったりとたゆたう心…
[PR]
by hidaneko | 2015-06-22 22:57 | Trackback | Comments(0)

今週のたなくじ

f0016892_722959.jpg

わーい\(^o^)/

皆さまにも良い週でありますように!
[PR]
by hidaneko | 2015-06-22 07:02 | Trackback | Comments(0)

アリさん現る、T君も到着

昨日、アリさんが来た。
おなかぽっこり。
5ヶ月にしては、思ったよりぽっこりだよ〜。

そして、帰ってきてすぐ、あちこち、動きすぎ。
やっぱりね、お腹が張る、って。
「お腹が張る、って感覚わからなかったけど、これがそうなの?」
「それがそうです。お腹がキューンと痛くなる感じ。
体が『しんどいよ〜』と、危険信号をだしてるのよ」

今日は、T君が車でご到着。
家のことなど(マンションだけど)いろいろあって
向こうを発つのが遅くなったという割には到着が早かった。
4時すぎに発って、8時半とは。
「高速をぶっとばしてきました」って、
途中、すごい雨だったというけれど……

とにかく、T君には感謝。
よく、アリさんと連れ添ってくれました。

と、タコを肴に、ブリと南蛮エビを肴にビールや偽ビール。
トンチンカンなGサンとの会話にも付き合ってくれた。
ありがたや。
だから、つい、わたしも、(Gサンが引き上げたあと)
いろいろと、内部事情を語ってしまった。
自閉症スペクトラムのことなど……
4月にお宅に行ったのは、
横浜の、大人の発達障害についての集まりのあとだった、と。

言わないほうがよかったかな、ま、いいや。
歯の垣根を越えた言葉は取り返せない。

4月に、アリさんところに行った時、
定型発達の家庭はこんなに気持ちがいいものか、
と、思った感想など語っているうちに、つい、ね。

やっぱり、心の中にわだかまっているのかな。
[PR]
by hidaneko | 2015-06-20 23:25 | かぞく | Trackback | Comments(0)

感傷的な夜に・・・She Said She Said

いさかいの後には、きまってこの曲が思い出される。



She said
"I know what it's like to be dead
I know what it is to be sad"
And she's making me feel like
I've never been born

I said
"Who put all those things in your head
Things that make me feel that I'm mad
And you're making me feel like
I've never been born"

She said, "You don't understand what I said"
I said, "No, no, no, you're wrong
When I was a boy
Everything was right, everything was right"

I said
"Even though you know what you know
I know that I'm ready to leave
'Cause you're making me feel like
I've never been born"

She said
"I know what it's like to be dead
I know what it is to be sad"
[PR]
by hidaneko | 2015-06-18 00:16 | みきき | Trackback | Comments(0)

感傷的な夜に・・・

フォークルの「悲しくてやりきれない」
この曲、作詞はサトーハチローだったんだ〜。
知らなかった。
作曲は加藤和彦。

[PR]
by hidaneko | 2015-06-17 23:38 | みきき | Trackback | Comments(0)

朝からトラブル・コップの中の嵐

いま、戦争法案や、派遣法の改正(改悪)や、沖縄の基地問題や、口永良部島(くちのえらぶじま)での火山噴火・全島避難や、福島原発や、なにやかや、平安な暮らしを脅かす難しい問題が怒涛のように押し寄せているのに……わたしは、コップの中の嵐でめげている。

ほんの事務的な連絡のはずだったのに。こじれにこじれて、
結局……わたし、くやしなみだぽろぽろ。
酷い頭痛と胃痛。カロナールもロキソニンも効きやしない。

わたしを痛めつけて、やる気をなくしてどうするんだ。
なんの得もないと思うんだけどなあ。
自分が思った以上に体にきてしまった。うーん。

More:委細
[PR]
by hidaneko | 2015-06-17 18:36 | かぞく | Trackback | Comments(0)