<   2007年 07月 ( 40 )   > この月の画像一覧

今日の朝刊は遅かった

「自民惨敗 民主初の第一党 首相なおも続投表明」の大見出し
自民37 民主60 公明8・・・ 

選挙結果をしらせる新聞の片隅に、小田実さんの訃報がのっていました。
ご冥福をお祈りします。

More
[PR]
by hidaneko | 2007-07-30 07:13 | うきよ | Trackback | Comments(0)

ごめん、蜂

じつは、数日来、蜂には気がついていたんだ。

ミツバチやアシナガバチ、ハナアブならけっこう見るし、姿形はしっている。
でも、ここんとこ、洗面所へはいってきたり、小さな庭を飛んでいたりするのは
ミツバチほど小さくないし、ハナアブほど太ってないし色も違う。

一昨日の土曜日、それの巣らしきものを発見。
小さな庭にはりだしている洗面所の小庇と、家の庇の合わさるところの
ほんの小さな三角形のすきまから、頻繁に出入りしていたのだ。

アシナガバチの種類かな、と画像検索してみたけれど、あやしげ。
ひょっとして、スズメバチの一種?
写真を撮ろうとしたけれど、わたしのデジカはトロい。
シャッターを押して、ほんの0.何秒かあってシャッターが降りる。
そのすきに、蜂は飛んでいってしまう。

無駄な殺生はしたくないのだ。
ふつう、蜂は益虫だし、そうすぐには刺さないはず。
刺激したり、巣の近くへいかなければ、ね。
家の近くじゃなかったら、放っておく。
でも窓を開けたらすぐの場所。
もし、スズメバチで、刺されてショック死するのもいやだ。

モグが市の生活環境係のサイトを検索してきてくれた。
みなさんが駆除される場合の準備と注意点
やっぱり、かわいそうだけど、心を鬼に、駆除することにして、昨日の日曜日
ピレスロイド系の蜂用スプレーと、厚手のゴム手袋を買ってきた。
庭には、金魚のいる池を被うように、ブルーシートを敷いて、
で、夜を待って、Gさんに駆除してもらうことにした。
Gさんは、古いヤッケに、ゴム手袋、顔にはマスク、その上にタオルも巻いて重装備。
6メートルは飛ぶと言うスプレーは、数秒で空になった。



夜、寝る前に歯磨き洗顔にいったら、
洗面所の上でぶぶぶぶぶ・・・・・・・・と羽音がしていた。
断末魔みたいで怖かった。
ごめん、蜂。
こんな家に巣をつくらなければ、放っておいたのに。
ごめん、蜂。

朝、ブルーシートに落ちているかと思ったけれど、何もなかった。

生活環境係より
[PR]
by hidaneko | 2007-07-30 05:48 | きせつ | Trackback | Comments(2)

までついて伸ばしていたシゴトが、ようやく片がつきました。
たいした内容じゃないのに、なんでこんなに手間取ってしまったか…。
やっぱり、集中力が続かなくなっているんでしょうね。

気がつけば、庭木は伸び放題、雑草も薮化
お部屋の隅も、マイの分身(猫毛ともいう)が、ふわふわ・・・
さて、身辺整理して、すっきりしましょ。
[PR]
by hidaneko | 2007-07-30 05:45 | しごと | Trackback | Comments(0)

空蝉

f0016892_22364060.jpg

きのう、はじめてセミの鳴声をききました。
今日、バーさんがデイサービスにいくのを見送りに
玄関先にでてみたら、ぬけがらがひとつ落ちていました。
モグちゃんにケータイで写真を撮ってもらいました。

今日もセミは元気に鳴いていました。
きのうは、うぐいすも鳴いていて、
(このうぐいす、近所に居住しているらしいです。よく鳴いているもの)
春と夏の音が同居してました。
[PR]
by hidaneko | 2007-07-27 22:38 | きせつ | Trackback | Comments(4)

眼福口福

昨日は、ひさしぶりに外で飲んできました。
ひさしぶりに、午前様です。
いろんな人と出会いました。

ほんとは仕事関係だったのだけど、会合のあとの懇親会(?)の宴会で
はじめて、芸妓さん&振り袖さん(芸者みならいの若い方)の舞いをみたよ。
粋なお姐さんにお酌もしてもらったのよ。
(酒は久保田の万寿、吟撰〆張鶴、吟醸八海山などよりどりみどり)
生まれてはじめて、・・・きっと最初にして最後の体験だと思う。
裳裾をひいて、優雅だったよ〜、きれいだったよ〜。

前に、日本の光と陰の番組で、日本座敷の夜を
当時のロウソクの明るさで撮影したのがあった。
中で、舞子さんや芸者さんの白くぬったお化粧は、
ロウソクの明かりの中できれいに見えるって、映していた。
そんなことを思い出しながら、紅を引いた目元や、
抜衣紋のえり足を見てました。


あとで調べたら、この町には芸妓さんたち約20余人いらっしゃるとか。
きのうの夜は、振り袖さんがひとり、芸妓さんがふたり、お姐さんが四人、計七人。
テレビの取材が入ったためだけれど、それにしても全体の1/3をあげてのお座敷・・・・。
わあ、すごいところに、わたし、いたんだ。

午前様になったのは
[PR]
by hidaneko | 2007-07-26 20:37 | しごと | Trackback | Comments(5)

寝ようと思ったら、こんな記事が目について…

<誤認逮捕>合成麻薬?実は抗うつ剤 簡易鑑定で 警視庁
こういうニュースを聞くと、びくっとするのよね。
する必要ないんだけど、びくっとするの。
モグも薬は、いろんなのをたくさん処方されているし、
旅行にでかけるときなど、日数分持てばかなりの量になるもの。
(夕食後飲むのでも、10錠以上あるからね)
薬が残ってふらふら歩いているときなど職務質問されたら・・・ヤバいね。
調子がわるければ返事もぶっきらぼうになるもの、なおさらアブナイ。

記事の男性が98錠を、どういう形で持っていたのか分からないけど。
まさか、バラで袋にでも入れて? 
ま、ふつう、薬はシートに入っているし、シートには薬の名前も書いてあるし。
裸でも、お薬検索でもかけてもらえば、錠剤の刻印でも薬名は分かるはずだけどね。
先入観で決めつけられて、痛めつけられたら・・・・わぁ、たまらん。

で、いま、警察の権力が強くなってきているから、こわいのよ。

記事の詳細はこちら
[PR]
by hidaneko | 2007-07-25 02:31 | うきよ | Trackback | Comments(0)

おしりに火がついた

「…って、もう何回もいっているよ」とモグに言われちゃったけど、
いよいよ、ほんとに、もう……焦眉。


ほんとは20日しめ切りだったの。
むこうでは、余裕があるってのが透けてみえているから
今月末までいいと、勝手に日のべしていたんだけど。
ついに、催促メールがきてしまいました。

ごめんなさい。
シゴトができないのは、ひたすらわたしの能力がないからなんだけど
そう大仕事でもないのだけれど、集中力がなくて……。
「老母が入院しまして……」って、いいわけメール書いちゃいました。
モグが、「おばあちゃん、いまは元気よ」って笑っていたけど。

これまでこの手(家族を病気にするとか、叔父叔母の葬式とか)は
つかったことないんだけど。
シゴト関係者にはこのブログ、ばれてないからいいよね。
[PR]
by hidaneko | 2007-07-24 18:13 | しごと | Trackback | Comments(2)

こんな日もあるさ

梅雨のせいか、晴れても重い頭で、能率があがらない日だった。
頭がいたくて、ねむくて、ねむくて。背中がお布団と仲良しになりたがる。
バーさんがショートステイだから、睡眠時間はとれているはずなんだけど。

図書館にオーダーしていた本がとどいた。
このあいだ図書館のひとと会ったときに
「ちょっと専門的な本なんだけど、最先端の褥創治療についての本なの。
在宅介護している人にも、きっと参考になるとおもうんだ」
と、話していたら、
「だったら、その紹介ページも書いて、メールでオーダーしてよ」
といわれ、勇気を得て、
「買ってくれるかな? それとも、買わずに相互貸借で取りよせてくれるかな」
と、思いつつ、リクエストのメールを出したのだけれど。

買ってくれました。
二冊のうちどっちかでいいです、って言ったのに、両方。
褥創治療の常識非常識―ラップ療法から開放ウエットドレッシングまで
鳥谷部 俊一 / / 三輪書店 ISBN : 4-89590234X

それと、画像がでないけど
『これでわかった! 褥創のラップ療法-部位別処置事例集』
鳥谷部 俊一 / / 三輪書店


で、引きこまれて読んだのです。
たしかにエグイ写真も載っていたけれど、
素人のわたしにも分かりやすくて、目からうろこが・・・
読みふける時間の余裕などないはずなのに、ついつい。
[PR]
by hidaneko | 2007-07-22 21:35 | くらし | Trackback | Comments(0)

地震関連

トラブルが続発している東京電力・柏崎刈羽原発
まさか、地元民に直接の説明がなされていなかったとは・・・
企業からも、国からも。

で、政府は、当面、IAEAの調査団の受け入れないって?

で、東電は、緊急時の連絡体制の不備ですって。

おまけに、東電トラブル 説明なく住民不満

これは地元紙の報道だけど
首相が地震当日、現地視察にきたでしょ
あの避難施設では、夜の10時半に、おにぎりの炊き出しがあったんだって。
(べつの施設では、水もあんパンも全員に足りないくらいだったって)
で、首相は、現場をみて、
国としてどう対処するか、具体的に何か言っていたか。聞えてこないんだけど。
時期が時期だけに、参議院選挙対策のパフォーマンス?と言いたくもなるわね。

地元紙より
[PR]
by hidaneko | 2007-07-22 00:05 | うきよ | Trackback | Comments(0)

ちょっとうれしかったこと

昨日、今日と、ちかくの小学校に、
絵本の読みきかせと、フリートークで行っているんだけど。
小学校6年生に、夏休みを前に、本に親しんでほしいという先生の思いもあり。
6年3クラス全員で100人を一度に、と最初提案されたのだけど、
100人は無理です、読み聞かせの声もとどかないし、絵も見えなくてはつまらない、
せめて50人、と言いたいけど、クラスを半分にするのもこどもたちにわるいから
3クラス、べつべつに、三回おはなしします・・・・・って

で、昨日2コマやって、今日も1コマやるのに行ったら、先生が
「昨日、お話しを聞いた子どもの中で、
自由ノートに感想を書いてくれた子がいるんですよ」と。
その中で、わたしのさり気ない仕草を見ていた子がいて、ちょっと感激。

図書館でお話し会をしたのだけれど、
暑くて窓をあけていたら、光線のぐあいで、絵本が見えにくかったの。
それで、先生がカーテンをしめてくださったら、風でカーテンがふくれて
窓際にいたわたしと絵本に、かぶさってきたのね。
それで、「暑いけど、わたしの後ろだけ閉めましょうか」と、
窓を閉めかけたら、窓辺の本だなの上の、アイビーの鉢植えの、
伸びたつるを、挟んでしまいそうになったの。
で、おもわず
「あ、かわいそう。ごめんね」
と、つぶやいた、
それを聞いていた子がいて、ノートに書いてくれたの。
「ひだねこさんって、やさしい人だなとおもいました」って。

自分じゃ、何気なく、とくに意識しないでやっていることも、
子どもって、ちゃんと見ているんだな、と思ったのでありました。

あと、廊下であって握手した子とか、
絵本を読んでもらって、面白かった、とか。
うれしい感想をいただいて、
じめっぽい梅雨だとか、地震のあれこれだとか、
ちょっと、忘れることが出来た、楽しい時間を、わたしも持てて、うれしかったの。

それにしても、
こどもたちって、すごいなあ。
元気なエネルギーをいっぱい、もらって来たのでありました。
[PR]
by hidaneko | 2007-07-20 23:48 | しごと | Trackback | Comments(2)