<   2008年 11月 ( 42 )   > この月の画像一覧

岡本太郎なんて好きじゃなかった

旅の間に見聞きしたことで、リアルタイムじゃ書いてなかったこと
まだ旅の記憶の薄れないうちに、落ち穂拾いのように書いておこう、と。

岡本太郎の巨大壁画「明日の神話」のこと。
これは、以前、新日曜美術館で見た記憶がある。
修復の様子などもまじえて。どんな風に、彼があの絵を書いたのか、とか。

でも、岡本太郎その人にはそう興味がなかった。
以前から、そう好きじゃなかった。
「芸術は爆発だ」という有名な言葉も、パロディでつかうくらいのもので。
「絵も彫刻も、どれもみーんな同じみたいで」とも思って。
大阪万博のかの「太陽の塔」も、大阪国際児童文学館へ行った時、
池越しに、背中を見たくらいのもので、わざわざ前に回ってみようとはしなかった。
でも、近年、あれ(太陽の塔)を作る時の様子をドキュメントで見て、
構想からデッサン、ひな形、実物のテクスチュアへのこだわりなど、
「へえ〜」と思ったりしてた。

それが、渋谷で「明日の神話」を観て、胃が痛くなったのだ。
“感動”ともちがう。“芸術作品に触れた喜び”とも違う。
なんか、絵の迫力に圧倒された、といったら近いだろうか。
オフィシャルサイトは、“ほぼ日”の中なんですね。こちら
“ほぼ日”は見てないし、公開の記録なども、今日はじめて知ったのだけれど。

恒久展示の場所として、3ヶ所(渋谷・吹田・広島)が名乗りを挙げたのは知っていた。
渋谷に決まったと報道されたとき、どんなふうに展示されるのか、興味があった。
でも、現物を観た第一印象は「なんか、ちがうな」という感じ。
展示(掲示?)する場所はここで良かったのかな、と。

立ち止まって見ているひとや、ケータイで写真撮ってる人も居たけれど
ただ単に、駅のコンコースなどにある壁画のように
黙って目もくれずに行き交う人も居て
どこかに、絵のいわれや絵のタイトル、岡本太郎のサインでも
あるのかときょろきょろしてみたけれど、見つけられなかった。

じっと絵と向き合っているうちに、身体に来た。
特に、真ん中の、砕け散る骸骨をみているうちに、
胃が、キュッと締めつけられる感じで、痛くなってきたのだ。
体調があまりよくなかったから、大迫力を受け止められなかったのかと思い、
28日にも、渋谷乗り換えだったので、足を運んでみたけれど、
近づいて傷んだ修復のあとを観たり、遠くから全体を見直して観たりしているうち
やっぱり、胃が痛くなりそうでした。

やっぱり、絵には目もくれず、急ぎ足で通りすぎるひと、
にこにこしながら、絵を背景に記念撮影するひと、
絵の正面には、警備員が背中で手を組み、両足を踏ん張って立っていた。


別なところで、たとえばヒロシマなどで、
それなりの展示がされたらどうだったのだろうか、と考えてしまった。
「わざわざ、それを観るためにいく」ということも、あってもいいな、とも思った。

-----
(「芸術は、鑑賞しなくてもいい、文句を言ってもいい、
 無視してもいいんだ」とも岡本太郎は言っていました)
------
「この壁画を見上げるのは、前を通る30万人のうち、
 1万人かもしれない。
 ずっと気づかずに、10年間、前を歩く人だって
 いるかもしれない。でも、その人が10年受けるものは
 きっと時限爆弾みたいになって、
 いつか爆発するでしょう」
(クリエイティブディレクター 箭内道彦さん)
こちらで紹介されていたシンポジュウムより。

[PR]
by hidaneko | 2008-11-30 23:00 | Trackback | Comments(2)

「夜会」について、ふたたび・・・

こちらに、観てきてすぐのをちょこっと書きましたが
g-sanさんからコメントをいただいていたので、
コメント欄でなく、こちらに書きますね。

--------------
じつは、g-sanさんからのコメントは、旅先からPHSでも見られたんですが、
なぜか、わたしがコメントのレスを書いて送ったのに、受付拒否になっちゃって(汗
そう、慣れない親指族をして、ひっしに打ち込んだのに、送れなくてがっくりでした。

ということで、あらためて・・・・
夜会のこと「山椒太夫」を読んだ方がいいかということですが
先に観た友だちは
「予習しなくてもすごかったけど、予習してからもう一回見たいなと思った」
と言ってました。「細部を忘れていたので」と。

娘のアリは、みゆきさんのファンではなかったけれど
一昨年の「24時着00時発」を観て、感動し
「母がファンのわけ、わかった」と言ってて、今回、同道してくれたのです。
「山椒太夫は、小学校のときだったか、演劇で見たけれど、ほとんど忘れてた。
今回のは、特に後半は筋というか、よく分からなかったけれど、
みゆきさんの歌唱力、表現力はすごい。コンサートとして楽しめた」と言ってました。

で、わたしは、以前、原作を読んだことがあるけれど、
行く前に、ネットで「森鴎外 山椒太夫」で検索・・・・(笑)
見たのはこちら(音が出ます)
ざっと粗筋を読んだら、細部までけっこう思い出しました。
(自分が覚えていたことにちょっと感動、文学の力ってすごい)
安寿と厨子王の母が流されたのが佐渡で
身近に感じていたことも、お話を覚えていたことと関係してると思います。

でも「夜会」は、中島みゆきが独自に解釈して、表現しているのだから
原作は、読んだ方が良いかどうかは、その人次第かな、と思います。

「夜会」のあと、アリとお茶を飲んで
(その時間、近所で開いているところがコージーコーナーしかなかった(笑))
今回のは「山椒太夫」の話がからんでいる等話をして、わたしが
「前に観たのは「銀河鉄道」を下敷きにしてたのよ」と、言ったら
「へえ〜、今まで知らなかった〜、そうだったの〜?」
彼女は幼い時は文学少女で宮沢賢治も沢山読んでいたし、
高校時代はなぜか演劇部で(大道具、背景をやりたかったと)
他校の演芸部との合同上演で「銀河鉄道の夜」をやってたの。
だから「銀河鉄道の夜」については良く知ってたはずなのに、気がつかなかった

つまり、何を下敷きにしているか(下敷きってのも変かな、題材ともチト違うし、モチーフ?)
そういうことは、まったく関係なく、夜会は夜会として、作られているし、楽しめる、と。

これ以上書くと、ネタバレになりそうなので、このへんでやめときます。
[PR]
by hidaneko | 2008-11-30 11:51 | ほ ん | Trackback | Comments(2)

ただいま〜

ようやく家にもどってきました。
心はたのしく、身体はおつかれ気味です。

今日は夕方こっちでちょこっと用があり
駅から直行でした。
飲み会だったけど、ぜんぜん飲む気がしなくて。

旅先からは、閑閑や待ち時間に記事を送ってましたが
打ちにくいPHSでメモ程度。
あとで、こっそり加筆訂正するつもりです。

コメントへのレスも送れてますが、しばし、お時間をくださいませ。
今日は早めに寝ます。

旅先でお世話になった方々、ありがとうございました。

上京でびっくりしたこと・・・
[PR]
by hidaneko | 2008-11-29 21:54 | Trackback | Comments(0)

終わった、楽しめた

猫は胃には来なかった(笑)
(でも犬のが出なくて残念)

高校生が沢山いたので係の人に聞いたら、音楽鑑賞で何校か来てるんだって。
いいなあ。
[PR]
by hidaneko | 2008-11-28 16:21 | Trackback | Comments(2)

ようやく着いた

f0016892_13154033.jpg

ちょっと迷子になった
開演ぎりぎりだった。
[PR]
by hidaneko | 2008-11-28 13:15 | Trackback | Comments(0)

ただいま

アリさんと別れて、ホテルに戻ってきたのですが…

夜会、すごかった。
先に観た友だちが言ってたけど、
突然きました。ボウダの涙がとまらない。
静かなリフレインの曲なのに…

ちょっと色々あった時期のせいか
感じやすくなっているせいか…

ずん、と胃にきた。
コミカルな面も可笑しい言葉遊びもあるのに、
この胃にくる重さはなんなんだ~。


優れた文学はさまざまな読み方ができるというけど、
夜会も、観る人がそれぞれの人生に重ね合わせたり、
人によってさまざまな受け止め方ができるんだな、と思った。

なんか、わたし、支離滅裂で言葉がまとまらないけど


胃が痛い。
[PR]
by hidaneko | 2008-11-27 23:39 | Trackback | Comments(0)

来てます

夜会。
いま中休み…(^-^)
[PR]
by hidaneko | 2008-11-27 21:05 | Trackback | Comments(0)

楽しかった~

午後、ネットの友だちのうちへお邪魔して、お子さんと遊んできた。

前にも行ったことあるのに、また迷子になっちゃって、
(一度迷子になったから道覚えた、なんて言いながら)
着くのが遅くなっちゃって。
そしてまた、小さなみーちゃんと遊ぶのが楽しくて。
ちょっとのつもりが、気が付けば夕方近く(汗)

みーちゃん、いっぱい遊んでくれてありがとう。
おかあさんの方とも、もっと話したりしたかったけど(笑)

いいエネルギー、いっぱいもらいました~!
ありがとう。
[PR]
by hidaneko | 2008-11-27 17:15 | Trackback | Comments(0)

よかった~

実は新幹線に乗ってすぐ、バーサンの病院から電話があったんだ。
検査結果が出たので主治医の先生からお話がある、午前中においでいただきたい、と。

Gサンに電話しても、出ない。なぜか出ない。
モグに電話して、Gサンに代わりに行ってもらうよう伝言。

その結果をモグがメールしてくれた。

バーサンは特に問題ないので、月曜にも退院の許可が出るだろう、って。

よかった~。
退院したらまた大変だろうけど、
ひとまず、よかった。
年賀状買っても大丈夫かな。
[PR]
by hidaneko | 2008-11-27 16:59 | Trackback | Comments(0)

旅先から

めちゃくちゃ奮発して、新幹線グリーン車にしたの。
座席は広いし静かだし、さっきまでは快適だった。

けど、グリーン車って、オヤジ率高いのよね。
で、オヤジさん達は喫煙率高い…。
今、隣に乗ってきたヤジさん、めっちゃ煙草臭いんですけど~
衣服にたきこまれて燻製状態なんですけど~

これなら全車禁煙じゃあない方がよかった。
燻製さん達は仲間で集まっててくれるので、お互い平和でしょ。

わたし鼻がよすぎる上に、今は堪え性がなくなってるので、つらい。

うん、凄いワガママで贅沢言ってるのはわかってるけど。
[PR]
by hidaneko | 2008-11-27 11:25 | Trackback | Comments(0)