<   2006年 11月 ( 25 )   > この月の画像一覧

バーサン、帰る

◎先月の13日来、長かったショートステイからバーサンが帰ってきた。
 元気で、なにやら、大きな声でとりとめもない話をしつづける。
 オムツかぶれもなく、そうボケが進んだようにも見えず恐悦至極。

▲夕食事どき、ベッドから車イスに移し、居間のテーブルへ車イスを押して
 押して…押して…台所と居間の間の敷居が越せない。段スロープつけているのだけど、
 車イスの前を上げるためには、ハンドルに力を込めなくっちゃいけなくて
 ハンドルに力を込めるって、つまりは掌で下方向に押すこと…それができない。

▲食事のテーブルにつけて、食事介助していて、腰に違和感。
 ん、腰が痛いぞ? さっそくやったか? なぜ? 気をつけてるはずなのに…
 以前とおなじことをしているはずなのに??
 気が付いた。移乗の時、バーサンにはわたしの肩に手を回してもらって、
 胸と胸を合わすように、すがりつくようにしてもらって、わたしが抱え上げていた。
 その、すがりつく姿勢をバーサン忘れてる。それでわたしの腰にきたのだ。
 きっと、施設ではバーサンの姿勢などかまわず、
 屈強の若者が、腕力で抱え上げていたのだろう。あるいは、二人がかりとか。
 在宅介護で自然と身に付いた、日常のさりげない動作、
 施設で忘れてきているのを、早く思い出してもらわないと…。

◎バーサン、食事はそう介助しなくても、ひとりで食べる習慣がついていた。
◎薬も、いちいち手渡さなくても、数粒一度に、むせずに飲めた。すごい。

◎モグが、自分から「きょうは夕ご飯の支度をする」と言い出して、作ってくれた。
 わたしは朝から、マイの獣医受診やシゴトの打ち合わせで、夕方まで出かけていたり
 くたびれていてので、モグの申し出がうれしかった。

◎後片づけ、Gサンが洗うだけしておいていったのを、モグが拭いてくれた。ありがたや。

今日の◎と▲、◎のほうが多いね。
[PR]
by hidaneko | 2006-11-30 23:58 | かいご | Trackback | Comments(0)

今日のよかったこと

今日(って、もう昨日になってしまったけど)
午後、図書館会議で、久しぶりに県立図書館へいった。
会議が終わって階段を下りる途中、大きな窓から、近くの潟が見えた。
晩秋の夕暮れがきれいだった。カモだろう、水鳥の鳴き声がした。
f0016892_233850.jpg
[PR]
by hidaneko | 2006-11-30 02:35 | しごと | Trackback | Comments(0)

計算間違い

ちょっと青ざめてみてもいいですか。
えーと、漫画の、そう、ちびまる子ちゃんなんかで、
顔にすだれがかかった(縦線がいっぱい描いてある)みたいに。

明日、バーサンがショートステイから戻ってくるというのに、
シゴトのハカがいかなくて、焦っている…
まあ、それもありますけど、
そんなのは、そう青ざめもしません。自業自得だもん。

今日、ケアマネさんが、来月の「サービス利用票(兼在宅サービス計画)」にハンコをもらいに来たのです。これは毎月のこと。バーサンが介護サービスをどう利用するかの計画書ね。一部はケアマネさんが持ってて、一部はこっちが保存用にもらう。
来月は、ショートを1週間つかい、あとはデイサービスを週に3回利用する。あと、レンタルの「車イス」「特殊寝台付属品貸与(転落防止用保護柵)」「床ずれ予防具貸与(エアマット)」「スロープ貸与(玄関から道路へ下りるためのスロープ)」は、いつものこと。特に問題はなし、で印鑑を捺して。

で、そのとき、聞いてみたのです。
ちょうど、8月の利用について領収書が施設から送られてきたところだったから。
10日の利用で、33000円余。
これを見て「ん?」と思っていたところだったのです。

たしか、11月は、10月の13日から引き続いて、月末までの利用。それについて、電話で、
「30日以上の続けての利用は認められていなくて、途中でいったん自宅へ戻るか、一日分は介護保険をつかわず自費にして、かかった費用を全部個人負担にするか、どっちかです」と聞いたとき、たしか「一日分で8千なんぼ、9千円弱です」と聞いた覚えがあったの。そのとき、ケアマネさんは「介護保険の費用がその間で2万ナンボ、3万円弱です」と言っていた。
だから、つい、わたしは「四捨五入して9千円+3万円=約4万円」と思ってしまったの。「ひと月でそれなら、まあいいか」と。

で、今回、8月分として10日で33000円余がきて、あれれ?となったわけ。
これだと、ひと月30日で10万円余? どひゃ〜!

ケアマネさんと頭をつきよせ、計算機をたたいて計算していって、ようやく理解できました。たしかに30日(正確には29日)で、介護保険の自己負担分(つまりはかかった経費の1割り)は、28326円。1日介護保険を使わずに自費にした分は8730円。計37056円。
そこまではいい。でもね、食費と滞在費(部屋代)が別途かかるのを忘れてた。バーサンはバーサン個人の希望と、夜中に騒ぐことがあるという理由で個室を使っている。その代金が1150円、食費が三食で1380円。計2530円(これは1日分)。この分には介護保険の「1割負担」というのは適用されないから全額自己負担。
つまり、さきほどの一月分の介護保険利用料の金額に「2530円×29日=73370円」を足さなくてはいけなかったのだ。顔すだれ。

わかっていたはずでした。介護保険から食費と部屋代、いわゆるホテル代がはずされて、その分が全額利用者個人の負担になる、ということは聞いた記憶があります。食費に材料代のほか、光熱費鍋釜の代金まで含まれると聞いて、びっくりした記憶があるもの。でも、うっかり忘れていたのでしたよ。とほほ。

♪わたし馬鹿よね お馬鹿さんよね〜♪ と、歌っていたのはだれだっけ?
♪バカだね バカだね バカだね あ〜たし〜♪ これは中島みゆき、ね。

政府は介護保険から施設への分配金(正確になんて言うかしらないけど)を減らして、その分を個人負担にしたわけだ。介護保険が思ったより金がかかるので、利用者を施設から追いだして、家庭にもどす方策。施設を利用するとお金がかかりますよ、自宅の方が安上がりですよ、て。つまりは介護する家族の負担が増えるってこと。利用者が不便になるってこと。

ケアマネさんがお帰りになったあと、ちょうど週一回お掃除の手伝いに来てくれているヨーコさんに、この顛末を話したら
「そうなの。施設入所となると月に10万円以上かかるのよ。年よりの年金じゃ賄えない。厚生年金はしらないけど、国民年金なんて6万ちょっとでしょ。友だちで、パートに出てもらった分が全部、年よりの施設費用に消えちゃうって。嘆いていたよ……でも、どっちを取るかね。家で引きうけて介護する人が体を壊すか、お金がかかっても施設にあずけるか……」

介護保険料は値上がりしている。介護認定はきつくなってきているという。この国は年寄りに優しくない。「年よりは早く死ね」と言っているのと同じじゃない? 
神武景気以上なんてどこの話? そんなに景気がいいなら、お年寄りの負担を少なくしてよ。正社員を減らし、安い時給でパートや派遣をいれ、厚生年金や保険の企業負担分を減らして、それで上げた利益。大企業だけの話。それだけをみて景気がいいなんていわないでほしい。

うーん、つい熱くなってしまいました。懐は寒いけどね。
[PR]
by hidaneko | 2006-11-30 01:54 | かいご | Trackback | Comments(6)

今日の「◎×▲」

これは、わたしの発明ではないの。
どなたが書いていたのか、どこで読んだのか覚えていないけど
多分、モグのことで心理学や精神科の先生が書いた本を読みあさっていたとき
拾ってきた言葉だとおもう。

クライアントにむかって漠然と「どうでした?」と訊いても
訊かれたほうも返事に困ってしまう。
「はあ、まあとくに…」という一般的な答えしか返せない。
それより、具体的に、
「良かったこと」「悪かったこと」「困っていること」を挙げてもらう。

あ、これいいな、と思った。
これなら、答えるほうも答えやすい。
悪かったことだけでなく、良かったことも積極的に探すので、
「まあそう悪くもなかったんだな」と気付ける。
そして「困っていること」を共有することで、
これからどうしたらいいか、方策をたてられる。

これって、診察のテクニックとしてだけでなく、
こどもに対してや、バーサンを見る目にも応用できるな、と思ったの。
そして、いろんな物事を捉えるときの考え方にも…

このブログ……
どうも、マイナス思考で暗くなりがちなもんだから、
そう悪いことばかりでもないよ、と
小さな◎を拾っていこうかな、と、思っているのです。
[PR]
by hidaneko | 2006-11-28 09:59 | くらし | Trackback | Comments(0)

今日のよかったこと

◎天気で、洗濯物を外に干せた。

◎裏庭の
うすいピンクのぼかしの山茶花が満開だ、いいな
と見ていたら
メジロがきて、花の蜜をすっていた。

あ、メジロだ
と見ていたら
奥のヤツデの白い花がゆれた。
あ、こっちにもメジロだ。

ヤツデの花って丸くて、白いぽんぽんみたい、いいな
と見ていたら
メジロ、2羽、隣の庭へ飛んでいった。
面白かった。


▲今日のイマイチだったこと
モグが一日起きられなかった。声かけても。声をかけても。
夜、Gサンが出かけてからようやく起きてきた。

夕ご飯を食べるモグにつきあって一緒にテレビを見た。
これはよかったこと。◎
[PR]
by hidaneko | 2006-11-26 17:19 | きせつ | Trackback | Comments(6)

今日のよかったこと

◎朝から天気が良くて陽光がさしていた。

◎モグが起きていて(というか眠れなかったという)ふつうに話ができた。
Gサンと三人で朝ご飯を食べられた。

◎モグがようやく委任状を書いてくれたので、クリニックへ薬をもらいに行けた。

◎空が青くて、海も青い空を映して真っ青で、とてもきれいだった。

クリニックへは9時ちょい過ぎについたのだけど、もう駐車場も一杯、待合室も一杯。
受付で「これからだと2時頃になります」と言われたけど、
◎薬だけ出してもらうことにして、比較的短時間で終わった。

◎薬局で「先月分、多くもらいすぎていたので」と返金があった。

◎時間があったので、久しぶりに自家焙煎の美味しい珈琲屋さんで本を読んだ。
本日のサービスコーヒーは「クリスマス・スペシャル・ブレンド」
中庸で香り高くさっぱりしたのみ心地。
本はGサンにすすめられた高村薫の「スキップ」
クリニックで待たされるのを覚悟で持っていった本だ。面白くて読み進んだ。

◎帰りに美味しいパン屋さんで、パンを買って帰った。
しっかりした重みのあるライ麦パンが美味しい、
ドイツ語で「おかあちゃん」という名前のお店。

今日はいっぱい「◎」があった。
[PR]
by hidaneko | 2006-11-25 22:25 | かぞく | Trackback | Comments(2)

なにかいいこと…

今日は、実は結婚記念日だった。
朝から灰谷さんのことがあったり、
いろいろと、知人のこと友人のこと家族のことなど考えていた。

Gサンは夜勤明けで朝ご飯のあと寝にいっちゃったし、
モグは朝頃寝ついて昼中寝ているし
結婚記念日といっても○○婚と名がつくキリのいい記念日じゃないし
でも、やっぱり、なにか心祝をやりたかったんだ。

友人の「良い夫婦」みたいに、結婚記念日に二人で
美味しいもの食べに行って温泉に入って…なんてことは
あのGサン相手では望むべくもないことだけど、ね。

Gサンが忘れているのならそれでもいいや。
「なにかいいこと……、ないなら作ろう」
これは、工藤直子さんが、そのむかし
「はないちもんめ」というPR紙の企画につけたキャッチコピー。

そう。なにもいいことないから、自分でいいことしちゃおう。

これも、その昔のワインのコマーシャルソングだけど
♪金曜日には、花かって、パンかって、ワインを買ってかえりま〜す♪
たまたま今日は金曜日。ボジョレーヌーボーを買って、
鮮魚センターのお刺し身盛り合わせと、
Gサンの好きな本マグロと、わたしの好きなウニを足して買って
あとはGサンの好きな根菜のお煮しめでも作って、お家でお祝い…のつもり。

ちょっと特別の日にしたかったから、
お刺し身を盛りつけたのは、黒い益子焼の大皿。これはその昔、二人で東京にいたころ
Gサンが会社のボーリング大会でもらってきた記念のお皿。
そこへ、庭のようやく色づきはじめたカエデの赤い葉と黄色い葉を敷いて。

お煮しめは、蓮根にゴボウ、大根と人参と、里芋に、こんにゃく、白舞茸、鶏肉。
小分けに盛ったのは、結婚のお祝いに姉からもらった小鉢セットの生き残り。

ブロッコリーとカリフラワーのサラダを、彩りよく盛りつけたのは
モグがもらってきた、小さな猫の絵がついている楕円形の深めのお皿。

ボジョレーヌーボーをつぐのは、この前アリさんが帰省したとき、
買ってくれた手びねりのワイングラス。
一緒にお店に行ったとき、「こんなワイングラス前からほしかったの」と言ったら
「それよりこっちの方がいいよ。ホントにほしいなら買ってあげる」と選んでくれた品。

すっかり用意を整えて、Gサンに声をかけてもなかなか来なくて。
ようやく来たから、ワインをとりだしても、なんのことかな、というふうで
ワイングラスについで「おめでとう」といっても、
「何のおいわいだ?」って……。

ま、そんなもんだと思っていたけどね。
だまって微笑んでGサンの顔を見ていたら
「え? あ、あれか? もう何年たったか。わすれていた」と。
ま、そんなもんでしょうね。
[PR]
by hidaneko | 2006-11-24 23:24 | くらし | Trackback | Comments(4)

一期一会

灰谷健次郎さんが亡くなった。
今朝の新聞で知った。

去年、ちょうど一年前の今ごろ
こちらに講演においでになったとき
行っておけばよかった。お会いしておけばよかった。

次の日、彼と組んで何冊も本を出している画家の
Tさんの個展にうかがい、彼女から
「食道がんを克服してお元気ですよ」とうかがった。
それで、なんとなく、安心していた。
無理してでも、講演会に行っておけばよかったと、今にして思う。

事務所に電話したら留守電で、Kさんの携帯につながり
葬儀は親族だけで済まし、灰谷さんの遺志でお別れの会もしないという。
安らかな最期でした、と。遠くから思っていてください、と。
いかにも灰谷さんらしいけれど、最後のお別れをしたかった。

灰谷さんとは直ではなく、先輩を通じてのお付き合いだったけれど
生前いろいろとお世話になり、遊びにも何度か連れていっていただいた。
社会派のきまじめな(お説教臭いとも言うけど)作風だけど、
素顔は気さくで、やんちゃな少年のような心を持った人だった。
ご冥福をお祈りします。

時事通信より
[PR]
by hidaneko | 2006-11-24 09:01 | うきよ | Trackback | Comments(2)

2周年

実は、今日は、ブログデビュー2周年記念日でした。
昨年、某事情で、黙って移転しちゃいましたが。

はじめるきっかけは、心の中の問題を抱えきれなくなってたこと。
介護のことや、モグのことを、ひとりで保持できなくて、
どこかにはけ口をみつけたくて、はじめたことでした。
モグのお医者さんのことで、いっぱいいっぱい、余裕がなくて
だから、ごく個人的で、アクセス数を伸ばそうとか、ぜんぜん考えてなくて。
アクセス解析をみても、日に10人以下の日々。それでいいと思っているけど。
でも、あまり、おもてなしの心も持ちあわせていない内容ですね。
好き勝手に、愚痴ったり、日記みたいに記すだけで、
それこそ「広告の裏にでも書いてごみ箱に捨てろ」と言われそうな内容ばかりだけど。
読んでくださって、ありがとう。
コメントいただくととても嬉しいです。
友人たちに支えられているな、と思います。
ネットで会えてよかったな、と思います。

また、ぼちぼち気負わずにいきますので、どうぞよろしゅうに。
[PR]
by hidaneko | 2006-11-23 23:48 | ぶろぐ | Trackback | Comments(2)

のど飴あきた

風邪は治ったはずだけど、咳がとれなくて・・・
龍角散にも、各種のど飴の味にもあきちゃった。
今日は人前シゴトなんだけど、話すと咳き込みそうでやだな。
うがいして、せき止め飲んで、トローチ持って出かけましょ。







声は、なんとか咳き込まずに出たけど、
久しぶりに人前に出たら・・・・疲れた〜
[PR]
by hidaneko | 2006-11-23 10:15 | しごと | Trackback | Comments(0)