2017年 06月 30日 ( 1 )

 膝に水…わたしの場合(自分なりの整理のために)

膝に水が溜まってた。
金がたまればいいのにね。

さて、その水はどこから来たか。
いやあ、体液からなんだけどさ…ww
原因(?)経過(?)自分の場合まとめてみる。

1、加齢や酷使により、膝の軟骨がすり減る(変形性膝関節症)
 (階段の上り下りにきしんだり、時に痛かったりした)
 (自転車をこぐと、膝が痛かった)

2、膝の大腿骨と脛骨の間の軟骨部分にピロリン酸カルシウムが溜まった。
 (軟骨石灰化症(なんこつせっかいかしょう)とも呼ばれる)
 (レントゲンで薄く写っていた=偽通風(ぎつうふう)の疑いとの診断)

3、それの一部が剥がれ遊離し、膝の内部の滑膜を刺激、炎症を起こす。

4、滑液が増す。=膝に水が溜まる。腫れ、痛み。

5、カルシウムが溜まる(偽通風)の原因は不明。
 (通風は食べ物も影響あるけど、偽通風には関係ないと)

6、結晶を薬などで取り除く方法はないので、対症療法。
  水を抜き、ステロイドなどを注入して炎症を抑える。

7、膝の負担を軽減し痛みをおさえるため、大腿四頭筋を鍛える。
  膝痛体操など。水中歩行や水泳もよいとか。

いやあ・・・・・
バーサンの介護をしていた時、
「年寄りの体は、ひびの入ったお茶碗のようなもの、
大切に取り扱えばまだまだ使えるけど、無理をすると壊れる」
って、思ってたし、言っていたけど、我が身に来たなあ。

それにしても、我が身の脆弱性に愛想が尽きる。
同じ年齢でもっと元気にバリバリ活躍してる人いるのに。頑張ってる人いるのに。
無念、残念。

モグに「年を考えなさい」と、たまに言われる。
「カーサンは頑張ってるよ、その歳にしては」と。
いやあ、まだまだ。
痛みはやる気を削ぐ。やりたいことは多いのに、体が伴わないのは歯がゆい。


More:Gサンの反応
[PR]
by hidaneko | 2017-06-30 01:25 | からだ | Trackback | Comments(2)