<   2014年 09月 ( 31 )   > この月の画像一覧

風がふいて

白い布の帽子を洗いました。
家中の扇風機を集めてきて掃除して、小屋に片づけました。
替わりに、小屋から石油ファンヒーターを出しました。
これ、別々にすると二重手間だから。

そしたら、風邪を引きました。

そしたら? それで? それでも? 関係なく?(笑)

一昨日はがんがん働いて、あと、ちと不愉快があって。
昨日がんがん働いて、そしたら、ノドに不愉快がでて。

関係あるのかな? ないのかな?

昨夜ノドの奥に巣くったエヘン虫が
今朝はのさばってきて、咳も酷く胸まで痛くなったので、
肺に持病を持っている身としては、慎重を期して受診。

抗生剤と、咳止めと、解熱鎮痛消炎剤と、整腸剤を処方された。
整腸剤は、抗生剤で腸内細菌が減る対策として、だろうね。

さて、そこで・・・
風邪(多分、ウイルス性)に抗生物質は効かない。
二次感染の予防としても、無意味だといわれてる。

http://www009.upp.so-net.ne.jp/tatsuo/antibiotics-2.html
「乳幼児の抗生物質投与について」
これは、小児科のサイトだけど、抗生剤と風邪の関係について説明されている。

http://www.geocities.jp/srybx731/kaze.html
「風邪と抗生物質」
これも、風邪に抗生物質は効かない、と言っている。
これも、小児科のサイトらしいけど。

http://matome.naver.jp/odai/2136090323127241301
「風邪によるのどの痛みにはなぜ抗生物質が効くのか!風邪はウイルス性が多いはず・・・」
こちらは、予防的に飲んだ方がいいかも、って感じ?

・・・

やっぱり、抗生剤はのまずにおこう。
咳止めと、解熱鎮痛消炎剤(って、ロキソ人だった)だけ飲んでおこう。

・・・

今日で9月も終わりなのよね〜。
風立ちぬ いざ生きめやも
[PR]
by hidaneko | 2014-09-30 18:38 | からだ | Trackback | Comments(2)

今週のたなくじ

f0016892_723550.jpg

腹をくくると大吉…

なるほどね。
ここ数日のあれこれ、腹をくくって、吉に変えましょ。
[PR]
by hidaneko | 2014-09-29 07:02 | Trackback | Comments(0)

ぼやき(日帰り温泉)

楽しく、のんびりした時間を計画したのに
疲れただけで、充足感のない日だった。

More
[PR]
by hidaneko | 2014-09-28 14:08 | かぞく | Trackback | Comments(0)

ようやく採れたイチジク

f0016892_1357212.jpg

先月末から、イチジクの木にカラスがたかってガオガオ
時には、ヒーヨ、ヒーヨと、ヒヨドリが来たり、
しきりとイチジクのみをついばんでいた。

木の梢にあるのは、熟す前に鳥にやられ
半ばにあるのも、食べごろになると鳥にやられ

葉の下に、うつむきかげんに実っていたのを
今日、ようやくとることができた。

前は2本の木があった。
秋の時期になると、毎日、食べきれないくらい実っていた。
近所におすそわけしたり、ジャムや甘露煮にしたり…

けれど、カミキリムシにやられ幹が穴だらけで枯れて
1本は切り倒してしまった。
残りの1本も、脇からの芽が大きくなったけれど
せっかっく実った実も、去年も、烏にやられてたっけ。

久々のイチジク。
うちのはすごく甘いので有名なんだ。
バーサンの仏壇にそなえよう。
[PR]
by hidaneko | 2014-09-26 13:57 | きせつ | Trackback | Comments(2)

腹が立ったら、心静かにコーヒーを淹れる

腹が立ったら、心静かに、コーヒーを淹れる。

庭の雑草取りをしたのが、
昨日…、一昨日…、そのまえのことだ。
火曜日、秋分の日。お彼岸の中日。
(マイの初七日も過ぎ、お骨を埋めるかと思ったら、Gさんは何も言わなかった)

草むしりついでに、
フェンスからはみ出し隣家に侵入してた沈丁花の枝も切った。
ずいぶん、切った。
伸び放題だった山茶花も切った。ばさばさ切った。

それを束ねるのや、袋に入れるのを、頑張ってたら
途中から、Gサンが手伝ってくれた。
頼みはしない。庭仕事の嫌いな人だから
頼んだらブーブー声をだすと思ったから、
頼みはしなかった。

だけど、助けてもらうと、たすかる。
(変な日本語。うん、手伝ってもらえば助かる、だな)
いくつか束ねて、まだ、Gサンは、沈丁花の枝を切り続けていた。

「もういいから、やめましょう」と提案したら
(わたしも、くたびれてきてたし)
「あとは、おれがやっておくから」との返事。

おや、まあ、ならお願いしましょう、と、わたしは家に上がってきた。
あとでみたら、切った枝が、ざんばらに、束ねられもせずにおいてあった。
「土曜日の、資源ゴミの日には出せるようにしておくから」とのお言葉。
はい、はい。

水曜日は、一日晴れていた。わたしが絵本のボランティアの日で、でかけて午後も家で仕事。
木曜日は、朝のうち小雨。午前中は市役所へ行ったり。
昼から晴れてきたけれど、わたしは夕方飲み会。

あけて、金曜日の今朝、庭の枝は、まだ放ったらかしだった。
幸い、天気はいい。
明日の資源ゴミの日は朝早くに出すことになってる。
土曜の朝に、やる暇はない。

だから、わたし、洗濯を干しに外にでたついでに、
Gサンがほったらかしにしてた沈丁花の枝を束ねた。
伸びていたヤツデや夾竹桃の枝も切って束ねた。
まだ苅ってなかった雑草を刈り、
泰山木の硬い落ち葉をあつめて、袋に詰めた。

その様子、Gサンは見ていたはず。
遅く起きてきて、朝ご飯を食べて、自室に移る時、
わたしが作業してるすぐ脇を通ったんだから。

手伝ってくれるかな、と思ったけど無言で自室に入ってしまった。
あらまあ、と思いつつ、わたしは、自分の出来る範囲で、庭仕事。
その間に、わたし、近所のお宅へお経をあげにきたお坊さんと挨拶したり、
電気のメーターを見に来た係の人と話をしたりしてたから、
わたしが、Gサンの部屋の外で庭仕事をしてるのは、分かったはずだけどなあ。
分からないのかなあ。ほんとに、わからないのかなあ。

やり出すとキリがないから適当なところで切り上げた。
(なにしろ、とっ散らかっている庭だからね)
家に上がったところで、Gサンが自室からでてきた、気配。
窓から見ると、Gサンは、前に枝を放ったらかしにしてた方へ行った。

「俺がやるといったのに!」
と、怒気を含んだ独り言、
というか、大きな声での独り言。
そのまま、自転車を引っ張り出してどこかへ消えた。
わたしには、声をかけることもなく……。

昨日も、一昨日も、時間はあったのよ。Gサンには。
今朝だって、わたしが庭仕事をしてる脇を通ってるから、
手伝う気があれば、そのとき言えばいい。
それを、だまって、自室にはいって、
しばらくして、わたしが終えてから出てきて、文句を言うか?

腹が立ったから、コーヒーを淹れた。
心静かに、お湯を沸し、ドリッパーとサーバーを温め、
豆を挽いて、濾紙に入れ、お湯を静かに細く落とす。

わぁーっと、粉が膨らんでくる。
この快感!
[PR]
by hidaneko | 2014-09-26 11:48 | かぞく | Trackback | Comments(0)

朝からずっと

f0016892_10572238.jpg


逆さになって止まってる。
玄関のガラス戸に・・・
[PR]
by hidaneko | 2014-09-25 10:57 | きせつ | Trackback | Comments(2)

今週のたなくじ

f0016892_757194.jpg

失敗しっぱい。
寝転んでましたね。

再度……V字回復吉!!
[PR]
by hidaneko | 2014-09-22 07:57 | Trackback | Comments(0)

今週のたなくじ

f0016892_714131.jpg

ここががんばりどころ。
うん、がんばる!
[PR]
by hidaneko | 2014-09-22 07:01 | Trackback | Comments(0)

まんじゅうこわい

えー、まいど馬鹿馬鹿しいお噺で・・・

こないだの火曜日水曜日と、花のお江戸へ行ってきたのですが。
いえ、なに、仕事は半分、あとは芝居見物や、物見遊山というやつで、ごく気楽な旅でしたが、その仕事先から、 土産にってんで、まんじゅうを二箱、頂いてきました。

それがちょいと面白い、いや、中身は、ごくありふれたもんで。
一箱はふつうの黒糖まんじゅうと、もう一箱は、紅白の麦まんじゅうでしたが、意匠が変わってる。
包み紙や、まんじゅうの刻印だけで話題になるヤツで。

まあ、それを貰ってきて、土産にしようってんじゃ、人のふんどしで相撲を摂るよう。
それじゃあ、こちとらの気が済まないから、芝居見物に行った先で、自分の財布を傷めて、花の歌舞伎座の名物っていう触れ込みの、「ちりめん山椒」
歌舞伎のくま取りの意匠も面白く、まあ、いい土産になるなってんで。
むすめには、その他に、鼠海に行った乗り継ぎ駅で、
お江戸で流行りの身に付けるものなど買いまして。

帰ってきた水曜日はおそかったんで、そのまんま寝ちまいました。
烏、かあと鳴いて、夜が明けて、Gサンに「おみやげです」ってんで見せたわけ。

そんとき、Gサンは瓦版を読みながら、顔も上げずに「あぁ」と、烏みたいな返事。
卓袱台の上には、土産がおいてけぼり。

まあ興味がないのなら、それもしかたなし、と、あたしゃ片づけたわけですよ、土産の品を。
そしたら、Gサン、あとで、物入れやら、台所やら、がさごそ探す気配。
でも、とくに「あれはどこへやった?」とか、訊くでもなし。
あたしゃ、留守中に溜まっていた留守電に電話をかけたりしてたわけで。

そのうち、土産物をみつけたGサン、
あたしが掛けている電話の脇のドアを
 バタン!
と、閉めた。

うひゃっと、飛び上がりましたよ。用件の電話の脇で、バタン!ですぜ。
そりゃ、ないでしょ。ったく恥じくさい。
電話の相手に「失礼しました」と詫びながら、汗しとど。

まあいいでしょ、それは。業腹だけどいいことにしときます。
まんじゅうの封を切って喰ったのも、よしとしましょ、はい、あたしゃ寛大なタチなもんで。
茶色のと、紅白の、それぞれひとつずつ、仏壇に供えましたですよ。

まあ、あたしも、むすめも、まんじゅうは糖質たっぷりなもんで、ひかえてるんですが
それでも、ちょうだいしてきたもの、味見くらいはしたいもの。
と、思っているうちに、まんじゅうの箱が消えた。
それが今日のことです。

むすめに聞いても、しらないという。
紙の箱が、ひとりでに蒸発するわけがない。
Gサンに訊いたら、自分の隠居所へ持っていったというじゃあないですか。

「土産ですよ」と渡そうとした時「あぁ」としか言わなかったやつが、です。
あきれ顔のあたしに、ヤツは
「食べて悪かったのか? 土産じゃなかったのか?」と怒気を含んだ声。
「まんじゅう食いたいのなら買って返す」

あたしの欲しいのは、まんじゅうじゃない。
心のこもった言葉が欲しいだけ。

「いえ、食べて悪いわけじゃありませんが、
お土産ですと言った時に、ありがとうでもなければ、食べて、ごちそうさまでもない。
要らないのかと思っていました」つい、言ってしまった。

「じゃあ、もう、いらない。
土産なんて買ってこなくていい」

はあ、またもや、お得意の捨てぜりふです。
こないだの「俺は居ないものと思ってくれ」と同質の言い草です。
おーる おあ なっしんぐ の、アスペちゃんの得意技でしょうか。

腹を立てまいと思っても、この腹ってヤツが、勝手に立ってしまうんで。
持ち主のハンコをもらってから、立ってくれたらいいんですが、ね。
立った腹を寝かせるのが、またやっかいでして。

まあ、そんなこんなの腹のうちで
「あたしゃ、あんたのために、まんじゅうを土産に買ってきたわけじゃない。あ・た・し・が、土産に貰ったまんじゅうを、あんたにも、くわせてやってるわけ」

ああ、人間、怒ると品性がなくなりますな。
成らぬ堪忍するが堪忍
堪忍の袋の紐を首にかけ、破れたら縫い、破れたら縫い
……ってな訳に行かないのが、凡人の悲しさです。

せっかくもらった「倍返し」のまんじゅう、味見をしないのも業腹なんで、
仏壇にそなえたまんじゅうに、むすめと、あたしの、名前をかきましたとさ。

「土産なんて買ってこなくていい」の決めぜりふ。
歌舞伎座から買ってきた、ちりめん山椒、高いだけあって、めっちゃうまかった。
あたしゃ、味見に、小さじの半分しか食べてませんがね。
Gサン、コメの飯にさんざんにかけて喰って、「ごちそうさま」のひと言もありませんでしたとさ。

おあとがよろしいようで……
[PR]
by hidaneko | 2014-09-21 20:43 | かぞく | Trackback | Comments(0)

初七日

f0016892_15592061.jpg

二階の窓、マイが網戸を開けて出ていかないように、
(窓の外の松の木の枝からおっこちないよう)
工夫した仕掛けも、もう要らないのよね。

鮭を焼いてお皿に載せて、
食べる人が来るまでどこに置こうか、と考えそうになって、
あ、魚を無防備に食卓に出しててもいいんだ、って。

日曜恒例の、今日のお掃除も、
障子の敷居に猫毛がはさまっていることもなく、
猫砂が二階にまで行っていることもなく、
床を雑巾で拭いても、
バケツが猫毛だらけになることもなく
なんか、あっけない。

お骨を持って帰って、花と線香をあげてるんだけど
もう1週間だし、そろそろ庭に…と思ってGサンに言ったら
「まだ早い。あそこに居ると思うと…」と反対された。

部屋に置いてなくても、どこかへやるわけじゃなし
庭に、すぐそこの庭に眠っていると思えば……
と、これは、モグとわたし、意見が一致してる。

一番こたえているのはGサンかもしれない。
口答えをしない話し相手がいなくなったからね。

モグも、アリさんも、わたしを気づかってくれるけど
わたしは、大丈夫。
ただ、マイがいなくなったことで揺れているGサンの
不機嫌のとばっちりが来たらやだな、と……。
[PR]
by hidaneko | 2014-09-21 15:59 | かぞく | Trackback | Comments(0)