<   2015年 01月 ( 22 )   > この月の画像一覧

お日さまキラキラ

f0016892_12325534.jpg

大きな川のそばに来てます。
青空がまぶしい。
風が強い〜!

More
[PR]
by hidaneko | 2015-01-31 12:32 | かぞく | Trackback | Comments(0)

あ、鬼が出た!

f0016892_083990.jpg

外面如菩薩内心如夜叉(げめんにょぼさつ ないしんにょやしゃ)って、
わたしのことかもね。


今日、スーパーで
「ずもぐりまめ(落花生)」を買ってきた。
県内産。

こっちでは、落花生のことを「地もぐり豆」って言うのよね。
花が咲いたあと、茎が伸びて地面に潜り、豆ができるから。

ピーナッツ なんきんまめ らっかせい (かがくのとも傑作集)

こうやすすむ / 福音館書店



節分の日の豆まきは、煎り大豆じゃなくて落花生でするの。
わたしが子どもの頃からそうだった。
積雪の中に落ちても拾いやすいし、
カラをかぶっているから、拾って食べても清潔でしょ。
[PR]
by hidaneko | 2015-01-30 00:10 | ぶろぐ | Trackback | Comments(0)

整理

ちょっとGサンとのこと、脳内で整理したく
あれこれ考えていた。
出会いから、これまでのことなど……

たまたま、
机の整理のしなくちゃね〜、と思っていたりして

はい、あれこれ集中力に欠けるひだまりねこです。

で、机の引き出し、左下の大きな引き出し
そこには、大学ノートが一杯入っていまして
シゴトに関するメモだののノートとか
日記みたいに、つぶやきを書いてるノートとかありまして

探っていましたら
なんと、古い封筒がでてきまして………
へっへっへ、野口英世さまが、5人も(笑)

ここんとこ、わたしのプリンタ(古いヤツ)も
モグにねだられて買った新しいヤツも
なぜか、同時にインク切れとなりまして
昨日、2セット買ってきたものだから
急に財布がさびしくなっていたところ。

お金ってさびしがり屋だから、
出て行くときは集団で出て行くんだって。(^^ゞ

古いものを整理してて、ちょっと、今夜は嬉しい♪

って、それって、ただ、いつもの整理がまずい、ってこと……
……、それを言っちゃあ、おしまいよ。
[PR]
by hidaneko | 2015-01-29 23:37 | くらし | Trackback | Comments(0)

今週のたなくじ

f0016892_72372.jpg

「日本の将来に思いをめぐらすと吉」?

ボヤけているなぁ…
明るい将来を考えにくいし。
[PR]
by hidaneko | 2015-01-26 07:02 | Trackback | Comments(0)

アスペルガー夫の妻たち

表記の茶話会があるというので、申し込んだ。
会場は、東京都。23区でなくて、ちょっと遠く。


さまざまなこと、
頭が割れるように痛んだ日々、
なんとか乗り越えて、
ジタバタしたあと、
ちょっと心の平静を取り戻してきたところだけど。

ちょうど、茶話会があるというので申し込んだ。
他の方々のお話を伺いたい。
わたしは、当初の激情はおさまったけれど
諦念? 観念? まだ心の整理がつかないことは多々…

コップの中の嵐?

人質問題とか、
沖縄の基地のこととか、
福島でのこと、人身事故があったこととか
集団的自衛権のこととか
いま、この世の中で気掛かりなことは多々有るけれど
やっぱり、爪のわきのササクレを気にするように、
ヤツのことが気になるのよ。
小さなことだけど身近なことなもんで・・・
[PR]
by hidaneko | 2015-01-25 21:38 | かぞく | Trackback | Comments(0)

元ママ友(?)の集い

今日ね、ふしぎな会合があったの。
娘その1(アリさん)が小学校だったとき、
1,2,3年と受け持たれた先生がいるの。
その先生を囲んで、親のあつまり、言わば、元ママ友。

(受け持たれた教え子が、というわけじゃないところがミソ。
すごく良い先生で、うちの子なんてちょっとユニークだったから
あの先生じゃなかったら、落ちこぼれと言われていたところ)

なぜか、気が合って、
その先生とは、ずっと年賀状をやりとりしているのだけれど
先生も、高齢になって(85歳)、
今年の賀状は、こちらからは出したけれど、先生からは電話で…
去年も、一昨年も、会合の話は出ていたけれど、
先生の御都合や、体調で、計画が流れていたの。

で、元ママ友に、先生から電話が来たことを話したら
「会いたいね〜」ということになり
会いたいときに会おう〜!、ということで

ん、ほんの6人の集いでしたが……ランチを一緒して、
楽しく歓談してきました。
皆、それぞれに、年を食っていましたが。
孫ができていたりして……

介護の仲間で、音信不通で気掛かりな友がいるのもあって
「会えるうちに会おう」と思ってしまうの。
先生だけじゃなく、わたしもいつ何時、どうなるか分からないもの……
[PR]
by hidaneko | 2015-01-22 19:45 | なかま | Trackback | Comments(0)

ささいなことでイラついてしまう

午前中は某所の会議、混むバイパスで東に…
終わったあと、昼にモグをハウスに迎えに行って一旦帰宅。
午後は、浜道を西へ、モグをクリニックに送りに行く
体調悪くて、金曜の予約日まで待てずに急患で予約を入れた、
その駕籠かき。

そんなこんなで、今日は夕方までバタバタしてたから、
いつもは金曜日にしてもらってるGサンの夕食作りを、
今日してくれるよう頼んだ。
理由を言って、食費用のお金をそれ用の財布に入れて
「お願いしますね」というわたしの言葉に、
Gサンは黙ってうなずいてた。
「ああ」でもないし「わかったよ」でもなく、無言で。
そこまでは、まあいいのだ。
返事をしないなんて失礼なことだと、わたしは思うけど
わたし、慣らされてしまったのだ。

鶏と白菜の鍋、いい。
味付けはモグが金沢の友から送ってもらった、
美味しい鍋用お味噌、だから間違いない。
なぜ市販のコロッケがひとつ付くのか分からないけど

More:長くなるから続きはこちらで…
[PR]
by hidaneko | 2015-01-21 21:01 | かぞく | Trackback | Comments(0)

今週のたなくじ

f0016892_731631.jpg

うふふ…
今週はスケジュールいっぱいの忙しい週、
気分よく、元気にいきましょう♪
[PR]
by hidaneko | 2015-01-19 07:03 | Trackback | Comments(0)

雪も晴れて・・・定例絵本の読み聞かせ

昨夜は、一晩中、吹雪きだった。
二階の部屋で寝ていると、すきま風は来るし
(アルミサッシだけど、古いからなあ)
風の音や、アラレ、雪ビュンビュン吹きつける音で
どうなることかと思ったけれど
( ↑雪で出足が悪いだろうと思った)

今朝になると、小雪程度で、積雪も5センチくらい
サラサラの雪で飛ばされたのかな。

定例の絵本の読み聞かせのあるT公民館には
小さな(8カ月だって)男のから、小学校の女の子まで
未満児2人、幼児男女4人、小学生1人
それぞれに親御さんがついて、
兄弟もいるから、お父さん2人、お母さん4人、
ちょうどいい感じの賑やかさでした。

プログラムは…(*=ひだまりねこ)
・「みかんです」(川端誠の科学っぽいもの)
*「おしくら・まんじゅう」かがくいひろしの笑えるもの
*「ちびゴリラのちびちび」みんなに愛されているちびゴリラの話
・「がちゃがちゃ どんどん」(元永 定正の音と幾何学的絵)
 (手遊び、ぐーちょきぱー)
・「ゆきのひ」キーツの、冬の定番

今日の司会のM田さんが、小さな子相手に絶妙なMC。
語りかけで、場が和みました。

「おしくら・まんじゅう」は、まんじゅだけでなく、
こんにゃくや、なっとうや、おばけまでおしくらする話。
前の晩、どんな風に読むか、かなり練習をしたのだけれど
やっぱり、場の空気で、のって読めました。

ちびゴリラは2カ所で噛んでしまった。練習したんだけどね〜。
M田さんがよく読む絵本で、わたしは初めて読んだ。
シンプルなストーリーだけれど、自己肯定感のつたわる
ちびで愛されて、大きくなってもやっぱり愛されてて…。
「古い」と「時代遅れ」という説も有るけど、
子どもたち、ホッとして聴いてるのよね。

今日は、みかん色の表紙の並んだお話の会だった。
「がちゃがちゃどんどん」にも、
「ゆきのひ」も表紙にオレンジ色があって(笑)

おしくら・まんじゅう

かがくい ひろし / ブロンズ新社


ちびゴリラのちびちび

ルース・ボーンスタイン / ほるぷ出版


[PR]
by hidaneko | 2015-01-18 20:40 | ほ ん | Trackback | Comments(0)

阪神淡路大震災から20年

今日、ヘアカットで行った美容室でも
NHKラジオから震災関連の番組が流れていた。

「……でもさ、二十年前の事なんて忘れるよね。
 わたし、自分が何をしてたか覚えてないわ」と美容師さん。
「わたし、覚えてる。
 あのとき目が覚めてて、揺れを感じたの。
 あとで、大地震だとわかって……」と、わたし。
「こっちでも、ゆれた?」
「揺れたわよ。
 夜、月が冴え冴えと輝いていて……」
「前の日?」
「ううん、地震のあった日。晴れて寒い日だった。
 神戸や明石に友だちがいたからどうしてるかな、って思ってた。
 長田区とか火事になって、飛び火したりして…テレビでやってて」

わたしは、友人が関西にいて、連絡が取れなくて心配した。
だから、覚えていたのだろうと思う。
ふつうにニュースで聴いただけでは、忘れるかも……。
あの夏に、神戸や明石、淡路島にも行って、
瓦礫は片づけられたけど、あちこちに空き地のあったのを見てる。
明石の友人からは「ピアノが部屋の中を走った」と聞いたっけ。

「じゃあ、6月16日は? 10月23日は? 覚えてる? 忘れた?」
「6月16日って……?」
「新潟地震のあった日。去年が50年目だった」
「忘れないわよ、そのころ美容師の研修で佐渡にいて……」

それから、しばらくは思い出話。
自分で体験したことは、強い記憶に残るものだ。
10月23日は、中越地震があった日。去年で10周年だった。
地元じゃなければ、関心は薄いと思う。

そして、東北も、福島も、だんだん忘れられていくのかなぁ。
と、ふと思った。

中島みゆきの「忘れてはいけない」を、ふと思い出した。

♪忘れてはいけないことが必ずある
 口に出すことができない人生でも

 許さないと叫ぶ野良犬の声を
 踏み砕いて走る車輪の音がする
 認めないと叫ぶ少女の声は細い
 いなかったも同じ 少女の声は細い

 でも忘れてはいけないことが必ずある
 口に出すことができない人生でも
 忘れてはいけないことが必ずある
 口に出すことができない人生でも・・・♪

.
[PR]
by hidaneko | 2015-01-17 19:50 | うきよ | Trackback | Comments(0)