<   2013年 12月 ( 23 )   > この月の画像一覧

雨のおおつごもり

朝からの疲れが 枕に染み込んでいく
一年の疲れが 布団に染み込んでいく

この一年も いろいろあった
いろいろあったことを 
振り返りながら 思い出しながら
清潔なシーツにくるまれる幸せを思う

一年という区切りが1月1日ではなく
5月23日を境にしてるのをかんじる
在宅介護時代、それから解放されて以来
夢中できた時代、ぼうっとしてた時代

もうすぐ 新しい年が来る
寝転んでいても 新しい年が来る
じわじわと つかれが布団に染み込んで
そのぶんだけ 体から疲れが抜けていく

新しい年がよい年でありますように
よい年にしていけますように
きな臭い軍歌の音のする世の中にさせてはいけない
なんて 田舎の隅っこのおばさんが 吠えても
所詮ごまめのはぎしり 蟷螂のオノと わかっているけれど

新しい年がよい年でありますように
布団に四肢を投げ出し おおつごもりに思う

.
[PR]
by hidaneko | 2013-12-31 22:47 | きせつ | Trackback | Comments(0)

うち豆

f0016892_22531672.jpg

うち豆、こんな風に作る。
打ちつぶした直後はしめっているので、新聞紙に広げて乾かす。
乾いたら瓶に入れて冷暗所で保存。

この間、作って、ファンヒーターの前に広げて乾かしていたら
「ここ、わたしのお気に入りの場所なんだけど〜?」とマイ。
f0016892_22573980.jpg

[PR]
by hidaneko | 2013-12-30 22:57 | くらし | Trackback | Comments(2)

おろしなます

暮れになると、古い小さなスケッチブックを引っ張り出す。
B6サイズほどの紺色の表紙のスケッチブックは、
20代の頃からつかっているから、あちこちシミだらけ。
若い頃、一生懸命に覚えようとメモした
ふだん作らない、手間のかかる料理のレシピが書いてある。
それと、正月の料理の材料。
フォッサマグナを境とした食文化圏の違いで
祝い魚もGサンはブリ圏、わたしは鮭圏。
雑煮も、Gサンは山圏で、わたしは海圏。
煮物も、Gサンは大きく切ったもの、わたしは小さく切ったのっぺ。
正月には交互に作る。

今日は、なますを作った。
Gサンは元は千切りのなますで、わたしはおろしなます
…なのだけれど、Gサンもおろしなますが好きだという。

いつも適当に作るなます、今回は量ってみた。

1,大根1本は皮をむき、目の粗い下ろし金で下ろし、ザルにあげて水気を切る(この大根の汁は、捨てずにとっておく)。
2,人参は、細目の3〜4cmは細い千切りにして、塩小さじ1を振る。しんなりしたところで、ぎゅっともんで柔らかくする(塩は洗わない)。
3,(1)の大根の汁で「うちまめ」を煮てさましておく。
4,(1)の大根おろしと(2)の人参を混ぜ合わせる。
5,酢2/3カップ、砂糖大さじ5杯をレンジでチンして融かしてさまし、(4)に混ぜる。
6,煮た「うちまめ」を加えて、ざっと混ぜる。味を見て、塩や砂糖を足す。汁気が足りないようなら、とって置いた大根の絞り汁をちょっと加える。


大根…1本
人参…3〜4cm
塩……小さじ1
酢……2/3カップ
砂糖…大さじ5〜6
あれば、うちまめ少々。

この打ち豆、大豆をお湯でふやかして叩いて平たくしたもの。店でも売っているけれど、我が家のは自家製。亡父が残してくれた、これ専用の鉄床と木づちが台所にある。
大豆のふやかし具合が微妙(さっと熱湯にくぐし、フキンで包んで数時間置く)。硬過ぎると、叩いてつぶすとき、砕けてしまうし、柔らか過ぎるとベチョッとつぶれてしまう。
味噌汁を煮る時に入れたり、ひじきや、切り昆布を煮る時にも入れると、味がよくなる。
叩きつぶすことによって、豆の皮が破けるし、実もつぶれるから、丸の大豆よりずっと煮えやすいのだ。
[PR]
by hidaneko | 2013-12-30 22:35 | きせつ | Trackback | Comments(0)

エンゲル係数

うちのエンゲル係数上がりっぱなし?
冬に向けて、冬野菜を貯蔵するのはバーサンからの伝授。
白菜とか、キャベツとか、人参、大根、玉ねぎ、じゃが芋
到来物のやまと芋に、泥付きネギに、泥付き牛蒡
これらは、古来からのやり方で新聞紙に包まれて、冷暗所*。
その他に、冷蔵庫にはセロリに、セリと三つ葉…これは雑煮用。

雪が降ったとき、買いに行きにくくなるからね、って。
以前は、根菜類は、根付きのネギも、裏庭に穴を掘って生けていて。
最近は、北側の縁側に、新聞紙に包んで段ボール箱に入れて貯蔵*。
おれが、けっこう持つんだな。(凍みさせないよう注意)
そして、吹雪きの日に役に立つって訳

坂の下にはコンビニが出来たけど、高いしね、
調理済み品はあるけど、素材がないから・・・・・
やっぱり、昔風に安心してる。

おまけに、糖質制限をやっているから、
バーサンの言うところの「おかず食い」になってるってわけ。
「米の飯くわんでどうするがんだ。米食わねぇと力が出ないぞ」
は〜、米の飯をくわんでも、野菜やまめや魚や肉でいけるのよ。

うん、買い集めたのを腐らせないよう、
同じ品ばかり出て飽きられないよう
さまざまな用意も準備万端ととのえてる。
塩豚も仕込んだし、ダシ用に昆布や貝柱や干し椎茸もある。
明日は丸鶏肉を買ってこようかと思ってる。

あ、わたし、けっこうお料理するの好きなんだあ〜
他に贅沢するわけじゃなし、

さて、「のっぺ」用の干し貝柱と、干し椎茸を水煮戻して
寝ることにしようっと。
はい、おやすみなさい。
[PR]
by hidaneko | 2013-12-30 01:01 | Trackback | Comments(0)

青空がうれしい

f0016892_10473978.jpg

朝から不機嫌に巻き込まれないように…。
ほら、日差しが明るい。
鳥の声もしてる。


雪の予報がはずれ
天気予報の画面では雪だるまが吹雪にまぶされていたけれど
小雪がちらついただけで、あっけらかんと、青空。
年の瀬には嬉しい青空。
[PR]
by hidaneko | 2013-12-29 11:15 | Trackback | Comments(0)

メモ・かぶの甘酢漬け

モグちゃんが「かぶの漬けたの食べたい」という。
「塩漬け? ぬか漬け? 甘酢漬け?」と訊いたら
「甘酢漬け!」というので菊花かぶを作ることにした。

かぶ2束(といっても6個だけど)皮をむいて菊花に切る。
根本に包丁を入れて四つ割にして、塩水につける。
500ccの水に塩大さじすりきり3杯? 海水より塩辛くない。
軽い重しをして、一晩おく。

かぶの水気をぎゅっと絞って、甘酢に漬ける。
いつもは適当に、なめてみて味を決めてたけど
試しにレシピを検索したら砂糖の量の多さにびっくり。
どのレシピを見ても、酢の半量の砂糖。
(酢が300ccなら、150gの砂糖って!)
適当に砂糖をへらしてみる。それで、メモ。

試しに、酢を300ccに砂糖大さじすりきり5杯。
(大さじ1杯が15gとして、5杯だと75g?
ふつうのレシピの半量だ)
塩分は、塩漬けしたときのが塩気があるから加えない。

これでダメなら、あとで砂糖を足せばいい。
それにしても、お節って、どんだけ砂糖を使うの?
(ふだん、料理に砂糖をぜんぜんつかってません、
ときどき、みりんを少々つかうだけ)

今日つかった砂糖、たぶん2,3年前のだと思う。
このところ買ってないから、ないかと思ったら
1キロの袋に半分くらい残ってた。
砂糖って賞味期限ないのよね、悪くならないから?


追記:
一夜明けて、味見。
塩と砂糖のバランスはいい、酢が効いてるな。
でも、これだけ薄味だと保存食にはならない。
サラダ感覚かも……。
冬だから、うちの台所は低温で、冷蔵庫に入れる必要なし。
もう数日置いて、また味を見ようかな。
[PR]
by hidaneko | 2013-12-28 15:57 | きせつ | Trackback | Comments(0)

歯が痛い

久しぶりだ、こんなに歯が痛むのは。
わたしの歯って痛まずに傷むのが常だから。

左上の歯をヘミセクションをしたあとの
歯科疾患(歯槽膿漏)管理で月に一回は歯科医にいってて
ついでにインターンのひとに口中お掃除してもらっている。
つい先日も行って診てもらってきたばかりなのに…。

今回痛んでいるのは右側。たぶん、知覚過敏、
熱いコーヒーでも、冷たいヨーグルトでも痛むもの。
もう、ほっぺたを押さえて「いたい~!(笑)」と、ぼやくほど。
ようやく取れた歯科の予約は、来月10日の夕方。
あと2週間か。がんばる。カロナールもロキソニンもあるもん。

あ、歯痛ダイエットにいいかも?
毎年、年末年始は、つい過食してヤバいのだけれど、
これだけ歯が痛いと、
おちょぼ口でそろそろ食べることになるから、いいぞ~!\(^O^)/
[PR]
by hidaneko | 2013-12-28 10:37 | からだ | Trackback | Comments(0)

何となくクリスマスイブ

f0016892_042126.jpg

グリムズもクリスマスバージョン

うちは曹洞宗だけどね(^^ゞ
[PR]
by hidaneko | 2013-12-24 00:04 | きせつ | Trackback | Comments(0)

今日はドジ猫マイちゃんの誕生日

迷い猫の拾い猫だから、誕生日は分からないのだけれど
12月23日の夜に拾った猫だから、今日を記念日にしてる。
クリスマスイブ・イブだから、覚えやすいんだ。

17年前の今月今夜、
びしょびしょと霙雨の降る中で、みぃーみぃー鳴いてたんだ。
最初に聞きつけたのは、モグちゃんで
探しにいったのが、アリさん。
耳の中まで泥だらけで、みぃーみぃー鳴いて
こんな氷雨の夜に外で過ごさせるのはむごく
「一晩だけだよ」と……泥だらけの体を洗ってやって
なぜか、かまぼこ臭かった。全身からかまぼこのにおい。
ミルクを温めて、飲ませてやって
……はい、以来17年でございます。

先住猫のクロコとシロコがまだ居た時代で3匹飼い。
そのうち、シロコが16歳で逝って、
そのあと、クロコが18歳で逝って…
マイも、あとどれだけ一緒にいられるか…。

この猫には、本当に助けられた。
モグが大学中退して帰ってきて
そのうちバーサンが要介護になって
Gサンは、単身赴任(出稼ぎ)からもどって家庭軟着陸に失敗してて
アリさんは、これもまた大学を中退して
わたしは更年期障害でがたがたで…
そんな時代に、マイは、元気一杯駆け回って
家族と口をききたくないGサンの話し相手になり
お布団の中でもぐもぐしてたモグちゃんを癒し…
R君だけは、「おれに相談なしに飼ったのだからおれは知らない」
とか言っていたけど、あれはあれで癒されたと思う。

17歳。猫としては、けっこう高齢。
時としてトイレを箱の外にしちゃったり、
今朝だって5時に「餌くれ〜」とわたしを起こしながら
水を飲み過ぎたのか、直後にケポッ!
石油ファンヒーターの上にあがって、畳の上に吐いてくれました。
お布団の裾にも、かかっちゃって、わたしパジャマで大わらわ。
でも、怒れない。
猫だって年をとる。猫だって耄けてくる。猫だって…、猫だって…。

はい、丸ごと引き受けるつもりですから、最期まで看取ります。
[PR]
by hidaneko | 2013-12-23 23:41 | かぞく | Trackback | Comments(2)

今週のたなくじ

f0016892_71333.jpg

しっかり自分を持ってということかな。
うん、がんばる。
[PR]
by hidaneko | 2013-12-23 07:01 | Trackback | Comments(0)