<   2008年 03月 ( 19 )   > この月の画像一覧

X JAPANから上橋奈穂子さんまで

このニュースをみて、アレって思ったの。
 ライブ30分前にはYOSHIKIが会見し、初日の開演時間が遅れた説明をした。98年に死去したHIDEさんを再現する凝ったステージだったことなどもあり、機材トラブルが相次いだという。「ちなみに僕は遅れてません。そういうイメージですからいいですけど…。ファンの人たちにすごいステージを見せようと先走って裏目に出てしまいました」と話した。

とくに、ここんとこ↓。
>ちなみに僕は遅れてません。そういうイメージですからいいですけど…。

なぜ気になったかというと・・・・
前の日に、X JAPANのコンサートについて、モグと話していたから。
なぜX JAPANが話題になったかというと・・・・
友だちのお嬢さんの作品がLUNA SEAのCDのジャケットに使われたって話をきいて、モグに「LUNA SEAってどんな曲だっけ。名前は聞いたことあるけけど」と言ったら、「ビジュアル系よ〜」という返事が来て「X JAPANみたいなの」と補足があったりして、そこから話が続いたのだ。

音楽に疎いわたしも、X JAPANなら、Xのころから知っていたから。
「ビジュアルだけでなく、あのひとたち、ギターもドラムもすごいね」。
「うん。X JAPANが3日間だけのコンサートをするんだけど、初日、開演が2時間遅れで、WOWOWを見てた友だちがなかなか始まらなかったって日記に書いてたの」と。
「遅れた原因がYOSHIKIの体調を整えるのに時間がかかったからなんだって。首や手を痛めているからマッサージしたり・・・(略)」

と、ここまでが前段でして・・・・・
モグがネットの他の人のブログで読んだことを、わたしに語ってくれた。(それはまあいいんだ。けっこうよくあること)。
そのモグから聞いていたことと、上記のニュースが違っていたから、アレって思ったの。
というか、ふーん、やっぱり、というか・・・・。

どちらが正しいのか、わたしはわからない。
ブログなどに書くと、それを読んだ人がコピー&ペーストして、どんどん広がることもあるだろうな。
最初の人は、憶測で書いても、例えば「〜だろうな」「〜かもしれない」「〜だったりしてね」などのニュアンスをつけて書いていても、ひょっとしたら、コピペしているうちに「〜なんだって」「〜なんだ!」と断定的になる可能性もある。
そこが、ネットの怖いところ。子どもの「伝言ゲーム」と違って、一度にぱっと広がってしまう。

そして、この出来事から、このあいだの上橋奈穂子さんの講演会のことを思いだしたのだ。
講演の中で上橋さんは、たびたび、「今日の話の内容はブログなど、ネットには載せないでください」と繰り返していた。
「一人の人が思ったこと書いたことが、真実となって伝わってしまいますから。たとえ内容が誤っていたとしても、活字になると、読んで人はそれを真実だと信じてしまいますから」と。

実は、この講演会、県の図書館関係の機関の主催だったのだけれど、入口で配られていたチラシの講師紹介の文章が、Wikipediaからの引用だったの。
見た途端わたしも「こりゃまずい」と思った。レファレンスが得意な図書館関係が主催なのに、ネットからの引用はまずいでしょう。
(ならどうしたらよかったか。例えば、いくつかの著作の「著者紹介」を見比べてつかう、or 出版社に問い合わせる、or 講師自身に問い合わせる。そしてこちらで作成した「講師紹介」の文章は前もって講師に送って、確認をとっておく・・・くらいの気配りは必要でしょ)
案の定、上橋さんにも指摘されていた。
「Wikipediaは、素人が勝手に書いているものです。間違いや勘違いもある。内容もすぐに書き換えられることもあります。私について、ここ(チラシ)に書かれていることの中にも、間違っているところがあります」という意味のことをおっしゃっていた。

ブログは簡単だし、個人でもだれでも発信できる。でもそこには間違いも勘違いもある。
例えば発言者の言葉を、言った人の趣旨とは違って受け止めていることもあうだろうし。
なら、活字・書籍は大丈夫なのか、真実だけが書かれているのか、と言われると、
それだって危ういけれど、ただ、一人じゃないのよね、発信するまでに少なくとも編集者など幾人かの目を通ってきている。印刷コストなどもかかっているから、内容については出版してもいいものかどうか検討されている。

勿論、サイトの中には真面目に真実を語っていたり、研究結果を発表していたり、論文をアップしているところもある。でも、思いつきで無責任にポロッと書いたり、自分の都合でねじ曲げてるものも少なくない。・・・ということを忘れてはいけない。チラシの裏に手書きしたものと違って、整った活字書体で目に触れるからねぇ。

な〜んてことを、ブログで発信するって・・・・矛盾?(笑)
メビウスの輪みたいね。虚々実々。何が真実で何が間違いか・・・♪メビウスの帯はねじれねじれ続く・・・

ちなみに、LUNA SEAのジャケットは・・・
[PR]
by hidaneko | 2008-03-30 20:28 | うきよ | Trackback | Comments(2)

空白の3月31日?

Rくんがこの四月から、県内の別の市に行くことになって
「郵便物の住所変更など面倒だから、全部実家に送るようにしてもらって
そこから引っ越し先へ転送して欲しい」
・・・・と言っていた話はしましたっけ?

その引っ越しを目の前にして、彼あての郵便物がきまして、
郵便物に貼り付けるための新しい「転送符」など作成していたわけですが。

「ところで、3月31日の勤務、どうするつもりなんだろう」と、モグちゃん。
「30日の日曜日に引っ越すといっていたから、その日は荷物と一緒に向こうへいって
月曜の31日は、またこっちへ来て勤務するのかしら?」

そう言われて思いだしたのが、こちら。absinth のブログの「空白の一日」
明日は3月31日。
大学病院の医師がざっくり解雇される日です。

大学病院に勤めるほとんどの医師は医員という身分の日々雇用職員であり
常勤の医師は、助手、講師、助教授、教授といったほんの一握りであることは意外と知られておりません。
     (中略)
大学病院ではこれら日々雇用職員を年に一度全員強制解雇することによって、勤続一年以上になることを防いでいます。
(勤続一年以上を出さないことによるメリット・・・よく知らないのだけど、年次有給休暇を与えなくてすむ、とかかしら?でもそんなものあったってとる筈ないじゃない!正職員の助手や講師だってとっていないのだから。)
大学病院を支える主力の医師らは3月30日をもって解雇され、4月1日に新規採用されますので、3月31日はみんな無職・・・

だから、きっとRくんも3月31日は、元の大学病院へは来なくてもいいのかな?
いやあ、やっぱりそうは行かないようで・・・
もちろんそんなのは書類の上のことだけで、本気で休んでしまったら病院が回りませんので、その他の364日となんらかわることなく勤務しているのですけどね。
(ちなみに履歴書には当然この一日のことは書きません。同じ職場に雇用、退職の繰り返しで何行あったって足りやしませんから。)
     (中略)
そもそもこの医員医師、週7日働いているのに実際給料がもらえるのは週4日のみ。
一日の労働時間はどう少なく見積もったって12時間は越えているのに計算されるのは8時間。
(時給1000―1500円x8時間/日 x 16日/月 という給料計算になります。)
7日のうちの空白の3日、24時間のうちの空白の4時間を気にしていないのだから、一年に一度の空白の一日くらいどうだっていうのでしょう!


それにしても、勤務医の労働条件の厳しさは、
一般的にはあまり知られていないように思います。
わたしも、この上記の日記を読むまで、そんな仕組みになっているとは知らなかったし、
わたしの友だちだって、息子が医師ときくと
「左うちわでいいわね〜」と、まだ言いますから。

別なブログ「女医^^遊佐奈子のお気楽!」の、こちら「3月31日に医者が大量解雇される事実」でも・・・
そっかぁ〜。解雇されてるから、勤続何年とかも表彰されなければ、経験年数による俸給アップもなければ(てか、もともと無給だしw)なんにも保証ないんだぁって。3月31日、私は無職で労災も何にも、補償も保障もそして保証も、、、ない存在だったんだって。
     (中略)
研修医は労働基準法保護下の労働者ですからね。以前の研修医は最低賃金すら貰ってなかったですけどねぇ。

研修医と職員以外の大学病院の医者に、労働基準法を適応したら、、、すべての大学病院は潰れますね。


上記のリンク先はどちらも去年の日記ですけど、昨今も事態は変わっていない?
いや、よけいに負担が増えているように思えるのですが・・・・。
もうすぐ後期高齢者医療制度が始まれば、患者も大変、医師も大変・・・・。

おーい、この国だいじょうぶですかー。
[PR]
by hidaneko | 2008-03-28 13:57 | Trackback | Comments(0)

ひろいもの

 
 「未来の為に、今苦しむ生き方より、
 今一番幸せな道を探しながら、未来へ進む方がいい。」

犬もあるけば・・・じゃなくて
猫のあるけば某にあたる・・・・
波乗りしてて見つけた言葉。

なんか、しみるなあ・・・

More
[PR]
by hidaneko | 2008-03-26 23:30 | かぞく | Trackback | Comments(0)

彼岸過ぎまで

昨日は、暖かくて、いい天気。
四月末の陽気だったとか。
沈丁花花盛り、梅咲き初め、水仙満開
クロッカス見ごろ、ヒヤシンス蕾ふくらむ。

なんでも、札幌で15℃もあって、
雪が解けちゃったとか。

今日はこちらは雨。
これから寒くなるらしい。
昨日脱いだコート、
クリーニングに出すのはまだ早いかな。

厚さ寒さも彼岸までというけれど
まだまだ三寒四温・・・、
ん? 一寒五温くらいかな?
[PR]
by hidaneko | 2008-03-26 10:11 | きせつ | Trackback | Comments(0)

太りそう・・・

ネットの友人が八朔のピールを作ったという話をきいて、
触発されて作ってみました。ヒュウガナツで。

ヒュウガナツ、思い入れがあるのよ。
10年ほど昔、シゴトの打ち上げで渋谷でのんだとき
デザートに出てきたの。
皮ごと、リンゴみたいにくるくる剥いて、
白いふわふわも一緒に食べる・・・というのが
初めての体験でもあり、興味深くて。

最近、家の近くで売っていたので買っておいたの。
昔たべたのは、やたら種が多くて、それでも印象深かったのだけど
最近のは品種改良されたのか、種は少なめ。

で、そのふわふわ感をピールに活かしたくて
ひとつは、くるくる剥いて実を食べた皮だけど、
ふたつは、みかんを剥くように、皮に切れ目を入れて
手でむいて、こっちは、ふわふわ多め。

久しぶりにピールを作ったけれど
どうしても、湿気った感じになって、
かために仕上がらない。
けっこう汁気がなくなるまで煮詰めたんだけどねえ。


このところ、精白糖はぜんぜん使ってなくて、
甘味は、ミリンやキビ糖くらい。たまに黒砂糖、はちみつ。
久々に、グラニュ糖をたっぷりつかったけど。
だれが食べるんだろう。(笑)
作るのは面白いけれど、これだけの糖分を
自分だけで消費する事になるのかと思うと・・・・・こわい。
[PR]
by hidaneko | 2008-03-25 20:33 | くらし | Trackback | Comments(0)

昨日も今日も

月がきれい。
満月に少し欠けるくらいの。
曇りの無い空に、すっきり輝いている。

あんまりきれいだから
お風呂場の窓をあけて、月見・・・・

f0016892_2242342.jpgf0016892_21475668.jpg
[PR]
by hidaneko | 2008-03-22 21:10 | きせつ | Trackback | Comments(2)

手根管症候群 手術その後

(アクセス解析に触発されて、書き込み)

おかげさまで
手術のあと、手のしびれ等、手根管症候群特有の症状は消えました。
握力も、ほとんど元に戻っています。
ただ、使いすぎると(特に寒い冬など)手のひらの、手術の跡の部分が痛みます。

わたしの場合、手術して良かったと思います。
一時期は、手を切って捨てたくなるくらいのシビレ+痛みだったもの。

たわむれに、検索してみたら・・・、
こんなことを、されていたのね。

More
[PR]
by hidaneko | 2008-03-22 00:34 | からだ | Trackback | Comments(6)

アクセス解析

久しぶりに見てみたら・・・・

なんと、ネームカードでみる、20日のアクセス数が157だって!
うっそ〜。まさか〜。わあ〜。こわ〜。

たいていは、20〜30くらいのご訪問。
ブログのレポート(ユニークユーザー数)では15、6なのに。

リンク元をみると、ほとんど検索エンジン。
キーワードは「手根管症候群」がらみ・・・・
どこぞのテレビとかで、↑の病気について、放送でもあったのだろうか?

ネットの海のはじっこに、おじゃまして、友人知人相手に
静かに、ぶちぶちと愚痴をこぼしてる縁側なのに。
思いもかけない多数のご訪問、こわいよ。
[PR]
by hidaneko | 2008-03-22 00:18 | ぶろぐ | Trackback | Comments(0)

気持ちもshuffle

アリさんから、荷物が届いた。
中身はiPod shuffle新品(と、天然ハーブの入浴剤)。

実は、暮れに、iPod shuffleの古いのを、お下がりにもらっていたんだ。
「要るならあげる」というので、ありがたく頂戴したけど
「実は、それ、電車の線路に落としてさ、駅員さんに拾ってもらったの」
「は?」
「すっごいラッシュで押されて、イヤフォンがはずれて、
服に付けていた本体が、電車とホームの間に落ちたの。
で、新しいのを買ったから、それ母にあげる」
でも、アリさんのこと。本体とイヤフォンだけ。説明書もなし。

この手の、音楽を携帯するものは、わたし、なぜか子どものお古ばかり。
ウオークマンから始まって、CDウオークマン、MDと
世の中進歩する度に、お古が手元にくるってわけ。
あれば使うけれど、そう熱心じゃない、わたし。

暮れにもらった細長いタイプのshuffleは、なぜか
というか、落としたせいか、すぐに調子が悪くなって直すの面倒だし放置。

で、先日、電話がきて
「iPod shuffleの新品、要る?」・・・となったわけ。

「要るけど、どしたの?」
「ホワイトデーのお返しにもらったの。社長から女子全員に」
「は?」
「太っ腹よね。わたしたち、お金出し合って、切りチョコあげただけなのに
朝きたら、全員の机の上にiPodが置いてあったって訳。1万近いのにね」
「あ、いま値段さがって、5千いくらになってるよ」
「知らなかった、値段さがったの。それにしても、すごいよね」

ということで、本日、ご到着。
新しい二世代のiPod shuffle、小さいとは聞いていたけど、マッチ箱より小さいの!
前のは百円ライターくらいのサイズで、それでも小さいと思っていたのに。
今日はiTunesに曲を入れたり、家事の合間に遊んでいた。

これまで、夕ご飯のしたくなど台所に立つ時、
CDラジカセで曲をかけていたけど、今日からはshuffleです。

これで、かなり、気晴らしできたかな?

more
[PR]
by hidaneko | 2008-03-21 22:43 | かぞく | Trackback | Comments(2)

春の憂い? 

朝の4時から猫に起こされた。

気がついたら、歯を食いしばって寝ていた。
顎がこわばって痛い。

このあいだからのこと、
気分転換しようと、いろいろ楽しいことを試みてきた。
でも、わたしの心、まだ気にしてるんだ、と気がついた。

庭は春。沈丁花が咲いて水仙が咲いて
切ってきたので家中いいかおり。

天気はいい。黄砂と花粉でかすんでいるけどね。
ずいぶんあたたかくなって、セーターを脱いだ。

ふつうに家事は出来る。
ご飯作って、洗濯して干して畳んで、時には掃除機かけて・・・・
摘便して、介護して、食べカスだらけの入れ歯洗って・・・・

ことしは、細かなシゴトがぼちぼちきてて
(内職シゴトだから、ご注文があるのはありがたいこと)
一応これまでは、ぼちぼちこなしてきたのだけれど
ここんとこ、それが出来できないでいる。
〆切りは迫っている。穴は開けられない。でも頭はからっぽ。
それも鬱の一因ではあるけれど・・・・・

「プチ鬱みたい」といったら、
モグが手持ちのアモキサンを恵んでくれた。
ひとの薬をもらって飲んだりしちゃいけないんだけどね。
クスリを飲んで、平板な心。灰色の世界。
ただ灰色の心ではシゴトができないのよね。


[PR]
by hidaneko | 2008-03-21 00:36 | くらし | Trackback | Comments(2)