<   2007年 09月 ( 25 )   > この月の画像一覧

九月から、十月へ。

月半ばまで、暑い暑いといっていたのに、
暑さ寒さも彼岸まで、とはよく言ったもので。
ここへきて、めっきり涼しく、肌寒いくらい。
庭のこおろぎの声も、だいぶ近くなってきた。
八月のコオロギは野で鳴き
九月のコオロギは庭で鳴き
十月のコオロギは床の下で鳴き
十一月のコオロギは枕元で鳴く

わたしのことばじゃありません。
いつか・・・十年近く前、同業者数人が先輩に連れられて
京都の料理屋さんでご馳走になったとき、
床の間の茶掛に書いてあったことば。

この季節になると、思い出すの。
うろ覚えだったから、検索したら、
あるところにはあるもんですねえ。
でも趣旨が違ったけれど。出展はどこなんだろう。
[PR]
by hidaneko | 2007-09-30 22:50 | きせつ | Trackback | Comments(6)

訳がある

バーサンが、ショートステイから帰ってきた。
「活発で発言もおおく、お食事が進まないので介助しました」って。(笑)
翻訳すると
「しゃべってばっかりで、自分で食べようとしないので、食べさせました」
まあ、元気でなにより。

でも、帰宅まえ、施設の看護師さんから電話があったのだけれど
右腕、ヒジから手首までの間に、内出血があった。
電話では、「24日に気がついて、包帯で保護」とおっしゃっていたけれど
現物を見ると、薄らいだとはいえ、思ったより広範囲(5×15cmほど)だった。

皮膚も皮下脂肪もめっちゃ薄いし、バファリン飲んでいるから
家でも、ちょっと手など強くつかんだだけで、青あざになることもあるけど、
こんな広いのは、これまで見たことなくて、中に1センチ丸くらいの濃い血の色もあって。
どういう状況でなったのかなあ。

夜。Gサンとバーサンがなにか、言い争っている。
そばによると、どうも「起こしてくれ」と言っているらしい。
「夜なんだから、騒がないで寝てください」と、Gサン。
「起こしてくれや、外に出るから、支えてくれ」って、バーサン。
「夜だから! 寝てください!!」と、怒り出すGサン。

よくきくと、バーサンは、おしっこが出そうだから、外でする、と言っている。
「半分パンツおろして、そこまで歩かせてくれたら、じぶんでするから」って。
もしや・・・と思って、オムツをあけると、した後だった。
ほとんど尿意がないのだけれど、今日だけわかったみたい。
幼児みたいに、「してから、教える」タイプだったけど。(笑)

「だいじょうぶだよ、バーサンは、おむつしているから、そこでしていいの」
そういっても、訳分からずにオムツを嫌がる・・・かと思ったら、
「そうかい、それなら安心して、ここでしていいんだね」と、納得してくれた。
新しい夜用のパッドをみせて、取り換えながら、説明。
「今は、いいオムツがあるから、明日の朝まで大丈夫。ゆっくり寝てね」
「うん、寝てもいいんだね」
「だいじょうぶ、だいじょうぶ。ゆっくりおやすみね〜」
「うん、おやすみ〜」

耄けて、むちゃを言っているようでも、それなりの理屈があり、
説明すると分かることもあるんだね。
[PR]
by hidaneko | 2007-09-29 22:02 | かいご | Trackback | Comments(0)

中秋の名月

さっき、縁側の戸がまだ開いていたので
閉めようとしたら
小さな池に、月が映っているのが見えた。

なんか、いいなあ〜。
楓の葉が影を落とす、その合間の水面に
きらきら、まぶしいくらいの満月。

うれしくなって、月見で一杯。にこにこ。
[PR]
by hidaneko | 2007-09-27 23:00 | きせつ | Trackback | Comments(8)

五味太郎展

午前中は会議
午後、近くの町に(っても合併で同じ市になっちゃったけど)
美術館へ五味太郎展をみにいく。

おもしろかった。
原画に、絵本のテキストも脇に添えてあって
展示室には、その絵本の現物もおいてあって、
あわせて見られるようになっていた。

文字は、原画をみながら隣の壁のをよめばいいんだけど、
「絵本」の形になったときに、そのテキスト(文字)が
絵のどの位置に、どんな色で、大きさで入るか・・・・
レイアウトとか、ロゴタイプでイメージが違ってくる

そのへんが合わせて見られて、おもしろかった。
五味さんの場合、あまり原画と印刷物の差違がない、というか、
印刷物でもけっこう「出て」いるので、
他の原画展のように、「大迫力にびっくり!」は、なかったけどね。

見終えて
となりの、植物園の外の公園へ足を伸ばした。
っても、徒歩、数分だけどね。

苅りたての芝生に寝ころんで、持っていった本を読む。
木陰で、そよかぜもふいて、きもちいい。

去年、アリさんと、セントラルパークで寝ころんだことを思い出していた。
アリさんのときは、シーツを持っていったの。
「こっちのひとは、レジャーシートなんて持ってないから。ふつうの布を敷いてるよ」って。
湿り気の残った芝生で、すこし冷たくて、場所を変えたことなどを
青空をみながら、思い出していた。

バーサンは、まだショートステイ。土曜日に帰ってくる予定。
時間をそれほど気にしなくて、自分のペースで動けるのも数日。
[PR]
by hidaneko | 2007-09-27 22:41 | Trackback | Comments(0)

夏のにおい

今日は絵本について話すのに(レジュメは昨夜遅くまでかかってようやく書いたよ)
絵本の現物をたくさん携えていくのに、
ナイロン製のでっかいバッグを持って出かけたのだけれど
なんか、タバコ臭いような、煙くさいような……?
家の中ではタバコ吸う人いないし、
近ごろ喫茶店もはいってないから、ひとのタバコのにおいが移るはずないし?

と、ハッと気がついたのが、蚊取り線香。
網戸のない縁側のそばに、蚊取り線香を常に焚いていたのだった。
夏中。秋になっても、まだ。
そのそばの籐イスに腰掛けて、絵本を読んだりしてたので、
脇に置いたバッグが、数日のあいだに、薫製になっちゃったんだ。
それも、合成のじゃなくて、天然除虫菊製のが……

うーん、日本の夏、蚊取りの夏。

なんて言っているうちに、明日は満月。中秋の月。

さっき、縁側のガラス戸を通して、
明るい月影が落ちていた。
明日は、海にいって、ススキでも採ってこようかな。
(土手を改修したとき山の土を運んだのか、
海岸なのに、山の植物が生えるところがあるの)
[PR]
by hidaneko | 2007-09-26 22:26 | きせつ | Trackback | Comments(0)

三連休?

土曜日:
バーサンがショートステイに。気分的に気が楽。
いい天気だし、風も強いし、
洗濯機を三回まわして、カバー類、タオルケットなど洗い、
あとは、のんびりの日にする。
「十二国記・東の海神、西の滄海」をバクバク読んで一日で読了
夕ご飯はモグが作ってくれた。

日曜日:
木をギコギコ切る。プラムの木。
かなり大きな枝も切って、空が広くなる。
花芽のついた枝も多く、ごめん、と言いながら切っていた。

一汗かいて、シャワーを浴びて、「十二国記」のつづき。
「風の万里泰明の空」の上巻。
寝ころんで読んでいて、
「あ、レジュメ・・・・・」
水曜日に絵本について話すのに、まだ準備が出来ていない。
およその内容は頭にあるけど、資料が用意してない。
あわわわわ、連休で図書館は開館してる?
月曜休館だけど、祝祭日のときって、休刊日って、どうなるんだっけ??
あわてて飛び起き、カード片手に(返却期間すぎた本を数冊抱えて)
行きつけの市立図書館分館に行ってみたら・・・・・・・・・・・・・休館。
ん? 生涯学習センターの図書室は空いているはず、
で、馳せ参じ、なんとか最小限の資料は借り出したけど・・・

ふう、一汗かいた。
連休なんて意識が乏しいので、こういうとき、焦る。

明日は、レジュメ書こうか。
それとも、遠くの美術館でやっている五味太郎の原画展に行って見ようか。
五味太郎、好きだったなあ、うちの子。
絵本について話すのにも役立ちそうだし、行って見ようかな。
連休だもの、月曜でも開館しているはず!

残念。五味太郎展明日はやってないみたいだ。

木を切ったわけ
[PR]
by hidaneko | 2007-09-23 23:33 | くらし | Trackback | Comments(2)

敬老の日がらみ

バーサンが、デイサービスで
敬老の日を祝ってもらってきた。
胸に「白寿」ってフダのさがっている、真っ赤な花つけて。
お便り帳に「ボランティアの方の、コカリナの演奏がありました」って。

コカリナ、なつかしいなあ。
介護の掲示板で知りあったネットの友だちが
コカリナがお上手で、オフ会のときに、聴かせていただいたっけ。
木で作ったオカリナみたいなの。
柔らかな、温かな音色だった・・・・・

「コカリナ」で検索してみた。
コカリナって何?
ここで音色も聴けるみたい。
(うちのじゃエラーになったけど、Windowsなら聴ける?)

コカリナの活動
1998年長野オリンピックの際、オリンピック道路によって伐採されなければならなかった木からコカリナを製作、オリンピック会場で子ども達が演奏することによって、多くの人々に知られる所となりました。

被爆の木でも作られたとか。
ふつうの楽器としてだけでなく、色んな思いを込めて演奏されているみたい。
バーサンは、どんな曲を聞いてきたのかな。
にこにこして帰ってきたよ。
[PR]
by hidaneko | 2007-09-21 21:31 | かいご | Trackback | Comments(8)

テスト

スキャンしたのを、アップしてみます。
うまく出るかな。
http://www.jbpa.or.jp/ohanasikai-tebiki.pdf
上記の、著作権の解釈によると、表紙をそのままなら、いいみたいだから。
「猫と悪魔」ジェイムズ・ジョイス/丸谷才一訳/ジェラルド・ローズ画(小学館・刊)f0016892_23122930.jpg


これは、
友だちに「悪魔の服装」について
聞かれたので、手持ちの絵本を
「こんなのもあったよ」って、
スキャンしてみたのだけれど、

うまく行くようなら、これからも、
たまに、手描きのを、スキャンして
アップしてみようかな、
な〜んて思っていたりして。
[PR]
by hidaneko | 2007-09-19 23:18 | Trackback | Comments(4)

半月

朝から、と言うか、未明から
イスカの嘴の食い違い。
やる事なす事少しずつずれて
くたびれ果てた夕間暮れ

ふと見上げた青灰色の空
白い雲の間に
白い半月が屹立

すっと、爽やかな風が
吹き抜けたようだった。
[PR]
by hidaneko | 2007-09-19 21:56 | きせつ | Trackback | Comments(2)

いい汗かいた

敬老の日で休日、ってことを忘れていたひだまりねこです。
だって、うちに勤め人はいないし、学生もいないし、
バーサンのデイサービスは平常通りやっているし、
わたしのシゴトも日曜も休日もなく。
(昨日だって日曜なのに「休み明けで…」というシゴトが届いたし)

というところで(脈絡ありませんが)
バーサンをデイサービスに見送ったあと、
朝食の片づけをして、仕掛けた洗濯機が止まるまでの間
のつもりで、庭に出た。そう、新品の剪定用ノコギリ片手に。るん♪るん♪

お隣へ枝を伸ばしていたサルスベリを思い切ってズイコズイコ
この樹は伸びた枝に花が咲くから、思い切って切っても平気。
切っても切っても伸びてくるキョウチクトウは
ヒコバエが枝を広げて、元の木は半分立ち枯れ状態なのを、ズイコズイコ。
よく切れて気持ちいい。直径20センチくらいのも、平気でズイコズイコ〜♪

どっちも、夏に濃いピンクの花を咲かせるのだけれど、
どっちも、あまりすきじゃないんだ。
サルスベリ、殺虫剤かけないので、カイガラムシやうどん粉病がつくし、
キョウチクトウも、切り花にして家に持ってくると、黒いフンみたいなのが落ちるし、
ほんとは、切る時期じゃないのかもしれないけど、
切ってすっきり〜♪

ただし、暑い。
ノコギリを引いていると、なおさら暑い。
おまけに、ヤブ蚊。別れ蚊辛いとわたしを慕ってくる。
汗と蚊のかゆかゆに耐えかねて、適当に切り上げた。
切った枝はさらに短く切って、束ねて、明日の燃えるゴミの日に出せるように。

ふ〜、いい汗かいた。

戻ってきたら、洗濯機が止まっていて、
Gサンが洗濯物を干しかけていた。
ありがとう。
でも、ふつうに見たら、男女の役割逆転かな。
でもまあ、出来ることをするということで・・・・・
(亡父が、「この子が男だったら」と言うのも無理ないとも思う)
[PR]
by hidaneko | 2007-09-17 11:25 | くらし | Trackback | Comments(2)