カテゴリ:きせつ( 579 )

今朝は晴れ

陽光も差して、気分の明るくなります。
まだ雪は残っているけど、師走の淡雪。
すぐに解けるでしょう。
f0016892_10181367.jpg

[PR]
by hidaneko | 2017-12-07 10:20 | きせつ | Trackback | Comments(0)

雪が降ってきた〜

朝は、小雨だった。
でも、SNSで、県内あちこちの雪景色がアップされてて
雪の心構えで出かけたけれど、近所の道は濡れてるだけ、雪なし。

こっちで、昔から
「川一つ越えると雪が深くなる」って言われてるけど、
まさにそれだった。
信濃川の橋を渡る前は、霧雨だったのが、
渡って対岸に着くと道の両側に積雪。
そのうち、道路にも積雪。
轍のあとがざくざくで走りにくい。
車はのろのろ運転。

行き先は保育園。絵本の読み聞かせ。
担当は4歳児クラスで、メニューは
1、どんどこどん(和歌山静子)
2、すてきな三にんぐみ(トミー・アンゲラー/今江祥智訳)
3、まどから★おくりもの(五味太郎)
(間に手遊び「もちっこやいて」)
4、かさじぞう(瀬田貞二 再話/赤羽末吉 画)

帰り道、スーパーで買い物してたら、
(また例によって、寸時晴れていたので傘を持たずに店内へ)
でてきたら、車に5センチほど雪が積もっていましたとさ。

T字型の雪かきをまだ搭載してなかったので、
手でフロントガラスの雪を払って、
(そのままではワイパーがきつそうだったから)
ほとんど、ホワイトアウトの中、ようやく帰ってきましたとさ。

帰って来れば、ガス工事で・・・・・お湯もでないwww

例年より一ヶ月は季節が先に進んでいる感じ。
これが一月半ばとなれば、我慢もするけど、
まだ体も町も、積雪になれてないから、とまどう、とまどう。

[PR]
by hidaneko | 2017-12-06 21:07 | きせつ | Trackback | Comments(0)

紅葉散る

f0016892_18515734.jpg
小さい庭のカエデ、数日前までは黄色や赤で綺麗だったのに
今日、気が付いたら枯れ枝になってた。
一昨日の雨風、昨日の雪ですっかり散って、
小さな池の中にも散り敷いてた。
金魚は、池の奥に埋め込んである甕にもぐっているのかな?

[PR]
by hidaneko | 2017-12-02 18:51 | きせつ | Trackback | Comments(0)

師走の入り

風が強い。
今日は寒いらしい。
予報最高気温4度。って、真冬かよ~!

猫は元気。寒くないのかなあ。
朝の5時になると、
Gサンのところから起き出して、
わたしの頭をポフポフに来る(爪付き)
どうせなら、Gさんの頭をポフポフすればいいのに。




[PR]
by hidaneko | 2017-12-01 05:59 | きせつ | Trackback | Comments(0)

年末年始並みの寒さ

♪なじみの なじみの すきま風
 去年の道を 忘れずに
 口笛ふきふき やってくる
 雨戸のかげ 障子のかげ
 屏風の角の七曲り
 へーい こんばんは と やってくる〜♪

なんて歌を思い出したけど、うろ覚え。
>雨戸のかげ 障子のかげ
ここのところがね。
あとはほぼ合っているはずだけど、
ネットで検索してもでてこない。

子供の頃に聴いた歌。
あのころは、ほんと、すきま風もあったし、
屏風も、生活の中にあったなあ。
たしかに、風除けの意味もあって使ってた。
亡父も、まくら屏風を使っていたっけ。
(人が死ぬと、それを逆さに置くのが「逆さ屏風」)

それにしても、我が家、今でも、けっこうすきま風くる。

[PR]
by hidaneko | 2017-11-21 00:03 | きせつ | Trackback | Comments(0)

台風22号・サオラー

風の強い夜はドロシーを想う。
竜巻に家ごと吹っ飛ばされるようなイメージが付き纏わられる。
風が大木を甚振る夜は、風の又三郎を窓の外に探してしまう。
どどど どどうど どどうど どどう


「きりんざんグリーンボトル」を握りしめつつ、TVer で「陸王」を見てる。
やばっ、裏庭で何かが倒れた音。植木鉢? 脚立? 
やばい。こっちはパジャマ、外に見に行きたくない。
こっちはそんなに大風にはならないだろうという予報じゃなかった?





外へ出てきた。雨は大粒のがまばらにふっているだけ。
風が強い。とにかく強い。家にの中も風が吹いてる。ボロや。
脚立が倒れ、植木鉢が倒れ、コンポストの蓋は無事。
物干し竿を地面に下ろしてきた。とばないように。
寒いと思ったけど、それほど寒くなかった。手足が冷たくなっただけ。
寝うよ!

[PR]
by hidaneko | 2017-10-30 00:38 | きせつ | Trackback | Comments(0)

今年の柿仕事

左のが我が家のヤクザ柿(右のはお隣のザクロ)。
手入れをしなかったから、徒長枝の先に鈴なりになって枝がたわんでる。
f0016892_18295113.jpg
お隣の庭にもはみ出してるのもあるし、まずいよね。
高枝切り鋏と、脚立を駆使して徒長枝ごと伐採。
ひと枝切っては脚立を降り、ひと枝切っては脚立を降り…
f0016892_1816138.jpg
徒長枝の先の「鈴なり」。神社などで巫女さんが舞う時に持つ鈴にそっくりでしょ。
時々、枝から果実をはずして、また脚立に登って、ひと枝切っては脚立を降り…
f0016892_1816170.jpg
けっこう太い枝ものこぎりで切ったし、脚立の上り下りで、いい加減疲れてくる。
実は籠に入れ、枝は長さをざっと揃えて切り束ねる。今日はここまで。
f0016892_18432665.jpg
このあと、干し柿用に皮をむいたり、さわし柿にする仕事があるのだけれど、
今日は夜なべ仕事をする気になれないから、また明日ね。


なぜヤクザ柿なんて言うかというと……、
もう一本の柿の木は平核無柿で、実も大きく甘くなる。
(これは工事の時にかなり枝を切って、今年は少ししか実が付いていない)
今日とった柿の木は、わたしが子供の頃からある木で種類は不明。
中に種があって面倒だし、平核無柿に比べると小粒。
軸がとれやすく、干し柿にしても干してるうちに実が落ちやすい……
というような理由から亡父がそう呼んでいたの。

これまで、建物の陰になっていて、実の付きも悪く相手にされてなかった。
けど、建物がなくなり、日当たりが良くなって、今年は鈴なりになったのだ。
「田舎ではそんなのとらないで放っておくぞ」と、Gサンは嗤うけど、
放っておくと、カラスが来る、ヒヨドリが来る、実を突いて落とし庭が汚れる。
お隣の家の方に枝がはりだして、おじゃましてる。
だから、やっぱり「切らなくちゃ」と思うのだ。
切ったからには、実をとって、活用したくなる。あまり食べないのだけどね。

さ〜て、どうする?
(柿の渋抜きについては、こちら に詳しくあります。)


[PR]
by hidaneko | 2017-10-14 18:16 | きせつ | Trackback | Comments(2)

秋冷の候

昨夜は寒かった。
この秋、はじめての羽毛掛け布団。ついに出しました。
今朝も肌寒いです。
タナ猫が、今秋はじめて布団の中に入ってきました。
(猫飼いは猫の寝る場所、寝る姿態で気温を知る)

昨日、公園の脇を通ったら、ケヤキの木がすこし色付いてて、
まさか!と思いました。
紅葉、黄葉はまだ早すぎます。

だけど、こうやって、一歩ずつ、秋が近寄ってくるのだなあ、と思いました。
半袖を片付けて、長袖を出さなくちゃ。
扇風機を片付けて、ファンヒーターを出さなくちゃ(これはまだ早いよな)

     *     *

「昨日、9月28日(旧暦8月9日)の木曜日
七十二候「蟄虫坏戸(むしかくれてとをふさぐ)」9/28〜10/2頃
虫たちが冬ごもりの支度を始めるころ。
また啓蟄のころに姿を現します。」

ツイッターの暦アカウントで知ったことば。
「蟄虫坏戸」ってはじめて知った言葉だけど、啓蟄と対になっていたのね。
そういえば、草むらにすだく虫の音が小さくなってきた気がする。

・・・・と、香りの立たないコーヒーを飲みつつ、思っていました。

     *     *

友達が、イギリスに行ってきたからといって、お土産を下さった。
ピーターラビットの絵のついた小さな、愛らしい四角い缶の中身は紅茶だった。
さすが、イギリスは紅茶なんだ・・・と思った。
10日間もいってきたと聞いて、いいな、と思った。
「8日間のツアーに乗って、そのあと2日予定を伸ばして一人で回ってきたの」って
羨ましいけど、わたしゃ、金も時間も、言葉のスキルもなし、
せめて、お土産の紅茶を飲みながら、
ピーターラビットの絵本を見ながら、
異国の地に思いを馳せましょう。


[PR]
by hidaneko | 2017-09-29 06:00 | きせつ | Trackback | Comments(0)

お彼岸過ぎて

日の出が遅くなりましたね。
暑さ寒さも彼岸まで。
これから、どんどん暗く、寒くなっていくんだわ~ 142.png

昨日は、モグに誘われて、じゃないか、ねだられて、かな? 美味しい回る寿司へ。
仕事がまだ終わらないし、美味しい店は遠いし、緊縮財政だし
ほんとは、そんなことをしてる時間はないんだけどね。
秋になって、お魚が美味しくなっていました。
地元のお魚など、もう歯ごたえがぷりぷりで・・・うま~!

さあ、遊んだ分、がんばらんば。

昨夜は久しぶりに、おもしろい夢を見ました。
女数人のグループで、富士山が見えるところへ旅しているのです。
ぜったいあんなロケーションはないと思うんだけど、
見上げるような富士山、というか、岩山が頭上に望まれるところ。
富士の山肌に、みているわたしの近くの樹木が映り、
山肌の赤茶色や木々の緑が重なって、とても美しかった。

油絵でぐいぐい描かれた富士山みたいで、
「ああ、絵にある富士って画家さんの創造かと思ったら、実際にあったのね~」
と思いながらみてました。
こんなかんじ。(これは日本画家の片岡球子の絵だけど)
f0016892_10391593.jpeg

この絵では、樹木と富士が分かれて描かれているけど、
ガラスに景色が写るみたいに、重なって見えた、みたいな。

あ、富士の夢って縁起がいいんだわ。
きっといいことある、ということにしておこう。

(そのあと、夢の中では、もっと近くへ行ってみよう、と思うのに、
他の人たちは宿でまったり演芸などみてて
わたし一人で富士を近くで見に行こうか……
運転にちょっと自信がないし……
というところで目が覚めました。ちゃんちゃん)

[PR]
by hidaneko | 2017-09-24 05:33 | きせつ | Trackback | Comments(0)

雨が降って涼しくなって・・・

朝夕、めっきり涼しくなってきました。
今日の最高気温の予報は24℃とか。

朝、半袖を着たら、なんだか肘の上のあたりが、すうすう。
冷えて、寒いというか、変な感じ。
では、と長袖Tシャツを着て、腕まくり。

この格好で、雨の中傘をさしてスーパーに買い出しに行ってきたら、
汗ばんだ〜。

一体、何を着たらいいのか。
着るのがないよ〜〜!
去年の今頃は何を着てたのか?
まさか裸でいたわけじゃ無いんだけど、
毎年、季節が変わる時期に「去年の今頃、何着てた?」となるのである。


追記:
今日の最高気温は、22.6℃だったとか。
涼しいわけだわ。

[PR]
by hidaneko | 2017-09-07 10:07 | きせつ | Trackback | Comments(0)