<   2014年 05月 ( 29 )   > この月の画像一覧

「障害」を「症」に 精神疾患の新名称公表

名前を言い換えるんだってさ。
2014年05月28日 19:26 産経新聞

 日本精神神経学会は28日、米国で昨年策定された精神疾患の新診断基準「DSM−5」で示された病名の日本語訳を公表した。子供や不安に関する疾患では「障害」を「症」に改めるなど、差別意識を生まないよう配慮した。

 主な例では「注意欠陥・多動性障害(ADHD)」は「注意欠如・多動症」に、「性同一性障害」は「性別違和」に変更。「アスペルガー症候群」は単独の疾患としての区分はなくなり、「自閉スペクトラム症」に統合された。

 医療現場では旧版の「DSM−4」などを診断に使い続ける医師もおり、当面は病名が混在する可能性もあるが、学会では「徐々に浸透していくことを期待している」としている。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2014/05/29 18:43 【共同通信】
学習障害は「学習症」に 精神疾患の新病名

 読み書きが困難な学習障害は「学習症」、アルコール依存症は「アルコール使用障害」に―。日本精神神経学会は29日までに、精神疾患の病名の新しい指針を公表した。差別意識や不快感を生まないようにし、病名を周知させる狙い。

 米国の精神医学会が発行する精神疾患の新たな診断基準「DSM―5」が昨年策定されたのに伴い、英語の病名の翻訳でさまざまな用語が混在しないよう、関連学会と統一用語を検討した。

 指針では、子どもや若い世代の病気を中心に「障害」を「症」に言い換えた。不安感や動悸などが起こるパニック障害は「パニック症」とした。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


なんだか分かりにくい。慣れないせいかな。
でも看板掛け替えただけで偏見や差別が消えるか? 
治療法や学習支援、就労支援等がなければ
当事者や家族には意味がない。

「障碍」と言うときつい感じがするから
「症」と言い換えて印象を和らげただけの気がする。
「大したことないんですから」ってことになりそうな…。

「アルコール依存症」を「アルコール使用障害」に? 
ギャンブル依存症は「ギャンブル使用障碍」というのか(笑)

モグのこと
「境界性人格障害」と、
その当時掛り付けだった女医に
言葉だけ放り投げるように言われた時、
たしかに、ショックだった。
帰り道、車の運転ができないくらい滂沱の涙。

しばらくして
「統合失調症です」と告げられた。

「障害」と「症」
症のほうが、直りやすいイメージがあるけど、
統合失調症は、薬で制御はできるけれど
治らないと、わたしは認識している。

看板なんて掛け替えても、
なんか、混乱するだけの感じがする。
「お手並み拝見」といこうかww

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【追記】
病気の名称の変更のニュースに目が行っていたけれど
精神科の病床をへらす方針だというニュースが出ていた。
元記事がたどれなくて、ここしか見つからなかったけど
47ニュース(「共同通信」ですね)


精神科病床を大幅削減へ 長期入院解消で厚労省

 厚生労働省は29日、全国に約34万床ある精神科病床を今後、大幅に削減する方針を固めた。医療上の必要性は低いのに地域で受け皿がないため長期入院する「社会的入院」の解消に向け、新たに「地域移行支援病床」という区分を設定。2016年度以降の診療報酬改定などで病床削減と患者の退院を誘導し、先進国の中で突出して多い精神科の入院患者を減らす考えだ。

 精神障害者の長期入院問題に関する有識者検討会に同日、構造改革案として示した。検討会は地域移行に向けた対策を6月中にも報告書にまとめる。

2014/05/29 10:39 【共同通信】


下のコメントにも書いたけれど、
たしかに、イタリアの映画、
むかしmattoの町があった」みたいになったらいいけど

今の日本みたいに、充分な支援や受け皿を作らずに
患者を病院から追いだすようなことをしたら、
(これは老人医療でも行われてきたことだけど)
家族の負担が増え、患者を家に閉じこめたり、
無理心中なんてのも増えるのでは・・・と危惧してます。



【追記】
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーWikipediaよりーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【DSM】
精神障害の診断と統計マニュアル
(精神障害の診断と統計の手引きから転送)
精神障害の診断と統計マニュアル(せいしんしょうがいのしんだんととうけい-、Diagnostic and Statistical Manual of Mental Disorders、DSM)とは、精神障害の分類(英語版)のための共通言語と標準的な基準を提示するものであり、アメリカ精神医学会によって出版されている。DSMは当初、統計調査のために作成された。DSMの第3版より、明確な診断基準を設けることで、医師間で診断が異なるという診断の信頼性の問題に対応した[1][2]。

DSMは、世界保健機関による疾病及び関連保健問題の国際統計分類(ICD)とともに、国際的に広く用いられている[3]。いずれも記述精神医学であり[4]、「特定の状態が特定の期間に存在する」という具体的な診断基準を設けた操作的診断基準に属する。疾病の解明に加え、各々の医師等の間における結果の比較を可能とし、また、疫学的調査に有用である。すなわち、本来は、一人ひとりの患者の診断を正確に行う目的のものではない[2]。

明示的な診断基準がないため、以前の診断基準では、アメリカと欧州、また日本での東西によって診断の不一致が見られた[1][2]。このような診断の信頼性の問題により、明示的な診断基準を含む操作的診断基準が1980年のDSM-IIIから採用され、操作主義の精神医学への導入であり画期的ではあった。一方で、恣意的に適用されてはならないといった弱点はいまだ存在する[1]。依然として、どの基準が最も妥当性があるかという問題の解決法を持たず、他の診断基準体系との間で診断の不一致が存在するため、原理的に信頼性の問題から逃れられないという指摘が存在する[1]。

DSMは、その邦訳書において「精神障害/疾患の診断・統計マニュアル」と訳されている。「精神障害/疾患の分類と診断の手引き」の訳は、DSMの早見表のものである。最新のDSMは第5版で、2013年5月18日に出版されており、2014年4月において邦訳書は出版されていない


(文中のアンダーラインは、ひだまりねこ)
[PR]
by hidaneko | 2014-05-29 11:44 | うきよ | Trackback | Comments(6)

席を離れたスキに

f0016892_11385712.jpg

椅子を取られた。

それにしても、
おまえ痩せたね…
[PR]
by hidaneko | 2014-05-29 11:38 | Trackback | Comments(2)

今日は暑かった・・・

午前中、絵本のボラの会の自主講座を受講に図書館へ。
車が暑い。クーラーいれた。

受講室は、まだ図書館全館が冷房体勢にないとかで
暑くなるかな、と思ったけれど、送風でしのげた。

帰ってきて、階下は比較的涼しかったけれど、
二階に上がったら・・・階段の途中から
「なに? これ〜!」状態。

その中で、今日は仕事が休みだったモグが寝てた。
あのう〜、室温30℃あるんですけど〜。

マイちゃんが出ると悪いので、窓が開けられない。
網戸もまだ出てないし・・・
クーラーは、フィルターの掃除をしてないし
室外機のカバーもまだ外してない。
扇風機もまだ出してない・・・

ったく、急に暑くならないでよ〜。

今夜は二階で寝られるのだろうか。
夜に冷気で涼しくなりますように・・・

あ、仕事部屋はまだ涼しいから、
空気攪拌用のミニ扇風機を上に持っていこうかな。
[PR]
by hidaneko | 2014-05-28 19:17 | きせつ | Trackback | Comments(2)

今週のたなくじ

f0016892_19201410.jpg

今週は、ちょっと訳ありで
リアルタイムで撮れなかったのですが
モグちゃんが撮って、送ってくれました。
それが、なんと
「超 太田吉」!

ほんとうに先週末から今日にかけて
とても、とても、ありえないくらいの超吉でした!

この、ほかほか、わくわく気分が続きますように。
[PR]
by hidaneko | 2014-05-26 19:22 | Trackback | Comments(0)

バーサンの三回忌

早いもので、バーサンが他界して丸2年が経ちました。
故人の遺志で「法事はしなくていい」ということで
去年の一周忌と同様、家でお参りにしました。

ちょうどいま、お坊さんが帰ったところです。
「ちょっと丁寧なお経をあげてください」
とお願いしていたのですが
かなり丁寧なお経をあげてくださいました。
(内容はよく分らないけど、時間が長かった)

そのうちに、
居間で寝ていたマイが目を覚まし、鳴きだした。
最初は、にゃあ~、にゃあ~、と。
そのうち、
家の人の返事がないものだから、だんだん声も大きくなって
最後には、ぎゃう~ん、ぎゃう~ん! というような声で。(^^ゞ
11日間の失踪から帰って以来、さびしん坊ですぐ不安がるマイ。

行ってかまってやりたいけど、お経の途中だし、
猫のために中座はできない。
放っておいたら、そのうち声がしなくなったの。

うーん、きっと、
1人で留守番をさせられる時って、こんな感じなんだろうな、と思いつつ
お経をきいてて……お坊さんをお見送りして、すぐマイをさがしたら、
二階の娘の布団の上で、丸くなってました。(娘は仕事にでかけてる)

「ごめんね~」と、もみくしゃにしてなでてやったら、
安心したのかいま見たら、丸くなって寝てました。
居間から二階へは行けるし、トイレやえさ場にも行けるけど、
仏間の方には来れないの。引き戸が重くて猫には開けられない。

さて、これから、またマイをおいて、出かけてこなくては。
また、目が覚めたら、ぎゃうんぎゃうん、鳴くんだろうな~
[PR]
by hidaneko | 2014-05-23 11:12 | かいご | Trackback | Comments(0)

さびしがり屋のマイ

うちじゅう、にゃあにゃあ鳴いて歩き回って
ついに仕事部屋にやってきたマイ。
f0016892_9572169.jpg
机に上がって、にゃあにゃあ「撫でろ〜」攻撃。
これじゃあ、仕事になりませんがな。

「マイ、マイ、マイ・・・」と声をかけて撫でてやっていたら
ついに、膝にのってきました。
f0016892_9592943.jpg
いま、膝の上で丸くなって(ちょっとバランス悪いけどね)
ようやく落ち着いたのか、静かになりました。

わたし、足をイスの上で半分あぐら状態。
半跏思惟像状態でかたまっている。
f0016892_10121476.jpg
机の下に頭をつっこんでるマイ(画面上の白いのはMacBook)
わたし、身動き取れない。(^^ゞ
やっぱり、仕事にならないわ〜。
[PR]
by hidaneko | 2014-05-19 09:57 | かぞく | Trackback | Comments(11)

今週のたなくじ

f0016892_724499.jpg

腹を立てなければ大吉!!

今週も笑顔でいきましょう。(^o^)v

さっそく朝から腹を立ててしまったけれど
反省、反省!

More
[PR]
by hidaneko | 2014-05-19 07:02 | Trackback | Comments(0)

マイ近影

f0016892_21295979.jpg

寒くて仕事部屋のファンヒーターつけていたら
マイが来たので、上にのせてあげました。

目、開いてるでしょ。
帰ってきた当初は、しょぼしょぼで
目も開けていられなかった状態だったの。
ようやく「目ぢから」も付いてきました。

相変わらず、栄養不良で、毛がボサボサだけど。

(ファンヒーターは、片づける時には
タンクの中に灯油を残しておいてはいけないから
出す手間を省いて、消費してます……)
[PR]
by hidaneko | 2014-05-16 21:29 | かぞく | Trackback | Comments(2)

指切った・・・

いやあ、指切りげんまん、じゃなくて、
調理中に、包丁で左手の親指を、ざくっと。
いや、ちょこっと。

でも、指先って、血が出やすいのね。
ぽたぽたぽた・・・
ヘモスタパッドを買ってあって良かったわ。
モグが手伝ってくれて、指先に巻いた。

キーボード、うちにくい。
っても、左手の親指ってあまり使わないけどね。

以上が、17時過ぎのこと。
今、20時40分、もう血も止まっただろうと、
ヘモスタパッドを外し、水道水で洗ってみる。

続きはこちら(写真あり)
[PR]
by hidaneko | 2014-05-16 20:59 | からだ | Trackback | Comments(0)

今日もマイ話

f0016892_854542.jpg

うすっぺらマイちゃん(photo by mog)

これは、洗濯される前のマイ。
皮下脂肪、すっかり消耗しちゃったね。
さて、これから、ふくふくになってもらわなくちゃ。

アリさんが、猫用栄養剤のペースト(チューブ入り)を
送ってきてくれた。エサに混ぜてやっている。
[PR]
by hidaneko | 2014-05-15 09:04 | かぞく | Trackback | Comments(2)