2007年 11月 29日 ( 1 )

プレゼントつづき

1月生まれはクリスマスや正月と重なって、飽きられた頃に来るからと
子どもの頃はうらめしかったけど、今、重なってるのもいいかな、と思ったりしてる。

何のことかというと・・・今週は娘達から嬉しいプレゼントが来ましてね。
以下、過去日記。某所からコピペ。
------------------------------------
2007/11/26(月)
宅配便がきたから、何かと思ったら、上の娘からだった。
ぞんざいに止めたガムテープ(彼女らしい)をはがすと、
紙袋の中から、出てくる、出てくる・・・・

こういう、いろいろ詰め合わせた袋や箱は
ふつう、故郷の母親が、都会の娘に送るもんじゃないのかな、
うちの場合は逆だなあ、とおかしくなる。

まず紫色の小さな袋には、香の良い石鹸が5,6個とソープディッシュ。
黒っぽい木製の台に白い陶器のお皿がおしゃれ。
前からお風呂場の石鹸箱が色気ないと言っていたっけ。
石鹸の素材には彼女はうるさい。彼女のお勧めなら安心して使える。

酸素入りの水のスプレーが2本も。
「スウォッツ」って、顔にも髪にも使える優れもの。
まだ、前にもらった使いかけのと、予備のが1本あるんですけど。

Mary Christmasと銀の★の図柄と、南天に雪うさぎの正月用の絵はがき。
前にもらった秋の銀杏の絵はがきを額に入れて飾ったから、
今度は冬用のをくれたのね。

midoriのマグネットは、お台所用品の形。
フライパンや秤、トースター、泡立て器など調理道具の形。
冷蔵庫に使っていたマグネットがダサイって、
前に来たとき、言ってたっけ。

それから、それから、
焦げ茶色のおしゃれなリボンをかけた箱の中身は、ペッパーミル!
前にメールで問い合わせてきていたのは、これだったのか!
木製で、すべすべした肌合いの木肌がきもちいい。
欲しかったんだ。新しいペッパーミル。
今のはもう何年も使い、刃もすりへって、うまく挽けなかったから。
新しい刃はセラミックで、試しに粒胡椒をいれて挽いてみたら、
サクサク、気持ちよく挽ける。

早速、ありがとうってメールしたら、
「早めのクリスマスプレゼントです」だって。
うれしい!
あの子も大人になったなあ、と思った。

------------------------------------
もう一つは、こちら。昨日、2007/11/28(水)に、モグちゃんからもらったの。
f0016892_1135727.jpgこれは、わたしの無くてはならない相棒。
長年使っていて、愛称は「ピコタイマー」。
キッチンタイマーなんですけどね、
猫型ってのがめずらしいでしょ。 99分99秒まで測れる。
後ろにマグネットがついてるから冷蔵庫につけて 、
ふつうに、台所でもつかうけれど、
パソ部屋でシゴトするときは無くてはならない、大切なもの。

台所にヤカンをかけて空だきしたり、
麺を茹でるつもりで「お湯の沸くまでシゴトしよう」と空だきしたり
ゆで卵をつくるつもりで、焼き卵(卵焼きじゃない)を作ったことも何度も!
ゆで卵を忘れていると、水が全部蒸発して、殻が焦げ、卵が爆発します。
台所中にとびちった黄身や白身を掃除するのって大変なんだから。

疲れて「バーサンの寝ている間に、わたしも15分だけ寝る!」
というときなど、目覚ましより正確だからね。

そのピコタイマーが壊れたの。
後ろのボタン電池を入れるところの蓋が、はずれて無くなってしまったの。
長年つかって、何度も落としたりしているうち、蓋のツメが欠けたらしい。
蓋ひとつないだけで使えない。電池はあるの。機械もこわれてない。

蓋の代わりに、サイズの合うボタンをガムテープで貼ったけどうまくいかない。

何軒も店を探し回るけど、猫型のはみつからない。
11月5日は、これを探していたの)
りんごとか、ひよことかならあるんだけど・・・。
メーカーのサイトへ行って見たら、
まだ生産されているみたいだけど、高いじゃない。
通販はしてないみたいだし。
いっそ100均のにしようかと、あきらめかけたとき、
モグちゃんが、ネットでみつけてくれた! それも割安で。

それが着きました。
ピンクのリボンをつけて。
「クリスマスと誕生日の贈り物よ」
嬉しい〜♪

このピコタイマー、うちのドジ猫マイと、模様が似てるのよ。
どっちも三毛で。(うちの猫はしっぽないけど)
[PR]
by hidaneko | 2007-11-29 11:14 | かぞく | Trackback | Comments(10)